DCDチェーンテンショナーでディレイラーハンガー破損ロード一速化

2018-2019シーズンのTEAM B4C(総員約1名)の陣営はチャリンコ2台体制です。メインはフルサスMTB、サブはフラットバーロードです。

 

フラットバーロード

フラットバーロード

 

厳密にはハンドルがライザーバーですから、ライザーバーロードですね。もっとも、完全な水平まっすぐフラットバーはレアハンドルですけど、ははは。

 

この亜流のロードバイクのキャッチコピーは『プロのロードより軽い! ジャスト6.0kgの超軽量お買い物号』でした・・・ザ・過去形です。

 

この自転車の数奇な運命をしばし辿りましょう。

 

チェーンテンション最終章

 

このフラットバー・・・いや、当初にはふつうの1×11のフロントシングルドロハンロードでした。乗り出しが2018年5月ごろです。

 

フレームの調達は4月ですね。じゃあ、そろそろ一年がたちます。英国のハイブランドロードのFactorもどきのFasterwayです。

 

FASTERWAY フレーム

FASTERWAY フレーム

 

カンパニョーロのアテナとケンタウルをMIXするとか、3TのAERONOVAもどきをつけるとかします。その1×11モードの重量もジャスト6.0kgぐらいです。

 

で、後日、整備中の転倒でディレイラーハンガーがぽっきり行きます。

 

折れたハンガー

折れたハンガー

 

アルミの小パーツの破損はやっかいです。溶接工の友に直せるか聞いたら、「むり」て即答されました。

 

ためしに100均でエポキシ樹脂の接着剤を買って、ぶあつくモリモリしましたが、きちんと接着できなかった。メタルパテは未体験です。

 

で、ディレイラーハンガーの再調達がめんどくさくなり、ドロップハンドルの使い勝手が性に合わず、街乗りクロスバイク的な要素が強まります。

 

その結果、車体の仕様は

 

  • 11段→1段
  • フリーギア→固定ギア→フリーギア
  • チューブラー→チューブレス(リア)
  • カーボンリム→アルミリム(リア)
  • スタンドなし→スタンドあり

 

てなります。いびつなバイク! とくに前後のタイヤを別々のシステムにすると、遠出の時に両方の補修パーツを持ち歩かねばなりません。

 

予備のチューブラーの持ち運びは難です。

 

予備のチューブラータイヤ

予備のチューブラータイヤ

 

チェーンテンション異常地獄

 

ところで、ロードバイクの1速化の最大の問題点はチェーンテンションです。ふつうのチェーンをふつうに張ると、絶妙なるゆるゆるさを醸し出せます。

 

チェーンゆるい

チェーンゆるい

 

しかし、もう1リンク詰めると、ギアにチェーンをかけられません。1リンク=二コマです。

 

自転車チェーン1リンク

自転車チェーン1リンク

 

特殊パーツの半コマを使って、ぎりカチカチにできます。ただし、このパーツがちっこいネジと四角いナット留めです。強度はだいじょうぶだあ?

 

半コマのパーツ類

半コマのパーツ類

 

極めつけにそこへオートバイ用のテンショナーを投入します。

 

テンショナーがふにょんふにょんw

テンショナーがふにょんふにょんw

 

これは動画ネタ的にはおいしいものでした。実用はむりゲーです。しかも、このごっついテンショナーは商品選択ミスです。別の電動オートバイ用のテンショナーが正解だった!

 

6.0kgの車体に0.5kgのオートバイ用テンショナー・・・テンショナーが8%ほどを占めるザ・いびつ構成です。それでも、プロのロードより軽量です。ビバ・1速!

 

ファンからパーツをもらう

 

このオートバイ用テンショナーの動画とブログを公開して、数日後に一人のファンから連絡をいただきました。

 

「いいブツががらくた箱のなかにありましたけど、なにか?」

「ください、ぱぴー!」

 

て、西宮の美容室のマスターがなぜかくれました。SNSや動画のつながりはおもしろいものだなあ・・・

 

そのブツがこんなです。

 

DCD-Mr-Crud

DCD-Mr-Crud

 

はい、DCDの自転車用チェーンテンショナーです。ストリート系のパーツみたいです。商品は終売のようだ。

 

DCDのステーに取り付けるテンショナー

 

このテンショナーの構造はこんなです。

 

ステーに付けるタイプ

ステーに付けるタイプ

 

二枚のプレート+樹脂のローラー+ねじのシンプルイズ無骨パーツです。好都合にシルバーカラーはロードのフレーム色とマッチします、ラッキー。

 

ふつうの自転車用チェーンテンショナーはディレイラーハンガーに取り付けるタイプです。で、ハンガーがないと、テンショナーがくっつきません。

 

 

没アイテムのオートバイ用チェーンテンショナーもステージ付けタイプです。オートバイにはハンガーはありませんから。

 

異常にごついチェーンテンショナー

異常にごついチェーンテンショナー

 

しかし、このごっついプレートとごっつい4本のボルトでカーボンロードのチェーンステーを締め上げると、たやすく炭素繊維の悲鳴を聞けます。みしみし、めきめき。

 

テンショナーの比較です。

 

左・チャリ用-右・オートバイ用

左・チャリ用-右・オートバイ用

 

ちなみにDCDのテンショナーは100gしかありません。いや、自転車用はこんなものでしょう。オートバイ用が重すぎる。

 

ただし、オートバイの車体、原付さえが70kg~です。テンショナー500gはまちがいではない。

 

カーボンステーは太め

 

ところで、自転車のフレームのデザインは素材に左右されます。金属系のスチール、チタンなどは細身ですね。

 

一方、カーボンフレームはそんなに細くなりません。太さで剛性を確保します。

 

太いステーにつかえる

太いステーにつかえる

 

てことで、このDCDのテンショナーはこの位置より前に行きません。取り付け部のプレートの形状は細身フレーム=金属用でしょう。

 

ペンチで曲げ加工します。

 

ペンチで曲げ加工

ペンチで曲げ加工

 

と、小技と力技を駆使して、前めのポジションにテンションをくっつけて、クランクを回転させてみます。

 

むなしく外れるチェーン

むなしく外れるチェーン

 

はい、はずれました、ちーん。

 

外側にチェーンをとおす

 

せっかくのファンの好意が鎖のさびと消えました。かなしみでご飯がのどを通りません。

 

もうエキセントリックBBかフレームチェンジしかないか・・・と、そのやさきにレーダーがひらめきます。

 

チェーンを外に通せば?!

 

ふつう!

ふつう!

 

おお、このたわみ具合は理想のチェーンテンションではありませんか!

 

はずれない

はずれない

 

手回しで順・逆回転をくりかえします。チェーンははずれません。ふつう! チェーンふつ男が降臨しました!

 

これにてロードバイクのシングルスピード化物語が完結しました。めでたしめでたし・・・でも、このさびしさはなんだろう?