自転車用ガラスコーティング AZアクアシャインコート 撥水OK 艶微妙


どろどろのぼろぼろがかっこよさとみなされるのはオフロードバイクのみです。

 

BB裏泥汚れ

 

で、そのほかの自転車のよごれは悪です。ぴかぴかのつやつやがジャスティスだ! とくにアカデミックなロードバイクや趣味系のミニベロはピッカピカフレンドリーです。

 


自転車用の簡易ガラスコート購入

 

以前、ロードバイクのカーボンフレームとディープリムホイールをハードタイプのガラスコーティングでからっと塗装しました。

 

うすくのばす

 

このハードタイプのタイムリミットはせいぜい30秒です。DIY的には最難関です。ひらたいホイールのリムのぬりはかんたんでしたが、フレームのぬりは四苦八苦でした。

 

コーティング後

 

おまけにこの車体がスペースの都合で屋外駐輪になりました。さすがのハードコートも万年の野ざらし雨ざらしには耐えられません。まえの台風のときにうっかりしまいわすれますし。

 

アンテナ

 

前回の本格コーティングの苦戦をふりかえりまして、簡易なスプレー式のガラスコート剤を試そうと思います。

 

自転車用のコーティング剤の売れ筋はクレスト4℃のガラスの盾とAZのアクアシャインコートです。地元企業のよしみでAZのものを買いました。

 

AZアクアシャインコート

 

マイクロファイバータオル、コート剤、スプレーヘッドです。たっぷりお徳用の200mlサイズです。ぶしゅぶしゅきがねなく使えます。

 

液剤です。うっすいカルピスみたいな白濁液です。においは無です。しゃぱしゃぱ。

 

ガラスコート液剤

 

しばらくほったらかしにしても、硬化や膠着をみとめられません。ソフトなコーティング剤です。AQUADROP HARD GLASS COATは十五秒でねっちゃりしはじめましたし。

 

制限時間は30秒?

 

ちなみにこのハードタイプは親水性です。親水性=水は膜状に広がります。撥水性=水は粒状になります。ソフトタイプはほぼ撥水性です。ワックスタイプ。

 

実際、ソフトタイプの用途はワックスみたいなものです。1シーズン、1クールでまめに塗装する。自転車の塗装面積はたかだかです。自動車を1クールでぬりなおすのはたいへんです。

 

カーボンフォークにコートしてみる

 

ためしにあまりもののパーツをコーティングしましょう。はい、ミニベロ用のカーボンフォークがありました。

 

クリア塗装のカーボンフォークコート前

 

表面はクリア仕上げでつやつやです。これがコーティング剤でさらにみちがえるか?

 

て、コーティングや塗装のまえにはしっかりパーツをあらいましょう。ぼくは中性洗剤であらって、ぬるま湯で落としました。

 

で、スプレーでぷしゅぷしゅします。

 

コーティングぶっしゃー

 

で、べんりな万能吹き取り紙ワイプオールでからぶきします。

 

ワイプオールでからぶき

 

これを3-4回くりかえして、マイクロファイバータオルでごしごしみがきます。すると、驚愕の結果が!

 

フォークコート後

 

なんと! とくにみちがえない!

 

うーん、beforeのクリア塗装がすでにてっかてかシャイニーです。美観の変化は微温的です。写真ではさらに見分けがつきません。なんてチャリブロガー泣かせのコーティング剤でしょう。

 

マット塗装をコーティング

 

これは不完全燃焼です。もともとの下地がだめだった。気をとりなおして、例のロードバイクのトップチューブをコートしましょう。

 

マットのトップチューブにコート

 

さて、これはbeforeでしょうか? afterでしょうか? はい、こたえはafterです。上半分の接着剤のあとみたいなのはハードコートののこりかすです。ほかはこの過酷な夏場にすっかりはげました。

 

で、やっぱし、before afterのちがいがわかりません!

 

未塗装のフォークコラムにコート

 

ペイント部分のコーティングが不発です。じゃあ、未塗装の無地の部分にぬりぬりしましょう。カーボンフォークのコラム部分はどうでしょうか?

 

左・コートなし 右・ガラスコートあり

 

左がコートなし、右がコートありです。この期にようやく多少のしっとり感が出ました。コートはx4です。10回ぐらいやれば、もっとつやつやにできる?

 

撥水性はいかほど?

 

この結果はちょっと肩透かしです。つやはそれほど出ない。ガラスコートのもうひとつの効果をみましょう。

 

それぞれのコーティングパーツにシャワーをぶっかけます、ざばっとな。

 

撥水の様子

 

水玉がきれいに出ます。撥水性は目でちゃんとわかりました。一安心です。でも、これはクリア仕上げのおかげでないか?

 

フレームのマットのトップチューブの撥水です。

 

マットの撥水

 

まあまあです。未塗装の下段のダウンチューブと比較しましょうか。

 

上段・コート済み

 

はい、あきらかな差がでました。

 

最後はフォークコラムです。

 

左・コートなし 右・コートあり

 

左のこまかい水玉はべちゃってつぶれます。右のこまかい水玉はきちっと粒を形成します。これがガラスコートのちからです。ただのカルピスもどきではない!

 

この結果からこのAZアクアシャインコートBCT-001は実質的に撥水スプレー材みたいなものです。つやはさほどです。

 

同シリーズの型番BCT-002がワックス入りです。つやだしにはこっちのがよさげですね。