自転車シューズの靴底補修と幅広甲高はチャリ乗るときに何を履くか?

先日、むやみな無意識のスキッドでロードバイクの後輪のタイヤがぺろっと剥げました。

 

ロードバイクのタイヤの削れ

ロードバイクのタイヤの削れ

 

8000円のコンチネンタルGP5000 TLが悲惨なありさまです。ロードバイクでリアブレークロックして、つーってスキッドすると、早晩にこの悲劇にみまわれます。

 

で、ケチケチ作戦を発動して、靴底補修材のセメダインシューズドクターでこれを補修しました。

 

きれいに固まる

 

患部が完璧に固まりまして、とくに異常を来しません。まあ、多少のぼこぼこ感はありますけど。

 

で、この補修材がどっぷり余ります。本来の用途で使いましょう。幸か不幸かぼくが自転車に使うシューズはタイヤ以上のくたびれぷりです。

 

ぼろぼろのはきもの

ぼろぼろのはきもの

 

靴底の惨劇

靴底の惨劇

 

オーマイガー!

 

自転車シューズのサイズ事情

 

スポーツバイク、とくにレース系の自転車乗りはビンディングをよく使います。スキーやスノボみたいに靴と板を金具でかちゃって固定する。

 

実際、現行の自転車のビンディングシステムの源流はフランスのLOOK社で、ここはもともとウィンタースポーツ屋さんです。

 

うちの唯一のビンディングペダルはクランクブラザーズのキャンディですね。

 

ビンディングかっちり ソールあそびなし

ビンディングかっちり ソールあそびなし

 

クランクブラザーズのビンディングの固定力は他社よりマイルドです。しかし、やっぱし、性格的にこのかっちり感が肌に合いません。

 

さらにもうひとつのしんこくな問題があります。対応シューズです。これがぼくの足にことごとく合わない。

 

シマノビンディングシューズ

シマノビンディングシューズ

 

スポーツシューズは細身

 

ぼくの足のサイズは26cmです。標準的です。一方、足のワイズ=幅はこれを逸脱します。EEEEの4Eです。

 

実際のあんよです。

 

足の大きさ 26cmの4e

足の大きさ 26cmの4e

 

甲はそんなですが、小指の下=小指球のあたりの肉厚がげにボリューミーです。で、足幅は11cm強、足回りは28cmです。

 

足のサイズ < 足回り=足でかさん=スポーツシューズ難民の公式が成立します。

 

靴文化のたまものか欧米人の足は基本的に細身です。基準はDとかEですね。コンバースとかナイキとかの標準サイズがこれです。アジア人にはややタイトだ。

 

スポーツシューズの標準はDとかEです。アジアンフィットが2Eから3Eです。4Eはぞくにスーパーワイドタイプですね。商品カタログでは”SW”のイニシャルが付きます。

 

で、ランニング、ウォーキング、スニーカーみたいな汎用スポーツシューズには4Eがあります。しかしながら、それ以外のスポーツ専用シューズには4Eがほぼない!

 

おまけに自転車競技はマイナースポーツです。アパレルは欧米ブランドばかりだ。日本ブランドのシマノやパールイズミさえが欧米基準でウェアやシューズを作ります。

 

たのみの国内二強のアシックス、ミズノは自転車部門には参入しません。マイナーな自転車競技のなかのマイナーなサイズの4Eは絶望的です・・・

 

ゆえにぼくは汎用の4Eシューズを自転車に用います。常識的にフィットしない専用シューズ <<< フィットするふつうのシューズです、フィーリング的に、パフォーマンス的に。

 

で、これでガシガシたちこぎをすると、フラットペダルの角やピンで急速に靴底を痛めてしまいます。

 

もっとも、ふつうにランニングで使っても、たいてい1年以内に履きつぶしてしまいすけど、ははは。

 

寿命を超えたアシックスニューヨーク

寿命を超えたアシックスニューヨーク

 

ナイキシューズ補修

 

今回の補修対象はナイキのシューズです。モデル名はズームストラクチャーです。1万くらいのハイエンドな路線です。購入は2018年4月です。

 

シューズのえぐれ

シューズのえぐれ

 

ぼっろぼろ!!

 

これはランニング、サイクリング、山登り兼用です。アッパーのやぶれ、かかとのへりはまだまだですが、ソールのえぐれがしんこくです。てか、寿命です。

 

あまりのシューズドクターで直せれば、もうすこし延命できましょう。

 

比較です。

 

NIKEの4EとGIROの標準

NIKEの4EとGIROの標準

 

左がナイキのふつシューズ、右がGIROのスニーカータイプのビンディングシューズです。ビンディングシューズは1サイズ展開です。つまり、DかEですね。

 

ナイキの横幅12cm、GIROの横幅9.8cmです。2cmの差は指一本分です。これは慣れとかがまんのレベルではありません。

 

ぼくがGIROを履くと、小指の側面をギュウギュウに押し込まれて、2、3時間でKOされます。

 

29cmくらいまで上げれば、幅の問題をクリアできますけど、新たな縦ガバガバ問題に突き当たります。フィットしない~。

 

アディダス傘下になったFIVE TENがカジュアル・スポーツシューズ路線になりましたから、4Eのフラットペダル用シューズないしトレッキングシューズを出してくれるかも?

 

淡い期待を描きつつ、みずからの手をドロドロに汚して、靴底にシューズドクターをぬりたくりました。

 

シューズドクターを塗る

シューズドクターを塗る

 

乾燥時間は24時間です。せっかちさんは待てない! 6時間で実験しました。

 

ピン付きペダルをぐっと踏む

ピン付きペダルをぐっと踏む

 

まあ、行けそう。もとよりましですわ。これを自転車用にして、ランニング用を新調しましょうかね~。

 

4Eの道はけわしい道だ・・・