ソフトテール エンデュランスロードのバックステーで復活のきざし


ソフトテール、Soft tailですね。直訳は柔らかいしっぽです。ちなみにSoftailはオートバイのハーレーダビッドソンのモデル名です、豆知識。

 

じゃあ、ソフトテールは自転車の機構の一種ですね。テイル=しっぽですから、車体の後方を指します。

 

リアサスペンションなしのオフロードバイクの総称がHard tail=ハードテイルですね。一例はこんなです。

 

KONA HONZO CR TRAIL DL ver Gravel

KONA HONZO CR TRAIL DL ver Gravel

 

ハードテイルの完成車はだいたいサスペンションフォークですが、これはバラ完の29erでして、カーボンリジッドフォーク車ですね。

 

こんなサスペンションフォークのクロスバイクもハードテイルの一種ですか。

 

giant-roam3-ver9

GIANT ROAM3 ver9

 

ロードバイクよりのクロスバイクやロードバイクはとくにハードテイルとは言われませんね。ハードテイルバイクの対義語はフルサスバイクですね。がっちんのオフロード用です。

 

コメンサルスプリーム

コメンサルスプリーム

 

が、自転車の歴史のなかではもう一つの対義語的なシステムがありました。それが冒頭のソフトテイルですね。

 

エラストマー=ゴムのショックスシステム

 

ソフトテールはMTB由来のシステムの一種でした。本家のジャンルでは2000年代前半にちらっと盛り上がりましたが、メインになりえず、歴史の影に消えました。

 

ソフトテールのMTBは市場にまったく見当たりません。選択肢はハードテイル or フルサス、27.5er or 29erですね。ソフトテールの『ソ』さえが頭に浮かびません。

 

唯一の生き残りが小径車ですね。これは先代のミニベロです。

 

愛機ペガサス号

今はなき愛機ペガサス号

 

もともとはフロントサスペンションのフルサス折り畳みです。しかし、このデザインは2000年頃のなつかしのMTBに通じますね。KLEINとか。すでにレトロですね。現代のフルサス車とは別物です。

 

そして、このパシフィックサイクル印のリアサスはスプリングサスでもエアサスでもなく、エラストマーサスですね。エラストマー=ゴムですね、ゴムゴムの実です。

 

案の定、スプリングサスやエアサスよりたわみませんし、沈みません。トラベル=サスの振れ幅は極小ですね。エアサスやバネサスみたいに実感できません。ボヨンボヨンして遊べない。

 

逆に走りはエアサスやバネサスよりかっちりしますね。ソフトテール風のハードテール、ハードテール風のソフトテールですか。

 

真ソフトテールな現役バイクはKHS社の折り畳みですね。

 


KHSはアメリカの中堅自転車ブランドですね。オフロードよりのプロダクトです。うしろのポスト付け根の金色のところがザ・ソフトテールですね。

 

こいつの機能はKHSのページにくわしくあります。ステーのしなりを必要以上に抑えるのがこの部分の役目ですね。

 

つまり、サスペンションてよりストッパーですね。振動吸収、衝撃緩和自体はステーの役目です。ソフトテールの役割はそのステーのあばれを防ぐことですね。

 

このためにKHSのフォールディングバイクのステーは細めですね。おのずとフレームの素材はクロモリかチタンになります。

 

アルミフレームモデルもチェーンステーにはクロモリやチタンを使いますね。アルミのステーではショックの代わりのしなやかさを発揮できませんので。

 

むしろ、KHSはこのソフトテールを全面的に押し出して、専売特許のブランドアイコンみたいにしちゃいますね。いまやソフトテール=KHSです。

 

最新鋭のエンデュランスにソフトテールの波

 

そんなニッチなロストテクノロジー風のソフトテールがなぜかロードバイク界へちらほら進出しますね。

 

最近の各ブランドのロードバイクのモデルは、

 

スタンダード

エアロ

エンデュランス

タイムトライアル

 

の4モデルです。エアロを得意にするブランドはスタンダードやエンデュランスをエアロぽくしますし、ハードロックなキャノンデールは男気の無エアロを貫きますね。

 

で、ソフトテールのウェーブはエンデュランスモデルの最新鋭機にじわじわと来ますね。

 

旧来のエンデュランスはロングライド用の快適モデルですが、最新のエンデュランスはロードのクラシカルレース用の競技モデルですね。

 

最大の活躍の場はヨーロッパの石畳コースのレースですね。ヨーロッパでは石畳の古道が珍しくありません。とくにパリ-ルーベが有名ですね。

 

これは大阪-奈良の暗峠の石畳です。

 

峠のゴールの茶屋前 奈良と大阪境界

峠のゴールの茶屋前 奈良と大阪境界

 

この段差を走るのはタフです。このとき、ぼくは3インチのセミファットのチューブレスタイヤで行きましたが、石畳のでこぼこにえらくなんぎしました。

 

ふつうの細タイヤのロードでこれをずぎゃーんと走破するのはベリータフネスですね。事故や怪我のもとだ。

 

そこで各社はいろんな技術を詰め込んで、舗装路のでこぼこ、ぞくにマイルド悪路に対応しますね。最新のハイエンドのエンデュランスはなにがしかの衝撃対策を備えます。

 

Specialized RoubaixはFuture Shockですね。これはステム内蔵のバネサスですね。

 

スペシャライズドルーべコンプFuture Shock

スペシャライズドルーべコンプFuture Shock

 

手首のダメージを緩和します。本格のサスフォークは重くなりますし、ロードレースのレギュレーション的に怪しくなりますね。

 

システム的にはキャノンデールのなつかしシステム『ヘッドショック』を思い起こさせますね。あちらはステムの直下にサスが入ります。

 


こんなふうに由来はオフロード系ですね。じゃあ、ソフトテールですね。フランスのラピエールの新型パルシウムを見ましょう。

 

 

シートポスト付け根に黒い部分があります。これがエラストマーですね、ゴムゴムです。ラピエはSAT=ショックアブソーションテクノロジーと称しますが、正味変則ソフトテールですね。

 

イタリアのレーシングバイクブランドのWillierのCento10NDRです。

 


こちらはステーの可変機構が写真から分かりますね。小さなリンク機構てふんいきですね。ウィリエールは本国ではオフロードモデルをちょろっと出します。

 

PinarelloはDOGMA Kシリーズに完全なサスペンション機構を盛り込んじゃいますね。電子制御サスのEDSSシステムです。

 

 

スーパーソフトテールですね。オフロードのソフトテールはここまで進化しませんから、これが最新最強のソフトテールですね。

 

路面のコンディションをサスが自動で感知して、0.4秒でロックとフリーが切り替わります。うーむ、ハイテクだあ。

 

もちろん、バッテリーとセンサーは必須ですね。電動ドライブありきです。これがネックになって、フレームの価格がクレイジーになりますね。

 

Dogma K10 S EDDSバージョンのフレームセットは92万です。ぶはー! 完成車じゃありません、フレームセットですよ!

 

こんなのは完全トップレース用ですね~。プロ用だ。アマチュアはハイエンドエンデュランスよりグラベルやオールロードに行きますわ~。そもそも石畳を超高速で走る機会がないし。

 

ラピエールのパルシウムやスペシャラのルーベが限界ですね。げんにうえのスペシャラのルーベの乗り心地はばつぐんでしたよ。

 

てゆう、エンデュランスロードのソフトテール事情です。ピナがやるなら、この流れがしばらく続きますねー。

 

FacebookでシェアはてなブックマークgoogleプラスWelcome Your Share