業界No1! 超高額報酬の出前館の配達員

京都市内最強の激坂 千束坂と長坂道を上る

大阪-京都の自転車アクセスの最有力候補は淀川サイクリングロード+八幡木津自転車道の桂川沿いです。大阪市内の中心部から京都の嵐山までの約50kmをすいすい行けます。

今回、このルートを少し外れて、京都市内でハンバーガーとゲキサカを堪能しました。

淀川サイクルロードから桂川経由で京都駅前へ

出発地点はいつもの場所です。神崎川の新御堂筋沿いです。対岸がなにわ自転車道です。

2017年9月 神崎川 新御堂筋近辺
2017年9月 神崎川 新御堂筋近辺

出発時間は9時半です。遅めにゆるっと行って、ランチの激戦時間を避けて、午後3時ごろにゆったりする計画です。

ここから淀川まで行って、豊里大橋を渡って、サイクリングロードに入ります。じつに自転車日和の気候です。自転車乗りがわんさかいます。

そして、絶好調の淀川の車止めです。

淀川土手の上の車止め
淀川土手の上の車止め

土手下にも土手上にももれなく存在します。大阪市内から枚方まではこの車止めと人ごみとの戦いです。

自転車シーズンインらしく太子橋のところにスペシャライズドのテントがありましたね。メーカーの試乗会です。

て、あれこれ気を紛らせながら、あっというまに桂川へ入ります。

桂川サイクリングロード
桂川サイクリングロード

桂川サイクルロードの道は全体的に狭めです。右側の柵と無防備な左の土手ですれ違いや追越しはまあまあ神経質です。見晴らしと路面はグッドですけど。

東寺に寄り道 おめあてはガラクタ市

桂川サイクルロードの正規ゴールは嵐山です。ぼくは途中で離脱して、1号線に向かいます。こちらを北上すると、JR京都駅方面へ出ます。

駅の南側で右手に見えてくるのが五重塔の東寺です。非常に身近な文化世界遺産です。

しかし、ぼくの目的は世界遺産でなく、期間限定イベントです。毎月第一日曜日は定例の東寺ガラクタ市です。

東寺ガラクタ市ののぼり
東寺ガラクタ市ののぼり

ガラクタ市、ジャンクマーケット、なんと男心をくすぐるキーワードじゃございませんか。早朝から夕方までたくさんの店が出ます。

ガラクタ市から五重塔
ガラクタ市から五重塔

一般向けのフリマじゃありません。看板商品はガラクタです。雑貨、せともの、ジャンクが9割です。

中級者向けの雑貨です。手前右のフォーマルなハットが3000円くらいでしょう、たぶん。

中級者向け雑貨
中級者向け雑貨

雑貨好き、ガラクタ好きはぞんぶんに楽しめます。毎月第一日曜の晴れた日が東寺ガラクタ市です。

金閣寺方面へ 激坂千束坂(せんそくざか)に挑戦

ここからすこし西側の西大路通りへ向かって、JR線・新幹線の線路を越えて、さらにずっと北上します。神社仏閣はそこらじゅうにあります。

それっぽい建物でいちいち停まると、ぜんぜん進めませんから、ざっくばらんにスルーします。が、大物には寄りましょう。

北野白梅町駅の北側にあるのが学問のかみさまの菅原道真を祭る天満宮です。京都のここは全国天満宮のオリジン的なやつです。

オリジナル天満宮
オリジナル天満宮

ちなみにこの向かいの有名な豆腐屋の『とようけ茶屋』はランチの行列でぱんぱんでした。時刻は12時過ぎです。週末のこの時間は激戦です。

自転車乗りはメシの前にサカを済ませましょう。さらに北上します。

はい、金閣寺です。

金閣寺のなか
金閣寺のなか

が、金閣寺のきんぴかの本体は有料です。ぼくはイイオトナですから、この門前の質素な門構えでわびさびを堪能できます。華麗にスルーしましょう。節約!

ちなみに駐輪場は入り口の手前にあります。交通誘導のスタッフに聞きましょう。ラックはない。

ここから金閣寺きわきわの鏡石通りに入ります。ひっそりとした閑静な小道です。ほかの自転車乗りの姿は見えません。

紅葉の名所の吟松寺を過ぎると、千束の林道へ入ります。はや激坂酷道シグナルがぴこぴこしますで~。

千束町への林道
千束町への林道

ついに千束坂へ そして、激坂グラベル長坂道

自転車のりのあいだで有名な千束坂のあるところは鷹峯千束町です。千束の読み方は『せんそく』です。

実物です。

千束坂 下からの画像
千束坂 下からの画像

おお、これは相当な強敵だあ!! 実感はほぼ壁です。乗って漕ぐ意欲をそうそうに奪われます。

そして、路上にぽつんと打ち捨てられた自転車チューブが気がかりです。だれかが予備を落としちゃったか。

じゃあ、おれは降りて押して歩くぜ! そして、記念シャメをしましょう。ぱしゃりんこ。

千束坂のアメイジングな電信柱
千束坂のアメイジングな電信柱

なかなかの角度です~。それより電信柱の角度がピーキーです、ははは。

くだりです。

唯一の救いは坂の短さです。100mちょいです。暗峠みたいに15度越えが何キロも続きません。じつに写真栄えするピンポイントスポットです、千束坂。

集落の奥には長坂道があります。ザ・古道です。グーグルのストリートビューはありません。危険な香りがぷんぷんします。

グッドグラベル!
グッドグラベル!

こんな上りがながなが続きます。

けっこう上って、めぼしいポイントに出ました。右が31号線への通り抜けです。

長越坂ゴール?
長坂道ゴール?

グランドバーガーでランチ

グラベル、ヒルクライムの楽しい時間が過ぎて、太陽が傾き始めました。時刻は午後2時半です。ベリージャスト遅めランチタイムです。

山のふもとから天満宮まで戻ります。ゆるい下りです。で、京都御苑方面へ向かいます。真のめあてのハンバーガーです。

はい、グランドバーガーです。

京都の人気店グランドバーガー
京都の人気店グランドバーガー

神戸、大阪、東京、そして、京都の有名バーガー屋はコンプリートです。通し営業の人気店は遅めランチラーのオアシスです。

きれいな店内にお客は二組です。ゆっくり食べられます。

グランドバーガーランチセット+ドリンクコーラを頼みました、しめて1400円なり。そして、コーラは瓶ペプシだあ! サイコー!

グランドバーガーランチとドリンク 1400円
グランドバーガーランチとドリンク 1400円

バンズ香ばしいめ、パテ柔らかめ、アボカド多め、ザ・デリシャス手作りバーガーです。

きゅうべえ見学 鴨川沿いを走る

食後にちょっと寄り道します。鴨川沿いを上流へ向かい、地元の自転車屋を見ます。京都といえばきゅうべえですえ。ローカルで展開する地元チェーン店です。

京都の自転車屋といえばきゅうべえ
京都の自転車屋といえばきゅうべえ

ふんいき的には京都のカンザキ系てところです。ネット上で名前がよく上がります。きゅうべえのGIOSミストラルの通販価格はだいたいカンザキ系の次に来ます。

同じ通りを中心部まで南下すれば、ワイズロード京都店やシルベストサイクル京都店に寄れます。この筋は自転車屋ロードです。

ただ、河原町周辺には四条=御池とか自転車乗車NGの区画がちらほらあります。自転車乗りは留意しましょう。

そろそろ帰路に着きましょう。鴨川沿いの遊歩道に降ります。ここはダートコースです。砂ッ気が大めです。タイヤがわりに取られます。これが河原町の七条まで続きます。

グッドダート!
グッドダート!

まあ、鴨川の川辺は若いカップルだらけですわ! ええなあ~。

ここからは来た道を戻ります。1号線を南下して、桂川サイクルロード→淀川サイクルロード→なにわ自転車道でゴールします。

実は穴場のワイズロード通販

あまり安売りしない国内の自転車販売店ですが、スポーツバイク専門のワイズロードのアウトレットはたまにフィーバーします。

狙い目は年末年始やわいわいセール期間中です。在庫限りの小物90%オフ、型落ちフレームの50%オフとかが出ます。ただし、福袋はダメだ。

お得な海外通販デビューには英国のWiggle

Wiggleは世界最大級のアウトドア・スポーツ関連の通販サイトです。ロードバイクのパーツやウェアが安くて豊富。ここでコンチやゾンダを買うのが海外通販の登竜門です。

新規ユーザーさん向けの1500円オフのクーポンは[ NEWJP ]です。ハイエンドタイヤがさらにお安くなります。

クリアランスが異常! 特化で特価なCRC

CRC=Chain Reaction Cyclesは北アイルランドの大手通販サイトです。ここもWiggle系ですが、より自転車特化型で、品揃えも少し違います。MTB系ギアが強い。

ご新規さんはWiggleと同額の1500円クーポンを貰えます。アカウントはWiggleと別個です。あとは分かるな? またクリアランスセールの割引が異常過ぎて、パーツ漁りが捗ります。

サイクリング
B4C