ポタリング 楽しくハッピー! そして健全な自転車活動のスタイル


Cycling、サイクリングは自転車活動全般の総称ですね。バリバリのヒルクライムからゆったりツーリングまでサイクリングです。

 

チャリンコ通勤通学のチャリ通、BMXやピストのパークライドやトリック、X系のMTBジャンルなんかは一般のサイクリングのイメージからすこしずれますね。

 

はやりのチャリキャンプ=バイクパッキング、超長距離のブルベ、日帰り温泉チャリツアーなんかはぜんぜんサイクリングです。

 

とくに日本では気軽にチャリでぶらつくことを「ポタリング」と称しますね。略称は「ポタ」、動詞は「ポタる」でラ行変格活用ですね、ははは。

 

20世紀なかばの日本生まれの『ポタリング』

 

この床しい言葉の成立は平安時代後期てことはなく、20世紀のなかばごろですね。なんかの自転車雑誌の造語ですね。当初からその意味合いは変わりません。チャリでぶらぶらすることです。

 

このスタイルが最近のスポバイブームで最注目されまして、あれよあれよと完全に普通名詞化しましたね。大方の自転車乗りは『ポタ』て言われれば、ああと頷きますね。

 

良く似た言葉に『ボルダリング』があります。これはフリークライミングのスタイルの一種ですね。シューズと滑り止めのチョークだけで岩場や施設の壁を登ります。

 

近年、いろんなとこにジムができますね。ぼくは梅田のグランフロントのジムで一回だけやりました。腕と指がぱんぱんになりますね。おもしろさはよく分からない~。

 

阪神のサイクリストの聖地の六甲山にはクライミングのスポットも数多くあります。ここは単なる採掘場ですか。

 

falloutチックな山中の工事現場

falloutチックな山中の工事現場

 

ボルダリングは世界共通用語ですが、ポタリングは和製英語ですね。通用範囲は国内の自転車乗りに限られます。

 

「ポタリング、行ってきた」

 

て一般人に言っても、えって聞き返されます。部外者には素直に「サイクリング」と申しましょう。大方空耳パワーで「ポンデリング」に変換されますね。最も近いニュアンスの語感があのもちもちドーナッツですから。

 

でも、

 

「ポンデリングを食べにチャリで芳野町のミスドに行ってきた」

 

はものの見事なポタリングですね。ただ、「駅前でポンデリングを買って、トレイルに突撃した」はポタリングじゃありませんね。

 

ポタリング?

ポタリング?

 

これはチャリンコを担いでがっつり歩いたただのハイキングです。むしろ、ボルダリングに近づきますね。

 

B4C的にはバイク・イートイン・ザ・マウンテン、BEMなどと命名しましょうか。新ジャンルです。まあ、流行らへんか! ははは。

 

要注意! ポタリング詐欺が多発中

 

ポタリングは魅力的な活動です。ゆるっとチャリで出かけて、町をぶらぶら、ランチやおかしを食べ食べ、日帰り温泉、釣りなんかをして、ちょい汗ばむくらいで帰還します。

 

本気サイクリングは朝から晩まで、休みなし、平均時速20km、みたいな過酷スポーツですね。とくに実走時間の長さがネックです。

 

ぼくはほぼゆるチャリ・ポタしかしませんが、たまーに遠出をしかけますね。最長は自走+ビワイチ+迷い道の330km一泊二日チャリキャンプですね。

 

湖北

湖北

 

こんなふうに日を跨ぐのはポタのレベから外れますね。ツーリング、バイクパッキング、ちょっとしたアドベンチャーになります。気軽じゃありません。

 

ポタリングのおいしい時間は午前か午後の半日、おいしい距離は50km前後、おいしい速度は時速15kmですね。で、出先で飯や遊びやいやしを挟んで、ゆるっと帰還する。

 

この範囲でひどくトラぶっても、どうにかこうにか徒歩で家まで戻れますね。電車やタクシーを使っても、そんなに手ひどいダメージをこうむりません。

 

また運動的カロリー的にもベストな消費量です。チャリの消費化カロリーは徒歩や走りの6分の1です。チャリ50km=ジョグ8kmです。一食分をすぱっと消費できますね。お肉や油ものを食べられます。

 

遠乗りは10時間、15時間の世界です。基礎代謝+運動カロリーで消費カロリーは2000-3000キロに及びますね。あきらかにオーバーワークです。

 

くわえて、手首、背中、ケツ! の疲労が深刻になります。自転車の姿勢は人間工学的には不自然なものです。長時間のおまたへの圧迫感は老若男女によろしくありません。

 

さらに100kmは世間的には非常識な距離ですね。かくじつにキモチわるがられます。家族の理解を得られません。

 

「今日、100km走ったわ」

「あほか」

 

です。

 

これを弁えずにチャリンコの沼にずぶずぶに浸る人々は平気で「ゆるちゃり」とか「ポタリング」とか言いますね。で、朝一でとなりの県までびゅーんと走ります。ポタ詐欺です。チャリ暦詐称です。

 

ドロップハンドルのチャリのオーナーはすでにゆるくありません。この人らの「ゆるポタ」の誘いには注意しましょう。大方にスポーツをさせられます。

 

しかも、当人らはこれをおもしろいと思ってるから性質が悪いです。体育会系、部活、脳筋、スポ根のノリですね。もはや、ブラポタ、ブラックポタリングです。現代の国内チャリ界の深刻な問題です。

 

自転車競技者はやせすぎ

 

ぼくの持論で「ちょいデブ健康説」があります。がりがりストイック体系よりちょいデブのが健康だ、てなものです。

 

自転車乗りのスマートさは女子やメタボおっさんの目を惹きますが、長距離ランナーや小型のボクサーと同様に健全な体型じゃありませんね。あきらかにやせすぎ、がりがりくん、アンガールズです。

 

ツールドフランスの覇者のクリス・フルームはすばらしいサイクリストです。でも、その体型はみじめなものです。ひょろひょろのがりがりです。健全な体型じゃありません。

 

食べた分を消費してとんとんにする、くらいがベスト健全ポタリングですね。

 

「自転車を始めたら、ついつい食べ過ぎて、ちょっと太ってしまった・・・」

 

はい、超ウルトラ健全ですね。

 

飯がうまい

ぐっすり眠れる

 

この二つに勝るものはありません。ちょいデブのゆるチャリさんはもう人生の勝者ですね、ははは。

 

そこでへんに頑張って、100kmとか走ってしまうと、やりきった感を覚えてしまい、長く続けられません。

 

「ちょい物足りないな~」

 

くらいで抑えると、つぎにまた走りに行きたくなります。

 

ウォーキングやジョギングも同じですね。いきなり10km! とか先週分をまとめて15km! とかやると、もう一日で燃え尽きちゃいます。つぎがおっくうになる

 

「ちょい物足りないな~」

 

が長続きの秘訣ですね。なので、ぼくもジョギングを10kmにせずに、8kmに留めますね。おかげでたまにサボりながらも、2年ほどだらだら続けられますし。

 

おすすめのポタリングコース

 

ポタリングはぶらり旅です。自由行動ですね。あてなくぶらぶらがいちばんです。あえて、目的地を決めましょうか。

 

いちばんはちょっと遠目の注目の飲食店ですね。口コミの話題のお店、食べログ人気店へチャリでゴーします。ランチかカフェかおやつが正解ですね。チャリでディナーに行く人もいませんか、ははは。

 

そのほかのショッピングもおもしろいですが、いかんせん手荷物が増えちゃいますね。カゴなしのスポバイにはCONSです。食べ物は胃袋サックへ放り込めます。手ぶら、ステキ!

 

焼き立てバウムクーヘンドリンクセット

焼き立てバウムクーヘンドリンクセット

 

お持ち帰り系の軽食をそのへんの公園や広場でぱくつくのも至福のポタリングですね。春秋はなおによしです。

 

琵琶湖のほとりで朝飯だ

 

おやつ、チャリ、芝生、あおーい空 ひろーい湖、ギルガメッシュでなくとも、いい気分にひたれます。

 

近隣の観光スポット巡りもけっこうなものですね。インドア派は近場の有名どころの観光スポットに意外と行きません。

 

この今年の2月の日帰り温泉ポタリングがぼくの初有馬温泉ですね。有馬は西日本屈指の温泉地ですが、北大阪から近すぎて、宿泊には向きませんね。

 

有馬温泉 到着

有馬温泉 到着

 

すこしがんばって、奈良に行ってみたり。

 

鹿のむれ

鹿のむれ

 

六甲山に登ったり、

 

六甲山頂一軒茶屋

六甲山頂一軒茶屋

 

大坂城に梅見に行ったり、

 

大坂城梅園

大坂城梅園

 

地元民だのに、観光客みたく太陽の塔とたわむれたり、

 

太陽の塔2017年3月4日

太陽の塔2017年3月4日

 

しましたら、いい感じにこんな画像を集められました。近隣のベタな観光名所はわりとおすすめです。

 

FacebookでシェアはてなブックマークgoogleプラスWelcome Your Share