ロードバイクのホイール ブランド別の印象と人気モデル


自転車の本体はフレームですね。建物の基礎、パソコンのマザーボードですね。固体識別の車体番号はフレームに刻印されますしね。

 

で、つぎに重要な部分がホイールですね。これは足腰、大腿、下半身みたいなもんですね。フレーム+ホイールでチャリの大枠が決定しますね。

 

完成度50%

フレームとホイール

 

あとは肉=タイヤ、腱=チェーン、節=ドライブですね。これらの交換はフレームやホイールの交換ほどにクリティカルじゃありません。1にフレーム、2にホイールです。

 

で、フレームの交換=チャリの交換です。それはもう別物だ。じゃあ、パーツ交換の最大リミットはホイールの交換ですね。

 

 



わりと手軽なホイール交換

 

ホイールの交換は作業の難易度的にはノーマルモードですね。

 

ロードやクロスバイクのホイール留め具はクイックリリース、MTBやディスクロードやオールロードバイクはスルーアクスルです。いずれがママチャリの固定ナット締めよりコンフォートです。

 

ママチャリエンド部

ママチャリエンド部

 

スポバイのメンテに慣れると、ママチャリのこのリアホイール周りには「うへえ」となりますね。ナット外して、キャリア外して、泥除け外して、ローラーブレーキ外して・・・うへえ

 

ぼくのようなO型のずぼらさんがこれをやると、たいがいどこぞの金具をひん曲げちゃいますね。しかも、この金具がやっっつすい金属製で、キャラメルよりへたれだし。へっなへな! ははは。

 

じゃあ、スポーツバイクのホイール交換は手軽で劇的ですね。お金を出せば、性能をかくじつにアップできます。タイヤ交換のつぎにメリットとやりがいが大ですね。

 

ぎゃくにタイヤ交換やホイール交換ではっきりとした手応えを感じられないなら、はんざつなドライブトレインの交換には進めませんね。メリット小、手間大、自己満足度∞ですから、ははは。

 

正直、BBのグリスアップやプーリーの交換をしますが、1ミリの手応えを感じられません。

 

13Tセラミックベアリングプーリーとブッシュ

13Tセラミックベアリングプーリーとブッシュ

 

まあ、ファッションないしコスプレですね。でも、満足度はします。この差し色と肉抜きで元を取れますわ、ははは。

 

ホイールのグレード

 

自転車のホイール、ことさらにロードバイクのホイールは階級社会ですね。ひと昔前の手組みの時代には牧歌的な多様性がありましたが、メーカー完組みの現代では失われました。

 

いまやホイールの世界には完全なヒエラルキーがありますね、庶民、武士、貴族、聖職者みたいに。ザ・ホイールカーストです。

 

ホイール界のしたっぱのしたっぱは安い完成車付きの重いホイールですね。通称、『鉄下駄』ですね。

 

GIANT純正ホイール formulaハブ

GIANT純正ホイール formulaハブ

 

前後2kgオーバーは当たり前ですね。うえのセットはタイヤ、チューブ、カセット、スタンド、QR込み込みで約6kgですね。スーパーヘビー級です。

 

このテツゲタはわりと幅広いジャンルで活躍しますね。完成車のホイールはコスト削減のいちばんの対象です。~30万のカーボンロードのホイールもおおむねテツゲタですね。

 

別売3-5万円のホイールが武士クラスのふつゲタになります。おいしい価格帯ですね。焼肉屋の上カルビ的なポジションですね。

 

5-10万円が貴族クラスですね。アルミの最高クラス、カーボンのエントリークラスです。ぎりぎり周りの理解を得られるレベですね。

 

10万円以上は聖職者クラスですね。価値観は俗世間とはかけはなれます。周りの目は冷たくなります。身内は両手を上げます。「電動アシスト買えるやん・・・」てねちねち言われます。

 

「エルメスのバッグが100万」がおっさんになかなか理解されないようなものです。でも、100万のエルメスのバッグはぜんぜん真っ当プライスですね。「車買えるやん・・・」はNGですね、ははは。

 

クリンチャーが主流

 

ホイールには3種類のタイヤタイプがあります。

 

左・チューブラー 中・クリンチャー 右・チューブレス断面図

左・チューブラー 中・クリンチャー 右・チューブレス断面図

 

さらっと区別しましょう。チューブラー=競技用、クリンチャー=一般用、チューブレス=最新鋭ですね。ロードバイクの使用率は1:8:1ぐらいですね。MTBは1:1:8くらいになりますが。

 

B4Cはチューブレスを応援します!

 

ロードバイクのチューブレスは一般的じゃありません。が、おそらく今後のホイールはチューブレスに置き換わりますね。カーボンホイールとキャリパーブレーキの相性がよろしくないから。

 

カーボンの弱点は熱です。キャリパーブレーキはブレーキパッドでリムのサイドフェイスを挟んで止めます。長い下りでは摩擦熱が発生しますね。で、リムがわりと簡単に解けるor変形しますね。

 

一方のディスクブレーキはリムをじかに挟まず、ディスクローターを挟んでホイールを止めます。リムはノーダメージです。

 

カーボンホイールディスクブレーキモデル

カーボンホイールディスクブレーキモデル

 

ブレーキフェイスはありませんね。また、うちのリムはテープレスのフックレスですね。

 

ニップル穴なしでテープレスリム

ニップル穴なしでテープレスリム

 

ニップル穴とタイヤビードを引っ掛けるかえしのフックがリムのサイドにありませんね。この形状は自動車やオートバイの車輪に近くなります。

 

「これでビードは外れへんの?」

 

とクリンチャーライダーさんは思いましょう。はい、ビードは外れますね。空気圧を高圧にしすぎると、ばっこーん!とタイヤを吹き飛ばせます。耳キーン! シーラントドバー! です。

 

グラベルキングSK 40cチューブレスのタイヤの最大推奨が4barです。で、これを3.5barより高くすると、「ばっこーん!」とビードを吹き飛ばせますね。耳キーン!

 

MTB系のタイヤはこんなに高圧になりません。2bar前後がふつうですね。多分、グラベル40cとフックレスリムの組み合わせはイレギュラーですね。リム内径28mmだしな~。

 

てか、MTBのフックレスチューブレスリムの存在がぜんぜんマイナーですね。個人的にチューブレス化のしやすさ、軽さ、乗り心地、剛性、密封度はめっちゃ最高ですが。中華だけど。

 

タイヤがパッカーン

タイヤがパッカーン

 

あ、これは野外でビード上げの実戦のための手動マニュアル脱輪ですね。走行中にこれをやれば、無事で済まんな~、ヒョエー! 3bar以下で使おう。

 

て、オフロードではこんなですが、ロード界ではクリンチャーはまだまだ現役ですね。東京オリンピックまで生き延びられるかあ?

 

人気のホイールブランド ザ・四天王

 

おすすめホイールのブランドをピックアップしましょう、ばくぜんとした所感込みで。

 

Campagnolo

 

カンパニョーロはイタリアの総合自転車メーカーですね。変速機はシマノの後塵を排し、SRAMにひたひたと追い詰められますが、ホイールは安定のいちばんですね。

 

看板はゾンダとシャマルですね。

 

Campagnolo Shamal Ultra C17 Clincher Wheelset
Campagnolo Shamal Ultra C17 Clincher Wheelset

定価 134248円
割引 32%
通常 90688円
特価 84688円

※2017/07/15 02:28:00 のprobikekit.jpの価格。特価は追加割引クーポンコード[ B4C75 ]を入力した場合の金額

 

ホイール交換の王道中の王道です。見た目、性能、価格、ブランドのグラフが非情に高バランスですね。欠点らしい欠点がありません。アディダス。

 

Fulcrum

 

フルクラムはカンパニョーロの姉妹メーカーです。現在のプロダクトはホイールのみですね。また、MTBのホイールをしますね。

 

カンパ=フルクラムです。グレード格付けや部品やスモールパーツは共通しますね。性格はカンパニョーロよりかちっとしますね。

 

Fulcrum Racing Zero C17 Clincher Wheelset - Black
Fulcrum Racing Zero C17 Clincher Wheelset – Black

定価 119199円
割引 31%
通常 82638円
特価 76638円

※2017/07/15 02:34:55 のprobikekit.jpの価格。特価は追加割引クーポンコード[ B4C75 ]を入力した場合の金額

 

ほんのりカンパ姉さんか、しゃきしゃきフルクラム妹さんか、ぜいたくな問題です。ナイキだ。

 

MAVIC

 

イタリアのおとなりフランスのリヨンのリム屋がMAVICですね。任天堂の前身のおもちゃ屋さんと同期です、1889年デビュー。

 

MAVICのホイールの特徴はWTS、ホイールタイヤシステムてスライルですね。タイヤとチューブが最初から付きます。

 

そして、モデル数が圧倒的ですね。ロードホイールはなんと60種類以上に上ります。競技系のAERO、ディープ系のCOSMIC、ノーマルなENDURANCEに大別されますね。

 

Mavic Cosmic Pro Carbon Clincher Wheelset 2017
Mavic Cosmic Pro Carbon Clincher Wheelset 2017

定価 130375円
割引 25%
通常 97221円
特価 91221円

※2017/07/15 02:40:51 のprobikekit.jpの価格。特価は追加割引クーポンコード[ B4C75 ]を入力した場合の金額

 

2018モデルからUST=チューブレスモデルがどばっと出てきました。MTBのチューブレス技術をおしみなく投入します。チューブレス普及の嚆矢になるかあ? タイヤも工場出荷時からセットされますしね。

 

ルコック。

 

Shimano

 

シマノはなにわの堺国の自転車&フィッシングメーカーですね。ロードバイクの変速機ではばつぐんの売り上げを持ちます。MTBではSRAMの台頭を許しますが。

 

シマノホイールのPROSはコスパですね。CONSはじみさです。部活ホイール、実業団ホイール、そんなふんいきです。ミズノかアシックスの運動靴だ。

 

 Shimano Dura-Ace 9100 C24 Clincher Wheelset
Shimano Dura-Ace 9100 C24 Clincher Wheelset

定価 151999円
割引 39%
特価 93124円

※2017/07/15 02:54:44のchainreactioncycles.comの価格

 

が、最近、台湾系のメーカーが超コスパのホイールをぞくぞく投入しまして、シマノのホイールのアイデンティティをおびやかしますね。

 

ごらんのようにシマノホイールは見た目的には地味子さんです。カンパやフルクラムの華やMAVICみたいな男っぽさがありません。

 

価格の強みが薄れると、総合点ががたっと落ちますね。オールドファンさえがたびたびの値上げに悲鳴を上げますしね。デザインをがんばれ~。

 

通好みな第二先頭集団

 

上記のホイール四天王の牙城は強力です。が、魅力的なホイールブランドはまだまだありますね。知名度やシェアは劣りますが、実力は伯仲かそれ以上ですね。通好みのブランドを見ましょう。

 

DT Swiss

 

DT Swissはスイスの自転車パーツ屋ですね。主力の商品はハブ、そして、スポークです。DTコンペは手組みのスポークの定番ですね。

 

実のところ、あんな超高級メーカーのハブやこんな大手ブランドのPBホイールのハブがDT製だとかしますね。

 

CRCには高級モデルの240sの手組みオーダーサービスがあります。

 

 DT Swiss Custom ロードリアホイール
DT Swiss Custom ロードリアホイール

カスタム価格 37305円から

※2017/07/15 14:04:34のchainreactioncycles.comの価格

 

また、個別のカスタムキットが充実ですね。ラチェットアップグレードキットはメカイジリ派の心をぐっと掴みます。

 

 

ミニベロのリアをこれで組みたいな~。イメージはブーツのダナーですね。

 

Easton

 

Eastonはアメリカの金属加工屋さんです。主力商品は金属バットやアーチェリーの矢ですね。かように金属チューブに絶大の自信を持ちます。

 

もともと自転車のフレームやホイールは円筒の金属チューブです。パイプ屋さんの存在は自転車産業に欠かせません。縁の下の力持ちです。

 

Eastonの自転車パーツの看板商品はハンドルバーやシートポストですね。アルミのEAやカーボンのECは超軽量でがんじょうでロックですね。

 

easton ea70

easton ea70ハンドル

 

この加工技術を活かして、自社リムや自社完組ホイールをしますね。

 

Easton - EA 70 アロイクリンチャーリアロードホイール
Easton – EA 70 アロイクリンチャーリアロードホイール

定価 33156円
割引 27% オフ
特価 23873円

※2017/07/15 14:21:04のwiggleの価格

 

通好みのしぶいホイールです。見た目は地味系になりますね。ティンバーランドで。

 

Reynolds

 

自転車界には2つのReynolds、レイノルズがありますね。アメリカユタ州のホイール屋のレイノルズサイクリング、そして、イギリスバーミンガムのレイノルズテクノロジーです。

 

イギリスのレイノルズはEASTONと同業の鉄鋼チューブ屋です。自転車の詳細で「クロモリ Reynolds 853」のReynoldsはこの英国レイノルズですね。

 

アメリカのホイール屋のレイノルズはこの鉄鋼屋の分家独立派ですね。2000年代中盤から本格スタートしまして、いまや完全に別個のカーボンホイール専門店になりました。

 

ミドルグレードのASSAULT、ATACK、STRIKEはなにかとガンダムチックなイメージを掻き立てますね。

 

全体の印象はEASTONによく似ます。高性能・地味系・通好みブランドですね。セールががばっとかかりますね。

 

Reynolds 66 Tubular Wheelset
Reynolds 66 Tubular Wheelset

定価 290549円
割引 61%
通常 114073円
特価 108073円

※2017/07/16 02:39:50 のprobikekit.jpの価格。特価は追加割引クーポンコード[ B4C75 ]を入力した場合の金額

 

アパレルイメージはレッドウィングです。イギリスのレイノルズはクロケットジョーンズですかねー。

 

ZIPP

 

圧縮ファイルみたいな名前のZIPP、ジップはこれまたアメリカの高級ホイールブランドですね。ピュアロード・ツール系の世界よりトライアスロンやTTの世界で人気を誇りますね。

 

こちらはもともと単独のカーボンホイール屋さんでしたが、SRAMに買収されて、子会社になっちゃいました。本家SRAMのサイトにがZIPPのロゴがありますね。

 

このホイールのZIPP、サスのRockshox、パーツのTruvativ、パワーメーターのQuarqはSRAM陣営ですね。人気ストアのWiggle=CRC連合はこのSRAM系ブランドの日本向け出荷をしません、大人の事情です。

 

が、そのほかの海外ストアにはふつうに在庫が並びますね。が、めっさ割高です。

 

ZIPP 303 Firecrest Clincher Carbon Road Wheelset
ZIPP 303 Firecrest Clincher Carbon Road Wheelset
定価 284750円
VIP特価 209999円

※2017/07/16 02:53:35のcyclingexpressの価格

 

売りは圧倒的エアロですね。平地最速用のレーシーな特化型ホイールです。ZIPPの万能型や軽量型を選ぶのは本末転倒でしょう。

 

イメージは米国最高ブーツ屋のWHITE’S、はたまた、ウェスコかオールデンで。

 

American Classic

 

アメリカンクラシック、アメクラはアメリカ・タンパのホイール・ハブ・リムのしにせブランドですね。「アメリカンクラシック」ではホイールとピザがヒットしますね、ははは。

 

アイコンは独特のラチェット機構と大きなハブのラージハブとですね。

 

アメクラハブ構造

アメクラハブ構造

 

ハブフランジ別イメージ

ハブフランジ別イメージ

 

「でっかくて良く回るけど、耐久度や横剛性が神経質だ」てのが大方のアメクラのイメージですね。

 

DAHONやTERNの高級モデルのホイールがアメクラ系ですね。KINTIX PRO by American Classicです。このロルフプリマミタイなスポークレイアウトのやつです。

 

 

小径ホイールには好相性ですね。CONSが減って、PROSが活きます。

 

ロード用はこんなですね。

 

American Classic 420 Aero Tubeless Track Wheelset
American Classic 420 Aero Tubeless Track Wheelset

定価 95360円
割引 26%
通常 70116円
特価 64116円

※2017/07/16 03:24:17 のprobikekit.jpの価格。特価は追加割引クーポンコード[ B4C75 ]を入力した場合の金額

 

ハブのでかさが知れますね。コンバース。

 

格安台湾系の快進撃

 

世界の自転車産業の中心地は母国のヨーロッパや本場のアメリカでなく、中国と台湾ですね。とくに台湾は質量名実のいずれで世界一を誇りますね。

 

近年、大手有名ブランドの下請けで力を付けた台湾系メーカーが自社開発の商品を積極的に売り出しますね。コスパのシマノを上回る超コスパで世界市場に挑みます。

 

シマノ=ユニクロ

台湾系=GU、H&M

 

てふんいきです。海外ファストファッション系の進出で相対的にユニクロは価格面のアドバンテージを失いました。げんに昔みたいな格安感はしません。生地も安っぽくなっちゃったし。

 

若い人は安くてそこそこのおしゃれな服を買うなら、GUやH&Mに行きます。ユニクロに行くのは年配の方々だ。慣性でなんとなーくふらふら入ってしまう。

 

現実問題、ユニクロ=安い、て感覚は2010年ごろのちょいなつかし金銭感覚ですね。シマノ=安い、もそんなふんいきです。

 

台湾系の有力どころはTOKEN、NOVATEC、ALEXRIMS、KINESISなどなどですね。だいたい大手有名ブランドのOEMをして、自社工場をしますね。

 

品質は疑いなしです。台湾製のスマホとPCと自転車パーツは世界最高クラスですね。高品質で高コスパだ。ハブから何から自前で出来ますね。唯一、スポークはDTやPillarやSAPIMですが。

 

別の記事に書きましたが、ALEXRIMS のALX473は46000円で1400gのチューブレス互換の軽量アルミホイールです。上記の四天王ブランドの同クラスの製品の半額ですね。

 

「安すぎ!」て声が方々から聞こえますが、むしろ、こちらが製品としての実体価格でしょう。大手ブランド系が高すぎ! てのが真実でしょう。ブランド物、嗜好品、ヴィトン、エルメスですよ。

 

NOVATEC

 

NOVATECは台湾大手ハブ屋ですね。Aliexpressの手組みホイールのド定番です。DAHONの74mmフロントやBOOSTのリア148mmまで幅広いハブを取り揃えますね。

 

加工精度はこんなですね。

 

Novatec ハブ とXDフリー

Novatec ハブ とXDフリー

 

このXDドライバーはそうじゃありませんが、SRAM/SHIMANOフリーのやわらかさは有名ですね。回転はふつうです。

 

Novatec - Jetfly アロイクリンチャーロードホイールセット
Novatec – Jetfly アロイクリンチャーロードホイールセット

定価 56897円
割引 20% オフ
特価 45134円

※2017/07/16 05:19:12のwiggleの価格

 

2017モデルのハブからロゴが変わりましたね。旧ロゴよりイマドキスタイリッシュになりましたよ。旧ロゴは赤がちですからね。このマイナー変更はPROSです。

 

 

Kinesis

 

キネシスは溶接屋ですね。ホイールのほかのフレームやフォークを手がけます。てか、そっちがメインですね。欧米のストアではキネシスパーツがわりと出ますね。国内の知名度はほぼゼロですが。

 

Kinesis Crosslight Clincher Wheelset V4 - Black - Shimano
Kinesis Crosslight Clincher Wheelset V4 – Black – Shimano

定価 52149円
割引 33%
通常 34999円
特価 33249円

※2017/07/16 05:29:57 のprobikekit.jpの価格。特価は追加割引クーポンコード[ B4C5 ]を入力した場合の金額

 

すこし前より在庫が減りましたね。キネシス公式の2018のカタログにはホイールが2つしかないし。やっぱし、フレームとフォークが看板ですね。

 

ALEXRIMS

 

アレックスリムは世界シェアナンバーワンのリム屋さんですね。ALEXのリムとNOVATECのハブが全ジャンルの全ホイールをカバーできますね。

 

今年はアレックスのリニューアルイヤーですね。ホイール部門のA-classを母体に統合して、意欲的な完組みパッケージホイールを出します。

 

やはり、注目は軽量のALX473ですね。

 

 

1400gでチューブレスでワイドリムでこの価格です。1412g、ふつリム、クリンチャーの実売9万円のデュラエースホイールWH-R9100-C24-CLを完全に食いますね~。

 

TOKEN

 

TOKEN、トーケンですね。ここのボトムブラケットはカスタム選手権の常連ですね。スクエアテーパー、ホローテックタイプのバージョンアップに良く使われます。

 

bb-token

TOKEN BB

 

ベアリングにはこだわりがありますね。ホイールのハブのグレードはノーマル < TBT < TFTですね。これはTBTベアリングハブのTOKEN C28です。

 

Token - C28 フルカーボンクリンチャーホイールセット
Token – C28 フルカーボンクリンチャーホイールセット

定価 158050円
割引 % オフ
特価 86115-108637円

※2017/07/16 05:04:23のwiggleの価格

 

見た目も名前もそっけない、ははは。ハブのフリーの赤はきれいですけど、スプロケで隠れちゃうからな~。

 

最高額ホイールはなんぼだ?

 

最後にぼくがよくチェックするサイトをはしごして、最高額のホイールを調べましょうか~。絶対に買えへんけど、買われへんけど。

 

はい、Merlin CyclesのENVEリムとクリスキングハブのホイールですね。

 

Enve 3.4 SES NBT Clincher Wheelset - 2016
Enve 3.4 SES NBT Clincher Road Wheelset – Chris King Hubs

定価 393312円

※ 2017/07/16 05:44:22のmerilin cyclesの価格

 

はい、40万です。はぴー! かすり傷一つで三日くらいしょげられますねー。でも、オフロードのレースのENVE率は多めですね。これでばんばんジャンプしちゃいます。ヒャッハー!

 

5万を出しても、クリスキングのフロントハブしか買えへんで・・・

 

FacebookでシェアはてなブックマークgoogleプラスWelcome Your Share