超簡単! Uber Eats デビューでキャッシュバック!

スルーアクスルとクイックリリースの違い



エンド=End、終わりとう意味がメジャーですが、末端、終点、際、はしっこ、はてを意味します。

で、自転車の「エンド」はフォークのエンドないしフレームのエンドです。ホイールのシャフトを嵌めるところです。

「バーエンド」

「ケーブルエンド」

・・・いけず。

ママチャリのフレームのエンドです。がちがちのボルトナット締め。

ママチャリのリアホイールの周り
ママチャリのリアホイールの周り

ここの幅はカテゴリ、ブランド、モデルでまちまちです。

  • ピスト、シングル:110mm 120mm ナット締め
  • ママチャリ:120-130mm ナット締め
  • ロードバイク:130mmクイックリリース
  • クロスバイク、ミニベロ、折り畳み:135mm クイックリリース
  • MTB:142mm 148mm 150mm 157mm スルーアクスル
  • ファットバイク:190mm! とか



スルーアクスルの特徴

スルーアクスルです。

中空のシャフトです。上の細いのが径12mm 幅148mmのリア用、下のが径15mm 110mmのフロント用です。

この組み合わせはSRAMのBOOST規格です。2015年以降のスタンダードです。

超激しいダウンヒル用のものはさらにごつい12mm 150mm、20mm 110mmとかです。

これらはことごとくスルーアクスルです。オフロードではクイックリリースは完全に廃れました。

さらにディスクブレーキが標準化しました。これの強烈な制動力にクイックの固定は力不足です。

スルーアクスルはエンドの穴をさくっと貫通します。構造的にずれない。

フレームのリアエンド
フレームのリアエンド

この機構のおかげでエンド、ホイール、シャフトが擬似的に一体化します。全体のかちっとしたソリッドさはクイックの比ではありません。

クイックはほんまの仮留めです。

機械式ディスクブレーキ
機械式ディスクブレーキ

オープンなエンドを外側から締め付けてホイールを止めます。『ホイールのずれ防止』がクイックの役目です。

クイックはシャフトではありませんから、これを支えません。クイックの横棒はガイド&キャップ引っ張りの役目しか持ちません。かんたんに曲がります。

実際にホイールを支えるのはホイール側のエンドキャップと中空棒です。

両者のフロントフォークの断面イメージ図です。

左・クイックリリース 右・スルーアクスル
左・クイックリリース 右・スルーアクスル

クイックリリースのシャフトはフレームやハブには直にコンタクトしません。これは単なるガイドです。

対照的にスルーアクスルのシャフトはフレームやハブに直にコンタクトします。

スルーアクスルの長所

スルーアクスルの利点は剛性です。

まあ、ロードやクロスはべたーと平地を走りますから、エンドの下側がオープンであっても、ホイールはぽろりとずり落ちません。

オフロードでは車体と車輪はばんばん浮きます。競技系は年々激しくなりますから、QRの仮留めは信頼不足です。いまやなしです。

ロードやクロスではまだまだクイックが主流です。が、この仮留めさえちゃんとしない人は少なくありません。

  • 締め過ぎ
  • 緩め過ぎ
  • レバーをさきに倒してからぐりぐり締める
  • レバーを最後まできっちり倒さない
  • タケノコバネ逆付け
  • タケノコバネ忘却
  • え、タケノコバネって何?
タケノコバネ
タケノコバネ

スルーアクスルの短所

スルーアクスルの性能的な短所はありません。全ての点でクリックリリースに勝ります。

一時期にQR信者から揶揄された整備性の悪さは電動工具の仕様やホイール全とっかえで解決されました。

むしろ、現代ではクイックリリースの整備性の方がよろしくありません。実際問題、取り付け・取り外しの細かいルールがスルーアクスルより多めですし。

注意点は軸の太さ、幅、ネジのピッチの互換性ですか。Rockshox系、syntace系、e-thru系などがあります。

それから、クイックリリースはホイールの付属品ですが、スルーアクスルはフレーム(フォーク)の付属品です。

メスのネジ穴はフレームやフォーク側にありますので。

フレームエンド
フレームエンド

サヨナラ・クイックリリース

ロードバイク界はディスクブレーキの解禁にすごく手間取りました。一時期にはレース中の事故の犯人にディスクブレーキが仕立て上げられました。陰謀論です。

しかし、ディスクブレーキのローターの安全性がとやかく言われるなら、レース中の並走オートバイのブレーキはもっとごっついディスクブレーキです。

そもそも形状、大きさ、位置からフロントリングやチェーンの方が危険です。

オールロード系からピュアロードまで油圧ディスクブレーキが拡大するのは必定です。エアロ、エンデュランスにはほぼディスクモデルが出ますし。

シクロのカンチブレーキ、MTBの26インチホイールはすでにレトロです。近年、ロードのキャリパーブレーキとクイックリリースが新しく加わりました。

ユーザーの感覚よりパーツのトレンドの方が流動的です。しかし、機材趣味、機材スポーツの世界はそういうものです。