GORINボタン式リング錠 異次元の便利さを誇る自転車ロック


ずぼらさんにぴったり! GORINボタン式リング錠

 

ぼくはミニベロにはシンプルなワイヤー錠、ちょい乗り用のクロスバイクにはこのGORIN ボタン式リング錠を使います。

 

 

これは超便利な自転車鍵です。とくに街乗り、お散歩、買い物で力を発揮します。

 

最大のメリットはロック&フリーのしやすさです。めんどうな開錠施錠がパチパチガシャンで3秒です。これに慣れると、ナンバーロックのワイヤーやふつうの鍵の手間にうんざりします。

 

ぼくのようなずぼらな人や自転車の鍵をよくなくすうっかりさんにこそおすすめです。

 

これはうちのクロスの実物です。

 

GORINキーレスロック

GORINキーレスロック

 

プレートの『LOCK』の中抜きはご愛嬌です、ははは。

 

施錠の性能はがっしりです。暗証番号は4桁で、デフォルト固定です。選べませんし、変えられません。これを失念しないようにしましょう。でも、だいたい三日くらいで身体が覚えますが。

 

左のナンバーボタンの裏手にリセットボタンがあります。フリー→ストップ&ロックのときにリセットを忘れると、暗証番号を野ざらしにしちゃいます。

 

この解除ナンバーは1267ですね。

 

まあ、多分、知らない悪い人がとろうとしても、表のボタンをさきに押しちゃって、勝手にロックしちゃいますが。

 

ぼくもときどきリセットしわすれますが、とくに危険を感じません。ついでにぼくはリセットをせずに、表ボタンをひとつ押して、簡易ロックしますね。5つ目のボタンインは必然的にエラーになって、鍵は開きませんから。

 

これでほんとに寄り道、道草、お買い物の店はしごが天国ストレスフリーになります。手間はワイヤー錠の十分の一、ノーマルな自転車鍵の三分の一です。

 

「あれ? 鍵? 鍵? どこ?」

 

て、家でも外でもしょっちゅうやってしまう人はこれに買い換えましょう。急ぎの用事のときになかなか見つからないのが自転車の鍵というものです。

 

ママチャリとかはこっち。

 

 

一度取り付ければ、五年くらいメンテフリーでハッピーになれます。ずぼらさんやうっかりさんは買って損なしです。