プーリーの交換 標準の安いビックタイプからシールドベアリングのものに


微妙なカスタマイズの代表、リアディレイラーのプーリーの交換

 

今日のカスタマイズはプーリーの交換です。はて、プーリー? どのパーツじゃ?

 

はい、これです。

 

プーリー

プーリー

 

リアディレイラーの双子のギザギザツンツンのいかした兄弟です。pulley=滑車ですね。このリアメカの小さいこいつもプーリーですし、井戸の上の方でからから回る大きいあいつもひとしくプーリーです。

 

自転車の変速機では上がガイドプーリー、下がテンションプーリーです。形状は同一ですが、役目は別個です。上のガイドプーリーはスプロケットにチェーンを送ります。下のテンションプーリーは変速に最適なテンションをチェーンに与えます。

 

変速に命をかけるシマノは独自機構の『センタロンリヤディレイラーガイドプーリー』てゆう特殊なシステムを上位モデルに採用します。

 

これはプーリーの軸にわざと遊びを残して、変速時のチェーンの横方向のスライドの抵抗をガタで緩和する、て機構です。さきに刀身をのこぎり状にしておいて大きな刃こぼれを防ぐ志々雄の無限刃のような発想ですね。

 

シマノのセカンドグレード以上のリアメカのプーリーはこれらしいです。うちのXTのはどうでしょう?

 

シマノ XT M780 プーリー

シマノ XT RD-M780 プーリー

 

シールドベアリングはシールドベアリングですね。センタロンの遊びはあるか? うーん、手ごたえはありません。ノットセンタロンだ?

 

で、XT 780のPDFマニュアルを見つけました。旧型のマニュアルは貴重です。記載はありませんね。

 

アルテグラの6800と6870の標準プーリーはセンタロンじゃなくて、105の5800がセンタロンでおじゃる、よそのブログにそんな記事があります。

 

じゃあ、グレードはセンタロンの採用に無関係です? まあ、そんなに大層なもんじゃないか~。ぼく的に走行中の変速で神経質になることはまれですし。

 

SRAM NXの標準プーリーはでかごり安プーリー!

 

上の画像のようにお買い物用のサブチャリのXTのプーリーはシールドべアンリングです。これはもともとメインチャリのディレイラーでしたが、SRAM NXのお買い上げでサブに降格しちゃいました。

 

SRAM NXは今年デビューの11速の新作ですが、グレード的には入門用です。XTはセカンドグレードです。違いは細かいパーツにでます。

 

NXのプーリーはやっぼたい質感です。しかし、形状は流行のビッグプーリーです。プーリーのサイズを大きくすると、回転数を少なく、さらにチェーンの曲がりをゆるやかにできる、そんな触れ込みです。

 

チェーンのS字のカーブの差

 

でも、この比較はプーリーの質が同様の場合です。安でかプーリーの駆動率が高ちびプーリーに勝る保障はありません。多分、ベアリングなしのビッグプーリーよりベアリングありのスモールプーリーの方がグッドでしょう。

 

ちなみにぼくの交換の動機は見た目です。NXの標準プーリーのルックスはなんかやぼやぼです。エンドサマー残暑の太陽のまぶしさで不満が限度を越えました。

 

で、ヤフオクでてきとうなベアリングプーリーを入手しました。AESTのCNCのベアリングプーリーです。

 

AEST ベアリングプーリー

AEST ベアリングプーリー

 

超々ジェラルミンのAlloy7075、CNC加工、ベアリング、これが二枚で1000円ちょいです。送料はメール便で164円。大阪市内からのメール便は投函の翌々日に届きますね。

 

海外通販ののんびり到着になれると、国内配送の早さに恐れ入ります。さすがのコンパクトカントリージパングCCJです。

 

ヤフオクのセラーは豆新です。以前にAESTのシールドベアリングのヘッドパーツを買いました。

 

AEST ヘッドパーツ

AEST ヘッドパーツ

 

この豆新はAliExpressの工場セラーの並行輸入品を1円スタートでどっさり出品します。本業はしにせの豆屋だのに。中華系か香港系か台湾系の業者にコネがある? AlibabaのBtoBで大量仕入れ?

 

新旧プーリーの比較はこんなです。

 

新旧プーリー

新旧プーリー

 

ギャップはほぼ一回りですね。SRAM NXの標準プーリーはノットベアリングです。歯の長さはさすがのMTB用ですう。使用期間4ヶ月でサビやへたりはありません。

 

でも、質感がぜんぜん違う~。肉抜きのレベが違いすぎる~。素材と加工は大事ですね。そして、地味に歯数が12Tから11Tになります。

 

AESTの中身はしっかりベアリングです。

 

シールドベアリング

シールドベアリング

 

加工はKCNCとかのものに勝るとも劣りません。うーん、孫請けでしょうか? 同物のロゴ違い?

 

交換しましょう。まず、プーリーを外します。3mmアーレンキーですね。

 

プーリー

プーリー ケージロックオン

 

SRAMのリアメカはケージロック付きです。ガイドプーリーの右側にボタンがあります。ワンタッチでこういうメンテナンスモードにできます。楽ちん!

 

プーリーの取り外し、取り付けは非常にかんたんです。工具はこのアーレンキー1本だけです。ボルトを緩めて、旧プーリーを外して、新プーリーを付けて、ボルトを締める。

 

はい、ものの5分で完了しました。

 

AEST 7075 CNC シールドベアリングプーリー 11T

AEST 7075 CNC シールドベアリングプーリー 11T

 

サードパーティ製のプーリーはだいたい前後フリーです。裏表はありません。シマノやSRAMのものには裏表がありますね。上のスラムのものにも歯の向きがありますし。

 

プーリーの交換で回転がスムーズに!

 

「プーリー交換の手応えはびみょうだぜ?」

 

てのが多勢の意見のようです。でも、手回しでクランクを高速で回すと、チェーンの流れの滑らかさをきちんと感じられました。標準プーリーがだめだめだった?

 

で、あとから試走に行って、中速でめっちゃ回します。手回しのような手応えはありませんが、チェーンのスムーズさはあります。変速より回転で効果がありました。

 

もともとのプーリーがベアリングタイプのものであれば、交換の実感は確かに微妙でしょう。でも、ふつプーリーからベアリングプーリーへの交換はグッドですよ。

 

回転重視のベアリングのセラミック系はBBBのやつがよさ気です。

 

 

もしくは、変速重視のデュラエースのプーリーですか。

 

 

KCNCのアルマイト系のルックスは人を選びますね。差し色には便利ですが。

 

 

これは9,10速用ですが、11速の互換はどうでしょう? てか、ぼくが買ったAESTのやつは何速用だったの?

 

まあ、変速の滑らかさは個人的に重要じゃありません。回転のもっさりフィーリングを改善できたのが大満足でした。

 

回転重視の人はサードパーティのセラミックベアリング系に、変速重視の人はデュラエースのセンタロンにしましょう。