自転車チェーンの寿命は5000km 交換の目安を越えて使い続けると?


自転車のパーツは消耗品です。フレーム、ホイールみたいな大物からネジやテープのような小物まで消耗します。『一生もの』てゆう魅力的な言葉は人の世のはかない幻想にすぎません。諸行無常です。

 

消耗度の大小はあれ、パーツはかくじつにへたれます。メンテナンスやアフターケアは寿命を伸ばしますが、ものの耐久度には限度があります。

 

 

イメージより早く消耗する回転系

 

そのなかで回転系、駆動系のパーツはぼくらのイメージより早く消耗します。とくにチェーンとギアです。

 

スポーツバイクのチェーンはママチャリのもののようにノーメンテの野ざらしでしぶとく生き延びません。

 

ママチャリチェーンとエンド

ママチャリチェーンとエンド

 

げんみつには形をとどめをこそしますが、本来の性能からかけはなれてしまいます。10速以上のチェーンはシングル用より圧倒的にきゃしゃですし。

 

左・11速用 右・ママチャリ用

左・11速用 右・ママチャリ用

 

一般人の根底にはママチャリのイメージがあります。そして、金属=じょうぶ=無限てシンプルな発想があります。その印象からスポーツバイク系のチェーンとギアの消耗度は軽いおどろきです。

 

チェーンの寿命の目安の定説は3000-5000kmてまことしやかにささやかれます。500km/1か月で10か月です。金属パーツが一年弱しかもたない!

 

一日10km往復のチャリ通、熱心な週末ロングサイクリスト、すきま時間のだらだらチャリダー、いずれのバイクのチェーンが一年足らずで寿命に入ります。

 

ちなみにぼくはすきま時間のだらだら派ですが、よゆうで500km/1か月に到達します。500-1000kmがホビーライダーの月間走行距離のボリュームゾーンでしょう。

 

チェーンは伸びる ギアは削れる

 

ところで、さいぜんから寿命寿命て言葉が軽々しくおどりますが、なにがチェーンの寿命でしょうか?

 

寿命=破断じゃありません。チェーンは消耗品ですが、鉄製の金属パーツです。ちょっとやそっとで壊れません。

 

ぼくの経験では野ざらしノーメンテの軽快車のチェーンを大阪と琵琶湖の白鬚往復の数日後にバッキンてまっぷたつにBANしちゃいました。そればかりです。積年の腐食と突然の負荷が原因でしょう。

 

一方のスポーツバイクのチェーンの寿命はこんなふうな決定的な破断でなく、伸びです。チェーンはテンションを受けると、初期状態からビミョーに伸びます。伸び率は0.5%前後です。

 

自転車チェーン2リンク

自転車チェーン2リンク

 

一個一個のリンクの伸びはささいなものですが、チェーンは100個~のリンクで成り立ちます。リンクのピッチは1/2インチ、12.7mmです。12.7×0.005×100=6.35mm、チェーン全体で半コマほどの伸びになります。

 

チェーンが伸びると、コマのクリアランスが広くなります。結果、ギアのかみ合わせがビミョーにルーズになって、コグの歯先がちびちび削り取られます。

 

最終的に台形の刃先が先細りの三角形になります。これがギアの交換の目安のサインです。

 

走行距離6000km越えのKMC DLCは?

 

で、うちの自転車のチェーンです、5月のはじめにMTBフレームベースのバラ完車を組み上げて、この11月で半年を迎えます。詳しい数値はなぞですけども、3000kmはかくじつに超えます。

 

ビワイチ、アワイチ、和歌山友ヶ島のバイクパッキング、京都、神戸、奈良の日帰りサイクリングですでに1000kmはかくじつに超えます。+ぶらぶらお出かけでざっと4000km前後は行くか?

 

しかも、このバイクのチェーンは先代のメイン機体のミニベロからのおさがりです。2016年の12月におろしました。

 

9Tギアセット完了

9Tギアセット完了

 

新品の赤の塗装が映えます。KMC DLC、市販品の最強クラスの10000円オーバーの超高級チェーンです。近影はこんなです。

 

KMC DLCリンク近影

KMC DLCリンク近影

 

DLC=ダイヤライクカーボンの略称です。なんかすごいコーティングの技術です。上の画像の黒の部分がDLCコーティングですね。

 

小売りのパッケージ品の定価はファンタジープライスですが、これはバルク品です。チェーンに2万はない。バルクの8000円もあれですが、ははは。3万のスプロケを買った勢いでふんぱつしてしまった・・・

 

で、先代のミニベロは現行のMTBの完成の直前まで現役でした。走り方は変わりません。12月から5月の5か月で3000km前後でしょう。有馬にはこれで行きました。

 

有馬温泉 到着

有馬温泉 到着

 

自慢のDLCコーティングが完全に摩耗

 

じゃあ、チェーンの正味の走行距離は6000-7000kmに達して、一般の交換時期の目安をとうに過ぎます。現物を見ましょう。

 

KMC DLC 使用後

KMC DLC 使用後

 

はい、新品のおもかげはありません。この距離では赤が分かりますけど、遠目にはふつうの黒いチェーンです。当初のインパクトはグリスとオイルの影に消えました。

 

ギアとコンタクトする部分はこんなです。

 

ポリッシュ

ポリッシュ

 

地金のポリッシュシルバーがきれいにかがやきます。黒いDLCコート、下地の赤い塗装さえがまるまる失せました。もはやふつうのシルバーチェーンです。

 

初期はこんなです。

 

DLCコーティング 新品

DLCコーティング 新品

 

ちなみにぼくはお古のコネクトピン再利用派です。7000kmを走って、ぜんぜんチェーントラブルを起こしません。

 

コネクトピン寸止め

コネクトピン寸止め

 

十中八九、メーカーがこれを推奨しないのは別途のコネクトピンやミッシングリンクを売るためです。

 

高級チェーンの価格=ほぼコーティング代

 

チェーンのかなめはコーティングと構造です。このKMC DLCの価格のほとんどは表面のコーティングコストです。チェーンの原型は二、三千円の安い中空チェーンとイーブンです。

 

これはShimanoやSRAMのチェーンにも共通します。原型はおんなじで、価格の差は中空代とコーティング代です。そして、中空化の軽量化はささいなものです。

 

結果的に一本の高いチェーンをせこせこ長く使うより安いチェーンを早め早めに交換する方が単純な性能面ではベターです。所有の満足度、カスタムの自己満度はまた別ですけど。

 

ギアとリングの摩耗は?

 

スプロケットのギアとクランクチェーンリングはちょうど半年目にあたります。カセットの使用前はこんなです。

 

SRAM XX1 PG 1199 ワンユニットのスプロケット

SRAM XX1 PG 1199 ワンユニットのスプロケット

 

XD用の11速の最高グレードPG1199です。定価は4万オーバーです。うちのはワイズロードの年末セールの特価品です。2万弱でした。

 

これの半年後の姿がこんなです。

 

半年後のSRAM PG 1199XX

半年後のSRAM PG 1199XX

 

でろでろの汚れを度外視して、スプロケットの歯だけを見ましょう。特段の摩耗や損傷はありません。定価4万のものを半年で交換できない・・・

 

カラフルなCNCのチェーンリングの消耗は一目でよくわかります。

 

absoluteblackナローワイドリングの半年後

absoluteblackナローワイドリングの半年後

 

表面のコーティングはきれいに削られましたが、ナローワイドリングの薄歯のところと厚歯のところ、いずれがぜんぜんよゆうです。リングのカラーコーティングはファッションですから、性能に影響しません。

 

この黒い汚れはオイルやダストばかりでなく、リングやギアやチェーンの摩耗のなれのはてです。

 

パーツの摩耗のなれのはて

パーツの摩耗のなれのはて

 

ペダルが回れば、どこかのなにかがミクロなところでちびちび削れます。今日のリングは昨日のリングより小さくなり、明日のスプロケは今日のスプロケより小さくなります。盛者必衰です。

 

変速性能は落ちたか?

 

このようにチェーンはNG、ギアとリングはOKになりました。しかし、ぼくの体感では特別の問題点は走行中に見当たりません。

 

チェーンの寿命、伸びが最初に引き起こすのはチェーントラブル、変速の不調やチェーン落ちです。このスプロケの最大ギアが42Tです。

 

これを使うためにミドルレシオのクロスバイクやロードバイクよりゆるめにテンションをして、オンロードからグラベル、ダート、トレイルまでこなして、ただの一回もチェーン落ちを経験しません。

 

やはり、フロントシングルのナローワイドリングが効きます。

 

RACEFACE ATLAS Cinch

RACEFACE ATLAS Cinch

 

ロードバイクやクロスバイクではフロントマルチがまだまだ現役です。しかし、フロント変速はなかなかのトラブルメーカーで、現代のチャリトレンドでは蛇足の域に差し掛かります。

 

また、フロント変速はリア変速より大きく変化します。レバーの重さと変速時の衝撃、音の大きさがよい証拠です。ググ! ギュリン! ガッチャン! です。

 

つまり、快適度も違和感も表面化しやすくなります。チェーンの不具合はフロントで顕在化します。はてが変速の手ごたえの気持ち悪さ、コマとび、チェーン落ちです。

 

一方、リア変速の不調は変化量の小ささに紛れてしまって、体感に届きにくくなります。せいぜい初期よりキビキビ変速しない、キュルキュル音が耳障りだ、くらいのものです。

 

で、多分にうちのリア変速は初期よりダウンしますけど、乗り手の性格とゆったりマイペースのスタイルのおかげで致命的な『不愉快さ』や『イライラ』の原因には至りません。

 

不調を実感しないのに、目安で交換するか? うーん、ぼくはふつうに使い続けてしまいますね~。目安は目安に過ぎません。そもそも8000円のものをポイて捨てられない。

 

そして、つぎの予定は12速ですね。EAGLEの12速カセットの歯の厚みは5.3mm、現行11速は5.5mmです。チェーンの互換性はありません。

 

この時期に11速チェーンを新調すると、早期の12速化に踏み切れなくなります。当分、ぼくはこのDLCをせこせこ使い続けますわ。

 

かりに11速に乗り続けるなら、安いグレードを買いますね。半年、5000kmの目安や、あきらかな不具合で気軽に交換できます。

 

 

ところで、クイックリンク付きのパッケージは地雷です。シマノのクイックリンクはぽんこつ続きですね、ははは。

 

FacebookでシェアはてなブックマークgoogleプラスWelcome Your Share