チューブラータイヤのパンク対策 ツール缶に予備タイヤは必須


チューブラー、クリンチャー、そして、チューブレス、この三つがスポーツバイクのタイヤの御三家です。

 

それぞれにPROSとCONSがあります。ざっくりポイントを挙げると、

 

  • チューブドクリンチャー=手軽、安価、ふつ転がり、中途半端
  • チューブレス=低圧、耐パンク、高転がり、ビード上げ
  • チューブラー=低転がり、かるい、はんざつ、高価

 

数年前までチューブラーは「プロ仕様の高性能」てステータスを持ちましたが、最近のカガク的見解では「クリンチャーやチューブレスより転がらない」て悲しい現実にぶちあたります。

 

チューブラーの特徴はタイヤの断面が完全な円形を描くことです。最近の研究ではタイヤの真円性の好意的な説明はついぞ出ません。非情なるサイキンのケンキューです。

 

性能以外の乗り心地やグリップのフィーリングもちょい太めの低圧チューブレスにかないません。てなわけで、現在のチューブラーは低性能なめんどくさいタイヤて悲壮な位置づけになります。

 

軽さだけが取り柄

 

チューブラーシステムの唯一の長所はリムの軽さです。

 

フロントホイールは615g

フロントホイールは615g

 

リムの構造がチューブドクリンチャーよりシンプルです。軽量で強靭だ。リムの単体の軽さはほかの追随を許しません。

 

でも、ディスクブレーキのフックレスリムには並ばれます。リムブレーキホイールのブレーキフェイスは構造上のネックです。

 

チューブラーパックはタイヤ、チューブ、ホイール、ブレーキの総合力ではクリンチャーパックやチューブレスパックに負けます。

 

そして、値段が割高です。Vittoriaやコンチネンタルのクリンチャーハイエンドは4000-5000円、チューブレスは+1000円、チューブラーは倍の8000-10000円です。

 

さらに取り付けがたいへんです。リムの軽さを最大限に活かすためにリムセメントでタイヤを付けると、数日の乾燥と寝かせを余儀なくされます。

 

リムセメントをじわじわ剥がす

リムセメントをじわじわ剥がす

 

ほんとにいいところがありません。

 

ところが、なぜかうちのホイールの構成はチューブレスx2、チューブラーx2てものです。前者はオフロード・オールロード兼用、後者はオンロード用です。

 

schwalbe one チューブラー推奨空気圧

schwalbe one チューブラー推奨空気圧

 

チューブラーの一本はちょい乗り用で、もう一本は新車のロードバイク用です。いずれがヤフオクの戦利品です。

 

前者はお買い物号ですから、そんなに遠出しません。活動エリアは徒歩圏内、使用頻度は毎日です。自宅から半径10kmが限度です。

 

この使い方では出先のパンクやタイヤ交換の対策は不要です。歩いて帰れる距離にしか出て行きません、おきらく。

 

迫りくるパンクの脅威

 

しかし、このたび、カーボンロード用にレイノルズリムとホワイトハブの手組の中古のチューブラーを調達しました。パンク、脱輪もろもろのタイヤトラブルの対策は必須です。

 

ミニVブレーキとカーボンリム

ミニVブレーキとカーボンリム

 

このコンチネンタルスプリンターは22mmしかありません。タイヤ幅が流行遅れです。ぼくのラフな走り方ではパンクの不安が増大します。

 

チューブラーの致命的な弱点

 

チューブラータイヤの最大の弱点はリカバリー、リペアのむずかしさです。チューブがタイヤのなかに縫い込まれます。クローズドです。

 

左からチューブラー クリンチャー チューブレス

左からチューブラー クリンチャー チューブレス

 

この構造のおかげでタイヤの断面はまんまるになります。これはながらく慣習的に『長所』とみなされましたが、げに恐ろしき最近の研究では『短所』になりました。無情やで・・・

 

ギャップが埋まらない、チューブが見えない

 

チューブラーみたいなまんまるのタイヤのサイドはリムのしたに潜り込みます。必然的にここのカーブが大きくなる。じゃあ、リムとギャップが生まれます。

 

一方、クリンチャーやチューブレスのタイヤはオープンな半円ないし不完全円です。タイヤサイドを工夫すれば、リムとのギャップをなくして、ツライチ風にできます。

 

以前、実験的にオフロードのフックレスリムにチューブドでクリンチャータイヤをはめました。たしかにギャップは少なくなって、リムとタイヤはつるっとぺたっとします、エアロ。

 

7bar達成

7bar達成

 

そして、チューブラーのこの部分は経年でぺりぺり剥がれます。ぞくにフンドシ剥がれです。そして、なんか余計なぴろぴろが見えます、アンチエアロ。

 

フンドシ剥がれ

フンドシ剥がれ

 

客観的に『タイヤとリムを接着剤や両面テープでくっつける』て発想はザ・アナクロです。『空気の内圧でサイドをリムの側面やフックに抑え込む』て方がなんかしっくり来ます。

 

つぎに買うかと聞かれれば、「チューブレスにします!」てはっきり申せます、ははは。

 

このやっかいなチューブラータイヤのチューブはついぞ人目に触れません。パンクがいのちとりです。修理のためにはタイヤの縫い目をほどいて、チューブを引きずり出します。

 

チューブラータイヤのチューブ

チューブラータイヤのチューブ

 

もちろん、そんなややこしい作業を出先の現場でやれません。最も多発するパンクが最も致命的なトラブルになります。

 

チューブラーのパンク対策

 

チューブラーのタイヤトラブルに有用な手立てと備品を見ていきましょう。ホビーライダーにはメカニックやサポートがいません。一定の機材知識は快適ライドには不可欠です。

 

シーラント

 

チューブレスのシーラントはもともとパンク防止剤です。これを30mlほど投入すれば、ピンホールからちょっとしたサイドカットまで補修できます。

 

チューブラータイヤのチューブの注ぎ口はひとつきりです。バルブです。

 

シーラント

シーラント

 

少量のシーラントを小口のプラスチック瓶につめて携帯すれば、常識的なパンクには対応できます。チューブよりコンパクトだ。定番のSTANSのやつがおすすめです。

 

あと、ラテックス系のシーラントは一定期間で乾きます。事前に入れるなら、半年で継ぎ足しましょう。ちゃぷちゃぷ音の有無が目安です。

 

Finish Lineの新型のシーラントはNever Dryをうたい文句にします。これは事前投入派の福音となりましょうか?

 

とにかく、異物の投入は増量を招きます。おのずとチューブラーの唯一の特性の軽さはそこなわれます。

 

予備タイヤ

 

常識的なパンクにはシーラントで十分に対応できます。しかし、この世界、未知の土地、おそとでは常識外のことがしばしば降り注ぎます。

 

これは先日の「土手上のきれいな路面だな~」からのふいのグラベル砂利砂利です。これが2kmほどつづきました。

 

不意に現れるグラベルゾーン

不意に現れるグラベルゾーン

 

「土手下のきれいなアスファルトは目と鼻の先じゃないか!」

 

でも、ビンディングシューズをはくと、こうゆう草地やコンクリの傾斜を気軽に乗り越えられません。ローディの歩行力はよちよち歩きのおさなごに匹敵します。

 

で、過去の100kmオーバーのロングライドを振り返ると、なんらかのトラブルや予想外の出来事を思い出せます。むしろ、サプライズなしがレアケースです。

 

この自分の過去の自転車の記憶から30mlのシーラントはあきらかに力不足です。予備タイヤが必要です。

 

応急処置にはテープ

 

出先のタイヤ交換ではセメントを使えません。乾きを待つのがむりゲーです。そして、どんなにうまくやっても、自宅メンテ級の完成度には至りません。

 

アウトドアでのリカバリー、リペアの目安は70-80%です。仕上がりのうまさより手間のかからなさ、修復のスピードが重要です。復旧に手間取るとモチベをキープできません。

 

もうその気になって、リムテープを調達しました。ミヤタのやつでなく、VELOXのやすいやつです。

 

VELOXチューブラーテープ

VELOXチューブラーテープ

 

質感はふつうの両面テープです。これが500円です。自転車の補修用品は圧倒的に割高です。

 

かんじんの予備タイヤがなかなか決まりません。このSchwalbe Oneのおふるをひっぺがして予備にして、安いラリーとかストラーダをお買い物号に付けるか。

 

前段のようにチューブラーのタイヤの付け替えは一大事業です。気軽にローテーションできないのは飽き性のぼくにはけっこうなCONSです。

 

じゃあ、なんでチューブラーを買ったかよ・・・

 

ツール缶

 

ぼくのロングライドはリュックサックスタイルです。予備タイヤやテープの持ち運びは重荷ではありません。

 

チューブとタイヤの比較

チューブとタイヤの比較

 

チューブラーはかさばりますけど、オフロードの太タイヤのかさにはぜんぜん及びません。2インチオーバーのタイヤはちょっとしたまくらです。

 

ロングライドメンテセット

ロングライドメンテセット

 

ぞくに「ムダヲソギオトシタシンプルナスタイル!(エモンダモード)」を重視する人はボディバッグを忌み嫌います。

 

ぼくはウォーターボトルや三角のフレームバッグをひとしきりに経て、最終的にリュックに落ち着きました。

 

キャメルバックポディウムビックチル

キャメルバックポディウムビックチル

 

ぼくの感覚では自転車に荷物がのっかると、車体の持ち味があやふやになります。個性がぼやけてしまう。そして、バッグやボトルや缶がゆさゆさするのが生理的になんかヤです。

 

てことで、車体を楽しもうてときにはチャリをプレーンな状態にします。

 

自転車パーツの通販大手のワールドサイクルのR250のツールボックスがよさげです。ツール缶風のファスナー式のケースです。

 

 

チューブラーの交換の予習は気軽にできません。お買い物号が意外とトラブらない。本番一発勝負の予感がひしひし漂います。※後日、めでたくパンクしました。

 

 

FacebookでシェアはてなブックマークgoogleプラスWelcome Your Share

ブログ村自転車バナー