緊急事態で需要急増中! Uber Eats

軽くて安い超軽量ブチルチューブ TIOGA UL ウルトラライト

自転車のタイヤの種類は3つです。チューブラー、クリンチャー、チューブレスです。

このなかでだれもがおせわになるのがチューブドクリンチャーです。子供用チャリンコにはじめて乗ったその日からクリンチャー歴がスタートします。たのもしいやつです。

が、ママチャリのパンク時にはえげつないわずらわしさになります。

!ザ・アウトオンリーチューブ!
ザ・アウトオンリーチューブ!

うちの現行のチャリ体制はメイン機のチューブレスの街乗りMTBとサブ機のチューブラーのお買い物ママチャリです。単体のチューブの出番はしばらくありません。

でも、それ以前の体制はクリンチャーのルイガノのミニベロ、クリンチャーのGIANTのクロスバイクです。クリンチャー歴のがぜんぜん豊富です。

💰Uber Eats 初回クーポン限定版

Uber Eats で最も実用的なクーポンは初回限定クーポンです。

新規ユーザーさんは以下のコードで1800円割引を受けられます。

このサイトの特別限定コードは [ eats-jsx829 ]です。何と送料、手数料も削れます。料理1500円(手数料10%)+送料150円以下=実質0円飯!

使い方:インストール→アプリ起動→アカウント→プロモーション→コードを入力してください

マイチューブヒストリー

この時期に純正の重いチューブ、サイクルハンターの50円のジャンクチューブ、パナレーサーの軽量チューブのR’AIRなどなどをアレコレ試しました。

で、最終兵器のラテックスチューブに手を出さず、チューブレスとチューブラーに興味を覚えて、そっちに漬かりきって、いまやクリンチャーの蚊帳の外にいます。

関心はTUBOLITOのみ

チューブ製品の関心は超々軽量のTUBOLITOのみです。MTB用の上級モデルS-turboの29erが44g、ロード用の700cモデルが33gです。

現状、これとクリンチャータイヤの組み合わせが最軽量になります。ラテックス系チューブラーよりシーラント+チューブレスコンパチより軽量です。

ネックは価格です。4000円/1本です。8000円/2本です。+国際配送料で1万はかくじつに越えますねー。2018年春先にデリバリーが始まります。なやましいところです。

復活クリンチャー!

しかし、邪道の改造でクリンチャータイヤの出番がうちに復活しました。きっかけは中華カーボンホイール二号機です。

前後ホイールセット完成
前後ホイールセット完成

フロント615g、リア725g、ペア1340gの軽量チューブレスホイールです。重さはフルクラムレーシングゼロカーボンとタメです。

本来の用途はクロスカントリーみたいな高速オフロード用です。強度は32本組の太リムの1660gの初代中華カーボンホイールに劣ります。

前後ホイール完成
前後ホイール完成

二号機のリム幅の内外は22-27mmです。内径は20mmオーバーですが、外径の27mmはロードホイールと大きくかけ離れません。

外法カスタム、チューブレスのクリンチャー化

この軽さとリム幅を活かして、外法のカスタマイズをほどこしました。チューブレスホイールのチューブドクリンチャー化です。

このチューブレスリムにはビード受けのストッパーがありません。リムのサイドはつるぺたの壁です。

通し番号
通し番号

最近のオフロード用の中華カーボンのチューブレスリムはほぼこれです。HOOK LESSリムです。もともとはアメリカのカーボンパーツ屋のENVEの設計です。

リムサイドにビード受けのHOOKがなければ、タイヤがより自然な形でふくらんで、よりたくさんの空気が入ります。

反面、空気圧を入れすぎると、内圧でタイヤのビードをバッカーン! て吹き飛ばしちゃいます。このリムの限界値は50psiです。3barが上限です。

ちなみにビードがバッカーン! しても、リムやタイヤはとくにダメージを受けません。再セッティングすると、ふつうにチューブレスで使えます。ケブラーもカーボンも強靭な素材です。

で、このリムにふつうにクリンチャータイヤを付けても、3barまでしか上げられないなら、細タイヤの真価を発揮できません。

チューブでむりやり高圧に

解決策はチューブです。ロード用のタイヤをセットして、チューブを入れて、空気を入れると、適正空気圧までふつうに上げられます。

7bar達成
7bar達成

推定320gのリムの軽さ、BOOSTスルーアクスルの剛性、415mmのMTB的にはショートなリアセンターが手伝って、加速がえげつないレベになります。

たぶん、30kmまでの瞬間的な加速はロードを超えます。はからずもイビツな化け物が誕生してしまいました。ミュータントバイクです。

そこからの伸びはありませんし、高速維持はくるしいところですが。ピキピキピーキーな刺激的なチャリンコです。

タイヤ幅は27mmのリムときれいなツライチになります。疑似セミディープです。

ツライチッシモ
ツライチッシモ

むしろ、タイヤのトレッドのふくらみとか、ビードの接地面のシンプルさとかはHOOKEDリムより好印象に思えます。こんなふうにめっちゃきれいにタイヤの丸みが出ます。

これで100kmを走りますが、特段の不安を感じません。常用できます。将来的にはカーボンクリンチャーの全般がこのHOOKレスタイプになりえます。

Vittoriaの付属のチューブが110g!

このタイヤはVittoriaのRubino PRO G+です。グラフェン入りの現行の世代のRubinoです。タイヤ幅は25cです。実測は上段のとおりです。

ルビノプロセット中身
ルビノプロセット中身

限定数のタイヤとチューブのセットパッケージ製品です。ウエムラパーツの店頭現金特価が税込6048円でした。

タイヤの重量の実測は250g-260gです。まあまあのグリップ、そこそこの転がり、スマートなロゴデザインの普段使いタイヤです。これはGOODです。

が、付属のVittoriaのチューブ、これがだめです。Vittoriaのものはねじスレッドなしのバルブです。チューブレスユーザーのぼくはこの形状を好みません。ナットでぎゅっ!とさせて~。

そして、重量が驚異の110gです。タイヤ250+チューブ110=360gになっちゃいます。当初の予定より足回りの軽量化がはかどりません。

オフロードの超軽量タイヤは360-450gです。最軽量はSchwalbe frious fred Addixです。2インチがなんと360g!です。

シーラント40gを足しても、400gに抑えられます。そして、エアボリュームとグリップとパンク耐性と転がり抵抗の軽さを得られます。

その利点にわざわざ背いて、クリンチャーのロードタイヤをイレギュラーに使うなら、もう少し軽量にしましょう。

250gのタイヤに110gのチューブはアンバランス

おまけに250gのタイヤに110gのチューブはアンバランスです。チューブが足回りの全体の27.7%を占めてしまいます。

最終的にチューブは混ぜ物になっちゃいます。タイヤの本来の持ち味がチューブのために損なわれます。乗り心地と転がりはとくに影響を受けます。足回りの内訳は重要です。

で、軽さと比率を完全するために軽量チューブを物色します。以前、ラテックスチューブの記事を書いたときに軽量タイヤと軽量チューブをひとしきりにおさらいしました。予備知識はあります。

ラテックス系は減圧します。チューブドリンチャーシステムの気軽さとは相反します。

パナのR’AIRはミニベロの主役でした。定番の噛み込みパンクを何度かやらかしましたが、ぼくの荒い乗り方によく耐えました。グッド軽量チューブです。

でも、R’AIR最近の値上げ値上げで高級品の仲間入りを果たしました。700×23-28cの48mmバルブの実売が1500円です。x 2=3000円です。ビミョーに足が遠のきます。

1000円/1本以内で候補をしぼります。BS EXTENZA、MAXXISウルトラライトチューブは予算をオーバーします。

安い! 軽い! TIOGA UL

最終回答はTIOGA ULです。

TIOGA ULチューブ
TIOGA ULチューブ

1本660円です。ものはBS EXTENZAやMAXXISウルトラライトとおなじです。ちがいは販売元、名前、パッケージです。製造元はともにCST、台湾のチェンシンタイヤです。

チューブのスタンプです。”made in Taiwan”の刻印が3社で共通します。

TIOGA チューブのスタンプ
TIOGA チューブのスタンプ

実のところ、ぼくはそんなうらばなしを知らずにミニベロの20インチのTIOGA ULをたまたま買って、「あ、R’AIRの代替になる」と直感的に思いました。

実測70g

TIOGA UL 700×18-25c 48mmバルブの実測です。

チューブの実測70g
チューブの実測70g

ぴったし70gです。BSは67gで1200円です。R’AIRは66gで1500円です。TIOGA ウルトラライトチューブの安さがきわだちます。

日本製のR’AIRの価格の高騰はぎりセーフですけど、外注のOEMのBS EXTENZAの1200円はビミョーなところです。ネームバリュー、ブランドパワーのすばらしさです!

タイヤx2 チューブx2の実測です。

Vittoria Rubino PRO 25c x 2 TIOGA UL x2
Vittoria Rubino PRO 25c x 2 TIOGA UL x2

635gです。x1のセットは317.5gです。純正のチューブx2から80gの軽量化が成功しました。そして、重量比は22%まで下がります。タイヤのピュアさが回復しました。

同クラスのブランドチューブの半額

80gはバイクの全体の重量にはささいな軽量化ですが、足回りには大きな軽量化です。なにより出費が1300円で済みます。

安い、軽いTIOGA インナーチューブウルトラライトはほんとにおすすめです。この良心的な価格が末長く続きませや~。