ロードバイクの内装ケーブルの通し方 フレーム&ハンドル編


スポーツバイクのケーブル・ワイヤーはたんなる紐ではありません。神経、腱、血管にあたる重要なパーツです。

 

アウターケーブルは導管で、インナーワイヤーは髄液です。

 

シフターアフター

シフターアフター

 

ルーティングの内装と外装

 

で、これらのケーブル類の取り回し、ぞくにルーティング作業には当人の技術と性格がせきららにでます。

 

几帳面な人は1cm刻みでとことんこまかく調整し、おおざっぱな人はみごとにざっくばらんに放置します。

 

フロント=左のホース調整完了

フロント=左のホース調整完了

 

で、最近のスポーツバイクのルーティングは内装式やセミ内装式です。ケーブルが外目に見えない=非表示=hidden routingです。

 

これの究極型がインテグラルデザインです。ケーブル・ワイヤー類は徹底的に非表示です。このエアロディスクロードのGIANT PROPEL DISCは典型です。

 

GIANT PROPEL DISC

GIANT PROPEL DISC

 

スマートなビジュアルがきわまります。うらはらに整備性はいちじるしく悪化します。内装ケーブルの取り付け、交換、メンテナンスは気楽な作業ではありません。

 

フル外装のフルアウターのルーティングにすら苦手意識をいだくぼくには最近のロードやMTBのhidden routingは鬼門です。

 

内装式フレームのルーティング

 

これを踏まえて、うちのおニューのロードバイクのフレームとハンドルを見ましょう。

 

フレームのダウンチューブの上面に二つのグロメットがあります。シフトケーブルの入口です。

 

シフト用のアウター受け

シフト用のアウター受け

 

おなじくトップチューブの下面にはリアブレーキ用の穴があります。フル外装のフルアウターはフロントブレーキのケーブルワイヤーのみです。

 

シフターのルーティングはこのダウンチューブ-BB下-シートチューブorチェーンステーです。hiddenの部分のインナーはむき出しになります。

 

前回、ナローワイドリングで1x化したので、フロントメカのルーティングを省略できます。もっともめんどうなところはリアメカのルーティングです。

 

BB下からチェーンステーのチューブ内をのぞくと、インナーワイヤーの出口をうかがえます。右のお星さまみたいな点がそうです。

 

右の点がチェーンステーのアウター受け

右の点がチェーンステーのアウター受け

 

こんなふうにフレーム内の視認性は劣悪です。ここへほっそいケーブルやワイヤーを通します。O型のずぼらな頭がいたくなります。

 

ライナーを外さない

 

ところで、出荷状態ではフレームのライナーがきちんとありました。

 

フレームに付いてたライナー

フレームに付いてたライナー

 

ぼくは写真撮影のために開封した直後に取っ払ってしまいました。が、このライナーは内装ルーティングに非常に有効な手段です。一般人はむやみに外さない。

 

超高級品以外のカーボンフレームの内側はわりにおおらかです。バリ、ささくれ、でっぱりは日常茶飯事です。この中華カーボンフレームはまあまあきれいです。

 

BB裏からシートチューブ

BB裏からシートチューブ

 

アウターケーブルは障害物をそこそこ抜けてくれますが、インナーワイヤーはちょっとやそっとでつっかえます。先端がへにゃってなる。そして、ほつれる。

 

なんかこの段階でエンド部分の結束があやしく見える・・・接着剤を塗ろう、次から。

 

ブレーキインナー出口

ブレーキインナー出口

 

ライナーを戻す

 

フレームの出荷状態を思い出して、ライナーを通しました。

 

ライナーでルーティング

ライナーでルーティング

 

上がリアブレーキ、下がリアディレイラー用です。くだんのようにフロントメカ用はN/Aです。フロントブレーキはフレンドリーなフル外装フルアウターです。

 

結果的にこのライナー通しは楽勝でした。リアメカ用はするってBB下から出てきました。リアブレーキ用はすこしぐずりましたが、最終的に耳かきの軍門に下りました。

 

新工具、耳かき

 

実際、この鉄の耳かきは先日のカンパのエルゴパワーのレバーの分解から工具に昇格します。

 

脱落防止のブッシュ

脱落防止のブッシュ

 

さきっぽの細さと硬さがせまいところのこまかい作業にベリーナイスです。でも、木のやつはだめです。べきって折れる。

 

このあと、ライナーをガイドにして、インナーをするするって通します。ここまでは楽勝です。器用な人はライナーなしでできましょう。

 

真の敵はハンドルです。

 

難関! ハンドルの内装ルーティング

 

今度のドロハンはこんなです、安いエアロなカーボンハンドル。

 

安エアロハンドル

安エアロハンドル

 

これが内装タイプです。ルーティングはハンドルの肩-ハンドルの裏側のステム横です。つまり、肩のカーブのところでケーブルは急角度をえがきます。

 

ドロップハンドルのルーティング

ドロップハンドルのルーティング

 

そのうえ、このガイドに通るのはぶっといアウターケーブルです。しかも、シフターとブレーキの二本のアウターです。

 

ステム横から入れようとすると、肩側の出口からうまく引っぱり出せません。肩側から入れると、するするするーと永遠にインサートできます。

 

フレームのルーティングで活躍した鉄の耳かきがここであえなく撃沈しました。一本目はOKですが、二本目はむりゲーです。しつこいじめっとした耳くそより悪辣だ!

 

やっぱり、ライナーが活躍

 

30分の格闘のすえに方針を変更します。ライナー作戦です。

 

ライナーアゲイン

ライナーアゲイン

 

ライナーは耳かきで通ります。これを一つめのガイドにして、インナーケーブルの切れ端を通します。

 

で、ライナーを外して、インナーを二つめのガイドにして、アウターを通します。

 

インナーをガイドにしてアウターを通す

インナーをガイドにしてアウターを通す

 

1本目!

 

内装ルーティング撃破

内装ルーティング撃破

 

2本目! やった! クリアしたで!

 

結局、いろんな手段を試すのがDIYの近道です。30分やってできないときには脳みそを冷やしましょう。頭に血が上ると、ろくなことがありません。

 

しめに左前ブレーキでケーブルを調整しました。

 

左前ブレーキでルーティング

左前ブレーキでルーティング

 

ぼくはリアブレーキを多用しますから、全部の車体にこの方式を採用します。

 

右前ブレーキのルーティングはフレームの穴の位置的にはイレギュラーです。きれいに収まらない。

 

このドロップハンドルの内装ルーティングはひさびさの強敵でした。

 

FacebookでシェアはてなブックマークgoogleプラスWelcome Your Share