カンパのエルゴパワーの分解 シフトレバーを取り外して軽量化する


先日、ロードバイクをRACEFACEのMTB用ナローワイドチェーンリングで真フロントシングル化しました。

 

1xフロントシングル完成

1xフロントシングル完成

 

フロントディレイラーははなからありません。ドライブの構成はピュア11速です。この軽量化で6kgアンダー、イレギュラーなサブロクロードに近づきます。

 

ギア比と軽量性はヒルクライム用のカスタムバイクみたいです。登りはけっこうなもんでしょう。でも、くだりが心配です。ホイールがふるいキャリパー用のカーボンリムですから。

 

カーボンホイールをバイスで固定

カーボンホイールをバイスで固定

 

1x化でシフトレバーがおじゃまむしに

 

で、1xドライブ化はすでに完成しますが、完成車6kgアンダーは黄信号です。6.05kgみたいなおしい結果が出かねません。

 

「減らせるところを減らす、削れるところを削る」

 

このモットーで細部を見直しましょう。はい、まっさきにカンパニョーロの左のレバーがひっかりました。

 

ピンを外してぐいぐい!

ピンを外してぐいぐい!

 

フロントディレイラーがないなら、シフトレバーは無用の長物です。このメカを取り外せば、いくばくかの軽量化をはたせます。

 

ついでにこの取り外し作業でエルゴパワーの分解のながれを予習できます。そんなわけで今回はカンパのレバーの分解です。

 

カンパレバーの分解

 

このポテンザのレバーは中古品です。最初に分解清掃しようかと思いまして、未知の構造にたじろぎます。

 

シフターをむやみに分解すると、えらいめにあいます。十中八九、なぞのバネのビヨーン攻撃をくらいます。

 

おまえはどこから出てきた?!

 

SRAM グリップシフト 分解

SRAM グリップシフト 分解

 

SRAMの11速のグリップシフトの日本語情報は皆無です。さいわいにグリスのあとから元の位置が判明しました。

 

で、ネットでよくよく調べて、予備知識をつけまして、カンパレバーにいどみます。こちらの分解のレポートはちらほら散在します。ポテンザは見当たりませんが、ははは。

 

最初の難関 留めピン

 

以前、シマノスラム用のシフトインナーのタイコを外したときにさわりの部分をぱかってオープンしました。

 

バネ

バネ

 

バネコイル、インデックスソケット、その裏のストッパーみたいなものまでアプローチできます。でも、レバーの取り外しにはブレーキ側のねじをゆるめなければなりません。

 

で、そのねじの前をふさぐのがブレーキレバーです。この取り外しが最初の難関です。

 

レバーの留め具はひとつ、下側のピンです。上側のピンはブレーキレバーのストッパーにすぎません。

 

くせものの留めピン

くせものの留めピン

 

これを親指ボタン側から叩いて、外側へ押し出します。が、たんにコツコツやっても、ピンを動かせません。

 

このピンには樹脂製の割り入りのブッシュがあります。

 

脱落防止のブッシュ

脱落防止のブッシュ

 

ここにマイナスドライバーや細いノミを刺して、ブッシュをこじり開けると、ようやくストッパーを解放できます。

 

で、この状態を維持しつつ、ハンマーやアーレンでピンをこつこつ押し出します。親指ボタン側から外側へ。

 

アーレンなどでたたき出す

アーレンなどでたたき出す

 

この工程はけっこうな難易度です。

 

ぼくは床にすわって、左手のマイナスドライバーでブッシュをこじりながら、右手にハンマーを持ち、左足の親指と人差し指でプラスドライバーを固定して、こつこつやりました。

 

星型ねじが登場

 

ブレーキレバーを取り外すと、シフトレバーの固定ねじをおがめます。これが星形です。

 

10Tの星形ねじ

10Tの星形ねじ

 

さいわいに手持ちの10Tのトルクスドライバーが入りました。最初のトルクをゆるめれば、アーレンキーで回せます。

 

ブレーキ側のボルトを外す

ブレーキ側のボルトを外す

 

シフトレバーのスプリングをカバーから外します。ラジオペンチかピンセットでやりましょう。力業は禁物です。バネがよわる。

 

ちょん掛けのスプリングを外す

ちょん掛けのスプリングを外す

 

シフトレバーの取り外しは以上です。ポテンザの中身はわりにシンプルです。

 

親指ボタンは外れない?

 

親指ボタンの機械はこんなです。

 

親指ボタンのかしめ

親指ボタンのかしめ

 

かしめボルトにソケットが見当たりません。これの取り外しはむりみたいです。ペンチできつく引っ張っても、びどうだに動かせません。

 

こわすまえにあきらめます。

 

シフトレバーの重量

 

シフトレバー関連のもろもろの重量です。

 

レバーもろもろ

レバーもろもろ

 

50g弱です。シャフト、スプリング、そのほかが金属製です。これがじみにききます。

 

で、1xレバー化したエルゴパワーとフードの実測はこうなりました。

 

150g

150g

 

150gです。右レバーが190gです。じゃあ、左右セットは340gです。RECORDみたいな軽さになりました。

 

ピンをもとに戻して、ブレーキレバーを取り付けます。デュアルレバー以前のドロハンレバーに先祖返りしました。

 

カンパレバー 1x仕様

カンパレバー 1x仕様

 

親指ボタンがめざわりですー。なんかのリモートに使えんけ? 切り落とすのはあれだしなー。

 

FacebookでシェアはてなブックマークgoogleプラスWelcome Your Share