油圧ディスクブレーキのキャリパーとマスターシリンダーのシール交換


スポーツバイクのかなめは制動力です。制動力のかなめはブレーキです。MTBの標準は油圧ディスクブレーキです。

 

ディスクブレーキ

 

ブレーキフルード交換、ブリーディング、エア抜き、ホースカット、パッド交換、位置の調整てひとしきりにメンテをこなしまして、ふだんの取り扱いにはもうこまりません。

 


ピストン割れた!

 

が、この数か月のべらぼうなハードワークであらたな問題が発生します。なんとピストンが割れて、キャリパーから出ません!

 

グッドピストン

 

これはHOPE E4です。4ピストンのAM・エンデューロ用の油圧ディスクブレーキキャリパーです。レバーはHOPE TECH 3です。

 

で、この写真の上側=車体側の2つが出ない。ピストンの表面にいやな欠けが見えます。ブレーキしゅこしゅこでフルードがぶしゅぶしゅ飛び出します。あちゃー!

 

HOPEのキャリパーのピストンの調整は独特です。オイル交換やエア抜きのときにマイナスドライバーやひらべったいものでピストンを戻します。通称『ピストン戻し』です。

 

マイナスドライバーでピストンを戻す

 

このときにでっかいマイナスドライバーでざつにグリグリして、ピストンを割っちゃいました、おそらく。

 

で、その後の酷使と経年でひびわれが加速して、オイル漏れが致命的になりました。ちーん。

 

油圧ディスクブレーキのシステムのイメージはこんなです。

 

上・フルード満タンの圧 下・エア噛みの圧

 

レバーのシリンダーからホースからキャリパーから完全密封です。どっかに穴があるとか、空気がまざりこむとかすると、圧がさがって、ピストンがまんぞくに出ない。

 

で、うちのブレーキの穴は最終動作ポイントのピストンです。これを交換すればいけるかと思いまして、ピストンだけを調達しますが、後述の問題で断念します。

 

油圧ディスクブレーキキャリパー交換

 

結局、キャリパー本体を買いなおしました。

 

HOPE TECH3スモールパーツとE4キャリパー

 

E4のキャリパーとレバーカバーとシリンダーのシール/パッキンセットです。15000円なり~。購入先は英国のChain Reaction Cyclesです。

 

HOPE E4キャリパー

 

油圧ブレーキセットの交換はすでにOKですが、キャリパーだけの交換は未知数です。ブリーディングのレポはまあまあありますけど、キャリパーの交換ネタはレアです。

 

古いキャリパーを分解してみる

 

てはじめにおふるの本体を取り外します。台座のボルトをアーレンキーできこきこします。

 

油圧ブレーキディスクキャリパー外す

 

で、ホースのコネクト部分をレンチでゆるめて、フルードのたれに注意しながら、キャリパーを外します。DOTだからな!

 

ブレーキホースコネクト緩める

 

ぶじに取り外せました。

 

ホースコネクター

 

しんちゅうのワッシャx2、中空ねじx1、コネクタx1です。

 

キャリパー本体です。

 

E4ボアと専用ボアツール

 

右はHOPEのブレーキボアツールです、別途。ボアてのは星形のふたみたいなキャップのことです。ツールにてきとうな棒をいれて回します。

 

ボア外し

 

ここのトルクはそんなにつよくありません。手力ではずれます。ぱかっとな。

 

DOTフルードとピストン

 

液体はDOT5.1です。かんばしいケミカルフレーバーが鼻をつきます。目、口に入れない。素手もそんなによろしくない。

 

DOTをふきとって、手前のピストンを棒でぐいぐい押しますと、これを奥に押し出せます。じゃあ、問題の箇所があらわになります。

 

HOPE-E4のピストン

 

拡大しましょう。

 

バキバキのピストン

 

バキバキです。ふちの方からオイルがぶしゅぶしゅ漏れます。

 

このE4の奥側のピストンを外すにはパッドを外して、レバーでしゅこしゅこしゅこしゅこ押し出します。逆側にはボアがありません。

 

で、そもそもピストンを押し出せないこのE4キャリパーのピストンは完全なるひきこもりです。出ない! 出ない! 部屋から出ない!

 

で、やけくそでピストンを破壊したれ!て思ってドリルでギュインギィンしますけど、ちっこいくぼみしか作れません。

 

このピストンの素材はフェノール樹脂(のウッドセラミック?)てもので、衝撃には強くありませんが、熱と圧には無敵です。超固い!

 

で、あえなくピストンの交換をざせつしまして、キャリパー交換の道をえらびました。おかげで余分な出費をくらいます。ピストンは1個600円、ツールは1000円ですから。

 

新品キャリパー取り付け

 

新しいキャリパーをホースにつないで、パッドを入れなおします。このキャリパーセットの内容は本体、コネクター、パッドです。スモパなしのキャリパーだけの販売もあります。

 

ニューキャリパーセット

 

交換はひじょうにかんたんです。ブリーディングがくせものです

 

AZ DOTフルードバイク用

 

はい、安心安全ブレーキフルードです。HOPEの指定オイルはDOT5.1です。人体に有毒だよ♡

 

レバーのふたとダイアフラム交換

 

レバーのふたは前からガリガリくんです。最近、ここにダイアフラムのいたみがくわわります。

 

へにゃへにゃのダイアフラム

 

マスターシリンダーのオイル溜まりのゴムパッキンみたいなやつです。これがへにゃへにゃです。熱で変形したか?

 

おふるのスモールパーツ

 

ついでにこれらを交換します。新品はそれぞれ1000円です。

 

あとはいつものブリーディングです。キャリパーのニップルのビニルホースをつないで、ペットボトルをオイル受けにします。

 

自作ブリードキット

 

ビニルホースはもともと透明でしたが、DOTの力で白くなりました。おどろきのしろさ!

 

あと、作業時にはニップルをキャリパー本体より上の位置にあげましょう。この角度ではエアがちゃんと抜けません。

 

で、このあぶなっかしい液体をレバーのオイルプールにとぷとぷ注ぎます。

 

DOTひたひた

 

で、キャリパーのニップル開放→レバー引く→ニップル閉じ→レバー離すを5回ほどします。DOTがじわじわへっていきます。

 

へるDOT

 

油圧ディスクブレーキのブリードの工程はメーカーやモデルでちがいます。公式のマニュアルもまあまあ参考になりません。エア抜きには玉押し調整ににます。手探りとニュアンスの世界だ。

 

ダイアフラムとカバーをリニューアルしました。

 

ブレーキ復活

 

OK牧場!

 

ブレーキ交換は屋内で

 

ところで、この記事ではぼくは小雨の日に屋外でブリーディングしちゃいましたが、これは非推奨です。DOTは水をよく吸います。水気、湿気、外気はNGです。

 

屋内のガレージみたいなところでやるのが理想的です。でも、うちにはガレージがない。板の間でDOTしたくないし~。てことで、消去法で屋外でしました。

 

超強敵! マスターシリンダーのシール交換

 

実のところ、キャリパー交換もブリーディングもざこです。ジャムったピストンばかりが強敵でした。真のラスボスはこのあとに来ました。

 

マスターシリンダーのキャップとシールの新品がダイアフラムのセットについてきました。たなぼた。

 

で、DOTで手を汚したついでに交換してやろうと思って、レバーを分解しまして、シリンダーを抜きまして、シールを外します。

 

一応、あたらしいのをシリンダーに取り付けましたが、あまりの固さに天をあおぎかけましたが、やけくそのゴリ押しでむりやりはめこみました。必死のパッチです。

 

激闘のあとばかりが手元にのこります。

 

マスターシリンダーのシールのざんがい

 

右上のゴムのパッキンはおふるです。これの取り付けがたいへんでした。で、めずらしく写真がありません。B4Cらしくない。DOTを触りながらスマホをするのはげになんぎです。

 

ちなみにマスターシリンダーてのはこのへんです。

 

HOPE TECH3マスターシリンダー

 

そんなこんなで油圧ディスクブレーキの取り扱いLVがまたひとつ上がりました。シマノとマグラをいじってみたいな~。