シクロクロス 走る、曲がる、停まる、そして『担ぐ』レーシングバイク

Cyclocross、シクロクロス、シクロ、CXは古典的オフロード周回レースです。草創期のロードレースのショートカット、レーサーたちの冬場のトレーニングが発祥とされます。

 

シクロの公式レースはロードの公式レース並みの歴史を持ちます。記録上のファーストレースは1902年です。伝統の100年競技です。

 

ちなみにそっくりなXCはクロスカントリーの略称で、MTBの競技の一種です。当然、こっちはMTBの誕生後の新しい競技です。初の世界選手権は1990年、オリンピックは1996年です。

 

また、シクロはMTBの祖先的なポジションにあります。この亜種ロードがヨーロッパからアメリカに渡って、ゲイリー・フィッシャーとかトム・リッチーとかの手でアメリカナイズされて、MTBになります。

 

ベネルクスで盛ん

 

ロードはヨーロッパ、MTBは北米です。ロードの3大レースはツールドフランス、ジロデイタリア、ブエルタエスパーニャです。仏伊西です。いずれがカトリックのラテン系です。

 

イギリスやドイツの大会がないのは意外です。この両国はプロテスタントのゲルマン、サクソン系です。代表選手はフルーム、キッテルです。イギリスはトライアスロン、トラック競技で無敵です。

 

で、シクロクロスの主要な大会はUCIの世界選手権です。MTBのダウンヒルやフリーライドみたいに大型スポンサー付きのレースや大会はレアです。世界選手権が有力選手の主戦場です。

 

ホットエリアはベネルクス地方です。なかの『ベ』と『ネ』がとくに強力です。ベはベルギー、ネはネーデルラント、すなわちオランダです。

 

ちなみに『ルクス』のルクセンブルクは小国で、国民は50万人しかいませんから、サッカーの欧州予選で強国にぼこぼこにされます。住民の流出に悩む大阪堺市の人口さえが80万人オーバーです。

 

2017年シクロクロスの世界選手権の結果がUCIの公式ページにあります。ポイント1位はベルギーの5000、2位はオランダの4000、3位のドイツが2000です。

 

1位と2位が3位のダブルスコアです。実質、シクロクロスはこの二国の争いです。個人成績の表にはVan Aert、Van del Poel、Van KesselなどなどのVan姓が目立ちます。

 

Vanはベルギー、オランダではおなじみの名前です。マルコ・ファンバステン、フィンセント・ファン・ゴッホ、ジャン=クロード・ヴァン・ダム、ドリス・ヴァン・ノッテンなどなど、ファンとヴァンが混在しますが、元の字は”Van”です。

 

そして、個人ベスト10のうちの6名がベルギー人です。オランダ2、ドイツ1、USA1です。トップ20以内でもこの傾向は変わりません。ベルギーの独壇場です。

 

そして、ベルギーの国技はまんまの『自転車』です。有力ブランドはRidleyとEDDY MERCKXです。そして、オランダは世界屈指の自転車フレンドリー国です。

 

どのブランドのシクロクロスが人気?

 

じゃあ、シクロのトップ選手のバイクはリドレーやエディメルのシクロだな! て単純なはなしにはなりません。

 

現代のロードバイクの二強はすぐに分かります。ピナレロとスペシャライズドです。人気と実績のピナレロ、性能と総合力のスペシャライズドです。この2社がロード会を引っ張ります。

 

とくにピナレロはツールの3連覇とLVMH県連企業入りで空前のブランド力をほこります。フラッグシップのドグマはヴィトンのモノグラムみたいなステイタスを持ちます。名前で勝てる。

 

かようにロードバイクはブランド的な価値を持ちますが、シクロクロスはちょっと違います。競技の性質上、チーム色より個人色が強くなり、バイクよりライダーが優先になります。

 

おのずとシクロクロスのバイクは業務用機材の様相を濃くします。バイク、ブランドの注目度はロードより低空飛行です。レース後のバイクはもれなくどろどろになりますしね~。

 

 

ヒジョーにタフネスな競技です。オフロードのエクストリーム競技とは別個の過酷さがあります。

 

現在1位のWout Van Aertはコルナゴのバイクに乗ります。2位の最注目の若手Mathieu Van Del PoelはStevensに乗ります。Stevensはドイツの自転車ブランドです。

 

ちょっと前のシクロ界のレジェンドだの鉄人スヴェン・ネイスのバイクはコルナゴだとかFELTだとかします。

 

やっぱし、バイク < ライダーです。世界チャンピオンのバイクが一気にバカ売れ! みたいな現象は期待薄です。ブランディングが悩ましいところです。

 

担ぐシクロ、担がないグラベル

 

シクロとグラベル・アドベンチャー、この二つのバイクは良く似ます。ドロハン、ハードテイル、ディスクブレーキ、スルーアクスル、チューブレスタイヤです。

 

が、シクロクロスは競技ですが、グラベルバイクはスタイルです。レースとホビー、根幹が違います。

 

シクロの公式レースではレギュレーションがあります。選手登録、車体検査、そのほかもろもろが付きまといます。競技です。

 

グラベルはスタイルです。おあそび、ホビー、アクティビティです。公式レース的ものはありません。じゃあ、必然的に委員会や選手登録はありません。

 

じゃあ、各社が好き勝手に新モデルをぞくぞく作ります。Specialized Divergeはステム内蔵ショックやドロッパーポストを搭載しますし、WTBはロードプラスタイヤを提唱します。

 

ついでにすこし前までさかんだった『シクロにディスクブレーキ不要論』は新世代の台頭ですっかり鳴りを潜めました。シクロクロスのアイコンだったカンチブレーキはいまやオワコンになりはてます。

 

 Shimano - CX50 カンチレバーブレーキ
Shimano – CX50 カンチレバーブレーキ

定価 5109円
割引 43%
特価 2919円

※2017/08/18 09:40:38のchainreactioncycles.comの価格

 

じゃあ、シクロクロスのグラベル使用はOKですが、グラベルバイクのシクロクロス使用はNGです。シクロの方がフォーマルです。グラベルのなにかがドレスコードにひっかかりかねません。

 

機能面での違いはシクロ独特の担ぎの有無です。シクロレース内での『担ぎ』はプレーの一環です。走る、曲がる、ブレーキする、担ぐ、全部が重要です。

 

CANYONの初カーボンシクロクロス INFLITE CF SLXの特徴的なデザインは『担ぐ』ための工夫です。

 

 

これはシクロレース中の定番の風景です。プレーです。あそびじゃありません。『担ぐ』ことからアプローチして、パフォーマンスを高めて、結果を残す。そうゆう発想からの新モデルです。

 

グラベルやアドバイクでは担ぐはそんなに重要じゃありません。プレーじゃない。そもそもレースじゃない。

 

こんな坂にはローギアでだらだら上るか、大人しく降りて押して歩くか、そもそもスルーするかします。じゃあ、『担ぐ』工夫はそんなに考慮されません。

 

「マンションの室内保管の上げ下ろしにはシクロクロスは良くないかあ?」

 

てアイデアが閃きますが、普段使いでの『担ぐ』に競技用のパフォーマンスは無意味です。じゃあ、普段使いのシクロクロスはとくにおすすめじゃありません。

 

すなおにグラベルやアド系を買いましょう。ただ、CANYONの目新しいデザインで見た目買いするのはありです。

 

そして、ロードみたいな定番じゃありませんから、片落ちセール品がなかなかの特価になります。すこし前にはコルナゴのワールドカップモデルがWiggleやCRCでありましたね。

 

北米系ブランドのKONAのJakeシリーズはわりと定番のモデルです。アルミが手頃です。

 

Kona - Private Jake (2017) Cyclocross Bike
Kona – Private Jake (2017) Cyclocross Bike

定価 214073円
割引 15% オフ
特価 181962円

※2017/08/18 21:12:53のwiggleの価格

 

『担ぐ』を意識すると、フレームの前三角のでっかさに頷けます。フロントシングルでSRAMライク、ややオールロードよりのシクロです。

 

これはコルナゴA1r CXです。

 

Colnago - A1r CX (105 - 2017)
Colnago – A1r CX (105 – 2017)

定価 188993円
割引 24% オフ
特価 141745円

※2017/08/18 21:17:27のwiggleの価格

 

フロントダブルのロードよりのシクロです。ロード的なブランド知名度ではKONAよりこっちが勝ちます。KONAはがんがんグレビティ系のMTBブランドですからね。

 

でも、CYNYONみたいにオフロードを出来るところの方がいろいろ盛り込めます。シクロバイク選びはまあまあのなやみどころです~。

 

じゃあ、ひとおもいにベルギー買いでエディメルクスの特価車を買うとか。

 

Eddy Merckx - Eeklo 70 (105 - 2017)
Eddy Merckx – Eeklo 70 (105 – 2017)

定価 431000円
割引 50% オフ
特価 215500円

※2017/08/18 21:23:56のwiggleの価格

 

カーボンフレーム、油圧ディスクブレーキ、DT Swiss R24のホイールで21万はお買い得です。この性能はよゆうでディスクロードやグラベルバイク代わりになります。

 

うーん、この特価車はかなりの掘り出し物です。担がなくても走れますし遊べます。

 

はて、来期のエディメルはどうなるかな~。