業界No1! 超高額報酬の出前館の配達員

ルーメン ルクス カンデラの違い 自転車ライトの明るさの単位を解説

まず、自転車の無灯火運転は道路交通法違反です。お巡りさんに怒られます。

「でも、市街地での実質的な危険度はそんなにないで?」

はい、法律が通れば、道理はひっこみます。市民的感覚は無力です。原付の30km制限と一緒です。違法は違法。罰則は5万円以下の罰金刑です。

夜間に前方10m先を視認できるライトを装備・点灯することはチャリダーの義務です。後方の視認は問題になりません。反射板をつければ、リアライトを省けます。

つまり、最低合格基準は前ライト、後反射板です。そして、フロントライトは常時点灯です。点滅モードはチャリ原理主義ではアウトになります。

ま、本職のお巡りさんはそこまで見ません。粘着するのは一部の私的なライト警察の方々です。

ちなみに前後ライトの車体への固定は必須じゃありません。頭にヘッドライト、リュックに反射板シールは法律的にOKです。

メットとハンドルにライトをつける慎重派も少なくありません。

ルーメン? カンデラ? ルクス?

正直、100円ショップの安ライトで無灯火ロンダリングするのはぜんぜんありです。警察はいちいち明るさのチェックをしません。現状的には無灯火=取り締まり対象です。

ただし、郊外や山道や河川敷を暗い時間に走らざるをえない! て人はまともなライトを付けざるをえません。

推奨の明るさは200~300ルーメンです。単3電池x2が目安です。標準的な懐中電灯クラスです。

ちなみにルーメンは明るさ、カンデラは明るさ、ルクスは明るさです。

イメージです。

ルーメンとルクス
ルーメンとルクス

ざっくりとルーメンが光源の明るさ、カンデラが照射容積の明るさ、ルクスが照射面の明るさです。

乾電池タイプよりUSB充電タイプが便利です。乾電池はわりに即効で切れます。専用ライトはなかなかの電気食いです。

電池は最大出力で数時間しかもちません。消し忘れは致命的です。

長いトンネル
長いトンネル

ライトと反射板ナンバーワンのなにわのキャットアイ

猫のマークのキャットアイは大阪の企業です。国内シェアナンバーワンの自転車ライトメーカーです。

ここの商品はだいたい定番です。こだわらなければ、ここのライトを買いましょう。

町のナイトライド派に人気な800ルーメンの大出力のVOLT800です。

800ルーメンは単車のライトなみの明るさです。まっくらな山道を明るく照らせます。夜中に時速30kmでチャリダーせずにいられない! て人向けです。

もう少しお手ごろなやつがこちらのVOLT200です。

VOLTシリーズは型番でだいたいわかります。案の定、こちらの最大ルーメンは200です。市街地の見晴らしはよゆうです。

これ以下のものはややアンダールーメンになります。対警察用のタリスマンみたいなものです。

海外のライトメーカーのものは割安でパワフルです。たまにサンプルを貰うOLIGHTのライトは良品ですよ。

実は穴場のワイズロード通販

あまり安売りしない国内の自転車販売店ですが、スポーツバイク専門のワイズロードのアウトレットはたまにフィーバーします。

狙い目は年末年始やわいわいセール期間中です。在庫限りの小物90%オフ、型落ちフレームの50%オフとかが出ます。ただし、福袋はダメだ。

お得な海外通販デビューには英国のWiggle

Wiggleは世界最大級のアウトドア・スポーツ関連の通販サイトです。ロードバイクのパーツやウェアが安くて豊富。ここでコンチやゾンダを買うのが海外通販の登竜門です。

新規ユーザーさん向けの1500円オフのクーポンは[ NEWJP ]です。ハイエンドタイヤがさらにお安くなります。

クリアランスが異常! 特化で特価なCRC

CRC=Chain Reaction Cyclesは北アイルランドの大手通販サイトです。ここもWiggle系ですが、より自転車特化型で、品揃えも少し違います。MTB系ギアが強い。

ご新規さんはWiggleと同額の1500円クーポンを貰えます。アカウントはWiggleと別個です。あとは分かるな? またクリアランスセールの割引が異常過ぎて、パーツ漁りが捗ります。

自転車アクセサリー
B4C