冬は鍋! ディスクブレーキパッドとローターを煮沸で脱脂メンテ


うちのメインの街乗りMTBはディスクブレーキです。ブレーキはイギリスの金属加工屋HOPE社の Tech 3 E4です。末尾はENDURO 4pistonの略でしょう。

 

ディスクブレーキ

ディスクブレーキ

 

5月にKONAのバイクに組んで、4000km/半年を走りました。街乗りメインです。完全にオーバースペックです、ははは。

 

 

フロントブレーキの鳴きが消えた・・・

 

ぼくはリアブレーキを多用します。レバーの配置は右リアの左フロントです。ヨーロピアンスタイルです。

 

てか、ケーブルの取り回しがそうです。フロントフォークのホースガイドは左側のアームにあります。左前のがスマートに仕上がります。逆はなんかごちゃっとなりました。

 

緑地で

 

街乗りオンロードでは指一本のリアブレーキちょいで完璧に急停止できます。4ピストンのAM用ですから。

 

おかげでフロントはおざなりです。で、ひさびさに使ったら、ぬるさを感じて、肝を冷やしました。

 

あきらかにブレーキの鳴きが消えて、以前より効きが甘くなりました。キャリパーブレーキみたいなぬるい手応えです。

 

玄関メンテでミスったか?

 

毎回、ぼくはフロントホイールを外して、バイクを玄関にしまいます。ときどきかんたんなメンテをそこで済ませちゃいます。そのときにローターをベタベタ触ってしまったかあ?

 

フロントブレーキの出番はありませんが、制動システムの違和感はゆかいなものじゃありません。早め早めに対処しましょう。ブレーキパッドとローターのメンテをします。

 

パッドのタオル拭きメンテ、洗剤クリーニングはすでに過去ネタです。二番煎じを避けて、煮沸脱脂に挑戦しましょう。

 

おなべの季節ですしね!

 

ブレーキパッドとディスクローターと煮てみる

 

最初に具を用意しましょう。ディスクブレーキのブレーキパッドを外します。このネジを小さなアーレンキーでゆるめます。

 

ネジ外す

ネジ外す

 

・・・の前にボルトのしっぽ側のストッパーピンを忘れない! たいていのディスクブレーキのパッドのボルトのさきには小さな留め金があります。ラジオペンチやピンセットで外しましょう。

 

HOPEディスクブレーキパッド

HOPEディスクブレーキパッド

 

パッドは純正の付属品です。おそらくメタルパッドです。ちなみにパッドの規格は各社でまちまちです。例のごとく互換性、汎用性はありません。

 

こちらはFormulaのディスクブレーキパッドです。

 

Formula RX ディスクブレーキパッド

Formula RX ディスクブレーキパッド

 

ボルトからパッド、はてにピンまで別物です。多分、こっちのパッドはレジンです。

 

ディスクローターです。カタツムリ印のSNAIL社の160mmの6boltのフロートタイプです。

 

SNAILディスクローター

SNAILディスクローター

 

完全に見た目と軽さで選びました。シマノ製は安心安全高性能ですけど、AFS=センターロックタイプばかりです。街乗りバイクのいろどりにはなりません。

 

ローターの汚れの近影です。なんかネチャっとしたオイル状のものがこびりつきます。グリスかルブのなれのはてでしょうか?

 

ローター汚れ

ローター汚れ

 

オイルやグリスは水みたいに常温で蒸発しません。こんなふうにえんえん残ります。

 

ひさびさ自転車専用なべ

 

さて、具材を用意したら、なべを引っ張り出しましょう。マイ自転車パーツ専用なべです。おもにチェーンやプーリーやボルトを煮炊きします。もとはてんぷらなべです、ははは。

 

自転車パーツ専用ナベ

自転車パーツ専用ナベ

 

油汚れにJOY!

 

しゃぶしゃぶ鍋には出汁、石狩鍋にはみそ、そして、チャリ鍋にはJOYです。

 

JOYをおおさじ二杯

JOYをおおさじ二杯

 

お掃除屋の友人が「JOYが市販品洗剤では最強クラスだ!」てお墨付きを与えます。たしかに洗い物の油汚れも自転車パーツのケミカル汚れもよく落ちます。

 

適量の水を加えます。

 

適量の水

適量の水

 

ここにさきほどの具をどちゃっと投入します。ディスクブレーキの水炊きです。

 

パーツを丸ごと

パーツを丸ごと

 

これを炊事場のガスコンロに掛ける・・・のはちょっとイヤです。折よく先日のバイクパッキング用のあれが役に立ちます。

 

中華ガスバーナーの出番が来た!

 

はい、あれです、中華シングルバーナーです。

 

着火成功

着火成功

 

バイクパッキングのモーニングコーヒーないしモーニングティー用にゲットしました。しかし、ぼくの手持ちのキャンプ装備では冬季の野宿は非推奨です。春先まで出番はありません。

 

てことで、この期に一人鍋に活用しましょう。出力全開でさっと湯がきます。コンパクトでパワフルなやつだぜ。

 

3分間ことことボイル

3分間ことことボイル

 

単車かいわいのネットスラングでツーリングに行って、カップラーメンを食うことを『ラーツー』て称します。このバーナーで日帰り自転車ラーツーしようかな?

 

CAMELBAKのボルトに水を入れて、ちっこいクッカーをリュックに入れて、サッポロ一番塩らーめんをスーパーで買って・・・て、楽しみが広がりますね~。

 

そんなこんなでパーツがいい感じに茹で上がりました。仕上げに洗濯用洗剤でごしごしします。液剤より粉材のが好感触です。顆粒がポイントです。

 

完成しました。

 

こざっぱり

こざっぱり

 

クリーニング後のパッドです。繊維の目が現れました。汚れはわりに深く浸透します。わしわし揉み洗いしましょう。

 

レジンパッド?

クリーニング後のパッド

 

なぜかボルトの塗装がハゲハゲに

 

ローターとパッドはこざっぱりしました。しかし、ここで不測の事態が起こります。一緒に炊いたディスクブレーキボルトの塗装がなぜかハラハラと剥離しました。

 

ボルトの塗装がハゲハゲに

ボルトの塗装がハゲハゲに

 

グリーンの塗装がノリみたいにぱりぱり散り行きます。熱? 水? 洗剤? 中性洗剤で塗装はこんなになりません。ライド中の雨、洗車の水気でもこんなになりません。熱か~。

 

煮沸クリーニングの効果は?

 

かんじんのクリーニングの効き目はバツグンです、サイコーです! てゆえません。ブレーキのぬるさはそんなに改善されません、うえーん。

 

もしか、エアが入ったか? エア抜き、オイル交換は未体験ゾーンです。HOPEの推奨オイルのDOTがしろうとを尻込みさせます。あれは塗装を溶かしますから。

 

ブレーキの当たりをたしかめつつ、しばらく様子を見ます。鳴きの止みの原因がわからんな~。もやもやする~。

 

FacebookでシェアはてなブックマークgoogleプラスWelcome Your Share