BBrightをカーボンフレームに圧入 あさめしまえのDIYプレスフィット


FACTRO O2風の中華カーボンフレームFATSTERWAY号のボトムブラケットは圧入式です。これはねがったりかなったりです。

 

あらためてBSA/JISのねじきりBBを見ると、その異常さに気づきます。

 

だって、右カップが逆ねじですよ? 整備性? タッピングとフェイシングが前提ですよ?

 

フルカーボンMTBの一発目のプレスフィット作業にこそ気遣いを見せましたが、生来のずぼらな性格がわざわいして、その後の作業はもれなくごり押しバンバンになります。

 

ハンマーでたたく

ハンマーでたたく

 

かれこれ10回前後の着脱を行いますが、異音やガタには悩まされません。圧入BBの陰口は都市伝説か秘密結社ねじ切り団の陰謀でしょう。

 

BBrightのなぞ

 

このMTBのボトムブラケットはBB92です。ロードのBB86に相当します。業界標準です。シマノ、SRAM、カンパ、サードパーティがたくさんのBBやアダプタを出します。

 

で、中華フレームのオプションはおおむねBB92-86、PF30、BB30、BSAねじきりです。ところが、うちのフレームのBBはマイナー規格のBBrightです。

 

BBright=CERVELO=Rotor、て連想ゲームはわりにイージーです。しかし、気鋭の英国自転車ブランドのFACTORのバイクもBBrightです。

 

それがなぜかなぞの中華カーボンフレームに採用されます。いきさつはさだかじゃありません。形だけを似せるなら、メジャー圧入BBの型を使えば、よりかんたんにできますし。

 

てか、FACTORがBBrightですから、規格がもうCERVELOの専売じゃない? うーむ、なぞは深まります。

 

まあ、そんなに深く突っ込まないようにしましょう。

 

左右非対称のBB

 

BBrightの特徴は左右非対称、アシンメトリックです。

 

BBright 46-30

BBright 46-30

 

左側のベアリングはフレームのシェル内に収まりますが、右側のベアリングはカップとともにシェルの外にはみでます。これがBBrightの由来です。

 

シールドベアリングは6806 RSです。汎用の工業規格です。セラミックのものを調達すれば、おやすくグレードアップできます。

 

PF30の親戚

 

BBrightフレームのシェル幅は79mmです。カップ外径は46mmです。ベアリング内径は30mmです。46-30、これはPF30系の親戚にあたります。

 

実際、CERVELOにPF30の左右対称のカップを圧入して、スペーサーを使っても、86や92系のクランクを使えます。BBrightの特性は失われますけど。

 

例外はピュアBB30クランクとスペシャラのOSBBクランクです。

 

30mmスピンドルがジャスティス

 

さて、このぼくは30mmスピンドル団の北摂支部代表ですから、なんのまよいなくピュアなBBright 46-30を取り寄せます。クランクはEASTON EC90 SLです。

 

EASTON EC90 SLクランク

EASTON EC90 SLクランク

 

変速屋御三家のロードクランクのビジュアルはなぜかことごとくイマイチです。食指がまったく動きません。業務用機材だ。ファッションバイクには向かない。

 

そして、シマノ24mm、SRAM GXP 22-24mm、カンパUT 25mm、て20mm台の細シャフトがパンチ不足です。

 

そして、フロントシングル化すれば、変速性能を無視できますから、純正のビミョールックスなクランクを使わずともすみます。

 

あと、中華サイトをちょろってさがせば、シマノ24、SRAM GXP22-24、カンパウルトラトルク25のBBrightすらかんたんに発見できます。

 

安パーツのGINEYEA製

 

ぼくのBBrightはGINEYEAのものです。ここは中国シンセンの自転車パーツ屋です。安ヘッドパーツ、安BBが看板です。このBBrightは2300円でした。

 

「回りもんに中華パーツだ?」

 

そんな意見は分かります。でも、圧入BBの精度はフレームの出来に大きく左右されます。高いBBも安いBBもぽんこつシェルの前では形無しです。

 

最大の欠点はGINEYEAの読み方が分からないことです。ギネイエア? ジャイナイア? ギニュー? なぞです。

 

BBright 個別

BBright 個別

 

Oリングとベアリング以外はフルアルミです。

 

Bbright フルアルミ重量

Bbright フルアルミ重量

 

おもっ! でも、樹脂カップはネバーおすすめです。叩き出しで割れかねません。つまり、シマノのPFBBはお察しです。

 

圧入ごり押しプレスフィット

 

さあ、楽しい嬉しい圧入作業の時間がはじまります。ビバ・プレスフィット! PFPFPFPF!!!

 

工具はゴムハン

 

専用工具や自作圧入工具は初心者のためのものです。プレスフィットしない歴0か月のマンスリープレスフィットプレイヤーはゴムハンマー一本で一切の圧入をやってのけます。

 

ゴムハンマーとタイヤレバー

ゴムハンマーとタイヤレバー

 

左からやっつけましょう。シェル内にグリスをうすく塗って、カップをのっけて、ゴリゴリごり押しゴリラになります、うほうほ!

 

BBrightをゴムハンで圧入

BBrightをゴムハンで圧入

 

コツはまんべんなく平行に叩くことです。一か所を集中的にやらない。まんべんなくぐるぐる回し打ちしましょう。

 

六分の状態がこんなです。

 

平行OK

平行OK

 

OK牧場です。

 

やつぎばやに右カップをガシガシ叩き込みます。カーボンフレームのBB周りはそんなにへなへなじゃありません。こんな打撃で壊れるようなものは初期不良です。

 

右カップも

右カップも

 

はい、きれいにプレスフィれました。

 

BB圧入完了

BB圧入完了

 

このぴっちり感はくせになります、ははは。作業時間は15分です。ふだんのメンテのBB着脱よりしんちょうにやりました。がちゴリじゃなくて、ぷちゴリです。新品ですから。

 

クランクをしゃこっと通します。

 

クランク装着

クランク装着

 

おー、おっとこまえです。53Tのアウターリングがロックです。想像以上の高速マシーンのオーラがただよいます。セミプチマイルドゆるポタ号だよ!

 

BB裏です。

 

むき出しシャフト

むき出しシャフト

 

シャフト保護用のスリーブとスペーサぬきで圧入しました。結局、なんだかんだでこまめにいじります。保護性 < 可視性です。

 

ハンマー圧入後のBBシェル内です。異常はとくにありません。

 

シェル異常なし

シェル異常なし

 

フレームは中空です。反響で音がでかくなります。しかし、ゴムハンの実際の打撃はそんなにきつくありません。

 

たとえば、古いカーボンの釣竿をゴムハンでガシガシたたいても、ちょっとやそっとで叩き潰せません。自作工具や専用工具のオーバートルクのがかくじつに神経質です。

 

あとは実走時の異音とガタです。出るかな出るかな~、ギシギシミシミシ。

 

無印の簡易な圧入工具はそんなに高くありません。

 

 

が、結局、取り外しはハンマー頼みになります。

 

お金持ちは安心安全Wishboneを使っちゃいますか。ロックンロールなピュア圧入BB党員にはこんなものは邪道ですけど。

 

 

FacebookでシェアはてなブックマークgoogleプラスWelcome Your Share