Thomson トムソン 完璧なシートポストとクランプで名を馳せるCNC屋


Thomson、トムソンはアメリカジョージア州の企業です。自転車パーツでおなじみのThomsonはここの関連企業のBike Thomsonのプロダクツですね。

 

THOMSONパッケージ&巾着

THOMSONパッケージ&巾着

 

本業は金属加工全般です。L H Thomsonが本家本元ですね。この名の通りにLononzo H. “Ronnie” Thomsonさんが1981年に創業しました。おはこは航空部品、宇宙部品の製造と組み立てですね。

 

じゃあ、もう高品質は当たり前です。さらにデザインがまた優勝です。シマノ製品のようなやぼったさはありません。無骨さと洗練さのハイブリッドビジュアルですね。

 

ステム、ハンドルバー、シートポスト、クランプなどはおなじみですが、本家サイトにはフレームのオーダーのフォームがあります。カーボンでなく、チタンのフルオーダー品のようです。いくらになるかな~?

 

CNCの粋、Thomson シートポストとクランプ

 

金属加工会社のThomsonは1990年中ごろから自転車パーツを作り始めます。ことの起こりはThomsonさんの親ばか、娘ラブですね。

 

ダディ・L.H”ロニー”は航空宇宙工学の専門知識を駆使して、大学のサイクリング部に所属する愛娘のチャリのシートポストを作りました。オー、スーパーDIY!

 

案の定、このダディの手作りシートポストが市販品のどれより高品質でした。これがチートポストと呼ばれたかは定かでありませんが、ダディロニーは特許を取得して、Bike Thomsonを作りました、ちゃんちゃん。

 

て、じつにアメリカっぽいブランドヒストリーですねー。日本でこの手のはなしはそんなにありません。あ、Tyrelやタルタルーガがそんな感じだったかな?

 

で、Thomsonのお家芸のCNCですが、これは『コンピュータライズド・ニューメリカル・コントロール』の頭文字の略称です。コンピュータ数値制御て直訳されます。

 

これはピナレロのフルサス、ドグマXMのプロモーション動画です。7分30秒ごろからがCNCのシーンですね。

 

 

最後のロゴの表面のばりを「ふぁさっ」てなでるように削るところはぐっと来ますね!

 

てなふうにマシンとドリルが金属のかたまりをがりがり削って、パーツを削り出します。基本的に溶接や結合はありません。製作工程は完全に彫刻ですね。

 

これの長所はきれいな仕上がりとパーツの一体感ですね。短所は時間とむだな部分の多さです。出来上がり部位以外の金属ユニットは削りかすになっちゃいます。

 

これの反対がアナログな溶接ですね。町工場でばちばちするアレです。手製のクロモリフレームはこの方法で作られますね。溶接ラーの上手下手が如実に出ます。

 

最近、ぼくの知り合いが溶接工に転職しまして、「溶接、意外と、むずいわ」て良く愚痴を聞かされます。はよ上達して、わいのフレームを作って~。

 

一方のCNCはコンピュータ制御です。CADとか3Dデータの知識が必須です。感覚でどうにか出来るものじゃありません。人間の役目は機械装置の動作の監視ですね。職人ってより技術者、保安者に近くなります。

 

ThomsonのパーツはこのCNCの粋です。全プロダクトはメイドインUSAです。が、そんなにバカ高いプライス設定じゃありません。

 

Thomsonの自転車としてのブランド力やステイタスはそれほどじゃありません。へんな上乗せがありません。素材費、加工賃、輸送費の真っ当プライスです。金属特化の影響もありますかね。

 

近いところはEastonですか。鉄鋼チューブ屋Eastonのハンドル、シートポスト、ステムは人気商品ですね。CNC屋かチューブ屋か、甲乙付けがたし! EA70のハンドルはグッドでした。

 

easton ea70

easton ea70ハンドル

 

Thomsonの看板商品フラッグシップはシートポストです。高強度のEliteシリーズと軽量のMasterPieceシリーズがあります。

 

 

 Thomson Masterpiece InLine Seatpost
Thomson Masterpiece InLine Seatpost

定価 18849円
割引 37%
特価 11815円

※2017/03/19 23:56:30のchainreactioncycles.comの価格

 

ヤグラの作りがえげつないレベです。外から見えないところまで手抜きせずに作る、フェイディアスの格言に忠実なクラフトマンシップです。オー、アメイジング!

 

これはうちのEliteシリーズのシートポストクランプですね。手応えはしっかりごつめです。

 

Thomson Elite シートポストクランプ

Thomson Elite シートポストクランプ

 

割りは斜めに入りますね。クランプの割りとチューブの割りを揃える派の人にはマイナス減点対象だあ? 割りの揃え方には諸説がありますね。きちんと揃える or わざとずらす or 気にしない。

 

THOMSONの割り 斜め

THOMSONの割り 斜め

 

ぼくは基本的に気にしない派でしたが、カーボンシートポストのずり落ちを体験して、ミニベロのセッティング時には立派な気にする派になりました。クロスバイクのセッティングでは気にしない派に戻りますが、ははは。

 

Thomsonのクランプの特筆ポイントはこの締め付け推奨トルクですね。記載は2.8Nmです。

 

Nm=ニュートンメートルです。1Nm=1Jですね。作用点から10cmの支点に1kgの力を垂直に加えるときのパワー=1Nm=1Jです。

 

1Nmイメージ

1Nmイメージ

 

ですね。一般的なポストクランプの締め付け推奨トルクは7-8Nmです。これはGiantのクロスバイクの純正クランプですね。8Nmの記載があります。

 

純正クランプ

純正クランプ

 

一方のThomsonです。これがなんと2.8Nmです。

 

Thomsonクランプ 推奨トルク2.8Nm

Thomsonクランプ 推奨トルク2.8Nm

 

10cmのアーレンキーを持って、3kgほどの力をかけると、もう推奨トルクを出せます。実際、手応えはぜんぜん違います。Thomsonのクランプは軽い力でするする締まります。

 

うちにはこのM6ボルトのサイズに合う5サイズのアーレンが短いものしかありません。8Nmを掛けるのにはすごく苦労します。

 

さらにうちのミニベロはカーボンシートポスト+シートポストアダプター+ルーズシートチューブの組み合わせです。これの固定には気持ち10Nmくらいのトルクが必要です。短いアーレンではやすやす掛け切れません。

 

でも、このThomsonにすると、半分くらいの力でしっかり固定できますし、カーボンポストをぎしぎし言わせられます、まじで。純正クランプではものすごく頑張っても、このぎし音を出せなかったのに!

 

軽いトルクで完璧な固定

軽いトルクで完璧な固定

 

Thomsonのすばらしさを目の当たりにした瞬間でした、ほんまに。

 

さらに手元に未使用のドロッパーシートポストがあります。一目で高品質さが知れます。専用袋がすでにずるいクオリティです、ははは。

 

Thomson Elite ドロッパーポスト

Thomson Elite ドロッパーポスト

 

ヤグラの近影ですね。きれいなドリル跡がうっすら見えますね。

 

ヤグラの根元のドリル跡

ヤグラの根元のドリル跡

 

妥協なしのクオリティです。

 

すみずみまで完璧な加工

すみずみまで完璧な加工

 

これの国内実売価格はざっと5万円ですね。海外ストアのは4万弱です。Thomsonパーツの中では最高クラスですね。ぼくはワイズのセールでちゃっかり7割引で買えちゃいました、ラッキー!

 

これをセットする日が楽しみですね~。

 

 

FacebookでシェアgoogleプラスはてなブックマークWelcome Your Share