新型クラリスR2000は変更多数 4アーム 2ピース 触角排除の8速コンポ


シマノの自転車コンポは4年ごとにモデルチェンジします。今年はオフロード入門用のDeoreとオンロードのセカンドグレードUltegraのリニューアルイヤーですね。

 

Deoreは2月にはやばやアナウンスされて、先ごろにUltegraが中国系SNSでリークされました。公式アナウンスは6月解禁のようです。ツールドフランス前にどどんと発表されますね、おそらく。

 

で、11速以下のコンポの注目度はがくっと下がりますが、ロードコンポのエントリーモデルのClarisがこそっとモデチェンされます。

 

実際、Deoreと同時期にアナウンスがありまして、そろそろ出荷が始まりますね。

 

  1. Dura Ace
  2. Ultegra
  3. 105
  4. Tiagra
  5. Sora
  6. Claris
  7. Tourney

 

下から2番目のザ・エントリーモデルです。変速数は8速ですね。安いロードバイクやロード系のクロスバイク、ミニベロ、ビンテージバイクのレストアなどに使われるグレードです。

 

クランクが4アーム化で2ピースに

 

今回のモデルチエンジでClarisはけっこうな変更点をしますね。型番は2400からR2000になります。

 

アルファベット大文字イニシャル+*000の数字。これは最近のシマノの命名規則に合致します。ロードはR付きの000番台、MTBはM付きの000番台です。

 

ティアグラ4700「・・・」

 

ティアグラのはみごはなぞです、はい。

 

ちなみにUrbanのMetreaはU5000ですね。新アルテグラはR8000で、来年の105はR7000になります。RとMの5000と4000番台が空位ですね。

 

じゃあ、いよいよダウンヒルコンポの新型SAINTとZEEがM5000、M4000になるかあ?

 

shimano saint m5000 新型SAINT クランク予想図

Shimano Saint M5000 新型SAINT クランク希望図

 

イメージは聖騎士ですね、パラディンです、ランスロットですね、ははは。こんなホワイティな白聖者がまじに来ないかあ? いかつ黒マットのクランクはもう飽き飽きだよ~。

 

Facebookの方で「幻のロードコンポ、『サンテ』みたいだね」てご教授を受けました。Shimano Santé、往年のジュラ(デュラ)と600(アルテ)の間のセカンドの白コンポです。うーん、知らんかった~。

 

で、クラリスです。8速のギアは競技や趣味にはやや物足りません。でも、ちまたの8速自転車の実数は全スポバイ中で最多でしょう。オンロード8速コンポのACERAと共に数が出ます。

 

クロスバイク、ミニベロ、折り畳み用ですね。オン・オフのコンポミックスは日常茶飯事ですね。8速てくくりはなかなか広大で雑多です。実用的だ。

 

で、新型クラリスは変速数を増やさず、8速を維持します。熱心なクラリスファン向け、てより8速ロードコンポの確保のため、先輩の9速SORAさんの面子を潰さないためですね。

 

トレンド的にロードバイクのクランクはぞろぞろ4アーム化します。シマノはほぼ4アームへ移行しますし、日増しにシマノライズド化するカンパもそうです。

 

でも、SRAMのロードクランクは5アームですね。つぎの機械式のREDが12速化と4アームになるか? はたまた、独自路線で5アームを維持するか? 見ものです。

 

ピュアロードのREDは4アーム、オールロードのREDはフロントシングルダイレクトマウントになるかも。

 

MTBのクランクは昨今のフロントシングル化の波に乗って、アームを廃しますね。リングはダイレクトマウントになりますね。

 

ダイレクトマウントチェーンリング

ダイレクトマウントチェーンリング

 

取り付けがらくちんですし、固定がばっちりです。チェーンリングの固定ボルトの星型ネジはじみにいやらしいところです。25Tのトルクスドライバーはそのへんのホームセンターにないしさ。

 

で、クラリスクランクFC R2000のリニューアルでシマノのロード兄弟は完全に4アームオンリーになっちゃいましたね。統一感が出たか、個性が消えたか。

 

けど、このクラリスの4アームクランクはグッドビジュアルです。現行のクランクのなかではイケメンです。

 

ぼく的には新型デュラや新型アルテのクランクよりかっこよく見えますね。上位モデルのむきむきごりマッチョ感は人を選びます。

 

クランクのしゅっとしたビジュアルは目を引きますが、中身の変化はさらに大です。クランクが3ピースから2ピースになりました。

 

3ピースはママチャリ、シティチャリみたいな一般的な自転車に使われます。右アーム、左アーム、シャフト兼BBですね。代表がスクエアテーパークランクとBBですね。

 

スクエアBBトリオ

スクエアBBトリオ

 

これ+左クランクアーム+右クランクアーム=3ピースです。一方の2ピースはシャフトが左右のアームのいずれかと一体化しますね。

 

上の緑のクランクのシャフトは左アームに付きます。下のXTRクランクのシャフトは右アームに付きますね。

 

XTR 9020右アーム

XTR 9020右アーム

 

で、2ピースです。このタイプのBBはシャフトを持ちません。純粋な軸受け、ボトムブラケットですね。

 

2ピースのPROSは剛性のアップですね。単純な発想で構成部品が少なければ、強度は上がって、全体がソリッドになりますね。

 

ドッキングロボは意外とぜいじゃくです。3機合体より2機合体のがかちっとしますね。ゲッターよりガンバスターのがソリッドでしょうよ。

 

CONSは精度のフレーム依存です。フレームのねじ切りやチューブの品質がよくなければ、それがクランク精度に直結しちゃいます。合体失敗!

 

はて、5万の安クロスバイクや折り畳みのチューブやねじ切りの精度が満遍なく及第点でしょうか? それらはスクエア向きですね。

 

ピースが多ければ、フレームの嵌め込み部分の精度がよろしくなくとも、ピースピースに負担が分散されます。アバウトさの利点ですね。

 

スクエアなんかはその典型です。わりとテキトーに取り付けをやっても、最後の締め込みのあんばいで調整できます。

 

フレームは自転車の骨格で屋台骨です。ここの修正は外科整形なみの大仕事です。アイプチみたいに気楽じゃありません、ははは。

 

STIレバーが内装型に。目盛りが消滅

 

レバーの変更点はSORAに準じます。ケーブルが外装から内装になりますね。

 

ケーブル内装式と外装式

ケーブル内装式と外装式

 

右側のケーブルの根元のでっぱりがぞくに『触覚』ですね。ごらんのとおりに見た目がピョコピョコうるさくなります。

 

反面、メンテナンスがらくちんですね。人目から隠れたケーブルの取り回しは意外とやっかいなものです。クランクの2ピース化と同様にメンテの手軽さはダウンしますね。

 

そして、レバーのインジケーターがなくなります。インジケーター=目盛りです。左の赤いやつですね。変速の段階を示します。

 

Shimano DEORE XT 10S リアシフトレバー

Shimano DEORE XT 10S リアシフトレバー

 

~8速のグリップシフトや内装変速にはごていねいに変速の数字が付きますね。3速の外付けはおなじみでしょう。一見で段数がぱっと分かります。超便利!

 

でも、本来、変速の数字は目安に過ぎません。1速で走る、3速で走る、てのは本末転倒ですね。

 

「ここは緩い上り坂だな。すこしギアを軽くしよう。かちかち」

「ん、好調。もう少し重くしてタイムを出してみよ。かちかち」

 

て内外のコンディションやフィーリングで変速するのがほんとのところです。結果的にそれが3速になり、1速になります。

 

マイバイクの特性を知って、乗りなれてしまうと、変速数のインジケーターをほぼ見ません。むしろ、初心者ぽい見た目がじわじわ来ますね。

 

「なんかビギナーぽくやぼったく見える~。やだな~。やだな~」

 

てなります、はい。初心者にはありがたいもの、中級者にはありがた迷惑なものですね。

 

で、これがR2000のSTIレバーから消えます。中級者以上の本格使用にバージョンアップだ! てものでなく、SORA R3000のSTIレバーの流用ですね。

 

新しい8速用インジケーター有りのレバーを作るより出来合いの9速用を8速用にダウングレードする方がメーカー的には割安です。

 

ストッパーかロックで引き代をちょちょいと変えれば、簡単に8速用にできますね。フロントシフトの3速2速のコンパチは昔からありますしね。

 

まあ、8速は8速です。8速によほど拘らなければ、わっと飛びつきませんわね。でも、クランクは手頃でイケメンです。

 

 

フロントダブルのクロスバイクのレストアやグレードアップに使えますね~。~10万のロード系には十分でしょう。

 

FacebookでシェアはてなブックマークgoogleプラスWelcome Your Share