意外にハードなママチャリのパンク修理


なやましいママチャリのパンク修理

 

お買い物自転車、シティサイクル、ママチャリ、スポチャリダーがこれらをいじる機会はめっきりありませんが、たまたま家のサザンポートのママチャリがパンクしてます。

 

正直、ママチャリのメンテではテンションゲージは上がりません。見て見ぬふりをしてやろうかしら・・・いやいや、じゃあ、ブログのネタがてらに修理してみましょう!

 

まず、チューブ外しです。しかし、これが曲者です。一般的なママチャリの後輪はスポーツチャリンコのようにクイックリリースやスルーアクスルでなく、ぶこつなボルトナット締めです。

 

ママチャリチェーンとエンド

ママチャリチェーンとエンド

 

これを外すのがじつに七面倒です。モンキーレンチやナットドライバーが必要になります。ふつうの工具箱をがさがさしたくないな~。

 

なので、手慣れた人、ものぐさボーイ、めんどくさがりん子さんはいちいちホイールを外さず、チューブだけをでろりんと引っ張り出します。はらわたをぶちまけろ!

 

チューブのバルブのトップのキャップを外しましょう。で、ナットをボトムのナットを外して・・・うーむ、ナットがかっちかちです。サビで固着ぽいです。

 

あー、結局、モンキーを出してもうたがな~!

 

 

で、トップのキャップとボトムのナットをめでたく外したら、英式バルブのコアユニットを取り外せます。パーツ構成はこんなです。

 

キャップとムシとムシゴム

キャップとムシとムシゴム

 

この虫ゴムはちょっと破けてますね。100円ショップで買った予備のおニュー品に交換しましょう。

 

ぼく的にダイソーの自転車補修品のがおすすめです。ほかの100円均一のアイテムよりグッドクオリィティです。100円ローソンのパッチがいまいちだったな~。

 

ちなみに、虫ゴムの名前の由来は

 

バルブコア=隠語でムシ、のゴム

 

だからですって。ぼくは見た目がイモムシっぽいからだと思いましたが。でも、なんでバルブコアがムシだ? スラングのふしぎですね。

 

チューブだけをはみごにして、パンク穴をさがす

 

さて、チューブの空気を完全に抜いて、ホイールからタイヤを外します。

 

手でぐいぐいもみながら引っ張れば、かんたんに外せます。外せない? タイヤレバーを使いましょう。ママチャリのタイヤには上述の100円ショップのパンク修理セットで行けます。

 

さて、バルブをホイールの外に押し出して、チューブをタイヤのすきまから引きずり出します。

 

チューブをずるずる引き出す

チューブをずるずる引き出す

 

ここでさっきの虫ゴムとキャップを一時的にバルブに付け直して、チューブに空気を入れて、パンク穴を探します。

 

もちろん、英式ヘッドソケットを使います。たいていの空気入れのオプションにありますね、このソケット。

 

ホームセンターの空気入れ 左が米式の口金 右が英式フック

ホームセンターの空気入れ 左が米式の口金 右が英式フック

 

パンク探しの伝統的な手法はバケツの水にどぶづけです。

 

エア漏れ

エア漏れ

 

このようなピンホール系の穴は目視で確認不能です。すなおにバケツと水を用意しましょう。

 

ピンホール

ピンホール

 

パンクホールはこの一か所だけでした。チューブにやすりがけして、表面をざらつかせます。パッチより広めの面積をやすってください。

 

紙やすりがない? そこらの石ころを拾ってきて、軽くごしごしやってください。コンクリの石畳かアスファルトでもOKです。

 

パッチは昔ながらの古チューブの切れ端です。

 

古チューブパッチ

古チューブパッチ

 

もちろん、これが理想的です。

 

 

が、ママチャリにはオーバーマテリアルテクノロジーです。

 

で、パッチは角からはがれます。四角い手作りパッチはNGです。角を丸くきってください。そして、パッチの表面をていねいにやすり掛けします。

 

あ、削りかすと油分は接着の大敵です。じゅうぶんに洗い落として、そのあとでべたべた触らない。

 

ゴムのりをパッチとチューブのパンクホール付近にべちゃんと落として、指で薄くのばします。一思いにやってください、ぐずぐずしない、何度も触らない、すっすっす、とやりましょう。

 

それから、乾くのをまって、パッチをぺったんこして、工具やタイヤレバーの平たいところで圧着します。このとき、のりをちゃんと乾かしてください。目安は3分から5分です。生乾きははがれのもとです。

 

チューブを戻す前にタイヤをチェックします。ピンホール系のパンクはなにがしかの破片がらみです。犯人がまだ現場にいます。

 

プラスチック片

プラスチック片

 

ほおら、出ました。今回の犯人です。なにかのプラスチック片みたいですね。きれいなかぎづめです。たいほーですぅー。

 

チューブをタイヤの内側にもどします。最初にバルブをリムテープの穴にきちんと通してください。チューブがリムにじかに接すると早く痛みます。これは参考用にクロスバイクのリムテプです。

 

3年経過のリムテープ

リムテープ

 

それから、チューブをぎゅむぎゅむタイヤに戻します。それからそれから、全体をもみもみしながら、タイヤの内側のふち、食パンの耳みたいな固いところ、ビードをリムのみぞにはめ込みます。ぎゅむぎゅむぐいぐいです。

 

ママチャリのタイヤは着脱は手だけで行けますね~。ほんとにミニベロ細タイヤの着脱よりイージーですわ。

 

空気を入れて、様子を見ましょう。一時間後にタイヤがべこべこにならなかったら、あなたのパンク修理は成功しました。おめでとうございます!

 

「べこべこやー!」

 

はい、いちからやりなおしましょう。

 

初心者の失敗で多いのはやすりがけ不十分、のりの生乾き、ですね。パンクの発見、チューブの着脱はそんなにむずかしくありません。目標は30分です。

 

自転車屋持ち込み、修理待ち、受け取りはだいたい二時間コースです。自分でやるのが経済的ですね。

 

ただ、タイヤ交換はこれよりエクストラハードになります。ホイールを外すのが軽い地獄です。個人的にやりたくないけど、ブログねたのために別の機会に取り上げるかも。

 

パンク修理キットのおすすめはこのくらいのやつですね。パークツールで文句なしです。