カーボンフォークコラムのカット ハンドルの失敗を踏まえてノコギリで


以前、カーボンハンドルバーのカットをしました、ダイソーパイプカッターで。

 

カーボンハンドルバーにパイプカッターセット

カーボンハンドルバーにパイプカッターセット

 

じゃあ、ものの見事に大失敗ミステイクしちゃいましたね。内側の最後のカーボンシート層がピロリました。

 

ささくれ状のものがぴろぴろっと

ナイアラルトホテプ的ななにものか

 

オーマイグッドネス!

 

這い寄る混沌、Crawling Chaosのような邪悪なぴろぴろを召還してしまいました。

 

グレイトフル・タイオーガ・ブラッククロスの力で封印!

 

臭いものに蓋 カーボンのささくれにバーエンドキャップ

臭いものに蓋 カーボンのささくれにバーエンドキャップ

 

「カーボンのカットにパイプカッターはNGだぜ!」ていにしえの伝説をこの身で体感できました。ありがとうございます。

 

パイプカッターは圧力で切ります。とすると、素材側の一定の強度が不可欠ですね。カーボンパーツはミルフィーユのシート層の集まり、いわば、カーボンの織物です。

 

この層が薄くなれば、強度が失われますね。で、パイプカッターの圧力ですぱっと切れる前にぺろっと剥離しちゃいます。

 

今のところ、失敗率は100%ですね。

 

カーボンハンドルバーのささくれ片

カーボンハンドルバーのささくれ片

 

この反省を踏まえまして、BOOST用のカーボンフォークのカーボンコラムをノコギリでカットしましょう。

 

未カットカーボンフォークコラム

未カットカーボンフォークコラム

 

万力とノコギリとステムとスペーサー

 

先日、ケーブル類の取り回しのためにステムとアンカーとキャップを仮セッティングしました。

 

ドロッパーポストのケーブルも変更

ドロッパーポストのケーブルも変更

 

フォークは未カットですね。ハンドルポジションをビーチクルーザー風にしますから、下に長い15cmのカーボンスペーサーを噛ましますね。ここはOKです。

 

問題は上側ですね。厚めのスペーサを噛ましました。ぞくに『デベソ』ですね、イタリア語でde besso デ・べッソです、ははは。

 

上スペース

上スペース

 

ぼくは別に気にしませんが、神経質はA型フォーマルチャリダーはこの出っ張りを蛇蝎のごとく忌避しますね。コンビニ袋を引っ掛けるのに便利だのに。

 

で、今の今まで手をつけませんしつけようと思いませんが、たまたま物置を整理して、こんなものを発掘します。

 

万力&糸鋸

万力&ノコ

 

小型の卓上万力テーブルヴァイスとのこぎりミニソーですね。これは自転車の妖精のお告げだあ? コラムカットをしろ、て?

 

じゃあ、そうしましょう。暇だしね!

 

でも、万力でしっかり固定しても、ガイドを使わないと、結局、ぼくのようなずぼらな人は斜めにカットしちゃいますね。

 

あいにくとコラム用のソーガイドのような専用工具はうちにはありません。手持ちのアイテムでなんとかしましょう。

 

どこかのブログで見た手を試しますか。こんなです。

 

ステム スペーサー カット線 スペーサー ステム

ステム スペーサー カットライン スペーサー ステム

 

カット部分をステムとスペーサーで挟みます。即席ソーガイドですね。SSCSSですね。略して超サイヤ人ブルー! でなくて、ステムサンドウィッチです、か、ステムバーガー。

 

ノコギリの刃をはさんで、ベストの当たりを出します。で、万力にセットして、ぎこぎこします。

 

コラムを万力にセット

コラムを万力にセット

 

カーボンの粒子がもろもろ出ますね~。そこら中が真っ黒になります。一目で有害さが分かります。おそらくシケモクスパスパの十分の一の有害さです。

 

まあ、でも、スポーツ自転車乗りにスモーカー大佐はいないかあ、ははは。

 

このあと、風呂場に移動して、ぎこぎこを続けます。正味、20分はしますね~。ノコの引き代が足りん!

 

あと、良い子はベアリングをさきに外しましょう。細かい塵や粒子はNGですから。

 

で、二十分後の激闘の末にコラムをばっさり切り落としましたで!

 

カット完了

カット完了

 

剥離はゼロですね。ぴろぴろさえさせなければ、多少の段差や斜めいがみを紙やすりで修正できます。剥離の修理は無理ゲーですね。

 

これがカーボンパーツのささくれだ!

 

うまく切れたので、水洗いして、紙やすりでフェイシングしました。

 

きれいなフェイス

きれいなフェイス

 

おー、ぼくの作業じゃないみたいです。120点!

 

で、最終的にデベソはこうなりました。

 

カット後

カット後

 

イッツ・ベストスペース! ざっと3mmですね。7-8mmのスペーサーを噛ませば、理想のふつベソにできます。ステムと同色のを調達しよう~。

 

さて、コラムの切れ端は無駄になりません。こんな風に再利用しますね。

 

切れ端再利用

切れ端再利用

 

こっちはミニベロのカーボンフォークのコラムです。下側のスペーサーが長すぎました。こんなふうに端材で継ぎ足して、アンカーで固定しました。

 

カーボンパーツにソーガイドは不要ですが、万力は必須ですね。で、パイプカッターは禁物です。薄刃のノコギリでしこしこやりましょう。

 

 

このガイドは18-31mmですね。30.9mmのカーボンシートポストまで行けますねー。

 

二個以上のカーボンパーツを切るなら、すなおにこいつを使いましょう。ステムバーガーはコラムオンリーの技ですので。

 

FacebookでシェアはてなブックマークgoogleプラスWelcome Your Share