はじめてのカーボンフレーム購入 仕様や重量やサイズをチェック


3月4日、5日に万博公園で行われたサイクルモード大阪2017でいろんなバイクに乗って、ぼくのスタイルにベストな条件を把握できました。

 

colnago concept

colnago concept

 

第一の条件がカーボンフレームですね。アルミフレームのクロスバイクとミニベロがすでにあります。そのPROS and CONSはほぼ分かりました。

 

ここから新たにアルミフレームを買っても、劇的な違いを感じられません、おそらく。さらに一から組み立てるぞくに『バラ完』をするなら、フレームを調達しなきゃなりません。

 

が、アルミフレームのバラ売りてのがそんなにありません。AliExpressのフレームはカーボン一色です。チタン? クロモリ? うーん、価格と重量が人を選びますね。

 

てことで、カーボンフレームがおのずとファーストチョイスのファイナルアンサーになります。じゃあ、カーボンフレームは決定ですね。

 

で、たまたま理想的なモデルをカンザキで見つけて、発注をかけます。払い込みから数日で手元に来ました。国内配送はクイックリーですね!

 

KONAパッケージ

KONAパッケージ

 

パッケージがCOOOOOLだぜ! ヒャッハー!

 

マイベストフェイバリットブランドのカナダのKONAのフレームです。代理店はAKIコーポレーションですね。

 

さあ、オープンゲット!

 

フレーム緩衝材

フレーム緩衝材

 

うおおおおおお!! ついにわが家にカーボンがああああ! COOOOOMING!!!

 

KONA HONZO CR TRAIL DL フレーム

KONA HONZO CR TRAIL DL フレーム

 

あ、もちろん、イマドキのMTBフレームです。ロード? ないない、lol

 



KONA初のカーボンハードテイル HONZO CR TRAIL DL

 

てことで、KONAの最新式のフレームをゲットしました。価格は15万ちょいですね。最新式の海外人気ブランドの正規モデルのフルカーボンの15万は非常に真っ当プライスでしょう。

 

ロードの正規小売品はちょっとばか高ですわね~。フレームに50万も出せませんわ~。型落ちや試乗車のハイエンドを買えちゃいますし~。

 

で、どこ製やねん?

 

世界最強安心安全台湾製カーボンフレーム

世界最強安心安全台湾製カーボンフレーム

 

台湾製ですね。ラッキー!

 

で、HONZOカーボンの見た目はこのようにごっついビジュアルですが、重量はせいぜい1.3kgですね。ロードのカーボンフレームのざっと30%増です。

 

オフロードのジャンル的には名前の通りのトレイル用ですね。YoutubeのTrail Rideの動画を借りましょう。

 

 

DHみたいなタイムやフリーライドみたいなジャンプを競うものでなく、山走り・オフロード走行を楽しむためのバイクですね。AM、オールマウンテンとも呼ばれます。

 

有名なSDA王滝はAMロングトレイルライドの典型ですね。オフロードのジャンルではマイルドな方です。宙返りとか崖ジャンプとかしない。

 

ぼくはこれを町乗り用快速パワフル号にしようと思います。目標はスーパービーチクルーザー! ですね。うちのサイトのロゴみたいなバイクです。

 

B4Cサイトロゴ

B4Cサイトロゴ

 

これはサーリーのWoodなんちゃらて新モデルベースですね。ステーの左右非対称がポイントです。TREKにもこのタイプのワンサイドエレベーテッド? フレームがありますね。148mmエンド幅のBOOST用です。

 

HONZOのトップチューブです。

 

トップチューブ装飾

トップチューブ装飾

 

黒主体のしぶいカラリングですね。ストリート系です。でも、キャノンデールのBADBOYほどにあざとくありません。まじめなストリート系ですね、ははは。

 

このフレームはMTBの最新式モデルです。仕様が未知のものばかりですね。BB受けはノンスレッドですね。つまり、PF=プレスフィット圧入式です。

 

BBチューブ スレッドなし=PF

BBチューブ スレッドなし=PF

 

で、幅が92mmですね。つまり、PF92が正解ですね。

 

PF92

BB92

 

が、テキトーにPF92のBBをセットすると、クランクの選別に苦労しますね。

 

ぼく的にはRacfaceかHOPEかe*thirteenが好みです。が、手元に新品のXTRの9020クランクがあります。

 

XTR M9020 クランクセット

XTR M9020 クランクセット

 

9020=Trail用です。そして、これのカラーがフレームのデザインとマッチしますね。じゃあ、たまには釣具のシマノのチャリパーツを使いますか~。

 

で、クランクが決まると、おのずとBBが決まりますね。シマノのクランクの軸の太さは24mmです。SRAM、TruvativのGXPは22-24mmですね。ROTORは30mmですか。

 

自作パソコンの組み立てと一緒でここらの互換性をきちんと確かめないとあとで後悔します。実質、パーツ発注の段階から組み立てが始まりますね。

 

AM3+のマザーボードのソケットにAM4やFM+のCPUは入りませんわね。げに自作パソコンと自作チャリンコの組み立てには共通項があります。規格、派閥、相性etcetec…

 

まあ、物好きの趣味、てか、道楽ですわ、道楽、ドーラク。日本語には良い言葉があるなあ、ははは。

 

WishboneのセラミックベアリングのBBにしますわ。これは確定です。1万オーバーの高級品ですが、圧入不要で高剛性でリサイクルフレンドリーですね。

 

圧入は家DIYには鬼門ですしねー。力技でやってしまう、ははは。

 

12-148 BOOSTエンドでホイールをどうする?!

 

このフレームの最大の見所がリアセンターの短さとエンド幅ですね。リアセンター415mmは29erの最短クラスです。

 

AliEpressの中華カーボンフレームにはこのジオメトリがありません。スペシャラやトレックのハードテールベースのものばかりですね。425-445がふつうです。

 

スペシャラのルーべコンプがいまひとつでしたから、ぼくの中でスペシャラのランクは下がっちゃいました。あと、屋台骨のフレームをも中華無印にしちゃうのはひんしゅくものでしょうし。

 

第二の注目ポイントがリアのエンド幅ですね。スルーアクスル12-148mmのBOOST規格です。

 

エンド幅は148mm=Boost 規格

エンド幅は148mm=Boost 規格

 

SRAM発祥の新規格ですね。オフロードのけん引役は完全にSRAMになりましたね。ライバルのシマノがBOOST用のSLX、XTハブを出しました。今年来年で148がすっかりトレンドになりますね。

 

で、このホイールはまだまだレアです。海外ストアやヤフオクではなかなか出てきません。CRCやMelrinでセミオーダーするのが王道みたいですね。イギリスらしくHOPE推しです。

 

でも、HOPEのハブがいまいち不安ですね。てことで、AliExpressでできたてほやほやのチューブレスカーボンホイールを調達しようと思います。

 

 

ノバテックのハブモデルが65000円~ですね。275プラスにするか、29プラスにするか、うーん、悩ましいところですね~。もうすこし考えましょう。

 

トップチューブはテーパーインテグラルですね。チューブ内にベアリング受けの加工があります。めんどうなヘッドパーツの圧入が不要ですね。

 

テーパーインテグラル

テーパーインテグラル

 

ただし、サイズが要注意ですね。これは1 1/8-1.5の上42mm-45/45度 下52mm-36/45度ですね。

 

36/45度はCane creekタイプ=青パッキンのブルーベアリングってやつですね。45/45度の赤パッキンはカンパタイプ=レッドベアリングですね。じゃあ、トップは共通ですぅ?

 

ヘッドパーツの規格はサイコーのどきどきポイントですね! でも、圧入がないから、気は楽です。

 

あ、BOOST用のフォークを買わないとねー。ぼくはサスフォークを使わず、カーボンリジッドフォークをセットします。山には行きませんし。9kg台を目指します。

 

それか、前をセミファットの3インチタイヤ、リアをスタンダードな2インチにして、なんちゃって前後異径にするかあ? リアは29の2.5ぐらいが限度みたいですし。

 

ポストチューブは太目の34.9mmですね。シートポストシムで対応しましょう。

 

ポストチューブ

ポストチューブ

 

ドロッパーの内蔵ルートがどこかにあります。でも、うちにあるのは外装タイプです。地味にハウジングはめんどいものですね。

 

おっと、手持ちの秘蔵パーツがついにたんすから躍り出てきました。

 

ついにお蔵入りパーツに日の目が!

ついにお蔵入りパーツに日の目が!

 

5月の連休までになんとか完成させましょう!  予算は残り15万! で済むかア?!

 

FacebookでシェアはてなブックマークgoogleプラスWelcome Your Share