バイクパッキング コンパクトなバッグで行くイマドキ自転車短期旅行


日本の自転車のホビージャンルのさきがけはランドナーでの長期ツーリングですね。夏休みや長期休暇にどこそこ一周、なになに横断をします。もちろん、最高峰は世界一周です。ザ・男のロマンですね。

 

このあとにMTBブーム、小径車ブーム、ロードブームが来て、グラベルやE-bikeのはやりのきざしがじわじわ見えますね。最新のE-bikeはローテクとハイテクのかたまりです。

 

 

機材の進化は車体だけに留まりません。ウェアやアクセサリーも着実に進化します。キャンパス地や皮細工の重たいかばんはヴィンテージになり、化繊の軽いかばんが主流になりました。

 

天然素材の風合いは魅力的ですが、雨と湿気にはめきめきやられますね。ことさらに天然皮に水分は厳禁です。速攻でしわしわ、カビカビが出ます。防水力は皆無ですね。事前と予防、事後の手入れが不可欠です。

 

これは長期の屋外旅行にはミスマッチですね。それでも、むかしのチャリンコ乗りは重いかばんを詰んで背負って、あちこちへぎきぎこ出かけました。スマホなしで! ぼくにはむりだあ・・・

 

むしろ、これは旅行てより旅ですね。ツーリングよりアドベンチャー、ホビーよりチャレンジですね。挑戦感が強くなります。

 

これが現代ではずっとスマートにマイルドにコンパクトになりますね。従来の古典的ランドナーでの重装の長期旅行でなく、イマドキのバイクでの軽装の短期旅行です。それがバイクパッキングですね。

 

手持ちのバイクを活用する

 

旧来の自転車旅行=ランドナーの長期旅行です。このタイプの自転車は丈夫で重厚なクロモリですね。ザ・鉄フレームです。

 

鉄フレームは旅行中に壊れても、そのへんの町工場にもちこめば、ばちばちアーク溶接で復活します。アルミの溶接はひとくせで、ガス溶接になります。カーボンは基本的に修理不能ですね。

 

また、ホイールは26インチですね。そのへんの町の自転車屋にもちこめば、汎用品でぱーんと復活しますね。仏式バルブの空気入れさえが町の自転車ではなかなかレアです。

 

とにかく、トラブルからの復帰、メンテの汎用性がランドナーの特色ですね。ある意味、旅行用の実用車です。スマートさ、コンパクトさとは無縁ですね。

 

ながらく自転車旅行にはこうゆうやぼったいイメージが付きまといますが、2000年代以降にヨーロッパと北米から新しいスタイルが生まれます。

 

「旅行用のランドナーや積載用のキャリアを使わんと、手持ちのロードやクロスやミニベロやMTBに荷物をしゅっとパッケージできんけ~?」

 

てな発想からバイクパッキングが生まれました。旅行のための自転車でなく、自転車のための旅行ですね。前提はマイバイクです。

 

旅行のためにランドナーを買うとかキャリアを付ける=×

乗り慣れた手持ちのバイクの活用を宿泊旅行まで広げる=○

 

ですね。ランドナーは普段使いにはややヘビーですね。長期旅行以外ではクロスバイクにさえ見劣りします。やっぱし、一抹のやぼったさ、オジサンくささはじわっと漂いますし。

 

競技用のスポバイには荷台やかごの取り付け穴はありませんね。小径車やクロスバイクはまちまちです。

 

このGIANTのクロスバイクのフロントサスフォークの手前の穴はおそらくカゴの支柱の固定用ですね。

 

ざんねんなVブレーキ専用サスフォーク

Vブレーキ専用サスフォーク

 

安価なものにはこうゆう実用系の仕様が乗りますね。高価なクロスバイクは競技用に近づいて、逆に機能を失います。

 

最近のトレンドのアーバン、オールロード、グラベル、アドベンチャーなどはバイクパッキングを範疇に含めますね。このポスト・バイクパッキング車は積載用やドロヨケ用のダボ穴をしますね。

 

キャリアなしでコンパクトに積載

 

「キャリアなしで荷物を積めないからキャリアを付けよう」

 

凡人はそう思います。が、かしこい人ないし奇人は違います。

 

「キャリアなしで荷物を積む! ここにもそこにもバッグを付けて、でっかくしたれや!」

 

てことで大型のサドルバッグやフレームバッグが生まれますね。イギリス発の蜂のマークのApiduraは大型サドルバックの代名詞ですね。でも、ネットではなかなか見ません。

 

 

サドルのレールとシートポストにアタッチメントでマウントしますね。意地でもキャリアを使わないて気概が伝わりますね。

 

大型サドルバッグの容量は10-20Lですね。ここに詰め込めるのは着替え、歯磨き、タオルなどです。一人用のツーリングテントのフルセットはぎりぎりですね。

 

テント大きさ

テント大きさ

 

インナーシートや骨組みをフレームバッグに入れて、アウターシートをサドルバッグに入れるとか、パッケージを工夫しますね。

 

重さはそんなですが、嵩がそこそこです。ぱんぱんのギンギンのサドルバッグはちょっとヤラしく見えますね。

 

そして、重いものをサドルバッグに入れると、乗り心地を損ねますね。立ち漕ぎガシガシで荷物がてきめんにぶんぶん暴れます。やっぱし、テントのシート類や着替えの収納が定番ですね。

 

ホテル、旅館、ゲストハウスやライダーハウスを利用するなら、大型サドルバッグひとつで数日の旅に出られますね。

 

ぼくはテントをハンドルにダイレクトマウントしましたが、ははは。これはバイクパッキングに入るかあ?

 

湖きわの路面

テントマウント

 

なんちゃってバイパキですね。とりあえず、荷物がタイヤに干渉しなけりゃつつがなく走れますわね。見た目はえらいこっちゃですが。

 

白鬚神社 鳥居

バイクパッキング?

 

フォークコラムが長めで、ハンドルポジションが高めですから、このむりやりパッケージが成立しますね。

 

ハンドルがオフロード用で長めですし、フォークがBOOSTセミファットようでがっしりです。安定性はありますね。てか、まだまだ前に積めるな~。

 

むこうの路肩のクロスのサドルバックが中型クラスですね。ビワイチ北湖めぐりの半日バイパキ仕様てとこですね。

 

この前ハンドルの荷物むりやりダイレクトマウントはドロハンでは難でしょうね。レバーが荷物に埋もれます。

 

そもそもうちのバイクのポストは可変式のドロッパーです。

 

THOMSONドロッパーのサドル側のワイヤー取り回し

THOMSONドロッパーのサドル側のワイヤー取り回し

 

サドルバッグをここに付けると、気軽にドロップダウンできませんね。バッグがタイヤに干渉して、削りおろされますわ。グラベルのブロックタイヤですし。

 

リアステークリアランス

リアステークリアランス

 

これはほんまに大根おろしなみにガリガリ削りますね。ドロッパーポストのアウターケーブル=シフターアウターケーブルがたまにタイヤに干渉しますが、こんなですね。

 

アウター削れ

アウター削れ

 

あちゃー!

 

げにロードのつるつるのスリックタイヤ以外は軽い凶器ですね。バッグの薄い生地みたいなもんは一発でやられます。

 

ぼくはまだビワイチの一回しかバイパキしませんが、アワイチのチャリキャンプに挑戦しようと思います。飛行機で海外に行ってホテルに泊まるより『遠くに来て旅した感』はしますね。

 

バイパキはおもしろいですよー。そして、一人旅がおすすめですねー。経験値ひとりじめだね!

 

FacebookでシェアはてなブックマークgoogleプラスWelcome Your Share