「こいつの名前はなんだっけ?」 自転車のマイナーなパーツ10選


自転車のパーツは個性的です。メジャーなサドルやペダルからマイナーなBBやディレイラーハンガーまでイロイロです。さらに虫ゴム、ヤグラみたいな日本独自の呼び名もあります。

 

また、各自転車ブランドがテキトーにわんわん新規格を出しちゃいますから、同じ部位のパーツの互換性や統一性はほんまにまちまちですね。カオスで多彩です。

 

ギョーカイ関係者、とくに整備をするエンド小売販売店はこの状況をたびたび嘆きますね。

 

「ねじ切り・・・」

「OSヘッドセット・・・」

「外装ケーブル・・・」

 

てため息交じりの悲鳴が津々浦々で聞こえます。

 

でも、個人的には各ブランドの新規格の乱立はおもしろいものですね。リアルパズルゲームです。このおもしろさは自作PCの組み立てによく似ますね。趣味にはGOOD! 仕事にはBAD!ですね。

 

じゃあ、ぼくがDIYカスタムのなかで出会ったマイナーな自転車パーツをざらっと紹介しましょう。みなさんはどれだけ答えられるう?

 

 

マイナー自転車パーツ10選

 

ボトムブラケット

 

マイナー部門のメジャー賞はボトムブラケットですね。通称BBです。自転車カスタム初心者に立ちはだかる最初の壁ですね。

 

スクエアBBトリオ

スクエアBBトリオ

 

一般人はめったにお目にかかりません。けっこうなチャリ好きも手間を嫌って、人任せにしちゃいますね。

 

ライド派とカスタム派の分かれ目がこのBBのメンテですね。年一専門工具の調達の最初の一歩でもあります。BBを制するものがDIYを制しますね。

 

そして、このBBは乱立規格の王者ですね。ねじ切り、プレスフィット、ねじ+圧入、BSA、ITA、PF30、bb30、bb86、bb92、386 EVO、bbright、アメリカンBB、ユーロBB、スパニッシュBB、エキセントリックBB…etcetc

 

最近の注目株はThreadFit T47ですかね。クリスキングとかがしますね。ねじ切り+圧入のハイブリッド式です。DHのメタルフレームとかが対象ですかねー。

 

BBの交換はまだしもですが、フレーム組み立てからBBを調達するのはたいへんですね。

 

わん

 

はい、わんです。カタカナ表記はワンですね。漢字は碗、英語はCupです。続けて読むと『わんかっぷ』、つまり、大関ですね。

 

実物はこんなです。

 

わん

わん

 

これはヘッドセットの下わんですね。上のは上わんですね。おわん型のパーツはことごとく「わん」と呼ばれます。

 

これは圧入BBの右わんと左わんですね。

 

ベアリングカップ

ベアリングわん

 

タケノコバネ

 

タケノコバネはクリックリリースの一部ですね。

 

タケノコバネ

タケノコバネ

 

クイックリリースのシャフトのエンドの内側に入ります。レバー側とキャップ側に1つずつ、計2個ですね。

 

このタケノコバネの役目はクイックリリースの両エンドの押し出しですね。このバネがないと、エンド部分が外に押し出されません。

 

結果、フレームエンドとフォークエンドからのホイールの着脱が一手間になりますね。重要なサポート役ですね。

 

欠点は強度と失踪癖ですね。見ての通りの細いバネです。噛む・挟むでかんたんに変形しますね。そして、たまにビヨーンとどこかに失踪します。

 

オリーブ

 

オリーブは油圧ディスクブレーキのストッパーのようなものです。

 

いれたらしまいや

左の金ぴか=オリーブ

 

オリーブの実みたいだからオリーブです。これは解放状態です。右の金ぴかはコネクターインサートですね。右から滴るのはオリーブオイルでなく、DOTですね。

 

ボルトをしめしめすると、固定状態になって、よりオリーブぽくなりますね。

 

完璧

完璧

 

バナナ

 

食い物つづきです。バナナはおやつに入りますか? いいえ、高栄養価のバナナはメインになりえます。おやつじゃありません。わーいわーい!

 

じゃあ、自転車のバナナは以下の画像にあります。

 

シマノVブレーキ 新品

シマノVブレーキ 新品

 

はい、その形状で正体が知れますね。ぐいっとカーブしたインナーケーブルのガイドパイプですね。Vブレーキのパーツの一部ですね。クロスバイクやミニベロでおなじみです。

 

で、クロスバイクやミニベロはよく外置き野ざらしにされます。じゃあ、バナナは遠からずこうなりますね。

 

チタンボルト

チタンボルト

 

さっびさび! 

 

こいつはほんまに速攻でサビます。みすぼらしさがひとしおですね。アルミのアルマイト系のやつを買いましょう。か、サビ止めを塗るか。

 

 

一転、今度は虫です。これは俗称スラングですね。虫ゴムの『虫』の部分ですね。

 

ものはこちらですね。

 

バルブ

バルブ

 

タイヤチューブやチューブレスリムのバルブのバルブコアのことですね。これの俗称が『虫』です。自動車やオートバイのタイヤバルブのコアもこう称されます。

 

その『虫』に被せるゴムが虫ゴムですね。虫ゴムはこれですね。

 

バルブ キャップ 虫ゴム

バルブ キャップ 虫ゴム

 

英式バルブの逆流防止用のかませですね。この画像のように穴が空くと、交換時期です。100円ショップで調達しましょう。

 

ダイソー100円パンク修理パッチ

ダイソー100円パンク修理パッチ

 

虫ゴムの正式名称は虫ゴムみたいですね、ははは。

 

スパイダー

 

虫のつぎはスパイダーです。また、続き物だあ? いえいえ、クモはノー昆虫ですからあ! でも、古典的解釈では完全に虫ですね。漢字が蜘蛛ですもの。虫ではないけど、蟲ではあります。

 

スパイダーないしスパイダーアームはクランクの一部ですね。

 

ANSWER リング裏

ANSWERクランク リング裏

 

蜘蛛てよりヒトデに見えますが、リングの土台がスパイダーと称されます。これはセパレート型ですね。このモデルの専用品です。六角ボルトでしめしめします。

 

レデューサー

 

レデューサーないしリデューサーですね。

 

レデューサー

レデューサー

 

リアサスの取り付け穴に嵌めるスペーサーですね。これがレデューサーです。このなかの受け部のブッシュみたいなパーツはDUですね。これはマニアックすぎるか~。

 

MTBブームがネット普及前のことですから、オフロード系機材の情報ははたっと少なくなりますね。ロード機材のログは腐るほど有り余りますけど。

 

キーエクスパンダー

 

キーエクスパンダーはとあるパーツの正式名称ですね。ものはこんなです。

 

KCNCプレッシャーアンカー

KCNCプレッシャーアンカー

 

はい、カーボンコラム用のマルチプレッシャーアンカーですね。が、『マルチプレッシャーアンカー』は商品名であって、パーツ名じゃありません。KUWAHARAかHIRAMEの商標ですね、たしか。

 

海外で探すときにはKey expanderやtop cap compressorで検索しましょう。

 

ちなみに金属コラムに圧入するのスターファングルナットはStar fangled nutです。過去系のfangledが正解ですね。

 

スターファングルナット

スターファングルナット

 

XDドライバー

 

「XDドライバー!」

 

と勇者王檜山ボイスで熱く叫んでしまいそうなパーツの正体はアメリカSRAM発のフリーボディのことですね。

 

XDドライバフリーボディ

XDドライバーフリーボディ

 

通常のShimano/SRAMのフリーとはぜんぜん違いますね。シマノの小径車向けコンポ『カプレオ』の独自フリーがこれに似ます。さきっぽがオフセットして、小さくなる。

 

この形状のおかげでトップギアを11Tより小さくできます。最小は社外品の9Tですね。SRAM純正ののXD用のカセットは全部10T~ですね

 

SRAM XX1 PG 1199 ワンユニットのスプロケット

SRAM XX1 PG 1199 ワンユニットのスプロケット

 

ぼく的には8Tや7Tもありですね。11Tと9Tではギア比が20%も違います。ほぼ二枚分ですね。もう別物です。

 

たぶん、8-52Tのカセットとかもその内に実現しますねー。

 

ジャイロ

 

ジャイロ・ツェペリはネアポリス生まれの鉄球使いですね。ジョジョ第7部の主人公のひとりです。第2部のシーザー・ツェペリの一巡後の宇宙の生まれ変わりですね。

 

で、自転車パーツのジャイロはBMXの特殊なリアブレーキシステムのことですね。トリックでハンドルを何回もぐるぐる回せるのはこのジャイロシステムのおかげです。

 

構造的には・・・文章で説明するのはまあまあたいへんですね。断面イメージ図で。中央の半透明がフォークコラムですね。4個あるのはブレーキケーブル、ピンクがジャイロの本体です。

 

ジャイロ機構

ジャイロ機構

 

ジャイロの上側のプレートはノンブレーキではフリー状態ですね。ハンドル・ステム連動でくるくる回ります。

 

で、右図のようにブレーキがかかると、上プレートが仮ワイヤーに引っ張られて固定、下プレートと地続きの中筒が上プレートに引っ張られて固定、下プレートが本ワイヤーを引っ張ってブレーキキャリパーを引きます。

 

実際のパーツの構成は上下プレートと中プレートの3ピースですね。中プレートが一体型ですから、正味4ピース、4枚重ねですね。なかなかヤヤコシイ機構です。

 

こんなふうに図を自作すると、未知の機構の中身を理解できますね。

 

じゃあ、マイナーパーツ10選でした。

 

FacebookでシェアはてなブックマークgoogleプラスWelcome Your Share