自転車で淡路島一周 アワイチ前日編 初心者のアクセスや装備やルート


近畿圏の自転車のロングライドの二大コースが琵琶湖一周のビワイチ、そして、淡路島一周のアワイチです。広義の意味では徒歩やランもイチ系ジャンルに入ります。

 

距離は共に100kmオーバーの長丁場ですが、サイクリング環境、京阪神からのアクセス、グルメがGOODですから、上級者から初心者まで人気ですね。

 

上級者中の上級者は日帰り自走ビワイチ・アワイチ、あげくのはてにビワニ・アワニをもクリアしちゃいますね。これはその名のとおりの琵琶湖・淡路島を二周ライドです。どんな周回コースだよ!

 

ぼくは五月の連休にできたてほやほやのKONAのセミファットで大阪-大津自走ビワイチ330km1泊2日のバイクパッキングの旅をしました。

 

琵琶湖のほとりで朝飯だ

 

上半期の最大の遠出ですね。じゃあ、つぎはアワイチだ! と意気込みますが、6、7、8月の阪神間の夏の暑さにへこたれて、この時期まで計画的にサボりますね。

 

夏の島=リゾート=すずしげのイメージは幻想です。淡路島の気温は大阪や神戸より通年で2-3度低くなりますが、そんな差し引きは焼け石に水です。35度-3度=32度、町も島もただの猛暑です。

 

日帰りでは10月11月、チャリキャンプでは9月

 

アワイチのベストシーズンは10月、11月ですね。気温が二十五度を下回って、日差しが弱まります。熱中症と日焼けしすぎの不安ががくっと減ります。アワイチベストシーズンですね。

 

しかし、チャリキャンプには気温の低下は手放しのバンザイじゃありません。キャンプ場でのテント泊は想像以上に冷えます。寝袋がこいしくなりますね。

 

でも、バイクパッキングの積載量は有限です。寝袋のあるなしでかさ高さと重さが異次元ですね。9月の上旬の気温の推移は5月の上旬のそれにそっくりです。

 

ビワイチの経験からギリ寝袋なしで行けると考えます。タオルと着替えを掛け布団にすれば、そこそこ快適に過ごせますわ、きっと。・・・暴風雨は来ないで!

 

しかも、めあてのキャンプ場が9月一杯しか営業しません。シルバーウィークはファミリーで混雑しましょう。まさにこの時期がぼく的にベストでラストのチャリキャンプXデーですね。

 

淡路島までのアクセス

 

淡路島は瀬戸内海の大きな島ですね。琵琶湖みたいに地続きじゃありません。どの方向から行っても、海に行く手を阻まれます。

 

島へのアクセスの方法は二種類ですね。陸路か海路。橋を自動車で渡るか、船で海を越えるか。淡路島には鉄道がありませんから、電車輪行はむりげーですね。道路王国です、ははは。

 

明石海峡大橋の上は高速道路扱いです。正式名称『神戸淡路鳴門自動車道』ですね。自転車および原付バイク、軽車両全般は走行できません。

 

ちなみに車両の通行料は900円ですね。ただし、これはETCの値段ですね。現金払いは2300円になす。たっか! でも、開通当初は問答無用で2600円でした。往復5200円! たっっッか!

 

四国からのアクセスは大鳴門橋になりますね。道路は同じ神戸淡路鳴門自動車道です。こっちは鳴門北から淡路島までが680円ですね。

 

神戸淡路鳴門自動車道、瀬戸大橋の瀬戸中央自動車道、西瀬戸自動車道=しまなみ街道のいずれが本州四国連絡高速道路株式会社てところの管轄です。

 

海路はフェリーですね。本州側の明石と島側の岩屋を結ぶのがアワイチサイクリストご用達の淡路ジェノバラインですね。13分で明石海峡をすいーっと行き来します。

 

運賃は大人不意取り500円、自転車持込みは1台200円です。じゃあ、片道700円ですね。マイカー組み以外はたいていこのジェノバラインにおせわになります。

 

平日と祝祭日のダイヤはビミョーにちがいますが、朝から晩まで定期便を出しますね。公式でチェックしましょう。→淡路ジェノバラインの時刻表

 

四国からの輪行は至難

 

四国からのフェリーはありません。電車はありませんから、公共機関の輪行は不可ですね。原則的にバスには自転車を持ち込めませんから。

 

しかし、自治体が自転車ブームにあやかって、サイクリスト用のバス便の運行を検討しますね。ASAトライアングル交流圏推進協議会てとこが音頭を取りますが、実現はまだまだですね。

 

マイカー輪行はマイカー輪行で長時間駐車の問題に直面しますね。安い料金、良い立地の駐車場は当然のごとく取り合いになります。現実問題、四国からの輪行はEXハードですね。

 

大阪関空からのフェリーが試験的に復活

 

で、フェリーは長らくこの淡路ジェノバラインだけでしたが、またまた自治体がサイクリングブームとアジアの日本観光ブームに乗っかって、表舞台から消えたフェリーを試験的に復活させました。

 

区間は大阪南端の岬町の深日港-淡路島の洲本港です。本数は1日4便ですね。期間は2017年6月27日から2017年9月下旬までです。料金は1500円、乗船時間は50分ですね。自転車輪行OKです。

 

この路線は10年ぶりの復活で、試験運用中です。情報がイマイチ定かじゃありませんが、南大阪のチャリダーや海外旅行者、ことさらに全国5000万人のフェリーファンにはグッドニュースですね。

 

ぼく的には船旅の情緒はきらいじゃありませんが、50分の高速船は胃袋と三半規管的にむりだあ! 岬町はほぼ和歌山で、明石よりへんぴですしね~。

 

てことで、ザ・京阪神在住のぼくは定番中の定番の淡路ジェノバラインで淡路島にのりこみます。じゃあ、おのずと第一ポイントは明石港に決定しますね。

 

アワイチの距離とコース

 

琵琶湖は日本最大のみずうみですね。沿線の外周は約200kmです。ルートは完全に限定されます。基本的にショートカットは不可ですね。

 

唯一のショートカットが琵琶湖の東西を結ぶ琵琶湖大橋ですね。この橋を境に北側が北湖、南側が南湖とよばれます。

 

この南北をまるっとめぐるのがフルビワイチ、琵琶湖大橋のたもとをスタートに北湖150kmをめぐるのが短縮ビワイチですね。50km前後の南湖をめぐるのはノンステータスなただのサイクリングです。

 

アワイチのコースは多彩ですね。海沿いの道路150kmをぐるっとめぐるフルビワイチを筆頭にして、ショートカットを使う100kmコース、50kmコースを取り揃えます。

 

10時間でフルアワイチにチャレンジする『淡路島ロングライド150』が実質的なアワイチのオフィシャルサイトですね。観光案内、アクセス、コースが細かくあります。→淡路島ロングライド

 

今年2017年のイベント開催日は週明けの9月18日(祝)ですね。天気があやしいところだぞ~。当日の快晴を祈りましょう。

 

Bicycle Hub Awajiのコース案内はじつに初心者向けですね。ぼく的にはこっちのページのモデルコースみたいな情報がウェルカムですね。→Bicycle Hub Awajiのアワイチモデルコース

 

人気のコースをおさらいして、地図を作ってみました。

 

 

こんなもんですね。青おにぎりのマーク=国道とほかのサイクリストを目印にすれば、大間違いをしますまい。フルビワイチ150km+大阪-明石の自走往復100km=250kmのバイクパッキングですね。

 

自走アワイチが330kmでした。それの80%の距離ですね。よゆうでしょう~。

 

島の東部に見所、南部は坂、西部は無

 

ビワイチははしからはしまで平坦コースです。北端の木之本かいわいがやや傾斜ですが、それ以外は99%のフラットコースですね。

 

淡路島はすこし違います。南部が傾斜ですね。日帰りではルートの半ばに、ぼくの予定では一日の終わりにピークが来ますね。

 

東部にはたくさんの見所があれど、西部には特筆のものがない、て傾向は琵琶湖の外周に当てはまりますね。近畿の二大サイクリングコースはなぜか『東高西低』の傾向をしますね。

 

ロングライドの尻痛対策

 

ぼくの経験とよそさまの経験を照らし合わせると、ロングライドのキング・オブ・ストレスは尻の痛みに決定します。多分、異論は出ません。ぼくらのケツは鉄板じゃない。

 

ぼくの場合、ケツの筋肉、ぜい肉、骨より肌がまっさきに根を上げますね。靴擦れのケツ版ですか、布ずれ?

 

靴擦れみたいに真皮の露出や出血は起こりませんが、圧迫と摩擦で痛みが出ますね。対策は立ちこぎです。でも、長時間の立ち漕ぎはヒザとつま先に来ますね。足の親指が内圧でうっ血気味になります。

 

プロ選手はワセリンやクリームを使ってでんぶを保護しますね。ぼくはそこまで手を回せませんが、一夜漬けのやっつけ仕事で尻痛対策をしますね。

 

実物はこんなです。

 

サドルクッション増強

サドルクッション増強

 

サドルのクッション倍増化計画です。ビニール巻きのテープ止めです。ザ・即席DIYですね。

 

じゃあ、クッションの具はこんなですね。

 

パッド付きサイクルインナー

パッド付きサイクルインナー

 

前に買ったサイクル用ハーフパンツの付属のパッド付きインナーですね。一度、これを試着しましたが、パッド付きインナーの圧迫感にげんなりしました。

 

 

基本的に身体が圧迫されるウェアはNGですね。靴下やピチTも嫌いだし。長年の球蹴りのおかげで腿が60cm近くあります。じゃあ、パッドのきゅうくつさが生理的にむりですね。

 

で、不要になったこいつを切り刻んで、サドルに上乗せしました。見た目はあれですが、クッションは上々です。

 

水分をハンドル周りに

 

この季節に荷物を背負って長乗りすると、かくじつの大量の汗をかきます。小まめな水分補給はだいじですね。

 

ボトルケージとスポーツボトルはスポバイ風の情緒をかもし出すステキな小物ですが、毎度毎度のボトル着脱はめんどうですね。

 

で、ウエストポーチをハンドル周りにつけて、500mlのペットを間近に配置しました。

 

ハンドル周りにエイドを配置

ハンドル周りにエイドを配置

 

結果的にこれは大当たりビンゴ! ですね。チャックをぴっと開けて、水分を一口して、チャックをぴっと閉めます。おやつや軽食を入れて、エイドへのショートカットにしちゃいました。

 

実のところ、これはカゴの代役ですね。スポバイにカゴは重すぎますが、ハンドル周りの小さなカバンは大活躍します。ボトルケージがかすみますね。

 

有名なミニベロブログの管理人さんが企画したハンドル小物入れがこれですね。

 

 

ボトルを縦入れにできるポケット型のホルダーはさらに超ベンリですね。たっかいサドルバッグやケージよりおすすめです。ファッション性はしますけどね~。

 

準備編は以上です。アワイチ1日目の前編に続きます。To Be Continued→アワイチ1日目前編 ジェノバにリユニオン 洲本でビーチにドラクエ?! 

 

FacebookでシェアはてなブックマークgoogleプラスWelcome Your Share