新型アルテグラR8000解禁で 旧型6870 Di2が半額以下の超特価に

シマノの自転車パーツの大幅なモデルチェンジは4年ごとに行われます。最近、もうひとつのメイン商材の釣具も3年周期から4年周期になりました。

 

去年2016年はデュラエース、SLXのリニューアル、来年2018年はXTR、105のモデルチェンジイヤーです。モデチェンはおおよそにコンポとホイールです。単体のハブもそうです。

 

合間合間に補完グレードやオプションのマイナーチェンジが入りますね、これは不定期です。また、2016年には完全新作のMETREAが誕生しましたね。

 

で、今年の2017年はMTB入門10速用のDeoreとオンロードコンポの2ndグレードのUltegraのアップグレードイヤーです。ザ・世代交代です。

 

最近のシマノの命名法則に従って、DeoreはM6000に、UltegraはR6900やR7000を飛ばしてR8000台にジャンプアップしました。

 

てことは、R7000はおのずと来年の新型105のものになります。MTBの3rdグレードのSLXがM7000ですから。R7070 Di2 電動105の有無が最大の注目ポイントです。

 

 

Ultegra 6800とR8000のおもな変更点

 

Deore M6000は2月のはじめにはやばやアナウンスされますが、特段の注目を集めません。正味、MTBのエントリグレードのパーツは国内チャリダーの目にはアウトオブ眼中です。

 

しかも、世界的にオフロードのイニシアチブは完全にアメリカのSRAM社へ移っちゃいました。2016年にハイエンドを12速化し、この夏からエントリーグレードに12速を投入します。SRAM GX Eagleです。

 

で、新型デオーレさんの注目度は無です。げにSRAM 1xのおかげでシマノMTBコンポのレゾンデエトルが空前の危機です。ある意味、シマノ=フロント変速屋さんですから。

 

先述のアーバンコンポのメトレアはてこ入れの手はじめでしょうね。フロントシングルありきのコンポです。ビジュアルのシマノっぽくなさは旧来のシマノからの脱却、ニューチャレンジの意味を持ちます。

 

Metrea

Metrea

 

が、ニッチコンポの宿命でメトレアのセットの実売価格は役8万です。旧型アルテグラのセットより割高だあ! この見た目はツボだのに~。

 

そして、シマノのロードコンポはまだまだ元気です。世界的自転車のトレンドはオールロードとE-bikeに急激にシフトチェンジしますが、おひざもとの国内のロードブームがさいわいです。

 

『堺の釣具とオンロードコンポ屋さん』が今のシマノにふさわしい看板です。ぼくの個人的なイメージは完全に釣具のシマノです~。アルテグラやアリビオのリールにはお世話になりました、ははは。

 

クランクががちむち真っ黒でビミョーなデザインに

 

じゃあ、自転車コンポのアルテグラさんです。6800がR8000になりました。ラインナップは前年のデュラエースR9100の技術を踏襲します。機械式・電動のリムブレーキ・ディスクブレーキを順次に販売します。

 

クランクはこんなです。新型は国内の定価割引販売の実売が海外のセールを越えます。

 

 

後述のように旧型は逆転しますが。

 

6800のクランクはまるっこいビジュアルでしたが、新型クランクはガチムチのちょい悪系です。中央の斜めのラインがポイントです。

 

正直、見た目はださくなりましたね~。新型デュラエースもぱっとしません。とくにフェイスのアシンメトリなデザインの頑張った感がクールじゃありません。

 

10速コンポのティアグラクランクのがぜんぜんグッドですわ。

 

 

ん、しっくり来ます。

 

そして、カラー展開はブラックのみです。シルバーポリッシュはシマノ的に廃止のようです。おかげで上位から入門用まで青木のリクルートスーツのようなふんいきです。より統一的に、没個性的に、業務用機材的に。

 

MTBコンポも同じ宿命を辿ります。上から下まで黒黒黒。じゃあ、METREAのツートーンの銀黒カラーは異例の異例です。もしや、銀色ポリッシュのがコスト高だあ?!

 

アルテグラホイールが廃盤に RS 700とRS770が登場

 

コンポセットのホイールのリニューアルは同時進行です。去年のデュラエースR9100のときにはキャリパーブレーキ用、ディスクブレーキ用のデュラホイールがごっそり出ました。

 

しかし、今回のアルテグラホイールは混迷を極めます。旧型のアルテホイールはShimano WH6800 Ultegraです。3万ちょいの1640gのチューブレスホイールです。超コスパのロードホイールの名作です。

 

で、後継のWH-R8000 Ultegraが出るかと思いきや、ホイールはWH-RS700 TLとWH-RS770 TLになります。『Ultegra』の文字はハブにもリムにもありません。アウチ。

 

RS700のハブのロゴは『SHIMANO』です。サヨウナラ、アルテグラホイール・・・

 

RSのイニシャルは補完用の番外グレードになります。ノットレギュラー商品です。そして、アルミカーボンです。完全に別物です。

 

RS770はディスクブレーキ用です。リムはこんなふうにムニムニします。そして、ディスクブレーキ用ホイールの決まりで前後が同じスポークレイアウトになります。

 

Ultegra RS 770 DISC

Ultegra RS 770 DISC イメージ

 

カンパのゾンダDBやボーラDBは前後G3組み、フルクラムのレーシング3DBやクワトロカーボンDBは前後2to1です。あれはなかなか目立ちますで~。

 

で、シマノのロードホイールの一覧はこうなります。

 

モデル名重量タイヤ種タイヤ幅素材価格備考
WH-R9100 C60 TU Dura-Ace1480gTUカーボン301256円
WH-R9100 C60 CL Dura-Ace1789gCLアルミカーボン207812円
WH-R9100 C40 TU Dura-Ace1355gTUアルミカーボン303266円
WH-R9100 C40 CL Dura-Ace1501gCLアルミカーボン199619円
WH-R9100 C24 CL Dura-Ace1412gCLアルミカーボン145067円
WH-RS81 C50 CL1908gCLアルミカーボン120286円
WH-RS81 C35 TL1581gTLアルミカーボン94099円
WH-RS81 C35 CL1631gCLアルミカーボン90009円
WH-RS81 C24 TL1581gTLアルミカーボン81007円
WH-RS81 C24 CL1502gCLアルミカーボン76918円
WH-RS81 C24 CL1502gCLアルミカーボン76918円
WH-RS770 TL1639gTLカーボンDISC用 NEW!
WH-RS700 TL1568gTLアルミカーボン83485円NEW!
WH-RS6101791gTLアルミ36825円105グレード
WH-RS3302051gCLアルミ27275円安重ディープ
WH-RS211850gCLアルミ23729円カラーオプション
WH-RS0101869gCLアルミ14187円
WH-R501 C302001gCLアルミ8-10速用 カラーオプション
WH-R501 C241900gCLアルミ12099円8-10速用 カラーオプション

 

はい、ネームドモデルはDura Aceのみです。デュラ、それ以外のライン引きがヒジョーに鮮明です。

 

これはデュラエースのブランド化、神格化です。げんにブランディングが成立するのはデュラエースだけですし。『デュラエースを大事に使っていきましょう』作戦です

 

しかし、エンドユーザー的には無味乾燥の型番はフレンドリーじゃありません。愛着が沸かない。業務用機材感がここに極まります。人工的だ。

 

そして、この特別なデュラエースのホイールがなかなかの曲者です。型番の末尾のC60やC40は一般的にホイールのリム高を現します。

 

C60は60mmのディープ、C40は40mmのセミディープ、C24は24mmのふつリムです。

 

ところが、WH-R9100-C60のリムハイトは50mmで、WH-R9100-C40のは35mm、C24は21mmの低リム=ロープロファイルです。

 

この表記は生粋のシマノファンにも不評です。型番の意味がありません。てか、間違いのもとです。シマノがこの表記をし続けるのはギョーカイ七不思議の一つです。10mmの差は誤差の範囲じゃないよ~。

 

アルテホイールの真の後継者か? WH-RS500ホイール

 

事実上、アルテネームのホイールの消失はアルテファンには失望感です。いまやさまざまなカーボンクリンチャーの隆盛でアルカーボンホイールはややアナクロです。

 

とにかく、RS700はWH6800の代わりになりません。実売は3万になりえません。アルカーボンだし。

 

じゃあ、ほかのブランドのフルアルミのゾンダやレーシング3、台湾系のコスパアルミ軽量チューブレスホイールが相対的に浮上します。

 

と、ここに大外からこんなやつがびぃーんと登場します。WH-RS500です。

 

モデル名重量タイヤ種タイヤ幅素材価格備考
WH-RS5001649gTLアルミ48918円こっちがアルテ相等?

 

RS番台のアルミホイールです。チューブレスです。で、1649gだ。きわめてアルテWH6800ぽいホイールです。こっちがアルテホの後継者です、きっと。

 

まあ、こいつをむりに買わんでも、現行の6800ホイールをかんたんにゲットできますけどね。ちまたの出荷数が半端なくありますからね。ヤフオク、楽天、アマゾン、海外通販、なんなりと。

 

R8000の重さや価格など

 

最も軽い組み合わせのDi2リムキャリパー+RS700ホイールの組み合わせの総重量が4071gです。R9150 Dura-ACEとDura ホイールの3566gより500gアップです。

 

クランク単体は2g軽量化、STIレバーはイーブンの438g、SPD SLペダルは12g減、リアメカとフロントメカの重量はN/Aです。やはり、ホイールのカーボン化が大です。

 

FC R8000クランクには旧デュラ9000とリングの互換があります。へんなBCDのいびつアームじゃないよ! これは大助かりです。

 

おにぎりパワーメーターの発表はありませんねー。後出しでしょう。うーん、ロードのフロントシングルのリングは来ないかあ。

 

R8000パーツ一覧 リスト完成度90%

 

R8000のパーツ一覧です。重量はシマノオフィシャルのカタログから。価格は国内の税抜き定価です。

 

モデル名重量素材価格備考
FC-R8000 クランク690g(170mm 53-39T)アルミ25955円 46×36Tは25390円
ST-R8000-L STIレバー左218g32989円(ペア)機械式
ST-R8000-R STIレバー右220g32989円(ペア)機械式
ST-R8020 STIレバー550g(左右ペア)52687円(ペア)機械式+油圧ディスクブレーキ
ST-R8050 STIレバー3万1697円円(ペア)電動
ST-R8070 STIレバー52318円(ペア)電動+ディスクブレーキ
ST-R8050 Di2 フロントメカ21256円電動
FD-R8000-B フロントメカ106g5353円クランプマウント
FD-R8000-F フロントメカ92g4902円直付け
RD-R8050 Di2 SS リアメカ25561円電動 11-25T 11-30T対応
RD-R8050 Di2 GS リアメカ24996円電動 11-28T 11-34T対応
RD-R8000 SS リアメカ200g8617円11-25T 11-30T対応
RD-R8000 GS リアメカ210g9181円11-28T 11-34T対応
BR-R8070 油圧キャリパー280g(前後ペア)アルミ6549円(F)

6323円(R)

 フラットマウントデイスクブレーキ
SM-RT800 ディスクローター127g(160mm) 106g(140mm)4752円センターロック
BR-R8010-F ダイレクトマウント174gアルミ7884円28Cタイヤ対応
BR-R8010-R ダイレクトマウント160gアルミ6912円チェーンステーマウント
BR-R8010-RS ダイレクトマウント172gアルミ7884円リアシートマウント
CS-R8000 スプロケ292g (11-32T)7697円11-25T, 11-28T, 11-30T, 11-32T, 12-25T, 14-28T
CS-HG800-11 スプロケ335g (11-34T)8696円ワイドレシオ
PD-R8000 SPD SLペダル248g14557円 1万4792円(+4mmモデル)
SM-BBR60 BB77g ねじ切りくん
SM-BB72-41B61g 圧入プレスフィットくん
BR-R8000 ブレーキ182 g (フロント) 178 g (リア)アルミ 13814円 ふつうのキャリパー用
FH-RS770 ディスクハブリア302g鉄、アルミOLD142mm 12mm E-thruアクスル

28/32/36H

HB-RS770 ディスクハブフロント125gアルミOLD 100 12mm E-thuruアクスル

28/32/36H

WH-RS700-C30 ホイール625+943=1568gアルミカーボン83485円チューブレス 28mmハイト 622-15
WH-RS770-C30 ディスク用ホイール735+904=1639gアルミカーボンチューブレス 28mmハイト 622-17

OLD142mm 12mm E-thruアクスル

WH-RS500705+944=1649gアルミ48918円チューブレス アルテ後継
WH-RS170アルミクリンチャー

OLD142mm 12mm E-thruアクスル

 

ん、WH-RS170ホイールが加わりましたね。シマノオフィシャルのアルテグラのページあります。鉄下駄スルーアクスルだあ?

 

ディスクブレーキR8020、R8050 Di2、R8070 Di2は八月以降になります。

 

モデルチェンジでお得 旧型電動6870セット

 

さて、コンポのモデルチェンジ前後の時期は庶民においしいシーズンです。旧型6870Di2が半額以下になります。
Shimano Ultegra Di2 6870 11 Speed 39/53 Groupset – Grey

Shimano Ultegra Di2 6870 11 Speed 39/53 Groupset - Grey
Shimano Ultegra Di2 6870 11 Speed 39/53 Groupset – Grey

定価 220499円
割引 42%
通常 127249円
※2017/09/13 13:25:25 のProBikeKitの価格

 

ソフトウェアはアップデートされますから、シンクロシフトはOKです。変速機能では新型機械式のR9100より上でしょう。むこうの実売は15万ですしねー。

 

Athena EPSが最安候補に

 

アルテR8000発表から月日が流れて、各ストアの特価品がそこそこ出ていきました。旧6870は13万前後でしばらく推移します。ピーク時のお買い得感はありません。

 

て、この期になぜかカンパニョーロのAtnenaの電動セットがこんなお値段で出回ります。

 

Campagnolo Athena EPS 11 Speed Groupset
Campagnolo Athena EPS 11 Speed Groupset
定価 229225円
割引 13% = ¥30361円
特価 198864円
VIP特価 99999円

※2017/11/08 19:07:35のCycling Expressの価格。VIP価格はVIP会員限定

 

2017年秋の電動最安はこのAthena EPSです。各ストアではShimano/SRAMフリーのホイールの在庫が先に出て、カンパフリーのホイールの在庫が売れ残ります。フルカンパでお安く電動化する好機です。