サドルの高さの合わせ方 ママチャリ、クロス、ロード、MTBで変わる


自転車の座面、サドルは非常に重要な部位です。乗り手とバイクの接触面が最大になります。乗り心地の大部分はサドルにかかります。

 

ためにトラブル、おなやみの大部分がここに付きまといます。尻の痛みはロングライドのCONSの古今東西の不動のベスト1にかがやきます。

 

この永遠の悩みを解決できるのはエターナル立ちこぎかリカンベントばかりです。

 

USAなリカンベント

USAなリカンベント

 

以下ではサドルの高さに注目して、ベストなコンフォートなポジションをあれこれ模索しましょう。

 

サドルの基本

 

サドルの座面の基本は水平です。もっとも、水平=正解でなく、極端な前下がり・後ろ下がりがNGです。

 

個人の好みで少々の上下はありますが、基準は水平です。ペットボトルと板切れでかんたんにだせます。

 

水平OK

水平OK

 

ここからケツの形、サドルの柔さ、アレやナニの大きさや有無で上下を微調整します。

 

でも、普段使いや街乗りの自転車では服装がまちまちです。薄手のジャージ、厚手のデニム、ボトムの股間の生地の厚みでフィーリングは変わります。

 

オフロードやトリックでは立ちこぎが主になります。やはり、サドル角度はそんな神経質な問題じゃありません。

 

ロードバイク、ツーリングバイク、ランドナーは別です。数時間から丸一日、ヒップがサドルとコンタクトしつづけます。サイクリングは長丁場です。

 

マウント部分の1度のずれがサドルの前端や後端では数ミリになります。かんたんに計算しましょうか。

 

サドルの座面20cm x 3.14 = 62.8cm

62.8 / 360 = 0.17444=1.74mm

 

です。しかも、前下がり=後ろ上がりです。逆もしかり。全体の変化は倍々になります。

 

個人的な経験では事前の予想のはなし半分の調整がベターになります。「サドルの角度を変えるぞ! ウオー!」てやると、下げすぎるか上げすぎます。

 

ペットボトルで水平チェック

ペットボトルで水平チェック

 

結局、サドルも鞍も座るもの、いすの一種です。いすの座面はだいたい水平です。これを基準にヤグラのボルトを1/4回転や半回転ずつゆるめ・しめしつつ、微調整します。

 

「ウオー! サドルの前をどーん!」

 

そんな力技は厳禁です。

 

サドルの高さの合わせ方

 

さて、本題はサドルの高さの合わせ方です。調整の方法はざっくりとアナログ版とデジタル版に二分します。そして、ジャンルでベストなポジションはちがいます。

 

かかとを付けて、ひざを伸ばしきる

 

ロードバイク、ランドナー、ピスト、トラックバイク、軽量クロスバイクみたいなスピード型・前傾姿勢のバイクのサドルポジションは全般的に高めです。

 

もっとも手軽な調整方法はカカトぺったん、ヒザぴーん方式です。ペダルをいちばんしたにセットして、かかとを付けます。

 

サドル合わせ初歩

サドル合わせ初歩

 

このとき、骨盤をむりにずらすとか、関節をがくがく外すとかのズルをしない。自然な状態でサドルにまたがって、ペダルにかかとをつけます。

 

この状態でひざがまっすぐになるところまでサドルを調整します。

 

 

念のために左右でたしかめましょう。左右の足の長さはびみょうにちがいます、足のサイズと同じく。几帳面な人は左右でクランクアームのサイズを変えるとかします。

 

げんにぼくの左足は右足より長めです。1cm前後のギャップはあります。ひざのところに後天的な支障があります。おそらく過去の怪我です。でも、特別な調整をしません。性格ですね。

 

ひざの皿とペダル軸を垂直に

 

つぎは前後調整です。

 

クランクを水平にして、ひざの皿とペダル軸を垂直にします。5円玉をつりさげる手法が伝統的です。姿見やスマホや同居人を駆使しましょう。

 

ひざの皿とペダル軸が垂直

ひざの皿とペダル軸が垂直

 

ぼくは上からの目視でてきとうに合わせます。てか、フラットペダルでは柔軟なポジショニングが可能です。

 

一方、ビンディングペダルは同一姿勢・長時間をライダーに強います。へんなポジションで出かけると、びみょうな違和感にえんえん悩まされます x 10時間。

 

楽しいサイクリングがストレスフルになります。ことさらにタイトなロードバイクでは小さなストレスが命取りです。最悪、股ずれ、がさがさ、ぶつぶつ、化膿です。

 

ランニングであれ、ウォーキングであれ、耐久系の小ノイズはじわじわ来ます。ソロはなおさらです。靴の中の砂粒一個、靴下のヨレ、パンツのひもの締めすぎetcetc…

 

中長距離の単独走ではアドレナリンがどばっーて出ません。サイクリングは理性的で内省的なものです。細かいストレスはずっと心身をむしばみます。

 

ストレス回避はだいじです。x10時間がミソです。アクテビティのなかではハイキングや登山並みの長丁場です。あれ、業務より長くない?!

 

あてにならないサドル係数

 

以上がアナログ版の調整方法です。フィーリングを重視する人はそちらを採用しましょう。データ派・数値派には以下のデジタル版が参考になります。

 

股下x0.86~

 

自転車のサイズ選びのキーポイントは股下です。自転車とコンタクトする部分が手から足までですから。

 

 

アーチ

アーチ

 

この図から正味の身長はサイズ選びにはそんなに重要じゃありません。ごらんのとおりに頭部はサイズに関与しません。股下、胴長、リーチの3点が決めてです。

 

股下、英語ではinseamです。計測方法はこうゆうものです。

 

クランクサイズ

クランクサイズ

 

壁際にニュートラルに立って、またの付け根に本やものさしを当てます。そのポイントから床までの距離が股下です。

 

産卵性の魔族にはアレがありませんが、男子は例のものを持ち上げるかよけるかしましょう。女子はくいこませない、きゃあ!

 

で、この股下の数値に一定の係数をかけます。サドル係数です。この数値はまちまちで、0.86-0.89まであります。初心者は低くなり、上級者は高くなります。

 

ぼくの73cmの股下に初心者用の0.86をかけてみましょう。

 

73×0.86=62.78cmです。これがクランク軸=BB芯からサドルの座面までの距離になります。

 

サドル高さ

サドル高さ

 

上級者向けは73×0.89=64.97cmになります。2cmの差は大です。親指一本分ですね。

 

デジタル的尺度の弱点はサドルのしなりやクッション、パッドの厚みを度外視することです。本革サドルやTIOGAスパイダーはわりとしなります。体重で圧縮感は変わります。

 

係数にばらつきがある時点で係数の存在意味がありません。パーツやジャンルが細分化する現代のスポーツバイク界ではものの役に立ちません。むしろ、混乱のもとだ。

 

ぼくはアナログ版をおすすめします。フィーリングを重視してストレスを減らすのがベストポジションへの近道です。

 

クロスバイクのサドル高

 

ロード寄りのクロスバイクのサドル高をロード並みに上げるのは考えものです。サドルを高くすると、前傾をきつくできます。スピーディにはなりましょう。

 

しかし、クロスバイクのハンドルはライザーバーかフラットバーです。グリップのポジションがドロハンより限定的です。長距離がだるくなりますし、視野が狭くなります。

 

過剰なハイサドルはクロスバイクの最大の持ち味の気軽さをそこねます。ちょい高 < ちょい低が合理的です。

 

ぼくのクロスバイクのサドルはステムと水平ないし-3cmくらいでした。サドルの前後も前よりです。

 

GIANT ROAM3 Custom FINAL

GIANT ROAM3 Custom FINAL

 

ママチャリのサドル高

 

ママチャリや一般車、ちょい乗り機のサドル高のジャスティスはどっしりべったりです。町中のごみごみした道路状況では高速より低速がたいせつです。

 

なによりの重要ポイントは足つきです。

 

ママチャリの面目躍如

ママチャリの面目躍如

 

ママチャリや一般車の車体重量は15kg-20kgです。バレリーナのようなつま先立ちでは車体を支えきれません。お買い物帰りはなおさらです。

 

最近のママチャリのデザインは小径ホイール、縦長、低重心になります。

 

 

低速域での安定性が根本にあります。たしかに26インチや27インチのママチャリはかさばります。とっさの対応にすこしもたつきます。

 

サドルの低さは安心の裏返しです。サドルポジションを出して、あくせくペダリングしなくても、バッテリーで25kmまですいすい加速できますし。

 

MTBのサドル高

 

オフロードバイクのサドル高は一筋縄じゃありません。シーンや用途でベストのポジションは変わります。

 

自走や平地のセクション、サイクルロードではちょいハイポジが有利です。

 

クロスバイク

クロスバイク

 

が、こんな雪の日にはローポジがセーフティです。

 

2018年1月某日、万博公園

2018年1月某日 万博記念公園

 

きつい上り・下りの場面ではべた付けが基本です。下りで腰を引けないと、でんぐり返りしちゃいます。

 

これは大阪と奈良のあいだの名所、暗峠の有名なS字です。

 

ヘッド角がやばい

 

こうゆう傾斜に挑むときには腰をリアホイールの上ぐらいまで下げます。そして、尻を落とす。低重心。そのためにはサドルがじゃまです。

 

あと、立ちこぎやダンシングのときにもサドルは蛇足です。BMXやトライアルバイクみたいなトリック系自転車のサドルはほぼおまけです。

 

一昔前のMTBライダーはセクションや地形でいちいちサドル高を上げ下げしました。が、ドロッパーシートポストの登場でサドルの微調整は過去のものになりました。

 

THOMSONドロッパーのサドル側のワイヤー取り回し

THOMSONドロッパーのサドル側のワイヤー取り回し

 

これが事務椅子みたいに上下に自在に可変します。そのとき、その状況のベターなサドル高をワンタッチでゲットできます。

 

スペシャライズドの最新のコマンダーポストはサドル角まで可変します。この分野はまだまだ発展途上です。

 

最後は費用と重量と強度の兼ね合いです。でも、べんりさがだいたい勝ります。クロスバイクやアーバン系バイクへの普及は時間の問題です。

 

 Brand-X - Ascend ドロッパーシートポスト
Brand-X – Ascend ドロッパーシートポスト

定価 23098円
割引 40%
特価 13749円

※2018/01/31 00:25:11のchainreactioncycles.comの価格

 

安価な27.2mm用の外装式が出れば、普及が爆発的に加速しましょう。

 

FacebookでシェアはてなブックマークgoogleプラスWelcome Your Share