ロードバイクのホイールおすすめ 5万円のアルミの完組が攻守に最強!


スポーツバイクの改造・カスタムでまっさきに上がるのがホイールです。

 

リフレッシュホイール

 

市販の完成車のホイールはまんぞくなものでありません。所詮、完成車はパッケージもの、セット販売です。おかしの詰め合わせだ。主役級のメジャー製品は入りません。

 

この事情は10万前後の入門機から30万前後のミドルクラスまで付きまといます。完成車パックの優先順位の1位はフレーム、2位は変速系パーツです。ホイールの優先度は高くない。

 

また、乗り手の好みや体質やスタイルは千差万別十色です。ハデ好きにじみなシマノホイールはビミョーですし、その逆もしかりです。

 

pinarello dogma f10

 

ドハデなピナレロドグマにそぼくなシマノC24はなんかちぐはぐです。グッチのスーツにリーガルの革靴みたいに。やはり、カンパニョーロかフルクラムが似合います。

 

そんなわけでスポーツバイクのまともなホイールは性能、見た目、コーディネイト、好みから別途購入になります。完成車付属品は予備、練習用、たんすのこやしになります。

 

 


自転車ホイールのアレコレ

 

おすすめ製品の紹介のまえに自転車ホイールのいろはをざっくりと解説しましょう。あれはただの金属のわっかではありません。人心を幻惑するふしぎな魔法陣です。

 

アルミとカーボン

 

スポーツバイクのホイールのメイン素材はアルミとカーボンです。このアルミはピュアアルミでなく、アルミ合金全般、Alloyのことです。

 

カーボンはカーボンファイバーのことです。アクリルを1000度の超高温で黒焦げにしたものです。こっちは樹脂です。強化プラスチックみたいなものです。

 

げんに軽量なフレームやホイールの手応えはプラスチッキーです。うすいリムの側面は指でペコペコへこむ。「これでよく体重を支えられるな?!」て初見さんはびっくりします。

 

ブレーキフェイスのあと

 

アルミホイールの実売が1-10万、カーボンホイールの実売が10-50万です。一部にアルミxカーボンの複合ホイールがあります。コンポジットてものです。

 

アルミホイールは技術的には完成形で、もう大きく価格変動しません。カーボンホイールは製造技術の進歩でこの数年で一気に下落しました。10万以下のものさえが珍しくありません。

 

リム高 プロファイル

 

ホイールの外側のわっかがリムです。ロードバイクやクロスバイクのリムのサイズは700cです。そして、C17とか35Cとかのなぞの数値の攻勢が続きます。

 

C15、C17、C19などはリム幅=タイヤ幅です。現行のロードホイールはC20=20mm以内に収まります。MTBやファットバイクのホイールには30や40や50があります。

 

で、ロードホイールの型番や名前の”35″とか”40″とかはリムの高さを表します。リムハイト、プロファイルなどの呼び名があります。

ディープリムの見た目のギャップ

 

20mm前後がロープロファイル、ローハイトリムです。35-40前後がセミディープ、40-60がふつディープ、60-80がすごディープです。最終形態が一枚岩のディスクホイールです。

 

では、問題です。これはいくつでしょう?

 

カーボンホイールをバイスで固定

 

正解は46mmのふつディープでした。このように黒リムと黒タイヤの組み合わせはモノトーンでいかつくなります。あめ色サイドのタイヤの見た目はすこしマイルドになります。

 

リムハイトが高くなれば、素材のかさが増えます。で、重量と剛性が増します。エアロ、高速維持にすぐれます。40km/1h、平地、下り、向かい風が得意です。低速、横風、のぼりが苦手です。

 

ロープロハイトは軽量できゃしゃです。上り、加速が得意です。高速、下り、平地、急カーブが苦手です。

 

軽いディープリムを作ろうとすると、高価なカーボン成型に頼らざるを得ません。で、価格がでーんと跳ね上がります。

 

一応、安いアルミのデイープリムは存在しますが、製品的にはキワモノになります。ホイール交換のだいじな要素である重量が一般のロードユーザーに受けません。売れない、ああ、売れない。

 

主要メーカーは売れないものをわざわざ作りません。で、アルミディープは異端の希少種になります。

 

4大ホイールメーカーとそのほか

 

ロードホイール界は4大メーカーの支配下にあります。カンパニョーロ、フルクラム、マビック、シマノです。国内ビール業界のキリン、アサヒ、サントリー、サッポロみたいなものです。

 

カンパニョーロ、フルクラム、マビックは毎年度に新型ホイールを出します。2017年発表分は2018モデル、2018年発表分は2019モデルと。で、数年に一度の大幅アップデートが入ります。

 

このうちのイタリアのカンパニョーロとフルクラムはなかよしの姉妹企業です。製品はおなじ工場で組まれます。両社のホイールのパーツには互換性があります。

 

シマノはコンポの一新とおなじくして、ホイールをモデルチェンジします。基本的にアップデートは4年に一度です。『デュラエースとそのほか』て路線をはっきりさせます。

 

フランスのマビックのホイールの販売スタイルは独特です。自前のタイヤがホイールにバンドルします。出荷の段階でタイヤがホイールにセットされます。これがMAVICのWTS方式です。

 

さらに2018モデルからチューブレスレディのUSTモデルを大量に追加して、ピュアクリンチャーの払拭に積極的に取り組みます。最近のロードホイール界の台風の目はまちがいなくマビックです。

 

で、このホイール四天王を外して、ほかをチョイスすると、なかなか通ぽく見られます。レイノルズ、ZIPP、イーストン、DT、アメクラ、FFWDなどが候補です。

 

この数年、ここにTOKENやALEXRIMSなどの台湾系メーカーの完組ホイール、CRCなどの大手海外ストアのオリジナルブランドホイールが参戦します。

 

くわえて、日本語対応の海外自転車通販ストアやネット通販の在庫が爆発的に増えました。たいていのホイールを1クリックでカートインできます。カートに入れるのはタダだしね!

 

フリーに注意

 

ホイール購入の注意点がオプションです。カラーは分かりますが、”Campagnolo”とか”Shimano/SRAM”とかの項目には初心者は?てなります。

 

この項目はフリーボディ=ホイールのギアの台座の形状のオプションのことです。これが各社でことなります。

 

オンロードバイクの業界標準はシマノ/SRAM互換のHGフリーボディです。

 

SRAM/シマノフリーボディ

 

スプロケットのソケットはこれに準じます。

 

SUNRACEスプロケばらし

 

「このホイール、えらく割安だなあ? なんで?・・・あ~、フリーがCampagnolo用じゃね~か! ちぇー!」

 

これは海外通販あるあるです、ははは。

 

どとうのDB、チューブレス

 

2015年以降、ロードバイクにディスクブレーキとチューブレスの波がきます。定番ホイールにぞくぞく対応モデルが加わります。

 

DBがディスクブレーキ、USTがマビックのチューブレス、2Way-Fitがカンパとフルクラムのチューブレスです。

 

これから一台目のスポーツバイクを買うなら、油圧DBのチューブレスにしましょう。スポーツバイクのリムブレーキとクリンチャーはカウントダウンに入りました。

 

3万円のおすすめホイール

 

ホイールの実売の区分はだいたい3万、5万、10万てところです。基本的に商品のコスパは価格の上昇ごとに悪くなります。5万前後がおいしいところです。

 

が、3万以下のホイールはわりにあなどれません。てか、ミドルグレードの完成車のホイールがここにすら及ばない。

 

Fulcram Racing 5

 

エントリーホイールのおすすめNo1はフルクラムレーシング5です。

 


Fulcrum Racing (レーシング) 5 LG ロードホイールセット 2018

定価 34300円
割引 26%
特価 25277円

※2018/07/11 17:49:08のの価格

 

レーシングナンバーシリーズは7、6、5、4、3、0とあって、これは下から3番目のエントリーホイールです。

 

このLGのリムの内幅は17mmで、トレンディーな25Cタイヤにベストマッチします。気軽に楽ちんに走れるイマドキのロードホイールです。

 

  • 国内希望小売:39800円
  • 重さ:1658g
  • リム幅:C17
  • リムハイト:フロント24.5mm リア27.5mm
  • 推奨タイヤ幅:25-50mm

 

2018モデルから推奨タイヤ幅が25-50mmまで広がりました。フレームのクリアランスが許せば、オールロードやアーバンのタイヤの装着が可能です。世界的なオールロードブームの余波でしょう。

 

Campagnolo Scirocco

 

Campagnoloの3万のおすすめホイールはSciroccoです。このつづりでシロッコて読みます。木星帰りのニュータイプをほうふつさせますが、名前の由来はイタリアの季節風です。

 


Campagnolo Scirocco C17 Road Wheelset 2018

定価 43300円
割引 26%
特価 31971円

※2018/07/11 18:06:52のの価格

 

このカンパのシロッコは前段でちょっと触れたアルミ製のディープリムホイールです。プロファイルは35mmで、セミディープになります。

 

2018モデルがえらく軽くなって、5万のRacing 3やZONDAをおびやかします。個人的におすすめです。

 

  • 国内希望小売:49500円
  • 重さ:1654g
  • リム幅:C17
  • リムハイト:35mm
  • 推奨タイヤ幅:25-50mm

 

ちなみにフルクラムの同グレードのアルミのセミディープホイールはRacing Quattro、レーシング・クアトロです。シロッコとクアトロ・・・うーん、ガンダム。

 

カンパとフルクラムの国内代理店は大阪堺市のカワシマサプライです。ここのオフィシャルの商品ページの表記ではカンパの推奨タイヤ幅も25-50mmです。

 

サヨナラのアルテグラ

 

2017年までシマノアルテグラホイールてゆう3万のアルミホイールがありました。1640gの軽さ、チューブレス互換、安全安心シマノ製でたいへんな人気を誇りました。

 

しかし、これがコンポーネントのアップデートにともなうホイールの再編で”Ultegra”ロゴを失って、グレード外のRSシリーズに降格しました。後継は無味乾燥な”WH-RS500″です。

 

シマノ WH-RS500 前後セット チューブレス・クリンチャー対応 アルミホイール EWHRS500FRL
  • シマノ(SHIMANO)
  • 価格   ¥ 34,000
  • 販売者 ペプトランドジャパン((木曜定休日))全てアマゾン発送で休まず毎日発送
購入はこちら

 

実売↑ 見た目↓ ブランド↓で平凡なホイールになりはてました。

 

  • 国内希望小売:48918円
  • 重さ:1649g
  • リム幅:C15
  • リムハイト:24mm
  • 推奨タイヤ幅:23-28mm

 

いまや懐かしいC15リムです。

 

5万円のおすすめホイール

 

5万円は激戦区です。アルミホイールのホットゾーンです。有力候補がひしめき合います。価格と性能のバランスが高得点です。大半の自転車乗りに現実的な一本目です。

 

Campagnolo ZONDA

 

名実共に人気No1のホイールがCampagnolo Zondaです。ロードバイクホイール界のベストヒットのロングセラーです。

 


Campagnolo Zonda (ゾンダ) C17 ロードクリンチャーホイールセット

定価 69541円
割引 22%
特価 54173円

※2018/07/11 18:12:04のの価格

 

リアホイールの特徴的な3本セットのレイアウトがアイコンシンボルの”MEGA G3″です。この見た目とハブの爆音で出自が知れます。

 

在庫や時期や販促で実売価格は夏野菜のようにころころ変化しますが、4万前後がだとうなプライスです。

 

  • 国内希望小売:69500円
  • 重さ:1596g
  • リム幅:C17
  • リムハイト:24-27/27-30 mm
  • 推奨タイヤ幅:25-50mm

 

Fulcram Racing 3

 

Zondaの永遠のライバルがフルクラムのRacing 3です。

 

  • 国内希望小売:84000円
  • 重さ:1560g
  • リム幅:C17
  • リムハイト:27/30mm
  • 推奨タイヤ幅:25-50mm

 


Fulcrum Racing 3 C17 Clincher Wheelset 2018

定価 83410円
割引 37%
特価 52790円

※2018/07/11 18:18:20のの価格

 

はい、双子の姉妹のようにそっくりです。スポークの本数、3本セットのレイアウト、前輪・・・前輪の見分けはまじで付きません、ははは。

 

カンパとフルクラムの大きなちがいはリアホイールのスポークの張り方です。

 

カンパG3 フルクラム2to1 リアホイールのスポークレイアウトの違い

 

スポークの数はともに21本です。ドライブ側に14本、反ドライブ7本。が、スポークの間隔があきらかにちがいます。カンパのG3は局所的、フルクラムの2to1は均等的です。

 

傘の骨を思い浮かべましょうか。骨の数が均一で多ければ、傘布の張りがしっかりします。逆に骨がすかすかであれば、張りはゆるくなります。

 

てことで、カンパのMEGA G3のリムはフルクラムの2to1より柔らかくなります。あいだのところのテンションがソフトです。

 

カンパニョーロ=マイルドほんわか、フルクラム=しゃきしゃきかっちり、てよく表現されます。天然系のカンパ姉さん、勝気なフルクラ妹さんです。一般人にはぜいたくな相方です、ははは。

 

マビックは?

 

ここまでマビックの商品が登場しません。これはぼくの好みや嫌がらせでなく、上記の独自の販売方式のためです。

 

マビックの市販ホイールにはバンドルのタイヤの代金が加わりますから、実売価格はライバル3社より割高になります。+1万ですね。

 

おまけにWiggleとCRCてゆう海外自転車通販最大手ショップが日本向けのマビック製品の出荷を規制します、ホイールからウェアまで。

 

10万円以下のおすすめホイール

 

10万以下のホイールはアルミホイールの最高級クラスとカーボンホイールのエントリークラスの価格帯です。やはり、二強はカンパとフルクラムです。

 

CAMPAGNOLO SHAMAL ULTRA

 

アルミ界の女帝がカンパニョーロのシャマルです。

 


Campagnolo Shamal Ultra (シャマルウルトラ) C17 2-Way Fit ホイールセット 2018

定価 148799円
割引 34%
特価 98233円

※2018/07/11 18:57:57のの価格

 

ZONDAよりかわいい天然系のカンパ姉さんです。庶民のぜいたくの限界値がここです。10万以上のホイールは他人の理解を得られません。

 

  • 国内希望小売:160000円
  • 重さ:CL 1448g 2way 1496g
  • リム幅:C17
  • リムハイト:24/27mm at the front – 27/30mm at the rear
  • 推奨タイヤ幅:25-50mm

 

Fulcram Racing ZERO

 

ライバルはレーシングゼロです。

 


Fulcrum Racing Zero Black クリンチャーロードホイールセット 2018

定価 119999円
割引 18%
特価 98824円

※2018/07/11 19:03:57のの価格

 

Racing 3より美人な勝気のフルクラ妹さんです。このようにホイールのヒエラルキーはじつにはっきりします。

 

  • 国内希望小売:137000円
  • 重さ:1518g
  • リム幅:C17
  • リムハイト:27/30mm
  • 推奨タイヤ幅:25-50mm

 

これでまんぞくできないなら、女神級のカーボンホイールへアプローチをかけましょう。まあ、おのれの足を鍛えるのがさきですけど。

 

Fulcram Racing ZERO NITE

 

アルミの最高峰ホイールには特別版があります。シャマルミレとレーゼロナイトです。ノーマル版のブレーキフェイスは銀色ですが、こいつのそれはまっくろです。

 


Fulcrum Racing Zero Nite クリンチャーロードホイールセット

定価 157500円
割引 32%
特価 107674円

※2018/07/11 23:55:32のの価格

 

ぱっと見の印象がモノトーンのカーボンホイールに見えます。いかつさ、かっこよさが段違いです。じみにノーマル版よりちょい軽です。

 

DBホイールの台頭とカーボンフレームの普及で銀色ポリッシュのリムフェイスがややレトロ調のなつかしバイクに差し掛かります。

 

+1万でかっこよくスタイリッシュにできるなら、留飲を下げられましょう。黒モノトーンは裏切らない。

 

  • 国内希望小売:166000円
  • 重さ:1506g
  • リム幅:C17
  • リムハイト:27/30mm
  • 推奨タイヤ幅:25-50mm

 

これらのおすすめホイール+ハイエンドタイヤで完成車付属の足回りから一気にパワーアップできます。