自転車のパンクの種類 8割はチューブの空気不足=乗り手のたいまん


自転車の足回りはノリモノのなかでは例外的なチューブドシステムです。インナーチューブでタイヤをふくらませます。タイヤには気密性がありません。

 

TIOGA ULチューブ

TIOGA ULチューブ

 

オフロード用のマウンテンバイクやグラベル、アドベンチャーバイクのタイヤは自動車やオートバイとおなじチューブレスorチューブレスレディです。タイヤ自体が気密性を持ちます。

 

そのほかのクロスバイク、ロードバイク、ママチャリ、シティサイクルの足元はタイヤ+チューブの旧来の方式です。

 

実用車の一部がノーパンクタイヤを採用します。が、これはパンクをこそ起こしませんが、ふつうに摩耗して、劣化します。今のところ、明白な利点はありません。

 

 

美人薄命、ゴム短命

 

チューブドシステムの最多のトラブルがパンクです。インナーチューブは薄手のゴム製です。手応えはちょっと丈夫なゴム風船です。

 

せんさいな軽量タイプのものはちょっとやそっとでパンクします。取り扱いは神経質です。ざつに扱うと、多種多彩なパンクのフルコースを体験できます。

 

また、1万円の安物チャリの安物チューブはぽんこつです。おなじくちょっとやそっとでパンクします。乗り手の無関心が拍車をかけます。

 

そして、チューブの原料のゴム自体が高耐久の素材ではありません。経年で劣化します。水分、乾燥、日光が苦手です。しなやかさとつややかさのピークは1-2年です。美人薄命、ゴム短命です。

 

パンクの種類

 

ぺろぺろの薄手のゴム製品がノーメンテで長く性能を保ちえないのは常識的にあきらかです。しかし、熱心なチャリダー以外は取扱いに特段の注意を払いません。

 

初歩のイージーな空気入れさえが半年に一度、一年に一回です。歯磨きを1か月に1回しかしないで、虫歯を予防できましょうか? むりです。

 

かくゆうぼくもスポーツバイクに触れる以前にはまともにお手入れをしません。タイヤとチューブの存在にすら思いを寄せない。

 

ブリジストンアルベルトをチャリ通で使って、五年目の冬にタイヤを完全に使い切っちゃいましたし。最終的にすり減ったタイヤが真ん中から縦にぺろっと二つに割れました。

 

歯医者に行くのは虫歯になってからです。チャリ屋に行くのはパンクしてからです。ふだんのお手入れ、予防、ケアはおろそかです。それがふつうの人のふつうの意識です。

 

摩耗パンク

 

自転車のチューブは内圧でタイヤにぴったりと張り付きます。しかし、多少のすきまは生じます。その部分がずれると、摩耗が起こります。これは靴擦れに通じます。

 

で、空気圧が下がると、余計なすきまが増えて、ずれの機会が多くなります。あげくにチューブがあちこちですり減って、パンクが発生します。

 

摩耗パンクの目印はゴムのカスです。消しゴムのカスみたいな粒々のゴムがわさわさ出て来ます。家のママチャリのタイヤを開けると、だいたいこれを拝めます。

 

ママチャリのSAKURAのタイヤ 空気圧

ママチャリのSAKURAのタイヤ 空気圧

 

「月一で空気を入れなさい! 空気を! あなたの自転車でしょうが!」

 

て、口をとがらせましょう。効果は期待薄ですけど、うえーん。

 

スネークバイト

 

スネークバイトは厨二風のスタイリッシュな技名のように聞こえますが、パンクの一種です。別名は『リム打ちパンク』です。

 

リム打ちスネークバイト

リム打ちスネークバイト

 

段差や障害物でタイヤが局所的にへこんで、ホイールのリムに底打ちします。その際、緩衝材のチューブが板挟みに噛みこまれて、ざくって裂けます。

 

このゴムの裂け目が蛇の噛み跡のようなハの字型の傷になります。で、スネークバイトです。

 

ママチャリや軽快車はそんなに速度を出しませんが、おおらかなクロスバイクやロードバイクはえらい速度で歩道の段差を爆走します。はてに毒蛇の餌食になります。

 

これの原因もおうおうに空気圧の不足です。オンロード用のきゃしゃなタイヤとへこへこのチューブで段差に突撃すれば、パンクの一つや二つを禁じえません。

 

度が過ぎると、リムがダメージを受けます。段差に気づかなくて、フロントを上げ忘れるor速度を落とし損ねて、「ボカーン!」てやっちゃうとか。

 

ピンホールパンク

 

ピンホールパンク、穿孔パンクは一般イメージのパンクです。なにかがタイヤとチューブに刺さって、小さな穴があいて、空気がぷしゅーて漏れます。

 

しかし、このパンクは上記二つの例よりマイナーなトラブルです。パンクの全体の10%前後です。摩耗パンクとリム打ちパンクの二強が大半を占めます。空気入れを忘れないで!

 

舗装路にはたくさんのノイズやダストが点在します。きれいなさらピカの道路もサーキットではありません。三日でゴミが散らばり始めます。

 

 

プラスチック片

プラスチック片

 

これはなにかのプラスチック片です。まあ、みごとなカニ爪です。コンチネンタルの街乗り用の高パンクタイヤをぶちぬいて、チューブに穴を開けてくれました。

 

オンロードでは鉄片、ガラス片、ワイヤー片、ホッチキスの芯、画鋲、釘、ネジ、釣り針などなどがピンホールの常習犯です。とくに工場地帯の周辺にたむろします。

 

オフロードでは木の枝、砕石、磯辺のウニ、山間の栗、砂漠のサボテンとかです・・・いや、ウニと栗はシャレですが、サボテンパンクは海外の乾燥地帯ではあるあるみたいです。

 

日本の山間では自生の栗はそんなに見かけません。松、杉、ナラ、ブナ、ヒノキ、竹、笹がメインです。松の葉はトゲトゲですけど、栗の殻やサボテンの針ほどに強靭じゃありません。

 

逆に海外で珍しい人口砕石が国内の林道ではよく使われます。これはタイヤにはそんなによろしくありません。自然砕石よりエッジがシャープですから。

 

グッドグラベル

グッドグラベル

 

小さなピンホールは目に留まりません。ゴム地の黒さの中に傷がまぎれてしまいます。たよりは空気漏れの音とバケツ&水です。

 

町の自転車風に洗面器でパンクさがし

町の自転車風に洗面器でパンクさがし

 

で、パンクを直して、タイヤをチェックする。ピンホール系の主犯は上記のような異物です。これは自然に抜けず、しばしばタイヤに残留します。

 

チェックを忘れて走り出すと、早晩に二度目のパンクに見舞われます。ぼくの友達がサイクリングの行きと帰りでやりました。ご愁傷さまです。

 

サイドカット

 

サイドカットは文字通りのタイヤやチューブの側面の切れ目です。ライン上の傷が連続的に入ります。

 

パッチ

パッチ

 

こちらはオフロードの定番トラブルです。主犯は木の枝、木の根、岩肌、落石です。タイヤがこれに引っ掛かって、パックリ裂けます。

 

うらはらに舗装路ではこのサイドカットはレアケースになります。容疑者が路肩の街路樹やガレージの柵のほつれた金網くらいしかいません。

 

そして、あまりにすっぱりきれいなサイドカットは多分にヤンチャないたずらです。カッターでさくっと、千枚通しでぶすっと。マンションや団地の駐輪場で多発します。

 

ドロップハンドルの自転車はその特徴からすぐにイタズラの標的になります。外置きには注意しましょう。

 

バーストパンク

 

チューブはたまになんらかの要因で「バーン!」と破裂します。これがバーストパンクです。傷跡はこんなふうに炸裂します。

 

バーストパンク

バーストパンク

 

要因は熱膨張とか噛み込みとか走行中の脱輪とかです。ちなみにこのバーストパンクは脱輪のたまものです。タイヤが外れて、チューブがでろんとはみ出ました。

 

自転車のインナーチューブはタイヤの中では高圧に耐えて形を維持しますが、むき出しでは風船みたいに際限なくふくらみます。

 

で、これが脱輪で部分的に露出すると、その部分に負荷がかかって、乗り手の体重が加わると、ゴムが風船みたいに弾けます。

 

たまにチューブドに浮気すると、ピンポイントでこんな目に遭うよ! チューブレスのジェラシーですか?! ぱぴー!

 

そして、例のごとく修理セットでしゅくしゅくと直します。もうパンクネタだけで10記事くらいができてしまいました。一人前のパンクマスターです、ははは。

 

パンク修繕パッチとSTANS リムテープ

 

FacebookでシェアはてなブックマークgoogleプラスWelcome Your Share