グリップとバーエンドキャップ交換 元祖ロックオングリップODI ROGUE


自転車とライダーがじかにコンタクトする部分は3つです。サドル、ペダル、そして、ハンドルのグリップです。

 

シリコングリップ

 

究極、この三つの端末のフィーリングが自転車の乗り心地になります。ここがカイテキであれば、ライドがカイテキです。

 

逆にささいなストレスがしんこくなトラブルへの第一歩です。サイクリングは長期戦です。小ダメージがひそかに蓄積して、なにかの折に一気に顕在化します。股ずれ、ひざ痛、手のしびれ…

 

で、今回の主役は端末パーツの代表者、ぐりぐりグリップです。これは三種の神器のなかではもっともハードユースされます。手汗、手脂、手汁で寿命が縮まる。交換の目安は1年です。

 

屋外駐輪のグリップは半年でべたべたしはじめます。ゴム、シリコン、ウレタン、いずれが極度の湿気や乾燥に強くありません。

 

べたべたグリップ

 

あと、強烈な手汁の持ち主のグリップやバーテープは非常に短命です。まれに酸みたいなエキスを手から発散する人がいます。人体の神秘。

 


グリップ交換

 

先日まで愛機のMTBのグリップはこんなでした。

 

ハンドル切れる?

 

SRAMの純正ロックオングリップです。左側はノーマルバージョンですが、右側がグリップシフト用のショートバージョンです。

 

この短い版はSRAMのグリップシフトとニコイチです。

 

めっちゃ使いやすいSRAM グリップシフト

 

で、先日のカスタムで変速機を12速化しまして、シフターを標準的なトリガータイプへチェンジしました。

 

で、グリップを付け替えようと思いますが、手持ちの道具箱にはめぼしいものを見つけられません。緊急措置でこうします。

 

ちぐはグリップ

 

はい、見た目がアウトです。そして、経年劣化でゴムの摩耗がじわじわ進行します。掌底の部分にカスがへばりつく。

 

さらに左右のバーエンドキャップがひさしくN/Aです。どこに行った?

 

行方不明のバーエンドキャップ

 

この小さなふたは安全と美観には重要な小物です。また、バーテープの仕上げには必須です。ノーキャップハンドルを未舗装路で横倒しにすると、じみに土砂の侵入をくらう。

 

2018年5月武庫川の河原

 

で、買おう買おうと思いつつも、機会を逃してしまいます。クールなグリップとキャップがなかなか出てこない。

 

で、数か月、ようやく重い指をマウスに乗せて、ニューグリップとニューキャップをカートインできました。

 

元祖ロックオングリップODI

 

はい、ものです。

 

ODI ROGUEロックオングリップ

 

ODIのロックオングリップです。MADE IN USAです。待望のバーエンドキャップがバンドルします。

 

ぼくはゴム、ウレタン、シリコン、EVA、ERGONといろいろグリップを使いますが、最終的にこうゆうハードタイプのロックオングリップに落ち着きます。

 

ソフトグリップはわりにクセモノです。取り付け、取り外しがたいへんです。せっけん水でもれなくびしゃびしゃになります。

 

なにはなくとも石鹸水

 

で、このロックオングリップのシステムはODI発のアイデアです。まさに元祖ロックオングリップです。おまけにアメリカ製です。USA! USA! USA!

 

ぱぱっと取り付けます。

 

MTBハンドルらしくなった

 

位置と外観のアンバランスが解消されました。

 

グリップの近影です。

 

ODIのグリップ いい感じ

 

SRAMの純正より表面のブロックパターンがメリハリします。コンパウンドの弾性は非常に好感触です。元祖の看板はだてじゃありません。なじむ 実に! なじむぞ フハハハハハ

 

て、グリップのパターンがザ・ワールドの顔に見えてきました。

 

THE WORLD

 

りりしい輪郭は第三部版のThe Worldさんですね。早く第七部のスティールボールランがアニメ化せんかな・・・

 

キャップ復活

 

付属のエンドキャップです。

 

エンドキャップ

 

白黒のシンプルなデザインがいまのチャリのテーマカラーとよくマッチします。単品のバーエンドキャップは割高になっちゃいますしねー。

 

お値段はそこそこ張りますが、グリップのフィーリングはベリーGOOOODです。強く握りこめば、ぐりっとしたコシをしっかり感じられます。ウレタン、シリコン系にはこのコシがない。