自転車インプレ文学は散文詩だ! 文体、用例、トレンドワードなど


パスカルは云いました。

 

「人間は考える葦である」

 

では、このB4Cはこう申しましょう。

 

「インプレは散文詩である」

 

 

インプレについてのインプレ

 

インプレ・・・これはImpression、インプレッションの略称です。直訳は『印象』。広義には『ふんいき』や『使用感』や『フィーリング』を含みます。

 

リフレッシュホイール

リフレッシュホイール

 

インプレ、レビューの隆盛はネット、ブログ、SNS、通販の隆盛とかさなります。最大手のamazonは通販サイトでありながら、インプレ・レビューコンテンツの性質を多分に持ちます。

 

現代ではレビューなしのプレーンな商品は売れませんし、星なしの飲食店はガラガラのかんこどりです。これに臨むヨワモノは『情弱』とさげすまれ、ツワモノは『人柱』とたたえられます。

 

インプレ=散文詩

 

で、あまたのパーツやアクセサリやウェアやアプリやサプリがもりもりにあふれかえる自転車界ではインプレやレビューが大人気です。釣り、登山、ゴルフみたいなジャンルも同様です。

 

が、これらをまるまるうのみにするのは危険です。インプレはばくぜんとしたそれっぽい印象です。本質があいまいです。文学的。

 

市井の個人のインプレには主観と好みが入りこみますし、専門家や業界人のそれにはビジネスやマネーがからみます。

 

専門誌、大手、批評家のインプレやレビューがあてにならないことは公然の事実です。ゲーム世代の頭にぱっと思い浮かぶのは『ファミ通クロスレビュー』です。なんでこんなクソゲーがこんな高得点だあ?!

 

自転車インプレはチャリ愛好家の年齢層に合わせて、より『それっぽく』なります。あげくに『インプレ文学』と内外からヤユされます。『Fateは文学!』と同レベです、ははは。

 

しかし、インプレの実態はおかたい『文学』よりまんぜんとした散文詩のようなものです。ニュアンスと修辞技法と自転車専門用語から成る韻を踏まないやや厨二ぽい自由なポエム&メルヘンです。

 

つまり、正確性や信ぴょう性はかんじんではありません。自由なポエムはなんでもありです。それっぽいインテリジェンスぽいアトモスフィアがだいじです。

 

自転車インプレ文学の文体

 

そんな自転車インプレ、インプレ文学には真に文学的なエッセンスはありませんが、読み物的な価値があり、需要があります。立派なコンテンツです。

 

で、文学には文体や傾向や主義があります。

 

このテキトーなぼくのブログにさえ『B4C的文体』てものがあります。一人称は基本的に『ぼく』で、文末はノーマル丁寧語の『ですます系』です。で、顔文字、絵文字を使わない。

 

この文体や傾向がばらばらだと、ヴィジョンがぼやけます。読み手が書き手をイメージできない。これはインプレ文学にはじつに不利益です。ファンが増えません。

 

王道アカデミック

 

インプレ文学の王道はメーカーオフィシャル、大手メディア系、ベテランの自転車評論家や業界人の文体です。チャリインプレ文学のアカデミック派、古典派、世界文学全集派てとこです。

 

これらの大手老舗系のインプレやレビューの文章はスマートでキレーでアカデミックです。ばくぜんとしたそれっぽいふんいきの文章を成型加工するテンプレート技術があります。

 

凡例です。

 

「シルクのような乗り心地」

「ブラッシュアップ」

「しなやかな」

「ウィップ感」

 

ばくぜんとした上質感ワードがならびます。セミ厨二風のレトリック。「シルクのような~」はほかのジャンルでよく見かけます。もはや、季語、まくらことばです。

 

実際、自転車のチューブラータイヤの芯材に絹を使うモデルはあります。一般的にはコットンです。が、「コットンのような乗り心地~」は季語ではない。ノット・プレミアム!

 

が、自転車タイヤの基本テイストはザ・ブチルゴム味です。シルクもコットンもゴムフレーバーの前にはかききえます。てか、シルクに乗る?!

 

そして、絶対究極ウルトラ万能ワードが『数十パーセントアップ!』です。比較対象は旧モデルや下位モデルです。主語は『エアロダイナミクス』や『振動吸収』や『変速のなめらかさ』や『剛性』です。

 

もちろん、この『数十パーセントアップ!』は当社比です。数値的な意味はありません。文学的表現ないしキャッチコピーです。IMEの辞書に登録済みでしょう、ははは。

 

そして、チャリダーの全般は無条件に『しなやか』てワードを非常に好みます。神さま、仏さま、しなやかさまです。この単語がタブーになれば、王道系のインプレ文学は絶滅の危機に瀕します。

 

しなやかなフレーム

しなやかなホイール

しなやかなタイヤ

しなやかな筋肉

しなやかな精神

しなやかな文体

 

イッツ・万能フレーズ!

 

「旧モデルから各部を着実にブラッシュアップして、BB周りの剛性を数十パーセントアップしながら、しなやかなフレーム設計でシルクのような乗り心地を実現する」

 

これがポエムでなければ、なにがポエムでしょう? 王道のアカデミックなそれっぽい散文詩です。

 

リーマン業務報告系

 

現在の日本の自転車トレンドはロードレーサーです。で、メインユーザーは20-50代のサラリーマンです。年齢層は高めです。

 

で、自然とこれらの人々の個人ブログやSNSのアカウントが多くなります。が、いかんせん、文章作成の基礎が業務報告や日誌ですから、インプレレビューも業務報告風になります。金太郎あめ。

 

結局のところ、文体やセンスがサラリーマン川柳です。やぼったさがひしひしです。王道派のようなプレミアムさはない。似たような環境の人の共感しか得られません。

 

内容はだいたい以下の通りです。

 

「どこそこへ行きました」

「なになにを買いました」

「平日にローラーを回しました」

「休みがありません」

「仕事が忙しすぎて~」

「嫁さんのおゆるしが出ず~」

「お小遣いが~」

 

ある意味、一種のエレジー、挽歌です。哀愁がただよいます。高年層、退職層ではここに「親の介護が~」とか「病気が~」とかが加わります。せつなさに胸がふたがります。

 

俗悪口語体感傷型

 

王道派のこまっしゃくれたアカデミックさは人を選びます。「おれはあの高尚なふんいき、気取った空気、すかしたスマートさに馴染めないぜ! HEYHEY!」て人は少なくない。

 

で、アンチテーゼ、カウンターカルチャー的に俗悪なあらっぽい文体をあえて使う人たちがいます。気持ち悪さ、オタクぽさをあえてPRする露悪趣味もここに入ります。

 

「このホイールはゴミ!」

「あの店はクソ!」

「神モデル、キタコレ!」

「クソはえー!」

「〇ね!」

「ルック車wwww」

 

表現が直接的で誇大的で口語的です。で、『クソ』と『神』がやたらと頻発します。そして、『クソ』にPROSとCONSの両方の意味を持たせるのはゆとり世代以降の傾向です。

 

こうゆう書き手の正体は内気な小心者です。社会ではえてして『大人しいじみな人』です。弱い犬ほどよく吠える・・・いや、『あまり強い言葉を遣うなよ。弱く見えるぞ』ですか。

 

この系統のカキモノはしばしばおのれの誇張気味の文体にのまれて、感情の吐露に終始し、しばしば荒れはて、過度にアンチアンチし、ある日に自己嫌悪でふと幕を下ろします。

 

あと、レビューや寄稿の依頼は絶対に来ません、ははは。

 

識者事情通日和見主義

 

SNS系媒体でよくみられるのが識者、事情通、元自転車業界人をにおわせる洗練された日和見主義的な文体ないし書き手です。

 

このような人はブログみたいに表立った活動をしませんが、ややひねくれたくろうとぽい色眼鏡とイシキタカイ系のコメントで賛同者や信者をちゃくちゃくと増やします。

 

が、いかんせん、発言が能動的でリアクション型でよくもわるくも洗練されたものですから、あらけずりな魅力や愛嬌、いきいきとした精彩を欠きます。

 

揚げ足を取られないことがインテリジェンスだと無邪気に信じる人はえてしてこのようなドライな諦観的文体にとらわれます。精彩のなさは致命的です。

 

ネットメディア個人発信系

 

なにがしかのネットメディア、SNSのたぐいの業界人、経験者、関係者は一定の情報発信のノウハウを持ちます。サラリーマン系のブログにはない洒脱さがある。文章、写真があかぬけます。

 

また、メディア系と自転車の親和性がフレンドリーです。ちまたで人気の自転車ブログの上位はこの系統の人々です。そして、顔出しOKだ。コラボがはかどります。

 

文体はセミオフィシャル、マイルドアカデミックてとこです。疑問や不満を呈しこそすれ、悪しざまにはいわないし、悪態をつかない。ぼくはアタリサワリナイ系て表します。

 

個人がいちからチャリブログやインプレ文学を始めて、人気ものをめざすなら、メディア個人系を参考にしましょう。王道はビジネスライクの狭き門、リーマン系の日誌は需要なし、俗悪系は嫌われます。

 

FacebookでシェアはてなブックマークgoogleプラスWelcome Your Share

ブログ村自転車バナー