カーボンクランク Easton EC90 SLを購入 重量や互換性のチェック


新車のロードバイクのパーツがちゃくちゃくと集まります。レイノルズのカーボンチューブラーホイールと合体したSunrace RX1は今回の大物のおまけにすぎなかった。

 

本命はこちらです。

 

EASTON EC90 SL

EASTON EC90 SL

 

EASTONの武骨な黒い箱です。装飾がない。男気ロックンロールです。ヒントは表記の”EC90 SL”のみです。

 

ECの秘密

 

詳しい人はこの文字列から予測をできます。EC90はEastonのハイエンドカーボンパーツのグレードで、SLはSuper Lightの略です。

 

GIROの高級ビンディングシューズのカーボンソールはEaston製です。グレードでEC70、EC90とかの番号を振り分けられます。EC=Easton Carbonのイニシャルです。

 

EAはEaston Aluminumです。EA印のハンドルバーはおなじみです。

 

easton ea70

easton ea70ハンドル

 

Eastonはそもそもアルミチューブメーカーです。ヒット商品は金属バット、アーチェリーの矢のシャフト、そして、ハンドルバーやシートポストです。

 

クロモリからアルミフレームへの過渡期にはEastonが軽量、頑丈、安価なパイプを開発して、自転車メーカーを陰から支えました。まさに縁の下の力持ちです。

 

で、自転車部門のEaston Cyclingは数年前に北米のパーツ屋のRace Faceに買収されて、さらにサスメーカーのFOXの傘下へ加わります。

 

その後の詳細はさだかじゃありませんが、この3社の仲が今日まで健在であれば、FOX=RAC FACE=EASTONです。海外自転車ブランドの右往左往は珍しいことではありません。

 

この関係性があとで効きます。

 

カーボンクランク登場

 

さてさて、EC90の中身はなんでしょうか? ハンドル、ステム、ポストかな?

 

はい、クランクでした。

 

EASTON EC90 SLクランク

EASTON EC90 SLクランク

 

EC90印のカーボンクランクです。現行モデルです。日本での販売はおはつみたいです。EC90 Crankで画像検索すると、旧型の5本アームのものをおがめます。

 

EC90 SLクランクの概要はこんなです。

 

  • カーボンアーム
  • ロード用=86mm?
  • made in Taiwan
  • スチールシャフト
  • 30mm径
  • Qファクターは149mm
  • 左アームにアソビ調節のリング
  • 32500円のセール品
  • Cinchマウント

 

オフロード系の技術がふんだんに盛り込まれます。注目はスパイダーのマウント方式です。これがCinch、シンチです。

 

Cinchの外し方

Cinchの外し方

 

このCinchはRace Faceのオリジナルテクノロジーです。ごらんのようにスパイダーやチェーンリングをロックリングでじかに固定します。ダイレクトマウントです。

 

こちらは本家のRace FaceのCinchクランクです。

 

Raceface Altas Cinchクランク

Raceface Altas Cinchクランク

 

まったくおんなじです。スクエアBBのカップの取り外し工具で取り外しします。

 

このCinchシャフト用のパワーメーターもRacefaceとEastonからほぼ同時期にデビューしました。

 

さらにRacefaceにはNEXT SLて超軽量カーボンクランクのラインアップがあります。

 

 Race Face Next SL G4 クランク
Race Face Next SL G4 クランク

定価 66922円
割引 19%
特価 54388-56638円

※2018/04/14 02:07:57のchainreactioncycles.comの価格

 

そっくりです。てか、ロゴ違いの同等品にしか見えません。

 

きわめつけはドロッパーシートポストです。EastonのドロッパーはHeaven Dropperのみです。ドロッパー愛好家のなかではこいつはとみに有名です。

 

おもにはんざつなケーブルのインストール方法で。

 

EASTONドロッパーの奇怪なコネクト部分

EASTONドロッパーの奇怪なコネクト部分

 

上の奇怪なコネクト部分をシートポストの尻の穴にねじこみます。こんな独創的なメンドクサイ方式はまたとありません・・・Race face Turbine ドロッパーを除いて。

 

リモート部分の形状も完全に一致します。これは完全にロゴ違いの同等品です。

 

「で、それがなんだ?」

 

ごもっともです。でも、ぼくのなかのもやもやはすっきりしました。Raceface=Eastonです。

 

カーボンクランクの重量を計る

 

両社の横のつながりをがっちり把握して、このRacefaceないしEastonのカーボンクランクを計りに乗っけましょう。

 

カーボンクランク630g

カーボンクランク630g

 

630gです。これはシャフト、53ー39のダブルのリング、ボルト、スパイダー、ペダルワッシャー込みの重量です。

 

アームとシャフトのみの重量は380-390g前後になります。400gを切ります。フロントシングルのダイレクトマウントリングを使えば、約450gにセットアップできます。

 

上のRace Face Atlusのアームとシャフトが630gです。+リングで700gに達します。カーボンクランクの軽さがきわだちます。

 

シャフトは30mmの圧入BB用の大径、圧入BB用の幅広タイプです。SRAM GXPやShimano 24mmみたいなフニャフニャさはぜんぜんしません。がっちりどっしりです。

 

うれしいおまけが付いて来た!

 

クランクセットのおまけがCinchユーザーを歓喜させます。

 

8-16mm 六角アダプター

8-16mm 六角アダプター

 

Cinchのアームのロックリングの六角ソケットは16mmです。そんなにでかいアーレンキーは工具箱にありません。イレギュラーサイズです。

 

で、このナットみたいな工具は8-16mmの六角アダプターです。8mmアーレンをまんなかにさせば、Cinchの左アームの固定リングを取り外しできます。

 

ATLASクランクのセットにはこのアダプターがなかった。これで左アームを完全にシャフトからばらせます。うれしい誤算です。

 

互換性をチェック

 

しめに互換性を実際にチェックしましょう。RacefaceのCinch クランクの右アームを外して、EC90 SLのドライブ側をポン付けします。

 

RACFACEと完全コンパチ

RACFACEと完全コンパチ

 

かんたんです。ロードに飽きたら、こっちに換装できます。PF30系はじつにコンパチブルです。ほかにFSAのBB386、ROTOR、HOPEなどを使えます。

 

例外はピュアBB30とスペシャライズのOSBBです。シャフト径は合いますが、シャフト幅が足りません。これはフレームに準拠します。

 

最近のSRAM BB30用はOKぽいです。旧式のSRAMのBB30クランクはピュアBB30ですが、最近のSRAM BB30はBB30AやBB386向けに長くなりました。

 

ちなみにうちの新車(仮)はBBrightです。でも、Cerveloではありません。詳細はあとのお楽しみです。

 

ダブルの変速性能がいまいちであれば、1xシングル化がはかどります。ヒルクラ特化&ホビーロード号です。RacefaceのCinchリングはよりどりみどりですし。

 

・・・て、BB絡みのはなしはマニアックになりすぎますねえ。オタクぽさがひしひし漂いますねえ、おほほほ。

 

単純に4アームのクランクのなかではこのEC90のルックスはなかなか男前じゃありません? あ、いや、ほかのビジュアルがことごとくビミョーだ?

 

FacebookでシェアはてなブックマークgoogleプラスWelcome Your Share

ブログ村自転車バナー