自転車のケーブル&ワイヤー ブレーキ用とシフト用のちがいなど


自転車はアナログな乗り物です。昨今、おにぎり、無線機、電動モーターなどなどのハイテク機器がつぎつぎ登場しますが、基本的には筒、輪、紐の集合体です。

 

この紐=ケーブル、ワイヤー類の注目度は高くありません。でも、これらがないと、かんじんのメカやブレーキがハリボテになりさがります。

 

紐なしで機能をフルに発揮できる自転車はノンブレーキのトラックバイクやバイクポロ、アコースティックみたいな固定ギアの特殊機体ばかりです。

 

また、日本の道路交通法では軽車両のブレーキは公道走行に必須です。ママチャリ、ロード、折り畳み、MTB、いずれがブレーキなしでは走れません。

 

つまり、太い紐=ブレーキケーブル・ワイヤーは自転車の最小構成に含まれます。細い紐=シフターケーブルとワイヤーは車体によります。

 

この二つの紐の区別はチャリダー界では常識です。でも、おうおうに業界の常識は世間の非常識です。初心者、ライトユーザー、メカいじりしない派は???てなります。

 

以下では一般的なスポーツバイクのケーブルやワイヤーの種類や取り扱い方を特集します。

 

 

自転車のケーブル&ワイヤーの種類

 

て、のっけからひとつの淡い疑問がつきまといます。ケーブルとワイヤーです。このふたつのちがいはなんでしょう?

 

wikipediaの説明はこんなです。

 

  • ケーブル=ロープ、線、ワイヤー
  • ワイヤー=ケーブル、線、ロープ

 

はい、「『意味』の意味を調べなさい」級の不毛な内容です。狭義に絞れば、

 

  • ケーブル=保護膜付き
  • ワイヤー=むき出し

 

て出来ますか。このざっくり分類法がぼくのケーブルとワイヤーのイメージとかけ離れません。「USBケーブル」てゆうけど、「USBワイヤー」てゆわないし。

 

で、自転車のケーブルとワイヤーの使用率はほぼほぼイーブンです。同じ商品が『ブレーキケーブル』だとか、『ブレーキワイヤー』だとかします。

 

ちなみにケーブル・ワイヤー式のシステムは『機械式』や『メカニカル』て称されます。自転車業界用語ではまんま『紐』です。紐ヂュラ=機械式のシマノデュラエースコンポです。

 

アウターとインナー

 

さて、この自転車のワイヤーorケーブルはさらに二手に分かれます。アウターとインナーです。上記の分類法ではアウターがケーブル、インナーがワイヤーになります。

 

アウターはゴム膜付きの線です。

 

シフターアウター

アウターケーブル

 

インナーはむき出しの線です。

 

インナーワイヤー

インナーワイヤー

 

アウターにインナーを通して使います。アウターは動きません、インナーは動きます。この両者は一心同体です。片方ずつでは機能しません。

 

それぞれの役目

 

インナーの単体は細い金属線の束です。ふにゃふにゃです。自分の重みに耐えられない。これのみでメカやブレーキを引くのはむりです。ワイヤーがへにゃっと曲がってしまう。

 

他方のアウターは一定の形状と強度を保ちます。多少に折り曲がっても、直線を保とうとします。反りと張りがある。

 

つまり、アウターはインナーの変形防止と水先案内のガイド役で、インナーは純粋な伝導媒体です。水道と水の関係に相当します。

 

一見にブレーキケーブルやシフターケーブルはぐにゃぐにゃに見えますが、それ以上には大きく変形しません。

 

アウターがぐるっと包囲しますから、インナーの力の逃げどころは縦方向にしかありません。結果、やわい線が一律で動きます。つまり、疑似的なシャフトです。

 

油圧や水圧のシステムも基本的にはおなじ理屈です。液体で圧して動作させるか、金属線で引いて動作させるか、その差です。

 

アウターの曲げすぎは禁物

 

金属線のアウターとインナーは油圧システムみたいに完全な密閉ではありません。アウターの中心部の樹脂のライナーには少々のアソビがあります。

 

また、インナーの表面はライナーの内側と摩擦します。で、アウターの取り回しが極端にぐにゃると、インナーとライナーの抵触があちこちで起こって、動きがしぶくなります。

 

このためにレバー側、メカ側、ブレーキ側の入りのところのアウターの取り回しには余裕が必要です。

 

左レバー・フロントブレーキ 右レバー・リアブレーキ

左レバー・フロントブレーキ 右レバー・リアブレーキ

 

油圧はこの限りでありません。実際に上の左の黒いケーブルは油圧ディスクブレーキのアウターです。右の白いのはシフターのアウターです。

 

機械式システムのこの入りのところのカーブの具合は機器の動作にわりと影響します。たまに見直しましょう。

 

アウターのちがい

 

このようにアウターとインナーの機能はブレーキとシフターで共通します。しかし、この二つのパーツのワイヤー&ケーブルはそれぞれ別物です。

 

見た目の区別は初心者にはハードモードです。どっちがどっちでしょうか?

 

ブレーキとシフターのアウター

ブレーキとシフターのアウター

 

左がシフターアウター、右がブレーキアウターです。4mmと5mmです。ブレーキ用のがすこし太くなります。

 

直線と螺旋

 

表のゴムの皮をむきむきすると、歴然の差を目の当たりにできます。

 

複数直線のシフターと単線螺旋のブレーキ

複数直線のシフターと単線螺旋のブレーキ

 

左がシフターです。たくさんの細い直線のワイヤーが中空のライナーを囲みます。右がブレーキです。一本の太いワイヤーが螺旋状にライナーを囲みます。

 

じゃあ、わざわざゴムをむかなくとも、ケーブルの切り口から判断できます。シフターアウターの断面はひまわりみたいになります。

 

例外はニッセンケーブルなどです。日泉の一部のシフターアウターの鋼線はブレーキとおなじぐるぐる巻きです。

 

ちなみにこの写真のブレーキアウターはそのニッセンケーブル製です。貴重な国産、南大阪岸和田産の自転車ケーブルです。

 

このように鋼線の構造がぜんぜんちがいます。おかげでブレーキアウターとシフターアウターはノットコンパチブルです。

 

ただし、アウターには車種ごとの差はありません。ロードからMTB、ママチャリ、ミニベロまでアウターケーブルはおなじものです。

 

インナーのちがい

 

インナーの事情はアウターよりすこしふくざつです。車種、げんみつにはレバーで対応品が変わります。

 

テフロンインナー

テフロンインナー

 

1.2mmと1.6mm

 

ブレーキインナーとシフターインナーの差はアウターより明白です。ブレーキ用のがあきらかにぶっとくなります。

 

左シフター 右ブレーキ

左シフター 右ブレーキ

 

シフター用の太さが1.2mm、ブレーキ用が1.6mmです。いずれのワイヤーが複数の細い鉄線の撚り糸です。まんま細い鉄のロープです。

 

ざつに扱うと、こうゆう悲劇を引き起こします。まあ、これはジャンクですけど。

 

ジャンクインナーワイヤーで外し

ジャンクインナーワイヤーで外し

 

で、インナーワイヤーの拠り方は共通しますが、太さはぜんぜん別次元です。やはり、ブレーキインナーとシフターインナーの互換性は×です。

 

一応、むりくりごり押しすれば、シフターxブレーキのワイヤー&ケーブルのミックスちゃんぽんできちゃいます。ライナーは薄い樹脂ですから。

 

でも、本来の性能は出ません。

 

フラットレバー用とロードレバー用

 

インナーはさらに細分化します。ブレーキ用はロードとそれ以外の自転車に分かれます。仕様はブレーキレバーに準じます。

 

カンパニョーロポテンザ

カンパニョーロポテンザ

 

こうゆうドロップハンドル用のデュアルレバーのブレーキインナーの入口はこんなところにあります。

 

ロードバイクレバーのブレーキのタイコ受け

ロードバイクレバーのブレーキのタイコ受け

 

これがふつうの自転車レバーではこうなります。

 

ふつうの自転車レバーのタイコ受け

ふつうの自転車レバーのタイコ受け

 

ソケットの大きさと向きがちがいます。必然的にストッパー=ワイヤーヘッド=タイコの形状がかわります。イメージ図はこうです。

 

ブレーキインナーワイヤー

ブレーキインナーワイヤー

 

例のごとく互換性はありません。ノーマル用のタイコはロードレバーのカバーにつっかえます。

 

ロード用のタイコはノーマルレバーのソケットにはがばがばです。が、根元のところでギリひっかかります。引けなくもなくもなくもない。

 

しかし、ものがブレーキです。安定度がいのちです。すなおに対応品を使いましょう。

 

シマノ/スラムとカンパニョーロ

 

シフターインナーには仲間外れがいます。イタリアの総合自転車パーツブランドのカンパニョーロの製品です。

 

シマノ/スラム系のシフターインナーのタイコの大きさは4.4mmです。これが業界標準です。車種別の差はありません。

 

カンパはこれに反して、独自の3.9mmを採用します。ギャップは0.5mmです。レバーの樹脂のソケットにはシマノスラムのシフターインナーのタイコがすっぽり収まります。

 

シマノスラムのインナーを使った結果

シマノスラムのインナーを使った結果

 

ただし、アソビがまったくありません。入れるのはかんたんですが、外すのはたいへんです。事前にタイコをすこし削りましょう。

 

自転車ケーブルのおさらい

 

初歩的なうっかりのベスト1はシフター用とブレーキ用の発注ミスです。次点がロード用ブレーキワイヤーとノーマル用ブレーキワイヤーの取り違えですか。

 

アウターはそうそう痛みませんけど、インナーは一年でへたります。ぼくは末端をちゃんと処理しないから、半年ばかしでほつれまくりの憂き目に遭います。

 

ところで、オフロードの可変系パーツのリモートはシフターケーブルです。

 

THOMSONドロッパーのサドル側のワイヤー取り回し

THOMSONドロッパーのサドル側のワイヤー取り回し

 

ドロッパーポスト、サスペンション、フォークとかはそうです。シフターインナーの交換頻度がおのずと多くなります。

 

うらはらにブレーキは油圧ディスクブレーキです。最近のオールローディやMTB乗りには機械式のブレーキインナーワイヤーはすでにイレギュラーグッズです。

 

こんなふうに車種、レバー、メーカーで必要なアウターやインナーはことなります。ミスらないようにしましょう。

 

注目のケーブルワイヤーはニッセンケーブルのものです。

 

 

2015年ごろから、社長と奥さんらしき人がシクロジャンブルや京王閣の自転車フリマでじみちに手売りします。口コミでうわさが広がって、じわじわ取扱店が増えてきました。

 

このご時世に国産1000円は良心的です。半透明のクリアタイプのアウターもきれいでおすすめですよ。

 

FacebookでシェアはてなブックマークgoogleプラスWelcome Your Share