165mmクランクまとめ シマノ、SRAMからCNC系メーカーまで


クランク、広義の意味では二種類の回転軸を持つ機械装置のことです。狭義の意味では『自転車のくるくる回るやつ』です。ないし、釣具のルアーの一種だ。

 

自転車のクランクは超重要なパーツです。ドライブトレインの顔です。

 

SM-FC R7000予想図

 

ホイールとともに自転車の印象と性格を決めちゃいます。ホイールがズボンであれば、クランクは靴です。逆か? とにかく、ここの印象は強力です。

 

緑フィニッシュ

 

たいていの自転車の画像はこんなふうにフロントを右側にして、クランクを見せます。逆はイレギュラーです。

 

Garneau Gennix

 

クランクが分かりません。SNSやなんやで自転車を写メる機会は少なくありません。需要もありますし。自転車の機材を主役で撮るなら、もれなく右側をパシャりましょう。

 

いや、男は黙ってパースやで!

 

パースセキネ

 

 


クランクの長さの標準は170mm

 

クランクにはサイズがあります。計り方はクランクシャフトの中心軸-ペダルシャフトの中心軸です。

 

表記はだいたいクランクの裏側にあります。これは160mmです。

 

サイズ160mm

 

クランク的にはベリーショートです。クランク界の絶対標準値は昔から170mmです。各社の各モデルのS-Lサイズの完成車のクランクはほぼ170mmです。

 

しばしば小柄・女子向けサイズのXS以下は165mm、XL以上は175mmの展開があります。それ以上、それ以下はまれです。

 

 

で、標準の170mmてのはチャリメーカーが長年のフィードバックから得た世界平均のジャストサイズのようです。いちばんのボリュームゾーン、偏差値の平均です。

 

しかし、この平均値は海外のすらっと足長さんを含みます。東南アジア系の足の長さは世界平均より短めです。日本人は例に漏れません。胴長短足です。

 

 

股下の計測方法とクランクの推奨サイズはこんなです。

 

クランクサイズ

 

大腿骨の長さからの算出、身長からの算出もあります。

 

 

日本人女子の平均身長は158cm、平均股下は70cmです。じゃあ、155mmが適正です。市販のスポバイのクランクはぜんぜんマッチしなくなります。

 

このサイズの成人用クランクを出すのは一部のブランドだけです。東京サンエスのブランドDIXNAのラ・クランクが有名です。

 

 

競技系のクランクとはすこし離れます。コンフォート、ホビー向けです。

 

そして、一つ上の162.5mmのものも特殊系です。大手のクランクのサイズ展開は5mm刻みです。2.5mm刻みは競輪とかトラックバイクのクランクです。

 

で、ぼくの妥協点が165mmです。フラットペダルxスニーカーを履けば、すこしかさ上げできます。実質75cmの股下です。

 

そして、つま先に近めのポイントで漕ぐと、実質79cmまで水増しできます。実質、実質、すばらしき実質です!

 

 

165mmクランクまとめ

 

で、個人的な妥協の下限は165mmのクランクですが、数は多くありません。通販のセール品、ヤフーのオークション、いずれの場で稀少な品です。

 

自転車パーツ業界の盟主のシマノは165mmのクランクをずらっとします。ロード系、MTB系の各グレードに165mmのオプションがあります。

 

とくに拘らなければ、シマノをチョイスしましょう。しかし、あいにくとぼくはSRAM派です。チャリダー以前の刷り込みでシマノ=釣具の印象が抜けません。

 

 

さらにシマノのクランクは地味で均一的です。デザインもカラーも遊び心を欠きます。青木のリクルートスーツのようです。

 

 

イタリアのカンパニョーロは165mmのクランクをしません。市販のラインアップは170mmからです。たまーに165mmがヤフオクで出ます。

 

そして、カンパニョーロのデザインは昔みたいにクールじゃありません。なぜかデザインがシマノに近くなりました。4アームのごっついクランクです。カンパのシマノ化、シマナイズドですか。

 

で、アメリカのSRAMです。ここは大手3社のなかで新しい会社です。アメリカです。

 

2016年デビューのSRAM NXグレードには155mmのオプションがあります。ユースや女子への配慮はうれしいところです。

 

しかし、マイベストの160mmがありません。国内の販売員の展開は155、165、170、175mmです。なんでや!

 

そして、上位モデルのXX1やX01には165mmのサイズがなくなります。なんでや! アジアはMTBのマーケットじゃありませんか。ああ、そうですか・・・

 

 


Shimano Saint (セイント) M825 クランクセット

定価 33809円
割引 39%
特価 20775円

※2017/06/24 20:03:47のの価格

 

そうそう、SAINTとZEEだけはデザイン的に及第点です。

 

 

ぼくのお気にナンバーワンはRACEFACEです。

 


Race Face – Atlas Cinch クランクアーム

定価 25280円
割引 35% オフ
特価 16432円

※2017/06/24 19:51:07のの価格

 

色、形、デザインがドストレートです。クランクの機能的にはザ・山用です。貴重な貴重なグリーン系のカラーを毎回のように出します。

 

黒、銀、赤、青がレギュラーで、そのほかのカラーはがくっと減ります。イギリスの金属加工屋のHOPEのクランクもおなじスタイルです。

 


Hope Spiderless Crankset

定価 31605円
割引 21%
特価 25124円

※2017/06/24 19:55:22のの価格

 

165mmがあります。ぼくはこの二つで最後まで迷いまして、RACEFACEに決めました。決め手は色です。こっちの特殊カラーは紫です。

 

 

トラック、ピスト系のクランク

 

3社の定番以外のトラック系のクランクにも165mmがあります。カンパのピスタは古きよきイタリアのおもかげを残します。

 


Campagnolo Record Pista (レコードピスタ) チェーンセット

定価 32780円
割引 37%
特価 20515円

※2017/06/24 20:12:40のの価格

 

しかし、BBが特殊です。

 

SRAMのトラッククランクはOmniumです。

 

 

このジャンルはずっと5アームの形状です。で、BCD144です。薄歯のギア探しがたいへんだ。クロモリロードや高級ミニベロのバージョンアップにグッドです。

 

イタリアのスギノ的なポジションがMicheです。トラック系の機材を多く出します。これはスクエアBB用のPrimatoです。

 


Miche Primato Advanced Track Chainset

定価 16463-18227円
割引 36%
特価 11685円

※2017/06/24 20:17:11のの価格

 

スタンダードなBSA 68mmのスクエアテーパーBBに入ります。107mmが推奨サイズです。このビジュアルとデザインで1万ちょいはお値打ちです。

 

シルバーカラーもおしゃれです。アーバン系にも合いそう。リングボルトを差し色にすれば、さらにファッショナブルにできます。