自転車で稼ぐ! Uber Eats 配達パートナー募集中

チューブラータイヤのパンク対策 ツール缶に予備タイヤは必須

チューブラー、クリンチャー、そして、チューブレス、この三つがスポーツバイクのタイヤの御三家です。

それぞれに長所と短所があります。

  • チューブドクリンチャー=手軽、安価、ふつ転がり、中途半端
  • チューブレス=低圧、耐パンク、高転がり、ビード上げ
  • チューブラー=低転がり、かるい、めんどい、高価

数年前までチューブラーは「プロ仕様の高性能」というステータスを持ちましたが、最近の研究では「クリンチャーやチューブレスより転がらない」という悲劇に見舞われます。

クリンチャーは手軽ですが、全ての乗り物のタイヤの中で最強にパンクしまくります。とくに軽量チューブは夏場の水風船です。

チューブレスはMTBやオールロードではメジャーですが、ロードではマイナーです。

軽くて高くて面倒なチューブラー

チューブラーシステムの唯一の長所はリムの軽さです。

フロントホイールは615g
フロントホイールは615g

リムの構造がチューブドクリンチャーよりシンプルです。軽量で強靭だ。リムの単体の軽さはほかの追随を許しません。

チューブラーシステムのネックの一つはタイヤの値段の高さです。

Vittoriaやコンチネンタルのクリンチャーハイエンドは海外通販で4000-5000円、チューブレスは+1000円ですが、チューブラーは倍の8000-10000円です。

二つ目のネックが取り付けの手間です。

リムの軽さを最大限に活かすためにリムセメントでタイヤを貼り付けようとすると、数日の乾燥と寝かせを強いられます。

リムセメントをじわじわ剥がす
リムセメントをじわじわ剥がす

チューブラーの致命的な弱点

チューブラータイヤの最大の弱点はリカバリー、リペアのむずかしさです。チューブがタイヤのなかに密閉されます。

チューブラータイヤのチューブ
チューブラータイヤのチューブ

この構造のためにチューブの交換が物理的に不可です。パンク=タイヤ交換です。猛者は上のように引っ張り出して、穴をふさぎますが。

もちろん、そんなややこしい作業を出先ではやれません。最も多発するパンクが最も致命的なトラブルになります。

チューブラーのパンク対策

チューブラーのタイヤトラブルに有用な手立てと備品を見ていきましょう。ホビーライダーにはメカニックやサポートがいません。一定の機材知識は快適ライドには不可欠です。

シーラント

チューブレスのシーラントはもともとパンク防止剤です。これを30mlほど投入すれば、ピンホールからちょっとしたサイドカットまで補修できます。

チューブラータイヤのチューブの注ぎ口はひとつきりです。バルブです。

シーラント
シーラント

少量のシーラントを小口のプラスチック瓶につめて携帯すれば、常識的なパンクには対応できます。チューブよりコンパクトだ。定番のSTANSのやつがおすすめです。

あと、ラテックス系のシーラントは一定期間で乾きます。事前に入れるなら、半年で継ぎ足しましょう。ちゃぷちゃぷ音の有無が目安です。

とにかく、異物の投入は増量を招きます。おのずとチューブラーの唯一の特性の軽さはそこなわれます。

予備タイヤ

常識的なパンクにはシーラントで十分に対応できます。しかし、この世界、未知の土地、おそとでは常識外のことがしばしば降り注ぎます。

これは土手上のきれいな路面からの不意のグラベルです。これが2kmほどつづきました。

不意に現れるグラベルゾーン
不意に現れるグラベルゾーン

安心のチューブラー生活には予備タイヤが必要です。

応急処置にはテープ

出先のタイヤ交換ではセメントを使えません。乾きを待つのがむりゲーです。そして、どんなにうまくやっても、自宅メンテ級の完成度には至りません。

アウトドアでのリカバリー、リペアの目安は70-80%です。仕上がりのうまさより手間のかからなさ、修復のスピードが重要です。復旧に手間取るとモチベをキープできません。

もうその気になって、リムテープを調達しました。ミヤタのやつでなく、VELOXのやすいやつです。

VELOXチューブラーテープ
VELOXチューブラーテープ

質感はふつうの両面テープです。これが500円です。自転車の補修用品は圧倒的に割高です。

ツール缶

ぼくのロングライドはリュックサックスタイルです。予備タイヤやテープの持ち運びは重荷ではありません。

チューブとタイヤの比較
チューブとタイヤの比較

チューブラーはかさばりますけど、オフロードの太タイヤのかさにはぜんぜん及びません。2インチオーバーのタイヤはちょっとしたまくらです。

ぞくに「ムダヲソギオトシタシンプルナスタイル!(エモンダモード)」を重視する人はボディバッグを忌み嫌います。ツール缶の方がバッグよりコンパクトだ。

自転車パーツの通販大手のワールドサイクルのR250のツールボックスがよさげです。ツール缶風のファスナー式のケースです。

お得な海外通販デビューには英国のWiggle

Wiggleは世界最大級のアウトドア・スポーツ関連の通販サイトです。ロードバイクのパーツやウェアが安くて豊富。ここでコンチやゾンダを買うのが海外通販の登竜門です。

新規ユーザーさん向けの1500円オフのクーポンは[ NEWJP ]です。ハイエンドタイヤがさらにお安くなります。

クリアランスが異常! 特化で特価なCRC

CRC=Chain Reaction Cyclesは北アイルランドの大手通販サイトです。ここもWiggle系ですが、より自転車特化型で、品揃えも少し違います。MTB系ギアが強い。

ご新規さんはWiggleと同額の1500円クーポンを貰えます。アカウントはWiggleと別個です。あとは分かるな? またクリアランスセールの割引が異常過ぎて、パーツ漁りが捗ります。

実は穴場のワイズロード通販

あまり安売りしない国内の自転車販売店ですが、スポーツバイク専門のワイズロードのアウトレットはたまにフィーバーします。

狙い目は年末年始やわいわいセール期間中です。在庫限りの小物90%オフ、型落ちフレームの50%オフとかが出ます。ただし、福袋はダメだ。

実質ロードホイール世界最安のPBK

PBK=Pro Bike Kitも英国の自転車通販専門店です。名物はロードバイクのホイールで、特にフルクラムとカンパニョーロがお値打ちです。実際、レーゼロの過去最安値69800円はここで出ました。

うちの特別クーポンコード [ B4CSAVE10 ]で30000円以上の対象の商品が10%オフ、最大4000円引きになります。今や貴重なレーゼロやシャマルの2-WAYがこれで世界最安です。

自転車パーツ
B4C