Schwalbe One 初心者におすすめのチューブラータイヤの100kmインプレ


スポーツバイクのタイヤの種類はおもに3つです。チューブラー、クリンチャー、チューブレスですね。

 

歴史的にはチューブラータイヤが最古参ですね。それから、クリンチャーが生まれ、チューブレスが出現しました。チューブラー→クリンチャー→チューブレスが空気入りタイヤのながれです。

 

より新機軸のノーパンクタイヤは空気入りの中空構造じゃなく、ゴムや樹脂のソリッドなかたまりですね。台車やスケボーのタイヤの大きいバージョンみたいなもんです。

 

たしかにパンクは起こりませんが、損傷はありえますし、重さはかさみますし、クッション性は劣ります。これがスポバイに本格的に進出するのはまだまださきでしょう。実用系ですね。

 

オンロード=クリンチャー、オフロード=チューブレス

 

現在のロードバイクやクロスバイクのタイヤの主流はクリンチャーですね。タイヤとチューブが別個です。

 

タイヤとチューブで1kgだ!

タイヤとチューブで1kgだ!

 

某所のユーザーアンケートではクリンチャー、チューブラー、チューブレスの比率は8:1:1ですね。ザ・主流です。

 

オフロードではこれががらっと変わって、クリンチャー、チューブラー、チューブレスの比率は1:1:8になりますね。

 

近年のトレンドのオールロード、グラベル、アドベンチャーバイクのタイヤはチューブレスですね。オールロード系のスタンダードの油圧ディスクブレーキがチューブレスリムが好相性ですから。

 

最新のチューブレスホイールのリムはホックレスのホールレスですね。タイヤビードをひっかける溝や耳、ニップル穴がありません。

 

ニップル穴なしでテープレスリム

ニップル穴なしでテープレスリム

 

『クリンチャー』の元になるのは『クリンチ』です。一般的にはボクシングの技術ですね。がっちり組み合うこと、引っ掛けること、て意味合いです。

 

つまり、クリンチャー=引っ掛けホイールです。じゃあ、このフックレスリムはノットクリンチャーですね。チューブ入りで使えますが、クリンチャーじゃない。新ジャンルです。

 

そして、こののっぺっらぼうの構造はチューブラーホイールに似ますね。

 

空気の内圧でタイヤビードをリムの端に押し付けて擬似的に密封状態を作るのがこれ、完全密封のチューブ入りタイヤを接着剤でリムに直張りするのがチューブラーですね。いずれがシンプル構造の高精度です。

 

一方のクリンチャーは複雑構造の中精度ですね。クリンチ部分の溝の加工は複雑ですが、リムの精度はチューブラーやチューブレスほど精細じゃありません。

 

そして、複雑な構造のものを高精度にしようとすれば、なおさらの手間隙を求められます。だいたいカーボンホイールのクリンチャータイプはチューブラータイプより割高ですね。1、2割はちがいます。

 

オフロードのホイールでチューブラー専用やクリンチャー専用はほぼ見かけませんね。入門用からトップレースモデルまでほぼチューブレスです。クロカン向けにあるかなあ?

 

マイチャリライフ2本目のチューブラー

 

とにかくチューブラーはオンオフですでにマイナーです。チューブレスがオンロード系のシェアを塗り替えることはありえますが、チューブラーがなんかの拍子にぶわっとメインに返り咲くことはありえませんね。

 

チューブラー使用者はプロ、マニア、古参、かわりものですね。かくゆうぼくは4番目の代表格になりますね。ザ・かわりものです。

 

ママチャリ用のホイールを探して、たまたまタイヤ付き、ギア付き、振れ取り済みのものを見つけて、ぽちっと買っちゃいました。送料込み23600円です。

 

miche pistard

Miche pistard

 

イタリアの自転車パーツ屋のMicheのPistardですね。トラック系のパーツが看板です。クランクとおそろいですね。

 

くしくもこれの付属タイヤがScwalbe One チューブラーですね。街乗り用にはぜいたくな品です。興味本位とお手軽さで衝動買いが決定しました。

 

人生初のチューブラーだ! て思いますが、サイクルモード大阪2017で試乗したColnago Conceptを思い出します。あれはチューブラーだったかあ?

 

colnago concept

colnago concept

 

タイヤサイドのアメ色カラーがかぎりなくチューブラーぽく見えますね。さいわい加工前の写真がディスクから見つかりました。拡大しましょう。

 

colnago concept ヴィットリアのチューブラー?

colnago concept ヴィットリアのチューブラー?

 

あー、Vittoria Corsa G+のチューブラーですね。じゃあ、こっちが人生初のチューブラーだあ! このScwalbe Oneは2ndチューブラーになっちゃいました、ざんねん。

 

どおりで乗り心地がそっくりですよ、うちのママチャリとこのコルナゴコンセプトの試乗車、ははは。

 

Schwalbe One チューブラー

 

さて、あいにくとマイ1stチューブラータイヤになりそこねたSchwalbe ONEを見て行きましょう。OneシリーズはハイエンドモデルUltremoシリーズの後継ですね。

 

販売開始時期は2014年から2015年です。最新の最新はPRO ONEですが、レビューや使用例はほぼ無ですね。

 

クリンチャーのPRO ONEのチューブレスイージーが話題で、チューブラーのPRO ONEの注目はさほどですね。PRO ONEはミニベロ用に406まで展開しますし。

 

ただ、チューブレスリムの小径ホイールが超レアですね。手組みか中華カーボンが頼りです。一思いに451のPRO ONEを出せ~。

 

で、うちのホイールの付属品は先代のScwalbe Oneのチューブラーですね。

 

schwalbe one チューブラー24c

schwalbe one チューブラー24c

 

ロゴが控え目です。おかげで足元のルックスがきりっとひきしまって、ロープロファイルのトラックホイールがセミディープに見えちゃいますね。

 

ごらんのとおりに5メートルでロゴがまぎれますね。

 

モンスターママチャリ完成

モンスターママチャリ完成

 

これはねらいでしょう。オフロード用のグラベルタイヤG-One 29er 2.35のロゴはこんなハデハデデカデカしますし。リアタイヤがそうですね。

 

サイド

サイド

 

ロゴとアイコンの字体は一緒ですね。ぼくはオフロードではこのデカ系ロゴを好みますね。パナレーサーのグラベルキングSKは目立たない。

 

KONA HONZO CR TRAIL DL ver Gravel

KONA HONZO CR TRAIL DL ver Gravel

 

チューブラーはレース用です。ファッション性が弱まって、業務用機材感が強くなりますね。スキンウォールのタンカラーでオールドくろうと感を出すのが精一杯です。

 

ママチャリも業務用機材みたいなものですから、シュワルベワンのぼくとつさはマッチしますね。ママチャリフレームにタンカラーはよく見かけますけど。あれはクリンチャーのサイドのおかざりですね。

 

12barまで入る! が、適正は7-8bar

 

チューブラーはクリンチャーよりかちかちになりますね。Scwalbe Oneの適正空気圧はこんなです。

 

schwalbe one チューブラー推奨空気圧

schwalbe one チューブラー推奨空気圧

 

6-12barの90-175psi! 超高圧! かっちかちにできるで!

 

が、適正値は7-8barですね。過剰高圧は逆にタイヤ性能を落としちゃいます。そもそも空気入れがたいへんです。ぼくはひいひい言って、9barまでしか入れられません。

 

軽めの人は6.5bar、重めの人は8.5barですね。むしろ、クリンチャーより低めの空気圧にしてゆったり乗っても、リム打ちパンクをそうそうやらかさないのがチューブラーのおもしろみですね。

 

さらにシーラントを入れれば、ピンホールを予防できますね。Scwalbe Oneのチューブラーのバルブはセパレートタイプです。ラッキー!

 

チューブラーにシーラント

チューブラーにシーラント

 

Schwalbeはオフロードやオールロード系のタイヤに積極的です。チューブレス推進派ですね。

 

ミニベロのScwalbe マラソンプラス 405 1.5クリンチャー

MTBのSchwalbe G-One 29er 2.35チューブレス

トラックのScwalbe One 700 24チューブラー

 

て、ぼくは何気にシュワルベユーザーですね。使用頻度が大です。つぎがパナレーサーですね。ミニベロ用のハイエンドを出すところに共感しちゃいます。

 

ただの主観ジンクスですが、コンチネンタルのアーバン用はパンクしまくりました。鉄片踏む、プラ片踏む、ワイヤー踏む、五月山ポタリングの行きでパンク、出直しの帰りでパンク・・・

 

Oneの実測ですね。23.87mmです。

 

schwalbe one 24c 実測

schwalbe one 24c 実測

 

カタログ24mmの実測23.87mmはいつわりなしの看板を堂々とかかげられますね。タイヤのカタログ値と実測はわりにばらばらですからねー。

 

重量の実測は変わりませんが、カタログ値は260gですね。ふつうです。

 

トレッドパーターンですね。

 

へびへび菱形パターン

へびへび菱形パターン

 

菱形です。へびへびパターンのトレッドですね。水はけの良さが見た目から知れます。最新のPRO ONE HTの菱形はさらに小さく細かくなりますね。

 

グラベル系のG-ONEでは卓球のラバーみたいなパターンですね。

 

グラベルタイヤシュワルベG-one

グラベルタイヤシュワルベG-one

 

これも転がりの軽さと水はけを両立します。30cの太めロード用チューブラーのS-ONEのタイヤのパターンはこの卓球トレッドですね。シクロレース用、あと、ツーリング用に意外とよさ気です。

 

転がり良し、グリップ良し

 

さて、かんじんの実走のインプレッションです。1週間で約100kmの所感です。用途は街乗り、お買い物ですね。一度だけ大阪-枚方を淀川サイクルロードで往復しました。ママチャリの距離じゃない~。

 

転がりは軽めですね。ころころ転がります。転がりの軽さはシュワルベの特徴です。パナの23cのスリックより上だなあ。

 

グリップはきつめですね。このママチャリは固定ギアです。きれいなアスファルトで後輪を滑らせるスキッドを試しますが、タイヤのグリップ力のせいかぼくの技術不足かタイヤがぜんぜん滑りませんね。

 

水溜りでタイヤをぬらした後にやっても、ぜんぜんドリフトできません。路面への食いつきは良好です。

 

空気はぜんぜん抜けませんね。9bar入れてふだんづかいで乗り回して、歩道や線路を行きますが、足元に不安を感じません。保管状況は外置野ざらしですね。ママチャリですから。

 

総合的にSchwalbe Oneは高バランスなチューブラータイヤです。パナやコンチ、ほかブランドのがピーキーですね。特化型てより万能型です。

 

 Schwalbe Pro One HTロードタイヤ - V-ガード
Schwalbe Pro One HTロードタイヤ – V-ガード

定価 11460円
割引 13%
特価 9970円

※2017/09/21 17:32:58のchainreactioncycles.comの価格

 

後日のチューブラー交換が今からたのしみですね~。「ノリ剥がれない! タイヤ嵌らない!」て大騒ぎしたい~、ははは。

 

空気圧の推移

 

チューブラーの空気の抜けを見るために高圧の9barまで入れて、普段使いで10日間を置いて、フロアポンプのメーターで数値をチェックします。

 

結果はフロント6.5barのリア6barでした。最初にぱー下がって、後でじわじわ下がるぽいですね。6-6.5barからの抜けは遅めです。

 

じゃあ、半月に一回の空気入れで行けますね。

 

PS

 

ちょうど一か月、外置き、野ざらし、普段使いをすると、空気圧は4.5barまで下がりました。予想外に減圧しませんね。優勝チューブラーです、Schwalbe One。

 

FacebookでシェアはてなブックマークgoogleプラスWelcome Your Share