ビワイチ 大阪から自走1泊2日のキャンプ前編 予想外の展開に半泣き


さて、はじめての1泊2日の自転車キャンプ&ビワイチ、当日編です。前回の琵琶湖一周準備編でチャリツーリングキャンプに必要な持ち物と余計なお遊びグッズをわんさか詰め込んで、スタート地点に立ちました。

 

2017年5月 午前6時 なにわ自動車道榎木橋付近

2017年5月 午前6時 なにわ自動車道榎木橋付近

 

スタート地点は神崎川沿いのなにわ自転車道の榎木橋のかいわいですね。ここからビワイチのスタート地点の大津港へ自走で向かいます。

 

ぼくの過去の二度の琵琶湖行きのルートは産業道路-京都-山科経由のコースでした。このコースは交通量と大阪京都の府境の大山崎のごっちゃごちゃ、京都滋賀の境界の山科の上りがハードですね。

 

しかも、今回のメインはビワイチです。この大阪-大津の自走はスタート地点への準備運動に過ぎません。余力を残しましょう。て、ことで最短ルートを探ります。

 

で、これが最短ルートですね。大阪-枚方-中書島-六地蔵-大津です。8割が京阪電車沿線ルートですね。ざっと55kmですね。

 

 

ずっと下道です。が、光善寺や中書島の高架のところがちょっとややこしく思えますね。トラックがきわきわまで来ますし、路肩は極小です。

 

距離は最短ですけど、走りやすさはノットイージーですね。結局、心身の負担はそんなに変わらないかあ。

 

で、最終的に山科経由のルート=東海道と合流して、琵琶湖へびゅーんと到着します。

 

大阪から大津港まで

 

最初の5kmは毎度のおなじみのコースですね。ぼくのなかではカンザキバイクコースです。なにわ自転車道→上新庄→淀川ですね。

 

はい、豊里大橋です。

 

淀川豊里大橋 東淀川区側

淀川豊里大橋 東淀川区側

 

対岸が淀川サイクリングコースですね。車止めを気にしなければ、上流の宇治川サイクルロードで中書島までいけますね。

 

楽しいアトクラクション車止め

楽しいアトクラクション車止め

 

毛馬-枚方の淀川サイクリングコースはこのタノシイ車止めとの格闘です。16、7箇所はあります。これは別のチャリの23cタイヤの写真です。うちのセミファットの3インチはぎっりぎりですね。

 

ぼくはサイクルロードをスルーして、1号線に入ります。ここはもう大阪市じゃなくて、おとなりの守口市ですね。

 

じきに見えてくる巨大な建物がパナソニックの本社ですね。

 

パナソニック本社

パナソニック本社

 

パナレーサーやクロモリオーダー、電動自転車、パナソニックはチャリダーにおなじみの会社ですね。厳密にはパナレーサーはもうパナソニックの関連会社じゃありませんが。

 

旧ナショナル現パナソニックを創業した松下幸之助は自転車屋の丁稚奉公から商売人デビューしました。そのつながりでパナは自転車関連の事業を根強くしますね。

 

ちなみにこの近所にルイガノの企画・販売元のアキコーポレーションの本社所在地がありますね。うちの新型はKONA、サブはルイガノです。毎度、お世話になります。

 

3Tもここですね。

 

3T Exploro グラベルバイク

3T Exploro グラベルバイク

 

で、1号線ルートはずっとまっすぐですね。枚方近辺までひたすらまっすぐにギコギコします。路面はグッドですね。

 

1号線をひたすら直進

1号線をひたすら直進

 

まだ7時前後です。太陽は控えめですね。喉はぜんぜん渇きません。よゆうよゆう~。

 

ほどなく府境の木津川にさしかかります。この下流は宇治川、木津川、桂川の合流ポイントですね。有名な二本の御幸橋があります。

 

木津川

木津川

 

さあ、この先は京都ですね。

 

京都侵入 ややこしい中書島 琵琶湖へ

 

木津川を越えて、京都府に入ります。直後に超でっかい久御山のイオンが右手に見えます。休憩ポイントにベストですね。

 

が、ぼくは時間を惜しんで、先を急ぎます。ここは本題のビワイチのスタート地点ですらないし。そして、時刻が午前8時になります。太陽がそろそろ色づき始めますね。

 

ちょっと日差しと気温の上がり方がきつく思えました。初夏の日差してふんいきがしません。ザ・夏日ですね。予想より暑めです。でも、この時点で最初の500mlの水分を飲みきりませんね。よゆうです。

 

この1号線をまっすぐ行くと、JR京都駅・東寺のまんまえまで行けますね。京都観光へはそちらへ直進しましょう。

 

ぼくは宇治川のさきで右折して、中書島の方へ入ります。さて、問題です。この『中書島』の読みはなんでしょう?

 

正解は『ちゅうしょじま』ですね。難読地名の一つですね。げんに最近までぼくは『なかがきじま』て勘違いします。北摂民は京阪電車を使いませんからねー。やっぱし、うちは阪急ですわ~。

 

で、この中書島の周辺の道路はちとカオスですね。川沿いの京都外環状線が最短シンプルですけど、高架&防音壁の威圧感がチャリダーの足を阻みます。

 

迂回路は住宅街のザ・ラビリンスですね。ぼくは帰りに迷いました。町並みはおしゃれですね。でも、今回の目的はビワイチだからあ。

 

六地蔵駅前です。近畿ではマイナーなイトーヨーカドーがありますね。

 

六地蔵駅前

六地蔵駅前

 

このかいわいもグルメスポットですね。そして、おとなりの駅の木幡にはアニメファンにおなじみの京都アニメーションの本社とアンテナ店の京アニショップがあります。

 

ちょっと寄り道しますが、ショップはがぜん開店前です。それはそうだ、まだ9時前だし。

 

六地蔵から36号線-35号線と来て、名神高速のきわきわを走ります。

 

名神沿い

名神沿い

 

で、追分のあたりで東海道と合流して、坂をえっちらおっちら上って、逢坂一丁目を左に入って、浜大津方面へ一気にびゅーんと下りますね。

 

琵琶湖到着!

琵琶湖到着!

 

ゴール! でなくて、スタートへ到着しました。朝の9時30分です。出発から3時間30分ですね。休憩なしで一気にここまで来れました。

 

湖上は薄曇ですが、頭上はぴーかんですね。完全に夏日です。この芝生の左手にはトイレがあります。顔を洗って、シャツを塗らして、小休止しますね。

 

と、でかいコイキングが目のまえでぼかーんと釣り上がりました。

 

でかいコイキング

でかいコイキング

 

ぼくのコンパクトロッドはこのサイズを上げられませんね。十中八九、べき折れます。

 

このビチビチコイキングにパワーを貰って、ビワイチのスタートを切ります・・・まだスタート地点だよ!

 

大津港から湖東へ 近江八幡 長浜

 

ぼくのルートは反時計回りですね。大津港から東へ進んで、近江大橋を渡ります。

 

近江大橋

近江大橋

 

ここで若干の腹ぺこ感を覚えます。風来のシレン的には「おなかが、へってきた…」てところですか。

 

で、すこし瀬田の方に寄り道して、バオバブの木てパン屋に行きます。が、遠目に人の気配がしません。店の前まで行くと、つぎのような張り紙に出迎えられます。

 

「本日休業」

 

はい、ありがとうございました。往復2kmの無駄足は来ますね、うえーん。

 

橋のたもとまで戻って、矢橋帰帆島公園を左手に眺めながら通り過ぎます。公園内を直進できたかあ?

 

矢橋帰帆島

矢橋帰帆島

 

公式のマップで見ると、公園内を通れますね。ぼくはなぜか外側を通っちゃいました。ウォーカーの人がたくさんでしたね。

 

このあと、しばらく湖岸の道を走ります。快適なサイクリングコースですね。が、20分ぐらいで飽きちゃって、市街地へ行っちゃいます。

 

お昼前までえんえんがんばって、手持ちの水分を飲みつくして、最初の補給タイムを迎えます。イオンタウン野洲へピットインします。

 

イオンタウン野洲

イオンタウン野洲

 

このイオンタウン野洲の食品はめっちゃお買い得でしたね。たまたまでしょうか? ジュースもお肉も最安値クラスでしたよ。アメリカ産牛肩ロースが158円は破格です。

 

収穫物ですね。今日の最初の食事です。

 

お昼ごはん

お昼ごはん

 

塩気、酸味、糖分、水分、炭水化物ですね。お日様は完全に真夏日モードになりました。てかてかギラギラ。のどが異常に渇きます。満載のリュックが背中の廃熱を完全に妨害しますね。

 

おかげで背中がヒートアイランド現象です。背中だけが志々雄真のようです。発汗機能がばかになるう?!

 

この5月下旬から6月中旬はザ・夏至です。英語のミッドサマー=真夏です。日照時間は7月8月より長くなりますね。夜中の7時過ぎまで太陽に照らされる予定になります、ふひー!

 

八幡濠を観光 クラブハリエのバームを食う

 

市街地方面に進んで、しばらく湖面を見ません。四方にたんぼが広がります。

 

たんぼ

たんぼ

 

ザ・近江米です。ここらは米どころですね。稲穂がそろそろ収穫時期になりますねー。しかし、人影がぜんぜん無ですね。無人くんです。第一村人がいない!

 

この広大な水田地帯のなかにあるのが近江八幡の町ですね。水郷めぐりや八幡濠、近江商人の旧家が見所ですね。いいところです。

 

近江の水郷 八幡濠

近江の水郷 八幡濠

 

水郷めぐりの小舟

水郷めぐりの小舟

 

おもむきのある板塀の建物

おもむきのある板塀の建物

 

町歩きがおすすめです。テント付きのチャリはすんごく浮きます。奥様方の日傘が似合う~。わてにも日陰をくらはい~。

 

この均衡に近江一の大人気スポットがあります。ラ・コリーナ近江八幡ですね。しにせ菓子屋のたねやが運営するおしゃれナチュラル系カフェスポットです。

 

ラコリーナ近江八幡

ラコリーナ近江八幡

 

クラブハリエの焼きたてバームクーヘンがいちばん人気ですね。梅田で食べられますが、そんなことを言わず、ここで食べましょうよ~。てか、この日差しから逃れたい。

 

館内は大盛況御礼ですね。土日祝には長蛇の列ができます。

 

ラコリーナ館内 大盛況

ラコリーナ館内 大盛況

 

ぼくは二階の喫茶スペースで焼き立てバームクーヘンを頂きます。アッサムティーセット896円です。待ちはぎっちりですが、回転は早めですね。10人待ち/10分ですぐに着席できました。

 

焼き立てバウムクーヘンドリンクセット

焼き立てバウムクーヘンドリンクセット

 

バームの単品はありませんね。ミルクセットか紅茶orコーヒーセットのみです。

 

Club Harieロゴのティーバックですね。しゃれおつ。

 

クラブハリエのオリジナルテーバック

クラブハリエのオリジナルテーバック

 

バームを食べます。ほのかに温かい生地が口の中でふわふわしますね。甘さはおさえめ、ふわふわソフティーです。生クリームもマイルドさわやかですね。

 

洋菓子のどっしり感はしません。マイルド洋風和菓子スイーツですね。女子のおみやげにベストです。このおしゃれなふんいきで食べられるのはグッドですね。

 

アッサムティーのミルクはグッドテイストです。インスタントぽくない。牛乳が決めてでしょうかねー?

 

プラッチックカップがたまにきずですね。ポット&カップじゃないとねー。

 

ごちそうさまでした。

 

お外でなんかしますね。農作体験だア?

 

ラコリーナの窓辺から

ラコリーナの窓辺から

 

のどかです。

 

はあ、外に出たくないな~。太陽はザ・南中、ザ・かんかん照りです。でも、老体に鞭打って、おしゃれカフェに後ろ髪を惹かれつつ、サイクルロードに戻ります。

 

彦根、長浜、最後のスーパー平和堂から湖北へ

 

道は相変わらずのだだっ広い耕作地を突き進みます、グライダーポイントがありました。

 

グライダー

グライダー

 

おもしろそう、てか、すずしそう。でも、ぼくは気持ち悪くなっちゃいますね。過去にスカイダイビングで酔ってしまいましたし。胃袋をシェイクされるのがだめですわ。

 

で、いつのまにか彦根が目のまえですね。そして、まっしぐらに純粋に逆走してくるスチューデント・オン・アルベルト!

 

彦根城下

彦根城下

 

は! おれがイシキタカイ系のロード乗りじゃなくて、助かったな、小僧。やさしく見逃してやろう。

 

でも、メンドクサイおっさんチャリダーに捕まろうなら、目の仇みたいに「キープレフト!キプレフ! KL! むきーっ!」ていちゃもんつけられるで~。

 

このあと、彦根城公園まで行きますが、チャリと城を同時に撮影できるポイントを見つけられません。で、城の写真はまさかのスルー劇場です。ひこにゃん? 興味なし!

 

で、城からの仏です。

 

大仏

大仏

 

日差しを弱めたまえ~。

 

が、真の救いはスーパーマーケットです。滋賀県=鳩のマークの平和堂ですね。ぼくはつかしんのアルプラザには良く行きます。

 

平和堂木之本

平和堂木之本

 

このスパマケがキャンプ地までのラストスーパーですね。ラススパで夕飯の買出しをします。旅先のスーパーめぐりはぼくの趣味のひとつですね。

 

びわこ牛乳! 地元感に惹かれますが、日持ちとパッキングを考慮して、購入を見送ります。

 

ご当地びわこ牛乳

ご当地びわこ牛乳

 

おにぎりやポテチやジュースを買いました。食料の値段はイオンタウン野洲より安くない。あっちが破格だったな。

 

と、この平和堂到着時刻が午後5時台ですね。ここから宿泊地のキャンプ場までが20kmです。

 

ぼくのライトで夜間走行はハードです。しかも、湖北の道路の街灯は不安ですね。真っ暗系の予感がします。

 

ついに日が傾き始めました。

 

湖北

湖北

 

先を急ぎましょう。

 

崩落で海津大崎が通行止め! どうなる、キャンプ?!

 

長浜より北側の地域は一気にへんぴになります。北側が山で、南側が琵琶湖の水辺ですね。小さな畑、田んぼ、集落ばかりですね。

 

ここらの水質は琵琶湖内でピカイチです。大小のビーチ、そして、キャンプ場がありますね。夏場にはすんごく賑わいます。

 

げんに長浜付近で湖水浴の人を見ましたね。たしかにこの日差しはチャリダーよりビーチ遊びでしょうよ。

 

長浜付近の水

長浜付近の水べ

 

日が傾いて、気温が下がり、呼吸がすこしらくになります。ラストスパートで一気に駆け抜けます。

 

塩津街道のトンネルは危険です。514号線から旧街道で迂回して、336号線に入って、303号線に進みます。

 

木之本から一つ目の半島のところは奥琵琶湖パークウェイですね。ほぼ唯一のクライム系のルートです。終点の展望台から竹生島を望めますね。

 

が、ぼくにそんな余裕はありません。最後の力でえっちらおっちら走ります。ふとこんな表示が目に入ります。

 

いやな交通情報

いやな交通情報

 

ん? 通行止め? 一抹の不安がよぎります。

 

ぼくの宿泊地はマキノビーチの手前、木之本から二つ目の半島のさきっちょですね。車1000円、バイク500円、自転車300円でテントを張れる格安の穴場、海津大崎のキャンプ場です。

 

ちなみに事前の予約はなしです。どきどきしながら進みます。

 

じゃあ、こんな悲しいお知らせが行く手にはっきりと現れました。

 

無情の迂回案内看板

無情の迂回案内看板

 

この期に例の公式サイトをあわてて確認します。

 

 

・・・

 

ええ、うそやん?! 一月前だのに? まだ修復しないのけ? てか、もう6時半だよ! 日没まで一時間もないよ! どうなるの?! うひゃーん!!

 

ビワイチ二日目に続きます。

 

FacebookでシェアはてなブックマークgoogleプラスWelcome Your Share