自転車ダイエットの罠 失敗確定 効果微妙 低負荷のウォーキングより痩せない訳

自転車は効率的な乗り物です。小さな力で速く走れます。一般人には最強の町内移動システム、自転車乗りには身体の一部です。

 

そのべんりなマシーン、チャリンコの消費カロリーは徒歩の6分の1です。おおむね自転車6km=徒歩1kmです。

 

この燃費の良さはダイエット、痩身、減量には逆効果です。同じ距離を走っても、徒歩やランニングよりエネルギーを使わない。

 

このエネルギーはクルマでは油(ガソリンで走る自動車はオワコンに差し掛かりますが)や電気です。人間では糖や脂です。

 

ダイエット=余分な脂肪を減らすことです。低燃費の自転車は高燃費の徒歩に劣ります。まさに長所は短所です。

 

つまり、『自転車』と『ダイエット』がそもそも矛盾します。以下でこれをくわしく解説しましょう。

 

自転車は超効率

 

自転車の消費カロリーは徒歩の1/6

 

この数値は空想の産物ではありません。自転車界ではわりと有名な研究レポートの結論です。

 

自転車産業振興協会て国内の自転車のいろんなことをことこまかく取り扱う組織があります。ここがさまざまなレポートを公開します。

 

で、ここの実験でそういう数値が出ました、自転車の二酸化炭素排出量は徒歩の1/6だと。

 

カロリーと二酸化炭素になんの関係があるか? はい、体内の脂肪は単体では燃えません。酸素が不可欠です。つまり、有酸素運動です。

 

体内の二酸化炭素の数値が大=強度の有酸素運動です。数値が小=低度の有酸素運動です。酸素の消費=二酸化炭素の発生ですから。

 

脂肪が燃えれば、酸素が消費され、二酸化炭素が発生します。逆説的に体内のCO2の値で脂肪の燃焼量が分かります。

 

自転車は徒歩の1/6です。つまり、すばらしい燃費です。プリウスやテスラの比ではない。

 

一方の徒歩やランはガソリンをがんがん食うでっかいアメリカ車のようなものです。人間のダイエットにはこっちのが効果的です。

 

世の消費カロリーはマユツバ

 

「自転車でみるみる痩せる!」

「ロードバイクでこんなに痩せました!」

「チャリ通でかんたんに楽に痩せられます!」

 

これらは幻想です、キャッチコピーです、ファンタジーです。楽な手段では楽に痩せられません。強度を上げるか、頻度を上げないと、体重の維持すらできません。

 

「自転車の消費カロリーは特大だ!」

 

そもそもダイエットブログやカロリー計算アプリの自転車の消費カロリーはほぼ水増しデータ&でたらめです。希望的観測値です。実際の運動は絶対にこれを上回らない。

 

たしかに自転車でストイックにレーシーに走れば、ジムのエアロバイクでがんがんやれば、そのくらいの効果を得られます。→自転車の消費カロリー

 

でも、あれは実験的なドリームデータです。理想的環境下のメルヘンファンタジーです。『最大何万還元』や『実質0円』と同レベルです。

 

フィットネス系メディアやキュレーションでは定型句のように「自転車で20km/1時間はらくちんだ!」みたいなコピーがおどります。フィクションです。

 

実際、20km/1時間の自転車は体力的にOKであっても、道路状況的にNGです。長くぶっつづけで走れない。都市部の道路事情がそれを妨害します。

 

2017年10月27日大阪駅前

2017年10月27日大阪駅前

 

信号は1-2kmごとにあります。20kmサイクリングでは10回の休憩がはさまります。貴重な有酸素運動がこまぎれになります。

 

日本の都市部は自転車フレンドリーではありません。自動車さまの天下です。

 

長い距離をそこそこ走れる大きなサイクリングロードさえが完全ではありません。都会の河川の遊歩道にはたいそうな車止めがあります。

 

淀川土手の上の車止め

淀川土手の上の車止め

 

旧世紀には河原でオートバイを乗り回す風習がありました。今やこれの予防のためのバリケードがあちこちにあります。

 

つまり、20km/1時間は理想的実験空間にすぎません。少なくとも、そんな好都合なチャリ通ルート、自転車通勤コースはまれです。

 

そして、チャリ通の片道は~15km前後に留まります。往復30kmだ。上述の運動量の換算ではランニング5-6kmの負荷に値します。

 

ラン5kmの運動ではなかなかやせません。体重の維持が限度です。信号や車止めで寸断される正味の自転車通勤30kmはこれよりゆるい運動です。行きと帰りに分かれるし。

 

ぼくの実感も自転車産業振興協会のデータとかけはなれません。自転車のしんどさはジョギングの6分の1か5分の1です。

 

自転車通勤ダイエットはぜんぜんお手軽じゃありません。片道20kmを1時間前後できびきび走って、ようやく適当な運動効果を得られます。でも、この条件は日本の交通環境的にタイトです。

 

メリットは半強制的に体を動かせること、通勤ラッシュを回避できることです。後者は冗談抜きで特大メリットです。満員電車は心身にヘビーです。

 

自転車でそんなにすいすい痩せられるなら、自転車メディアのFRAMEのYoutubeによく出てくる松村はなんであんなに小太りでしょう? 矛盾です。

 

肉体の負荷がマイルド

 

自転車はダイエットには向きません。効率的な有酸素運動ではない。が、運動的には非常に優秀です。肉体の各部の局所的な負荷がランニングやジョギングよりマイルドです。

 

以前、ぼくは不注意で右足の薬指を三角コーンにぶつけました。にぶい痛みと内出血、ザ・骨折です。サンダル履きがあだとなったか・・・

 

サンダルで登山はNG

サンダルで登山はNG

 

ランニングや球蹴りはしばらくむりでしたが、ゆるい自転車は一週間後からOKでした。

 

足は地面とダイレクトに接地すると、強い反発力を受けます。指、ひざ、関節には予想以上の負荷がかかります。

 

自転車では身体の末端は地面とダイレクトに接しません。ペダルとフリーホイールのおかげで余分な反発が抜けますし、体重はサドルとハンドルで分散されます。下半身の負荷がマイルドです。

 

ロードは目と肩と首に来る

 

現在の日本の自転車トレンドではスポーツ自転車=ロードバイクです。そして、ロードバイク乗りはひょろひょろのやせ型です。弱虫ペダルのキャラ造詣が好例だ。

 

このイメージからロードバイクに過剰な痩身効果の夢がかかります。でも、現実はままなりません。結局、強度と頻度がだいじですから。

 

一般人が思い浮かべる『ダイエット感覚』で自転車に乗っても、そうがりがり痩せません。『スポーツ感覚』や『部活感覚』でやれば痩せられます。

 

しかも、ロードバイクの前傾姿勢は上半身にひしひし来ます。目、首、肩ですね。一説ではそれらの負担はパソコン作業の数倍になります。

 

たしかにぼくの個人的経験もこれを否定できません。左肩が30分でしくしくしはじめます。首もすんごく疲れる。

 

ロードバイクダイエットは手軽なダイエットにはなりません。重いクロスバイク、ママチャリの方が効率的です。

 

スピード感、爽快感はまたべつのはなしです。

 

痩身のサポートには優秀

 

チャリ通だけじゃ運動不足ですが、通帰宅後にちょろっと2,3km走れば、いい感じに痩せます。腕振りを強めにして、肩をほぐしましょう。長チャリは肩こりのもとです。

 

あと、まじめなはなし、男女問わず、車種問わず、長チャリはおまたのところによくありません。長時間の股間への圧迫が体に好影響でしょうか? そんなわけがない。

 

ロングライドの悩みの第一位はケツの痛みです。自転車乗りの宿命だ。

 

サドルクッション増強

サドルクッション増強

 

まあ、チャリの運動効率がわるすぎるというより、ランニングの運動効率がよすぎるんですが。走るより手軽なスポーツはなし、です。ランナーは安上がりです。

 

水泳はだめです。市民プールは年寄りで満杯です。あんなところでがんがん泳げませんわ。

 

毎日7~8kmを走るか歩くかしましょう。半年くらいですっきり痩せます。シューズをはき潰す頃にはすっかりスマートになります。

 

で、どうしても歩きたくないとき、走りたくないときに自転車に乗れば、気分転換をできて、心身をリフレッシュできます。

 

で、運動で増進する食欲をカロリーオフ系の食材で抑えます。ここで本気のスイーツを食べてしまうと、差し引きゼロ、差し引きプラスに逆戻りしちゃいますから。

 

自転車乗りに人気のサプリはSAVAS、アミノバイタル、VAAM、BCAAとかです。アマゾンでときどき強烈な割引が掛かります。

 

タイトルとURLをコピーしました