自転車好きの伝道の書、B4C自転車バイブル販売中!

出前館とUber Eats の配達報酬やアプリの比較 メリットやデメリット

🚲Uber Eatsで配達デビュー!

副業、お小遣い稼ぎ、ギグワークのデビューにはUber Eats がおすすめです。登録簡単、審査ゆるゆる、服装自由、そして、ストレスフリー!

🥫出前館で高額報酬!

Uber Eats の2倍、3倍は当たり前! 土日の報酬がざらに1000円を超えるのが出前館の配達員です。

🍔全国へ拡大中のDiDi Food!

大阪、神戸ではUber Eats や出前館よりDiDi Foodが元気です。安定の日跨ぎと雨ブーストがエグい!

🥫 出前館vs Uber Eats🚲

というほどに事態は単純ではありません。現代はフードデリバリーの戦国時代です。毎月のように既存サービスのエリアが拡大し、新規アプリが参入します。

『出前』という言葉が疎遠になり、『ウーバー』という造語が身近になりました。

Uber Eatsの方から来ました
Uber Eatsの方から来ました

そんな時代に日本発の『出前館』は古き良き旧世紀の香りを漂わせます。社名で業務が一目瞭然だ。実際に同社はネット出前の中では最古参の20年選手です。

反対におしゃれな名前の外資系サービス、Uber Eats やDiDi Foodなどはせいぜい数年来の新参者です。そもそも本業はアプリ屋であって、出前屋ではありません。

とはいえ、国産の古参の出前屋と海外の新顔のアプリ屋のフードデリバリー国内市場のシェアはほぼ互角です。出前館とUber Eats が2トップです。

また、互いが互いの長所や特徴を参考にして、こまめなアップデートを行います。2020年にUber Eats は現金払い注文に対応して、出前館は業務委託の配達員募集を始めました。

出前館配達アプリのイメージ図
出前館配達アプリのイメージ図

結果、フードデリバリーの大枠は似たり寄ったりになりますが、細部は微妙に違います。そんな小さな部分の積み重ねで評価や印象が劇的に変わります。

ここでは出前館とUber Eats の配達パートナーを比較して、報酬額の違いやメリット・デメリットを解説します。

出前館とUber Eats の比較

最初に二社の基本情報を表記します。以下が出前館の公式情報です。

サービス名出前館
母体LINE、ネイバー(韓)
国内運営株式会社出前館(旧夢の街創造委員会株式会社)
創業2000年3月
本社大阪府大阪市中央区久太郎町三丁目6番8号 御堂筋ダイワビル8階
東京都千代田区丸の内一丁目8番1号 丸の内トラストタワーN館11階
業務内容出前事業
仕入れ事業
通信販売
配達代行など
エリア44都道府県
加盟店80000軒 ※2021年8月公表数

1999年生まれの大阪発の企業です。それから二十年を経て、LINEのバックアップを受け、実質的にNAVERの子会社になりました。

この経緯から出前館は間違いなくフードデリバリーの最古参企業ですし、地域密着の配達業者です。ローカル色は濃厚で、グローバル色は希薄です。

出前館の拠点は主に雑居ビルの一階にひっそりとあります。下の写真はぼくが配達パートナーの登録に行った大阪の弁天町の出前館の拠点です。

出前館の拠点
出前館の拠点

一方の海外代表のUber Eats の基本情報はこちらです。

サービス名Uber Eats(ウーバーイーツ)
母体ウーバー・テクノロジーズ 米
国内運営Uber Japan
創業2009年
※Uber Eats は2014年~
本社カリフォルニア州 サンフランシスコマーケット・ストリート1455番
日本本社東京都渋谷区神宮前6-12-18
業務内容フードデリバリー
ライドシェア
エリア43都道府県
加盟店100000軒 ※2021年8月外部データ参照

Uber Eats の母体はアメリカのUber Technologyです。メイン事業はライドシェアのUberです。急伸のグローバル企業です。

出前屋とアプリ屋

コロナで出前が爆伸び、配車がじり貧ですが、Uber社は本質的にライドシェアのアプリ屋です。出前館のようなローカルな配達業者ではありません。

現にアメリカ本国で出前館的なポジションにいるのはUber Eats でなく、DoorDash(ドアダッシュ)です。近日に日本への上陸が予定されます。

グローバルな外資系のフードデリバリーの拠点は都心の好立地にあります。Uberのセンターは長らく休業中でしたが、大阪センターは2021年2月にひさびさに再開?しました。

Uber East 大阪センター復活!
Uber Eats 大阪センター復活!

Uber Eats やDiDi Foodやfoodpandaなどのセンターは一様におしゃれでスマートです。中でドリンクを飲めますし、お姉さんやお兄さんとお喋りできます。

  • Uber Eats = パートナーセンター
  • DiDi Food = パートナーハブ
  • Foodpanda = サポートセンター
  • 出前館 = 拠点

出前館のネーミングセンスは非常にシンプルで和風です。

アプリは雲泥の差

スマホの有無はビジネスモデルをはっきり分けます。

  • スマホの登場以前からネット注文を始めた出前館
  • スマホ以降にマッチングアプリを始めたUberなど

出前館の創業時の携帯はガラケー、通信はADSLです。家の固定電話もまだ現役でした。

この名残で出前館のオーダーはブラウザ、アプリ、電話の混在です。一部の拠点ではFAX!!!の注文が通るとか通らないとか・・・

一方のUber Eats のオーダーは完全にネットオンリーです。創業時からスマホ(初代iPhoneの発売日は2007年1月9日)があります。

つまり、Uber利用=アプリ利用です。ブラウザ注文は少数派ですし、電話注文は不可です。FAX? なにそれ、うまいの?

そして、同社の配達用のドライバーアプリはGoogleストア及びappストアで1.4という驚異の点数を叩き出します。

出前館ドライバーアプリ
出前館ドライバーアプリ

2021年夏のアプデで大々的な障害をやらかして、評判をさらに下げました。国内の古株の出前屋さんにGPS系アプリの開発は重荷のようです。

他方、UberやDiDiはそもそもアプリ屋です。グローバルなスマートなソフトウェアの開発を専門にしますし、それで急速に成長しました。

配達制度の比較

Uber Eats の規定では配達員と配達パートナーは似て非なるものです。このような記事でUber Eats の運び手を『配達員』と紹介すると、運営にツッコまれます。

「いやいや、あんさん、配達パートナーっでっせ」と。

従業員を想起させる『配達員』という表現がNGです。あと、”Uber Eats “のアルファベットの直後のスペースは半角でなければなりません。

海外企業は表現や表記にはなかなかシビアです。

配達員と配達パートナー

Uber Eats の運び手にUber社の従業員はいません。彼らはUberとゆるく業務提携する一介の事業者でしかない。あのバッグのロゴはただの目印です。

Uber Eats が『一件なんぼのお使いクエストをくれるギルド』であれば、配達パートナーは『流しのバウンティハンター』です。配達報酬は給料でなく、営業利益です。

反対に出前館の配達員は出前館の従業員です。出前館の赤い純正バッグは直雇用の運び手か特定の提携業者(ASAなど)にしか貸し出しされません。

出前館の純正バッグは従業員のあかし
出前館の純正バッグは従業員のあかし

従業員は流しのよそ者でなく、大事な身内です。給料を貰えますし、会社の福利厚生を受けられます。

反面、どんなにがんばっても、一日に2万も3万も稼げません。アルバイトですから。配達員の時給は1000円~1300円ですね。条件は出前館公式や求人サイトに普通に公開されます。

しかし、副業が解禁されたり、コロナで働き方が一変したりして、この方式が時代に合わなくなりました。単なるサービス業のバイトには人が集まりません。

で、2020年5月から出前館もようやく海外サービスと同様の業務委託の配達パートナーの募集を始めました。

結果、ドライバーアプリのフィードバックもままならず、上記の1.4の点数が現在の評価となり、アップデートがなかなか捗りません。LINEがもう少しがんばれー。

ドライバーアプリは商売道具です。その使い勝手は仕事の能率に大きく影響します。依然として業界標準はUberのドライバーアプリです。競合や後発はこれと徹底的に比較されます。

もっとも、業界標準の国内版Uberドライバーアプリさえがなぞのローカライズで海外版より明らかに劣化しますが。

出前館とUber Eats の配達報酬の比較

ギルドと提携して、パートナーになると、依頼を受注できます。内容は『料理Aを加盟店Bで受け取り、注文者Cに届けろ!』です。竜退治やダンジョン探索はない。

このリアルお使いクエストの基本報酬は提携先や地域や登録車両で異なります。地域格差はわりと露骨です。東京近郊は高め、地方は低めですね。

Uber Eats の配達報酬と計算式

Uber Eats の配達報酬です。

エリア受け取り(ピック)受け渡し(ドロップ)距離1kmあたり手数料
東京265円125円60円10%
埼玉265円125円60円10%
千葉265円125円60円10%
神奈川250円120円60円10%
愛知以西の西日本エリア210円105円60円10%
コロナ以降の新規エリア(仮)210円105円60円10%

距離料金は前まで150円/1kmでしたが、60円/1kmに下がりました。結果、長距離のうまみが減りました。あと、神奈川の微妙な安さが謎です。

明細はこんな感じです。

ウーバイーツ 一回の配達の儲け
ウーバイーツ 一回の配達の儲け

チップやブーストは追加報酬です。基本報酬は『料金』です。これは大阪エリアの配達ですから、

210+105+60×1.75=420円

となります。あれ、じゃあ、5円はどこから来た? 

10%の手数料は基本報酬から天引きされます。最終的な手取りが596円です。

以上のことからチップのありがたさとブーストのおいしさが身に沁みます。

また、menuでは長距離がおいしくなり、DiDi Foodでは原付がやや厚遇されます。で、そんなこんなのざっくりの目安が『500円/1件』です。

Uber Eats の報酬額がスリコに

2021年3月に福岡と京都で激震が走りました。何の前触れなく一回の配達報酬が固定の300円になりました! 大幅改悪です。

後日、これを基にした新料金体系が全国で始まりました。

  • 報酬の内訳が非公開に
  • 届け先が事前に判明

結果、一回の配達の報酬がやや下がり、手間が減りました。このアップデートは専業勢には不評、副業勢には好評です。

Uber Eats 新料金体系
Uber Eats 新料金体系

このような300円台の報酬はスリーコイン=スリコと言われます。

出前館の配達報酬

出前館の配達報酬はよりシンプルです。受け取り、受け渡し、距離、登録車両のような細かい項目はありません。

基本報酬は固定です。

  • 関東:715円(税込)
  • 関東以外:660円(税込)

Uber Eats の東京エリアの最低報酬が265+125+60=450円です。出前館の東京エリアの配達報酬はその1.58倍に達します。

つまり、Uber Eats のx1.5ブーストが出前館の平常運転だ。これは熱い!

ウーバーイーツ 青がブースト 赤がピークタイム料金
ウーバーイーツ 青がブースト 赤がピークタイム料金

さらに追加のブーストやチップが付けば、1000円/1件の大台が見えます。報酬の潜在的な期待値はフードデリバリーで最上級です。

ある意味、アプリの使い勝手の悪さや配達時の制約の多さという縛りを補うための優遇にも見えます。

また、『日曜日までに50回配達で+3000円!』のような日跨ぎクエストが出前館にはありません。結果、中長期の報酬の差は穏やかになります。

放任のUber Eats と過保護の出前館

Uber Eats の配達パートナーは実に気楽です。服装、時間、勤務先、誰もとやかく言いません。ド素人がアプリの指示で直感的に稼働できます。

さらにパートナーセンターの休業でUberの中の人との対面の機会が減りました。登録からバッグ購入までネットで完結します。

Uber Eats のロゴ入り純正バッグは人気ですが、これも必須ではありません。バッグは配達パートナーの規定にない。ほかのサービスのバッグや市販のものがOKです。

foodpandaのバッグ
foodpandaのバッグ

このおかげでハングリーな海外の方々が多く活躍します。日本人は雨の日に出て来ない・・・

出前館の配達パートナーはここまでフリーダムではありません。従業員雇用のテンプレートの使い回しがほのかに漂います。

まず、配達パートナー登録の手順がなかなか煩雑です。

  • 研修動画
  • 自己採点チェック
  • WEB説明会
  • 拠点でレクチャー

個人的に薄暗い拠点の一角でレクチャーを受けるのに30分立ちっぱなしというのは?です。DiDiとかpandaはお茶を出してくれるのに・・・

それから、稼働時の縛りもまあまあ多めです。以下は出前館の公式のQ&Aの一部です。

  • ひげを剃れ
  • 髪型を整えろ
  • 爪を切れ
  • 短パンを履くな
  • 黒系統のズボンを履け
  • サンダルを履くな
  • 指定の帽子を被れ
  • アプリのスクショの公開はダメ!
  • スマイル!
出前館の指定帽子
出前館の指定帽子

Uber Eats の気軽さに慣れると、このような旧態依然の規定には微妙な気持ちを抱かずにいられません。

まあ、この縛りの多さが報酬の高さの裏返しでしょう。これをストレスに感じない人には出前館の配達パートナーはおすすめです。

出前館 vs Uber Eats のまとめ

出前館は日本発の出前サービス、Uber Eats はアメリカ発のライドシェアサービスのデリバリー部門です。

古株の国内企業らしく出前館の配達アプリの出来栄えは微妙です。業界標準はUberドライバーアプリです。

出前館の配達員は基本的にアルバイトですが、2020年5月から業務委託のパートナー登録が始まりました。

出前館の1件あたりの配達報酬はUber Eats の1.58倍です。瞬間的な稼ぎは確実にフードデリバリー業界トップです。1000円/1件も夢ではありません。

ただし、出前館一択はおすすめではありません。ほかのフードデリバリーとの掛け持ちが現実的です。

Uber Eats 登録の提出書類やバッグを出前館に流用して、効率的に配達パートナーデビューしましょう。

🚲 Uber Eatsで配達デビュー!

副業、お小遣い稼ぎ、ギグワークのデビューにはUber Eats がおすすめです。登録簡単、審査ゆるゆる、服装自由、そして、ストレスフリー!

🥫出前館で高額報酬!

出前館の魅力は圧倒的な高額報酬です。週末や祝日の増額で1000円/1回はもう普通です。掛け持ち推奨。

🍔東日本へ拡大中のDiDi Food!

大阪、神戸ではUber Eats や出前館よりDiDi Foodが元気です。安定の日跨ぎと雨ブーストがエグい!

Uber Eats
B4C