ゲーム実況におすすめの安いマイク FIFINE K669

スポンサーリンク

YouTube動画にアフレコで音声を挿れるためには、一般的にはマイク、オーディオインターフェース、ケーブルが必要です。

しかし、これらを全て揃えるとなると、安い物でもそれなりに費用がかかります。

Amazonで1番安くても約8,000円

ちょっと声を挿れるだけでいいのに、お値段8,000円~というのは初心者にとっては悩みどころ。

かと言って安い方から探していくと、オーディオインターフェース無しのPC直挿しが妥協点です。

安いけど音質が心配

その代償は音質に反映されます。この手のマイクは品質は元より、周囲のノイズを拾いやすいため、高音質での録音は難しいというレビューをよく見かけます。

では一体どうすればいいの?とマイク探しをしていると、最終的にはUSBマイクにたどり着きます。

USBマイクならオーディオインターフェース不要、かつ5,000円以下の低価格な商品が多いため費用を抑えられます。残る問題は音質です。

低価格なUSBマイクたち

聞いたことがないような謎メーカーばかりが並ぶため、どのメーカーが音質的に信頼できるのか全くわかりません。

レビューを読んでも良い評価と悪い評価が両極端でどこまで信じて良いのやら。レビューだけで地雷商品を判別するのは難しい……

コンデンサーマイク FIFNE K669の購入

こうなると、もはや実際に購入して試してみる以外に方法はありません。

そこで筆者はFIFINEというメーカーのコンデンサーマイク『K669』を購入してみました。

FIFINE K669の購入証明

実際に使用したところ、低価格でそれなりに品質が良く、万人におすすめできるマイクだなと感じたのでご紹介します。

FIFINE K669の開封

FIFINE K669の外箱

高価なコンデンサーマイクだと堅牢なケースに入っていたりしますが、FIFINE K669は紙製の化粧箱です。

別にケースが欲しくてマイクを買うわけではありませんので、問題はないかと思います。

ウェブサイトのURLが書かれたカード

開封して最初に現れたのは奇妙な形をしたカードです。サポート窓口のメールアドレスとウェブサイトのURLが記載されています。

ウェブサイトを確認してみましたが、FIFINEがどこの国のメーカーなのか、社長は誰か、資本金はいくらかみたいな企業情報は未記載でした。謎。

丁寧な挨拶文

裏面には「大切なお客様へ」と題された挨拶文が記載されています。少し日本語が怪しい箇所がありましたが、とても丁寧な文章で好感が持てました。

サポートに関しては安心できそうです。

取扱説明書はカラーです。紙質もペラペラではなくしっかりしています。

親切な説明書

内容も画像付きで分かりやすく非常に丁寧です。Windows用とMac用の説明が書いてありました。

マイク本体のチェック

FIFINE K669本体です。

K669本体

外装は金属製で、持ってみると小ぶりな割にずっしりとした重さを感じます。

マイクの重さはマイク自体の共振を抑える上でとても重要なので、重いほうが安心できます。

本体中央にボリュームノブがあります。このノブで音量調節ができます。電源スイッチやヘッドホンジャックはありません。

ネジ山は金属製

マイク本体には最初から「首振り」が付いています。ネジ径は3/8インチで金属製です。摩耗の心配はありません。

付属のミニ三脚

付属のミニ三脚です。100円均一並の安物品質かと思いきや、こちらも金属製でけっこうな重量があり、しっかりした造りです。

ミニ三脚を装着してデスク上に設置すると、思った以上に安定感があります。ちょっとやそっと小突いたくらいでは倒れません。

K669の佇まい

首振り部分が180°調節できるのですが、無茶な角度にしても自重で倒れてしまうことはありませんでした。

FIFINE K669のスペック

型番K669
型式コンデンサー型
指向性単一指向性
周波数特性20HZ-20KHZ
感度(0dB=1V/1Pa,1kHz)-34dB±30%(1kHz内)
負荷インピーダンス≧1000Ω
最大入力音圧レベル(1kHzTHD1%)130dB S.P.L
S/N比(1kHz,1Pa)78dB
電流3mA
電源5V USB電源(USB2.0)
マイクコード長さ180cm
重量マイク:約305g(マイクコード含み)
スタンド:約80g

FIFINE K669はコンデンサーマイクです。通常コンデンサーマイクというと48Vのファンタム電源が必要ですが、このマイクはUSBから電源を供給するためファンタム電源は不要です。

指向性は単一指向性。正面約130°範囲の音を拾いやすく設計されているようです。

実際の重さは314g

カタログスペックでは本体重量約305gとなっていますが、実際に計測したところ314gでした。

コンデンサーマイク FIFNE K669の使用感

FIFINE K669の音質

K669で録音する様子

肝心の音質ですが、一聴してすぐにわかるような明らかなノイズは無く、変にチューニングされた感じもなくて素直な音だと感じました。

言ってしまえば音質的に特筆すべき特徴は無いといったところです。低音から高音までフラットで、自分の声をそのまま表現してくれる忠実なマイクと言えます。

ただ高価なマイクと比べると奥行きが感じられず、良くも悪くも平坦な印象です。過度な期待はしない方が良いでしょう。

と言っても、比べなければ気にならないくらいの些細な問題です。

音量調節をする様子

ボリューム調整についてはMIN~MAXまで滑らかに音量調節ができ、ガリや割れはありませんでした。

自分の持っている他のマイクと比べ、心なしか音量を上げてもパソコンのファンノイズを拾いにくいなと感じました。

指向性が単一指向と狭いことが有利に働いていると思います。

FIFINE K669の良いところ

なんと言っても低価格なところです。筆者が購入した当時の価格は2,799円でした。

オーディオインターフェース不要で3,000円以下で手に入るのでコスパは最強です。音質も3,000円以下ならば文句のつけようがありません。

マイクが認識されている状態

それに「プラグアンドプレイ」という点も良いです。オーディオインターフェースの煩わしい設定なしに、PCに挿すだけですぐに使用できます。

さらにはオーディオインターフェースが不要なことでPCデスクがスッキリします。

マイクを使用しない時もUSBケーブルを引っこ抜くだけですぐに片付けられます。

高価なマイクだと保管や扱いに非常に気を使いますが、安価なので多少雑に扱っても大丈夫だろうという精神的な余裕が生まれるのも隠れたメリットです。

FIFINE K669の気になるところ

USBケーブルは抜けない仕様

USBケーブルはマイク本体から抜くことはできません。致命的なデメリットという訳ではありませんが気になります。

コンパクトに仕舞えない点と、ケーブルが劣化した時に交換できないという点がデメリットです。

YouTube向けコンデンサーマイクのまとめ

「YouTube動画にちょっと声を挿れるだけでいい」という用途であれば安価なUSBマイクが好適です。

残念ながら今回紹介したFIFINE K669は安価なUSBマイクではなくなってしまいましたが、似たコンセプトのマイクは多く存在します。

個人的にはオーディオインターフェース不要で、PCに挿すだけですぐに録音が可能という点が気に入っています。

★Uber Eats初回配達で1万円のチャンス★

Uber Eatsの配達パートナー紹介キャンペーンが復活しました。

当サイトから申し込みして、登録&初回配達完了した方には1万円を還元します。

招待コードをご希望の方は以下のフォームから申し込んでください。詳しい登録方法&1万円コード付きメールをお送りします。

YouTubeハック
シェア大歓迎!
スポンサーリンク
B4C