SRAM NX EAGLE 登場! 4万ぽっきり XDドライバーなしで12速が可能に 


オンロードではサカイのShimanoが主導権を持ちますが、オフロードではシカゴのSRAMがイニシアチブを握ります。ライバルに先んじて、12速のEAGLEシリーズを2016年から販売します。

 

2017年にはミドルグレードのGXシリーズが12速化して、アイコンのハヤブサの紋章をまといます。今や5万で12速化が可能です。

 

大穴NX EAGLE 12spd登場

 

2018年のトピックスはシマノの新型105と新型XTRに集中します。XTR M9100はシマノ初の12速コンポです。新型フリーボディ、新型ラチェット、BOOSTハブがわくわくを誘います。

 

一方のSRAMは無線電動のeTap Eagleの影をちらつかせながら、おおやけの発表を先延ばしにします。XTR発表にぶつけなかったのは意外でした。

 

で、その本命のわきから意外な新顔が登場します。入門グレードのSRAM NXがこそっとEgale化しちゃいました。4万の12速ドライブがにわかにおめみえします。

 

 

ハイコスパのNX

 

SRAMのMTBのグレードは最上級のXX1から最廉価のX5まであります。X5、X7などは安いMTBやクロスバイクにちょくちょく付きます。

 

で、NXは廉価グレードですが、そんなに安っぽいパーツでなく、競技用機材のはしくれになります。Shimano DeoreとSLXのあいだぐらいです。

 

NXのデビューは2016年です。ぼくはまっさきに取り寄せて、ミニベロの11速化に使いました。

 

SRAM NX トリガーシフター

SRAM NX トリガーシフター

 

で、デビューから二年が経って、こいつがはやばやEAGLE化します。入門用グレードがとうとう12速です。リアル11速時代終了のおしらせです、ちーん。

 

一般ユーザーにはeTap Eagleよりこっちの方が印象的でしょう。特大のおまけが付きます。

 

XDフリーなしで12速化!

 

変速数のアップデートの最大のネックは互換性です。ShimanoはXTR M9100用に新型フリーボディのHG+を発表しますし、SRAMはこれ以前からXDドライバーを出します。

 

Novatec ハブ とXDフリー

Novatec ハブとXDフリー

 

ロードバイクやクロスバイクのShimano/SRAMコンパチのフリーしか知らない人にはナニコレ系のパーツでしょう。これが2015年以降のオフロードの業界標準です。

 

カセットは1-2ピースの少数構成です。ギアがこまかくばらけません。この構造のおかげで軽量化と剛性アップ、そして、トップの小ギア化が可能になります。

 

SRAM XX1 PG 1199 ワンユニットのスプロケット

SRAM XX1 PG 1199 ワンユニットのスプロケット

 

で、SRAM NXグレードは例外的にこの1ピースユニットでなく、旧来のバラバラ方式です。シマスラコンパチのフリーボディ用です。チャクラムごっこがはかどります。

 

カセットばらし

カセットばらし

 

今回のNX EAGLEの12速カセットPG1230はこのおなじみのバラバラタイプになります。トップギアは11Tです。これがHGボディ用のギア歯の下限です。

 

内訳は11-13-15-17-19-22-25-28-32-36-42-50Tの12速です。ギア比は50/11=4.545です。上位のEAGLEシリーズの5レシオには及びませんが、十分なワイドレンジです。

 

なによりのポイントはシマノユーザーや旧ホイールの所持者が気軽に12速へグレードアップできることです。XDフリーやホイールの調達が不要です。

 

単体のフリーボディの入手はそこそこの手間暇です。海外の小さなストアからマイナーハブのオプションを見つけ出せる人は少数派です。

 

XDドライバフリーボディ

XDドライバフリーボディ

 

XDホイールのユーザーはカセットだけをGX EAGLEにして、シフターとメカとチェーンをNX EGALEにすれば、よりお安く12速化できます。

 

先行のGX EAGLEセットが500ドル前後、今回のNX EAGLEセットが400ドル前後です。この2年で12速=高級品のイメージは一気にうすれました。

 

新型のクランクセットとリングはちょっとチープです。そして、DUBモデルしかない。SRAM GXPとBB30はこのままお役御免のフェードアウトでしょうか?

 

まあ、オフロードにはCNCブランドのCOOLなサードパーティのクランクやチェーンリングがわさわさあります。Wolf Toothがクランクを出さんかな~?

 

互換性、価格で12速化をしぶる理由がなくなります。11速キープをがんばるのはピュアシマノユーザーばかりでしょう。が、XTRは高価だし、新型フリーだし。

 

割安なShimano XT M8100を待つ? でも、来年以降にはSRAMの13速化がカウントダウンに入ります。暗黙の14速まではこのいたちごっこサイクルが続きます。

 

クロスバイクやミニベロが12速化?

 

ところで、NX EAGLEのPG1230カセットを使えば、クロスバイクやミニベロや折り畳み自転車やグラベルバイクを手軽に12速化できてしまいます。SUNRACE以外でな!

 

ミニベロのメガレンジはネタみたいなもんですが、オールロードのでかギアはそこそこ実用的です。小径車には10Tや9Tのトップギアのが有効です。

 

それから、そろそろSRAM以外のXD用の12速カセットが出ませんかね~、e*thirteenかHOPEか。SUNRACEのやつはHG用だし。

 

個人的にe*thirteenに期待しましょう、シマノ越えの9-52Tを!

 

FacebookでシェアはてなブックマークgoogleプラスWelcome Your Share

ブログ村自転車バナー