フーデリ界最強の配達報酬は出前館!

SRAM DUB 新型クランクのスピンドルは未知の領域28.99mm!

🚲Uber Eatsで配達デビュー!

副業、お小遣い稼ぎ、ギグワークのデビューにはUber Eats がおすすめです。登録簡単、審査ゆるゆる、服装自由、そして、ストレスフリー!

🥫出前館で高額報酬!

Uber Eats の2倍、3倍は当たり前! 土日の報酬がざらに1000円を超えるのが出前館の配達員です。

🍔全国へ拡大中のDiDi Food!

大阪、神戸ではUber Eats や出前館よりDiDi Foodが元気です。安定の日跨ぎと雨ブーストがエグい!

堺のシマノ、ヴィツェンツァのカンパニョーロ、シカゴのSRAMが世界三大総合自転車パーツ企業です。

シマノはオンロードで圧倒的なシェアを持ち、SRAMはオフロードでイニシアチブを取り、カンパは高級路線でファンを持ちます。

うちのSRAMの専売特許はフロントシングルの1xのドライブトレインです。フロント変速でシマノに勝てなかった同社がフロントを「えいや!」て完全に取っ払って、軽量化に心血を注ぎました。

結果的にこれが大成功を収めて、オフロードの勢力図ががらっと変わります。そして、イケイケのSRAMは12速ドライブトレインEAGLE、電動無線eTap、BOOSTなどを意欲的に発表します。

混迷のBB

自転車パーツは不統一な混迷の世界です。チャリの草創期からヤードの英とメートルの仏が火花を散らします。後日、われらのアメリカが第三の母国になり、火に油をそそぎます。

700c、29er、ETRTO622、いずれが同じサイズのホイールないしリムです。ETRTO統一後でさえ英系のインチ換算と仏系のセンチ換算ではビミョーな誤差が出るとかします。もはや乱立は伝統です。

自転車のBB、ボトムブラケットはそのCONSな伝統を完全に引き継ぎます。うちの別記事にまとめがあります、不完全ですが。→BBことボトムブラケットの規格一覧 刻一刻と増殖し続ける自転車パーツ

変速機、ドライブトレイン、シフターは3大メーカー+数社の寡占です。最近、ROTORやFSAが飛び道具的なグループセットを発表します。が、伝統的なものじゃありません。

しかし、クランクはBBに準拠しまして、BBはフレームに準拠します。伝統的には変速屋はフレームを手がけません。フレーム作りは自転車ブランドの仕事です。自転車ブランド=フレーム屋さんです。

で、自転車ブランドは理想の車体のためにフレームを設計しますし、その延長でBBを設計しますし、そのさらに延長でクランクをも設計します。フォークとヘッドセットもこの流れに通じます。

また、同じブランド内の別規格はふつうです。自転車ジャンルが細分化しまして、フレームが細分化しまして、BBが細分化します。

カムバック、スクエアテーパー!

スクエアBBトリオ
スクエアBBトリオ

不滅のBB30

自転車ブランドの独自BBの先駆者はアメリカ御三家のキャノンデールです。同社のBB30は独自BBの永遠の金字塔です。

あなたのわたしのBB30
あなたのわたしのBB30

BB30のクランクのシャフトは中空の30mmです。スペシャライズドのOSBBとコンパチのようです。ワイドなBB86やBB92には付きません。シャフトの長さが不足します。

改良版のBB30AやPF30A、ファットバイク用のBB30XLなどがあります。BB30は叩かれても叩かれても滅びません。不死鳥のようによみがえります。

このほか、TREKのBB90、CerveloやFactorのBBright、スペシャラのOSBB、ColnagoのThreadFit 82.5、LOOKのBB65などがあります。

はたまた、サードパーティのパーツブランドがいろんなクランクとBBを手掛けます。ROTOR、RACEFACE、Ethirteen、HOPE、FSA・・・

SRAMのBBはGXP

もちろん、変速御三家のBBは別々です。シマノはホローテックII、カンパはウルトラトルク、そして、SRAMはGXPです。

このGXPのクランクの軸は左右非対称です。片一方が24mmで、もう一方が22mです。この2mmのギャップのために左右24mmのシマノBBと互換しません。

正直、このGXPの人気はいまいちです。おとくいのオフロードのクランクはRACEFACEとかのサードパーティに押されます。

生粋のSRAMファンのぼくさえがSRAMの純正クランクにぴんと来ず、RACEFACE ALTAS Cinchを買いました。XX1 EAGLEシリーズに165サイズのオプションがなかったし。

RACEFACE ATLAS Cinch 左右アーム
RACEFACE ATLAS Cinch 左右アーム

あと、スクエアや22mmや24mmのスピンドルはぜんぜん剛性不足です。立ちこぎでチクワみたいにへにゃへにゃたわむ。軸の大口径化は正解です。

そして、BSAのねじ切りBBはベアリングをシェル内に納められません。これもなんかなよっとして、ソリッドさに欠けて、ぼく的にはいまいちです。

また、ねじ切りBBの精度や整備性はフェイシングやタッピングによります。この二つありきの整備性はそんなによろしくありません。

新型BB、その名はdub

そのGXPのSRAMが新しいBB規格を発表しました。SRAM dubです。

SRAM DUB
SRAM DUB

Durable Ultimate Bottombtacketかなんかの略称でしょう。※Drable Unifield Bottombracketです。読みはダブ! モイスチャーケアのシャンプーを思い浮かべるのはぼくだけだあ?

クランク軸径は28.99mm

上記のようにGXPのクランクのスピンドルの太さはアシンメトリックの22-24mmです。で、新型DUBのクランクは28.99mmです。未知の数字です。BBの歴史に新しい1ページが刻まれました!

とうぜん、DUBクランクのシャフト受け=DUBボトムブラケットのベアリングカップの内径は28.99mmになります。GXPとの互換性はありません。

単純に外径が太くなれば、強度が上がります。旧来のGXPからの剛性アップがキャッチコピーです。が、30mm軸のROTOR、RACEFACE、FSAには数値の上では及びません。

BB30、PF30、BSA、PFBBフレームに対応

DUB規格のBBのローンチモデルは4種類です。BB30、PF30、BSAねじきり、PFBBフレーム用です。金属フレームのねじ切りシェルからカーボンフレームの圧入ハンガーまでカバーします。

これはうちのKONAのMTBのカーボンフレームのBB受けです。ワイドなBB92です。

BBチューブ スレッドなし=PF
BBチューブ スレッドなし=PF

じゃあ、このフレームの対応モデルはPFBB用のdub BBになります。

PFBB以外のベアリングは外だし

この4種のdubのBBのなかでPFBBだけがベアリングカップをシェル内に納めます。 ほかの3モデルのベアリングカップはフレームの外にはみ出て、ぼてっと出っ張ります。

うーん、これはどうでしょう? 個人的にベアリングの外だしもっこりはNGです。シェル内に収める方が好印象です。

このぴたっとしたセミツライチのルックスがGOOOD!!!です。

左右ともグラタン圧入
左右ともグラタン圧入

30mmのRACEFACEのクランクとBBのがあきらかにタフですし、ROTORやFSAやBBとコンパチブルですし・・・DUBの28.99mmの必然性が?です。独自さのための独自さの色合いが濃くなります。

GXPの剛性に不満を覚える熱心なSRAMファンやアタラシモノズキがこのdubを歓迎しましょう。そして、XX1 EAGLEの165サイズがまたもや出ない・・・

既存の内径30mmのBBとのアダプターみたいなものがどっかのメーカーから出る? BB周りのアダプターはビミョーなところです。1.01mmのせいで互換がありません。

「最上位のDUBセットはRACEFACE NEXT SLより軽量だ!」てのが最大のキャッチコピーのようです。まあ、軸が細身ですから。

クランク単品で勝負できるなら、30mmスピンドルを堂々とぶつけませんけ? か、32mmをください!

dubは2月、3月から順次に市場に出ます。GX EAGLE DUBの165サイズを買いますか~? 鍛造のATLASがベリータフネスで、ぜんぜんへたりませんけど、ははは。

て、なんだかんだ文句をゆいながら、SRAM dubを購入しちゃった!

SRAM GX EAGLE DUB クランク 165mm
SRAM GX EAGLE DUB クランク 165mm

dubサイコー!

🥫出前館で高額報酬!

出前館の魅力は圧倒的な高額報酬です。週末や祝日の増額で1000円/1回はもう普通です。掛け持ち推奨。

🚲 Uber Eatsで配達デビュー!

副業、お小遣い稼ぎ、ギグワークのデビューにはUber Eats がおすすめです。登録簡単、審査ゆるゆる、服装自由、そして、ストレスフリー!

🍔東日本へ拡大中のDiDi Food!

大阪、神戸ではUber Eats や出前館よりDiDi Foodが元気です。安定の日跨ぎと雨ブーストがエグい!

📱最強のポイ活はSIM契約💰

とにかく手軽なポイ活を探して辿り着いたのがLINEMOです。事務手数料や解約料が0円! キャリアからの乗り換えも普通にお得です。今なら新規のSIM契約だけで10000円分のPaypayを貰えます。

自転車パーツ


B4C