ロードバイクで尻が痛い! 擦れ 腫れ 痺れ 痔…慣れで片付くはずもなし


一般ピーポーがスポーツバイクにのります。あこがれの100万のロードバイクに試乗するぞ、うおー!

 

カンパニョーロディスクロード

 

「サドル、かたすぎ・・・」

 

 


『慣れ』てゆうおまじない

 

ママチャリ、シティサイクルのスプリング付きふかふかサドルしか知らない常人にはスポーツバイクのかたさは衝撃的です。百年の恋が冷める。

 

現実問題、過半数のライトユーザーはこのサドルのかたさ、のりごこちの悪さに絶句して、サイクリストへの道をとざされます。チャリダーの最初の関門です。

 

しかも、たのもしき先人たちは「じきに慣れるよ」て昭和スポ根風の古代のおまじないしかとなえません。こうゆうしらじらしい精神論は現代にははやりません。

 

そして、慣れる慣れるとのたまう人々が尻の痛みになやまされて、サドルえらびの迷宮にまよいこみます。ケツのトラブルは自転車乗りの職業病です。

 

おまじないの実態は、

 

「じきに慣れるよ。(完全には克服できへんけどな!)」

 

です。後半部分が大人の事情で脱落します。いとしきチャリのデメリットを知らしめたがらない。くれぐれこの前時代的な呪文とそれを結論にもってくる人間をうのみにしない。スポーツをさせられます。

 

これを根本的に解決できる手段はリカンベントばかりです。

 

USAなリカンベント

 

自転車の尻の痛みの種類

 

自転車は三点支持てよくゆわれます。手、足、尻の3つの点で身体を支える。

 

三点支持

 

げんみつには両手、両足、両尻の6点支持です。必然的にこの三か所の負担が大です。つぎが目、肩、首です。

 

で、サイクリングは長丁場のアウトドアです。一時間や二時間では支障が出ずとも、半日一日では疲労がちくせきして、不調が表面化します。

 

またずれ、けつずれ

 

自転車の主要なモーションはペダリングです。これはちいさなモーションの繰り返しです。ゆったりペースで午後のポタリングの総ペダリング数を算出しましょう。

 

ペダリング80回/1分x60分x6時間=28800回

 

です。10kmランニングはせいぜい10000歩、ウォーキングは15000歩です。サイクリングの平均的な目安のモーションの反復回数のおおさが目をひきます。

 

反面、一回の動作の身体への負荷はマイルドです。同様の長丁場アウトドアのハイキングやトレイルランより強度は低です。

 

しかしながら、ひとつの部位だけは必要以上に負荷を受けます。臀部の皮膚、ヒップスキン、尻の皮でです。くつずれ、またずれのケツver、けつずれがおうおうに生じます。

 

けつずれの箇所

 

ヒュー、セクシー! て、しゃれじゃありません。このケツずれはしんこくです。

 

ズボンやショーツは汗でむれます。で、ケツにべたってへばりつきます。で、サドルにおしつけられます。ぬれ布巾で何時間、何万回と肌をこするようなものです。おはだのライフはゼロになります。

 

げんにここの摩擦力は3点支持の中ではぴか一です。ジーパンチャリダーはこの部位だけを局部的に消耗してしまいます。じょうぶな503や501が一年でへたります。ちーん。

 

ジーパンの股ずれ

 

と、右足のすそですね。部位的にはウォーキングのまたずれの箇所よりちょいうしろです。案の定、デニム地の摩擦力は最大です。ケツがまじでけずれます、ははは。

 

このまたずれ、けつずれはその日にはもう治りません。クッションをあつくしても、ズボンをかさねばきしても、根本的に解決できない。

 

ビワイチゴール!

 

ぼくはここから立ちこぎ、立ちのりで大阪までかえりました。50kmです。じゃあ、ケツのツケがつまさきにどーんと来て、くつずれと鬱血が発動しました。

 

対策は潤滑クリーム、メッシュサポーター、こまめな休憩などです。

 

おでき

 

自転車にながくのると、なんらかの支障をまぬがれません。ケツの皮は無傷ではいられない。しんこくなデロデロにならなくとも、多少のダメージを受けます。

 

で、この擦り傷や雑菌がきっかけでポツポツ、ブツブツ、できもの、はれものはよくできます。だいたい特定の場所にブツって、ポツってできます。キノコか。で、こいつがよく化膿しやがる。

 

しつこいおでき

 

うーん、描いててげんなりします。いたみがよみがえる~。

 

できもの、はれものの痛みはピンポイントでダイレクトです。ほかの部分がピンピンであっても、一個のちっこいおできがかいてきサイクリングをはばみます。

 

で、そこに体重をかけまいとすると、ほかの部分をブラックにこくししてしまいます。半身ですわりこぎはむりげーです。

 

対策はケツ毛の全ぞりです。風通しがよくなって、大と汗がつきにくくなります。で、雑菌がへります。

 

すねをつるつるにした剃刀でケツをつるつるにしましょう。むだ毛はサイクリストの敵です。てか、眉毛と睫毛と頭毛以外は現代人には不要でしょうよ。

 

ずぼらなサイクリストのもとではけつずれ対策の潤滑クリームがわりに雑菌の温床です。きれいなガーゼでクリームを取らない。指でしゃっとやってしまう。二度塗り、二度漬けは一発レッドです。

 

しびれ

 

しびれの原因は血行不良です。血液の循環が悪くなると、その部分がしびれます。典型例が正座です。あれは一種の拷問だ。

 

で、自転車ではしびれは臀部より陰部によく出ます。男子ではケツホールとゴールデンボールのあいだ、女子ではケツホールとフェミーナ軟膏ゾーンのあいだです。この部分には血管が集中します。

 

血行不良はとくにめずらしい症状ではありません。対策は血をめぐらせることです。たちこぎ、たちのり、下車、ストレッチが特効薬です。

 

根本的な解決策はサドルや姿勢です。人生でぴったりのシューズやチェアに出会うのはかんたんではありませんが、ぴったりのサドルに出会うのはさらに難題です。

 

フィッティングサービスやレンタルがそこそこ普及しますが、所詮スポーツサドルは既製品のレディメイドです。100点のものは存在しませんし、ママチャリサドルよりかいてきなものも存在しません。

 

シューズやポジション込みで80-90点をめざすのが現実的です。サドル一点張りで90点以上を求めると、とたんにコスパのいちじるしい悪化におそわれます。

 

この80点を85点にするのに『慣れ』て発想は分かります。頭ごなしに慣れ慣れゆうのはパワハラです。慣れ慣れ詐欺だ。ブラックな部活のりのはじまりです。おそろしー!

 

手軽な対策は穴あきサドルです。

 

ゲル入りサドル

 

エルゴノミックスですね。

 

 

痔は広義にはケツのできものの全般です。しかし、この定義には切れ痔が入りません。二強の一角が! 定番はいぼ痔と切れ痔です。

 

痔の原因は血行不良です。てことは、しびれは痔への第一歩です。自転車乗りはこれを避けれません。みながその可能性を秘めます。

 

ボラギノールをぬるか、お医者さんにかけこみましょう。

 

【指定第2類医薬品】ボラギノールA軟膏 20g
  • ボラギノール
  • 価格   ¥ 1,080 ¥ 1,512
  • 販売者 Amazon.co.jp
購入はこちら