ゲームボーイカセットの修理 特殊ねじ用ドライバーで分解&電池交換

先日よりYoutubeでゲームの実況をはじめまして、レトロゲームをちょくちょくいじります。

 

また、ポケモンGOからポケモン熱が高まりまして、リアルタイムでやった第一世代~第三世代が恋しくなり、赤銀サファイアがめでたくゲットされました。3つで540円。

 

ポケモン3本

ポケモン3本

 

ROMカセットの宿命、バッテリー切れ

 

かつて、ゲームソフトは『カセット』と呼ばれました。ファミコン、スーファミ、ゲームボーイがこれです。

 

その後、ゲームはCDやDVDになり、いまではDLCやクラウドになります。ものが手元にない。

 

ところで、初期のゲームカセットはオールインワンの小型PCのようなものです。全部の機能がここにある。

 

セーブデータはソフト=カセットに依存します。ハード=本体は記憶機能を持たない。以上のような理由からカセットは高額でした。

 

もっとも、初期のゲームにはセーブ機能がありませんけど。仮面ライダー倶楽部とか仮面ライダー倶楽部とか仮面ライダー倶楽部とか。

 

バッテリー寿命は5年くらい

 

カセットのバッテリー、ボタン電池の寿命はせいぜい5年です。つまり、レトロゲーのカセットのセーブデータは壊滅的です。

 

しかし、冒頭の2本のポケモンのうちのひとつはふつうに起動して、セーブデータをおがめます。

 

ポケモン赤のセーブデータ

ポケモン赤のセーブデータ

 

バッジと図鑑がコンプです。手持ちにミュウがごろごろいました。期待通りのセーブデータだ!

 

初代赤の販売は1996年です。20年以上が経過します。しかし、セーブデータは健在です。つまり、バッテリーが健在だ。どうゆうことだあ?

 

一方、第二世代のポケモン銀はこんなです。

 

ポケモン銀セーブない

ポケモン銀セーブない

 

『つづきから はじめる』がありません。たのしみが失せました。そして、さいしょから はじめて、レポートを取って、リセットをすると、おなじ画面を望めます。

 

電池切れ確定!

 

ただし、ゲームプレーは可能です。基盤の損傷はない。仮面ライダー倶楽部なみにセーブなしでぶっつづけでやれば、ポケモンマスターになれます。

 

が、おとなしく電池交換に挑戦しましょう。

 

ゲームボーイカセットのねじは特殊

 

ゲームボーイカセットの分解はかんたんです。裏蓋のねじをちょちょと外します。しかし、このねじが特殊タイプだ。

 

ゲームボーイカセットのねじ

ゲームボーイカセットのねじ

 

いたずら防止系のヘンテコボルトです。ラジオペンチやほそい棒でぐりぐりやっても外せません。

 

特殊ボルトには特殊ドライバーです。こんなです。

 

 

これの3.8mmがゲームボーイカセット用です。ちなみにぼくは柄なしのビットを海外通販で買いました。

 

アマゾンのおなじものも海外発送でしょう。配送日数は10日コースになります。せっかちな人は柄ありの国内在庫分を買いましょう。

 

これでねじを外します。固定はそんなにつよくありません。土台がプラスチックのケースですし。

 

ねじはずし

ねじはずし

 

表側をスライドさせる

 

ねじを外したら、ケースをぱかってします。むりやりこじ開けない。かくじつにバキッて壊します。

 

こんなふうに表蓋を端子側へスライドさせます。

 

表側を端子側にスライドさせる

表側を端子側にスライドさせる

 

カセットの中身の基盤が現れます。

 

ゲームボーイROMの中身

ゲームボーイROMの中身

 

右上の丸いのがバッテリーです。ザ・ふつうのボタン電池です。ポケモン銀のやつはCR2025でした。赤はCR1616でした。ちなみにボタン電池の数値はサイズと厚みです。

 

1616も2025も100円ショップにあります。24時間営業の100円ローソンがべんりです。

 

電池をはずす

 

では、電池をはずしましょう。ここからの作業はすこし神経質です。

 

工具は以下です。

 

  • カッター
  • ラジオペンチ
  • テープ

 

こだわり派はテープを使わず、ハンダを使って、端子を溶接しなおします。が、一般人はそんなに手間をかけられません。ふつうにテープを使いましょう。

 

カッターでボタン電池の端子をはずす

カッターでボタン電池の端子をはずす

 

薄い端子が電池の裏表にぴたっと貼り付きます。カッターやかみそりの刃でぺりぺりはがします。

 

と、ここが山場です。端子の溶接外しです。

 

溶接をちぎる

溶接をちぎる

 

まんなかのところに2か所のポイント溶接があります。これはカッターで切れません。ラジオペンチが役立ちます。

 

裏側です。こっちのはがしが難題です。

 

裏側端子

裏側端子

 

あと、ボタン電池のサイドに黄色いカバーが見えます。ボタン電池のサイドは基本的に+です。このカバーはショート防止ですね。

 

それから、電池をペンチで直掴みするのはかんばしくありません。神経質なA型さんはあて布をしましょう。

 

端子がちぎれる

 

おおざっぱなO型さんのDIYはすんなりといきません。ついつい力任せにぐいぐいやって、裏側の端子を基盤からひきちぎってしまいました。

 

端子が基板からちぎれた!

端子が基板からちぎれた!

 

オーマイガー!

 

あいにくとはんだごてはうちにはありません。ダメもとで接着剤とテープでくっつけます。

 

テープでくっつけた

テープでくっつけた

 

屈指のざつさです。ちなみにCR1616やCR2032を載せても、ふつうに使えます。電圧とかは一緒ぽいです。

 

起動してみる

 

一抹の不安を覚えつつ、このミイラのようなカセットをゲームキューブのゲームボーイアダプターにぶっさします。

 

ポケモン銀OP

ポケモン銀OP

 

起動はOKです。レポートをとって、リセットを押します。どきどきの瞬間です。

 

レポート

レポート

 

つづきからがふっかつした!

つづきからがふっかつした!

 

つづきからが ふっかつした!

 

結論

 

端子をぶっちぎっても、テープでざつにくっつけても、ふつうに修理できた。

 

タイトルとURLをコピーしました