ロードバイクのおすすめホイールベスト10 3万~5万円の価格がホット!


ロードバイクの改造・カスタムでまっさきに上がるのがホイールです。エントリーから中級車向け、10万~30万までの完成車に付属するホイールはだいたいおまけです。

 

てゆうより、ホイールだけがフレームとコンポに見劣りします。完成車付きのホイールは実売1万前後の純正ホイールか、各パーツ屋の補修用クラスの低レベホイールですね。鉄下駄、てゆう不名誉な通り名がありますね。

 

GIANT純正ホイール formulaハブ

GIANT純正ホイール formulaハブ

 

悪いものじゃありませんが、なおさらに良いもんじゃありません。ほんの少しの勇気とお金を出して、3万~のホイールにすれば、ウキウキハッピーデーになれます。

 

また、足元のふんいきががらっと変わって、チャリのルックスがしぴっと際立ちます。おしゃれは足元からだあ!

 

ホイールの交換はロードバイクのカスタムやメンテのなかで簡単な部類です。初歩といわれるパンク修理やタイヤ交換より楽ですね。まあ、結果的にスプロケットの着脱やタイヤのセットは必要ですが。

 

てなわけで、定番・人気・おすすめホイールをすらっと紹介しましょう。

 

 

アルミとカーボンが主流

 

その前にロードバイクのホイールの特徴を説明します。材質はアルミかカーボンです。ここでいうアルミ=アルミ合金のことです。Alloyてやつですね。金属です。

 

カーボンはカーボンファイバーのことですね。アクリルを1000度の超高温で黒焦げにしたものです。こっちは樹脂ですね。

 

基本的にアルミホイールよりカーボンホイールのが高価で高性能です。ロードバイクのレース用の最高機材はほぼカーボンですね。

 

MTBやBMXはまた別です。カーボンは軽量で強固ですが衝撃にはそんなに強くありません。跳んだり跳ねたり投げたりのアクティブジャンルなチャリパーツには金属系のものが採用されます。

 

古いチャリや安ーーーいチャリのホイールはザ・鉄ですね。鉄ホイールはヘビー級ですし、簡単にサビますし、流しの不用品回収業者にすら敬遠されます。粗大ゴミです。

 

 

ホイールの各部の名称

 

外側のワッかはリムですね。針金みたいないっぱいのやつはスポークです。中心軸のくるくる回るのがハブです。これらの合体形がホイールです。

 

各パーツはゾイドみたいにばらけます。たっしゃな人はパーツを取り寄せて、自分でDIYホイールを組み立てちゃいます。

 

この手組みホイールは全世紀末頃まで活況でしたが、ここ十数年ですっかり廃れました。メーカーの工場組みのホイールが飛躍的に向上しましたので。

 

が、オフロードバイク、MTBの手組みホイールはまだまだ活況です。オフロードバイクのバラエティーはロードバイクの比じゃありません。

 

メーカーのパッケージホイールを買うより自分のバイクの規格と用途にマッチするホイールをストアにセミオーダーするのがスタンダードですね。

 

外側のワッか=リムの高さで用途がビミョーに異なります。

 

ディープリムの見た目のギャップ

ディープリムの見た目のギャップ

 

左から右にリム高が大きくなります。C=mmです。50mm以上のものがディープリムと言われます。40mm前後はセミディープですね。

 

24mm前後のものはとくに言及されません、ザ・ふつうです。それ以下のものはローハイト、ロープロファイルと呼ばれます。

 

長所だけを端的に説明しますと、ディープリムはトップスピードと高速維持に有利で、ふつうホイールは万能型、ロープロはストップ&ゴーの細かい加速と上りに有利です。

 

あとは見た目ですね。ディープリムは問答無用でいかつくロックになります。素材はカーボンになりますから、地の色は真っ黒になっちゃいます。

 

タイヤのタイプ

 

タイヤにはチューブラーとチューブレスとクリンチャーがあります。TUFOが独自のチューブラークリンチャーてのをしますね。まあ、キワモノです。

 

クリンチャーはママチャリやブリジストンと同じです。ゴムチューブをタイヤに入れて空気を入れるタイプです。主流です。

 

チューブレスはクリンチャーからチューブをなくした仕組みです。タイヤとリムが空気を閉じ込めます。

 

チューブラー クリンチャー チューブレス断面図

チューブラー クリンチャー チューブレス断面図

 

オンロードバイクの定番はクリンチャーですね。MTBのスタンダードはチューブレスです。チューブラーはレース用、競技用で、一般的じゃありません。

 

最後の項目はフリーボディですね。リアホイールの軸のドライブ側のやつです。

 

SRAM/シマノフリーボディ

SRAM/シマノフリーボディ

 

オンロードではこのSRAM/シマノモデルがスタンダードメジャーです。Campagnoloモデルと間違わないように。海外ストアの利用の際にはオプションをよーくチェックしましょう。

 

不要なホイールの処分方法は?

 

さて、めでたく新ホイールを買って、純正or安ホイールをえいやと外しました。どうしましょう? ヤフオクやメリカリで出品する。

 

しかし、お古の安ホイールてのはなかなか不穏なアイテムです。半年から使ったのはもうジャンク扱いですね。二束三文です。

 

それで事故られて難癖つけられるのは愉快じゃありません。ノークレームノーリターンてマイルールはまかり通りません。

 

さらに大型製品で梱包や配送の手続きがめんどうです。安もんのジャンク品のゆうパックorヤマトの着払いのノークレームノーリターンみたいなもんをどこのお人よしが落札しますかいな。

 

型番年式明記、掃除、傷チェック、グリスメンテぐらいは最低限のマナー的に必要でしょう。

 

もしものときの予備用→べランダでサビサビです。処分するならさっさとバラしましょう。スポークをばっつんすれば、ハブとリムに分けられます。

 

リムはアルミです、目方でなんぼ。ながしの資材屋に回収させるか、町の鉄くず屋さんに持ち込みましょう。グッドリサイクル!

 

ちなみにわが大阪では指定ゴミ袋に入る自転車部品は不燃ごみになりますね。たいていのものはOKです。

 

3万円以下のおすすめホイール

 

ホイールの実売の区分はだいたい~3万、~5万、~10万てところです。基本的に商品のコスパは価格の上昇ごとに悪くなります。結局、5万前後がグッドバランスですね。

 

が、3万以下のホイールはわりにあなどれません。この価格帯のホイールが完成車のおまけみたいの域を越えられます。

 

これはフルクラムのレーシング5です。

 

 

 

 Fulcrum Racing 5 LG Road Wheelset 2017

Fulcrum Racing 5 LG Road Wheelset 2017

定価 34054円
割引 30%
特価 23826円

※2016/11/14 06:12:49のchainreactioncycles.comの価格

 

3万以下ホイールの定番ですね。レーシングナンバーシリーズは7、5、4、3、0とあって、これは下から二番目のエントリーホイールです。欠番の数字は過去モデルや廃盤モデルです。

 

このLGのリムの内幅は17mmで、トレンディーな25Cタイヤにベストマッチします。気軽に楽ちんに走れる今時のロードホイールですね。

 

で、1ランク上のQuattroはこんなです。

 

 Fulcrum Racing Quattro LG Road Wheels 2017

Fulcrum Racing Quattro LG Road Wheels 2017

定価 41699円
割引 33%
特価 28031円

※2016/11/14 06:19:26のchainreactioncycles.comの価格

 

違いは重さですね。高いグレードは軽くなります。

 

カンパニョーロのVENTOです。

 

 Campagnolo Vento Asymmetric G3 Road Wheelset 2017

Campagnolo Vento Asymmetric G3 Road Wheelset 2017

定価 3641736973円
割引 24%
特価 28031円

※2016/11/14 06:23:38のchainreactioncycles.comの価格

 

カンパニョーロとフルクラムは姉妹会社です。ホイールの性能、価格、グレードの分け方なんかはそっくりです。このVENTOはレーシング5と同等ですね。

 

もちろん、価格は時期や在庫やセールでばらばらです。上のグレードが下のグレードより安くなるとかは日常茶飯事です。パーツの価格はキャベツやねぎ並みにころころ変わります。たまごみたいな安定価格じゃありません。

 

アメリカのカリフォルニアのしにせチューブ屋のEASTONのEAホイールです。

 

 Easton EA70 Road Wheelset 2016

Easton EA70 Road Wheelset 2016

定価 52819円
割引 44%
特価 29677円

※2016/11/14 06:42:02のchainreactioncycles.comの価格

 

EASTONは野球の金属バットやアーチェリーのアローなんかのスポーツ用品のシェアを持ちます。

 

自転車パーツの大半は中空の金属カーボン部品=チューブです。チューブ屋なしに自転車ブランドは成り立ちません。

 

じゃあ、素材屋EASTONのホイールは肉屋のコロッケみたいなものですね。チャリメーカー専業じゃありませんが、品質は最高クラスです。お肉一杯ジューシーコロッケ! いや、この肉汁はもうメンチカツだあ!

 

某有名自転車ブランドのホイールがEASTON製だとかします。ミズノの金属バットもEASTON製ですしね。見た目の華はイタリアーンなカンパやフルクラムに劣りますが、性能は引けを取りません。

 

5万円以下のおすすめホイール

 

5万以下は激戦区です。アルミホイールのホットゾーンですね。有力候補がひしめき合います。

 

まずはCampagnolo Zonda、カンパのゾンダです。名実共に人気ベストワンホイールですね。

 

 Campagnolo Zonda Road Wheelset - 2 Way Fit 2016

Campagnolo Zonda Road Wheelset – 2 Way Fit 2016

定価 67136円
割引 32%
特価 45410円

※2016/11/14 14:54:11のchainreactioncycles.comの価格

 

これは2016モデルです。今期の新型2017からリムはC17ですが、この型落ちのリムはC15です。ベストなタイヤ幅は23Cになります。すこし前のきゃしゃ細系タイヤですね。ややトレンド遅れです。

 

それから、カンパとフルクラムの2Way Fitてモデルはチューブレスとクリンチャーの両方に対応します。空気ゴムチューブを入れても入れなくても使えます。

 

ただ、クリンチャー専用モデルより割高です。さらにチューブレス化はちょっと一手間ですから、クリンチャー専用モデルの方が万人向けでポピュラーです。でも、そっちは売り切れです。今期モデルは5万オーバーですし。

 

Zondaの永遠のライバルがフルクラムのRacing 3です。

 

 Fulcrum Racing 3 Road Wheelset 2017

Fulcrum Racing 3 Road Wheelset 2017

定価 62549円
割引 33%
特価 42046円

※2016/11/14 15:02:01のchainreactioncycles.comの価格

 

これは最新型のクリンチャーモデルですね。トレンディーで高性能でお手軽です。これとゾンダがこの価格のホイールの二強ツートップです。

 

カンパとフルクラムの大きな差はリアホイールのスポークの組み方、そして、ホイールの性格ですね。

 

カンパG3 フルクラム2to1 リアホイールのスポークレイアウトの違い

カンパG3 フルクラム2to1 リアホイールのスポークレイアウトの違い

 

スポークの数はともに21本です。が、3本1セットのあいだの間隔がちがいますね。カンパのG3は局所的、フルクラムの2to1は均等的です。

 

はい、傘の骨を思い浮かべましょうか。骨の数が均一で多ければ、傘布の張りがしっかりします。逆に骨がすかすかであれば、張りはゆるくなります。

 

てことで、カンパのG3のリムはフルクラムの2to1より柔らかくなります。あいだのところのテンションがソフトです。

 

性格的にカンパ=マイルドほんわか、フルクラム=しゃきしゃきかっちり、てよく言われますね。ホイールの骨に値するスポークの張り方の差ですわ。

 

これは運動靴のソールの硬さの差みたいなものでしょう。反発系のハードソールが好み、クッション系のソフトソールが楽ちん、好みはそれぞれです。

 

こちらはわれらのなにわの自転車&釣具の大手、シマノのホイールです。

 

 Shimano Ultegra 6800 Road Wheelset

Shimano Ultegra 6800 Road Wheelset

定価 59074円
割引 46%
特価 32099円

※2016/11/14 15:13:07のchainreactioncycles.comの価格

 

地味ホイールの代表選手ですね。素材屋のイーストンに匹敵する地味さです。華はありませんが、価格と性能はグッドです。

 

位置づけ的にミズノのウォーキングシューズ、学校指定の部活のジャージですか。まあ、ファッショナブルじゃありません。ビジネスマンホイール、公務員ホイールです。業務用機材ですか。

 

つぎは大穴のKinesis Racelightです。

 

 Kinesis Racelight Road Wheelset 2016

Kinesis Racelight Road Wheelset 2016

定価 41699円
割引 9%
特価 37841円

※2016/11/14 15:21:25のchainreactioncycles.comの価格

 

Kinesisは台湾のメーカーですね。大手自転車ブランドのOEMをします。フレーム、ホイール、溶接系のパーツが大得意です。

 

これは3万円台で1520gです。同価格帯のホイールより軽量です。上の割安なシマノのアルテグラホイールが1620gです。プラス5000円で100gの軽量化は破格のコスパです。

 

軽さだけを見れば、このキネシスのレースライトは他社の5万~8万のホイールに勝るとも劣りません。反面、国内のブランド力と知名度は落ちます。シマノ以上に地味です。練習用や遠出用におすすめです。

 

10万円以下のおすすめホイール

 

10万以下のホイールはアルミホイールの最高級クラスとカーボンホイールのエントリークラスの価格帯です。また、ホイールのリムのブレーキ面をアルミむき出しにてそのほかをカーボンで包んだアルミカーボンがあります。

 

ここでも二強はカンパとフルクラムです。アルミホイール最高峰のひとつレーゼロ、フルクラムレーシングゼロですね。

 

Fulcrum Racing Zero C17 Clincher Wheelset - Black
Fulcrum Racing Zero C17 Clincher Wheelset – Black

定価 117999円
割引 30%
通常 82127円
特価 76127円

※2017/05/15 03:46:35 のprobikekit.jpの価格。特価は追加割引クーポンコード[ B4C75 ]を入力した場合の金額

 

これもトレンドの17C幅です。ハブがUSB、ウルトラスムースベアリングて上等なものになります。重量はカタログ値1516gです。軽量ですね。で、キネシスのコスパが引き立ちます。

 

ライバルはカンパニョーロのシャマルウルトラです。特別版のミレの2017モデルが10万アンダーですね。

 

Campagnolo Shamal Mille C17 Clincher Wheelset
Campagnolo Shamal Mille C17 Clincher Wheelset

定価 162249円
割引 39%
通常 98809円
特価 92809円

※2017/05/15 03:47:56 のprobikekit.jpの価格。特価は追加割引クーポンコード[ B4C75 ]を入力した場合の金額

 

アルミホイールの最強一角です。へたなカーボンより優勝です。

 

アマゾンのゾンダは海外ストアプラス1万ですね。ばくぜんとした安心感と時間短縮のマシマシ価格ですね。ぎり許容範囲の価格差ですわね~。

 

 

FacebookでシェアはてなブックマークgoogleプラスWelcome Your Share