ハッチンソン? ユッチンソン? 妙に不人気なフランスのしにせタイヤ屋


Louis Garneau

 

この人名風の企業名を正しく読めれば、チャリダーの仲間入りを果たせます。チャリ問題入門編です。

 

ここは北米カナダのブランドですが、フランス語圏のケベックの会社です。じゃあ、仏読みが正解です、ルイガノ ou ルイガノー ou ルイガノオ ou ルゥインギャノオ。

 

名前はブランド展開にはたいせつな要素です。もし、これが英語圏の会社で、ルイス・ガーノーだったら、ここまで爆発的にヒットしたか・・・

 

ルイはどことなくルイヴィトンをイメージさせておしゃれぽく聞こえますが、ルイスはもうカール・ルイスの印象しかもたらしません。え、ハミルトン? 世代ギャップ!

 

ユッチンソン? ハッチンソン? なHutchinson

 

チャリ問中級編がHutchinsonです。字体は完全に英語風ですが、ここはフランスの企業です。華の都パリのしにせのゴム屋です。

 

創業者はアメリカ人出身のHiram Hutchinsonさんです。社名は彼氏の名前に由来します。で、これの英語読みがハイラム・ハッチンソン、仏語読みがイラム・ユッチンソンです。

 

こまかい差異でハッチンスン、ウッチンソン、ュッチンソンなどなどがあります。いずれの読みが間違いじゃありません。王貞治氏を王さんと呼ぶ人もおれば、わんちゃんと呼ぶ人もいます。

 

国内のハッチンソン派とユッチンソン派はほぼほぼイーブンです。ちなみに仏文学好きのぼくは仏語読みのュッチンソンを推します。

 

他方、フランス自転車パーツ屋のHurétはユーレないしユーレーで確定です。シクロジャンブルみたいなヴィンテージ系のフリマでしばしばお目にかかれます。ローマ字読みでヒューレットとは呼ばれません。

 

後年、このHurétはドイツのF&Sに買収され、さらにアメリカのSRAMに買収されて、表舞台から消えます。SRAMのRIVALシリーズはSachs Huret時代の2ndグレードモデル名の名残りです。

 

出世作はゴム長、アパレル部門がAIGLE

 

Hutchinsonの草創期の大ヒット商品はラバーブーツ、ゴム長靴です。ここからアパレル部門が生まれます。AIGLE、エーグルですね。

 

AIGLEのロゴの仏語のDEPUIS 1853は英語のSINCE 1853です。150年オーバーの超老舗です。同郷のMichelinより古参です。

 

チューブレスタイヤのさきがけ

 

現行のユッチンソンの印象はチューブレスタイヤのメーカーです。日本ブランドのIRCと共にロードやMTBのチューブレスタイヤをいちはやく手掛けます。チューブレスのパイオニアです。

 

また、2000年代前半にはロード用のチューブラータイヤでトップレースを総なめしました。主な愛用者は幻の7連覇王者アームストロングです。おのずとユッチンソンの栄光にケチが付きます。

 

そして、この2000年以降のチューブドクリンチャータイヤのトレンドのなかではユッチンソンはなかなか上位陣に食い込めません。

 

初期のミシュラン、全盛期のコンチネンタル、後期のVittoriaの3本柱が強力です。多彩なシュワルベ、日本製のパナレーサーがあとに続きます。

 

ユッチンソンとIRCはこのつぎですね。第二先頭集団の後続組です。おすすめランキングの入賞圏内にはぎりぎりランクインできません。ネット上のレポートやインプレはベリーレアです。

 

チューブレス化で浮上するか?

 

フランスのホイール屋のMavicが2018モデルからUST=チューブレスを一気に投入します。イタリアのフルクラムはDB用の新作アルミホイールを2WayFit=チューブレス互換にします。

 

ロードバイクのチューブレス化のゆきさきはまだまだ不透明ですが、チューブレスはトレンドのディスクブレーキロードバイクやフルカーボンクリンチャーとベストマッチです。

 

シマノ、スラム、そして、カンパニョーロさえが油圧ディスクブレーキに力を入れます。メーカー主導の形でディスク推進、キャリパー排除は着々と進みましょう。

 

実際問題、ロードのチューブラータイヤ、MTBの26インチホイール、シクロクロスのカンチブレーキはそのように廃れて行きました。

 

 

このチューブレス化の波にうまく乗れば、ユッチンソンはロードタイヤの先頭集団に躍り出られます。そして、MAVICの純正タイヤはHutcinsonのOEMです。マビックのUSTホイールがキーですね。

 

反対にクリンチャー普及の功労者のミシュランはロード用のチューブレスタイヤを販売しません。渾身の新作POWERはVittoriaの新作Corsa G+にやや遅れを取ります。

 

しかも、そのVittoriaはすでに本気のチューブレスCorsa Speedを不意打ちで発表して、世間を驚かせました。こいつの転がりの軽さは全チューブラー、クリンチャー、チューブレスの中でベスト1です。

 

来季からよりトレンディーな25cモデルが出ます。2016年以降のロードタイヤのイニシアチブはVittoriaの手の内にありますね。

 

ユッチンソンのタイヤが大特価

 

そんな事情でタイヤ界のマイナーリーグに属するユッチンソンの製品はけっこうな頻度でたたき売られます。

 

ユーザーの人気は否応なく『高性能』、『対抗馬』、『ベストセラー』の3つに集中します。それぞれCorsa G+、POWER COMP、GP4000S IIですね。で、つぎの候補は『最軽量』や『良コスパ』です。

 

現行のユッチンソンのFusion5は2016年デビューです。Corsa G+やPowerと同世代です。旧世代のGP4000S IIのがんばりが目立ちますね。

 

クリンチャーのFusion 5 Kevlar Proが60%オフです。

 

 Hutchinson Fusion 5 Kevlar Pro ロードタイヤ 2017
Hutchinson Fusion 5 Kevlar Pro ロードタイヤ 2017

定価 4972-6894円
割引 62%
特価 2650-4972円

※2017/11/17 19:20:01のchainreactioncycles.comの価格

 

オールラウンド型の万能タイヤです。3000円以下はグッドチャンスです。

 

軽量ハイエンドモデルのHutchinson Fusion 5 Galactikがさらにお買い得です。

 

 Hutchinson Fusion 5 Galactik Road Tyre 2017
Hutchinson Fusion 5 Galactik Road Tyre 2017

定価 8276円
割引 65%
特価 2874円

※2017/11/17 19:23:07のchainreactioncycles.comの価格

 

180g/23cです。コンチGP4000S IIよりぜんぜん軽量です。200gアンダーのこの価格は処分価格でしょう。パナのGillerBS Extenza R1Sは5000円オーバーですから。

 

これとMichelin ラテックスで255gのクリンチャーセットを作れます。

 

 Michelin - A1 AirComp ラテックスロードバイクチューブ
Michelin – A1 AirComp ラテックスロードバイクチューブ

定価 2347円
割引 60%
特価 933円

※2017/11/17 19:29:12のchainreactioncycles.comの価格

 

前後7000円で計510gのタイヤセットです。グッドコスパですね。

 

チラホラ音に聞こえるの来季のユッチンソンのチューブレスはCorsa Speedの転がり抵抗を凌駕するてうわさされます。28cが出ないかな~。

 

FacebookでシェアはてなブックマークgoogleプラスWelcome Your Share