人口甘味料のエリスリトール 糖質制限やダイエットより虫歯予防に愛用中


ぼくはザ・下戸です。この世で最も嫌なものは戦争、いじめ、差別、そのつぎに嫌なものが飲み会、酒席、ドンちゃん騒ぎです。

 

騒がしい酒臭い場所は苦手です。居酒屋はNG! この時期の飲み会誘いを断るのがなかなかの苦行です。

 

で、飲み物は非常に限られます。コーヒー、紅茶、ウーロン茶、牛乳ですね。運動のときにはスポドリ、たまに100%の果物ジュースが精々ですね。

 

お茶、コーヒーはノットインスタント派です。お湯を沸かして、豆か葉から煎れます。夏場のあっつーい時期にもホットドリンクか冷ましドリンクを飲みます。缶、ぺットボトルを買いません。

 

コーヒー豆の焙煎の段階

コーヒー豆の焙煎の段階

 

市場販売のドリンクは基本的に甘すぎますね。あと、缶とボトルの処理がめんどうです。手軽なようで手軽じゃありません。

 

砂糖を止めてエリスリトールにした

 

とはいえ、ぼくは甘党の人です。ブラックコーヒーやノンシュガーのストレートティーはお口に合いません。カフェオレとミルクティーが好物です。だいたいこれらを日に五杯ほど飲みます。

 

じゃあ、砂糖は日に小さじ10杯にもなります。これは身体によろしくありません。砂糖の取りすぎは肥満、胃潰瘍、虫歯のもとですね。近年の健康トレンドに砂糖依存症てワードがありますしね。

 

一時、不摂生と運動不足でえらく太って、そこからすこし気合を入れて、食事制限とかジョギングとかをして、まあまあベスト体重に近づけました。

 

その一環で脱砂糖にチャレンジして、お菓子類を止めて、ドリンクシュガーをさえ禁じ手にしました。が、すぐに断念しました。やっぱし、多少の甘みはコーヒー、紅茶に必要です。

 

そこで目に付いたのがカロリー零系の人口甘味料でした。最初に買ったのは定番のラカントSですね。

 

 

CMでおなじみですし、大型のスーパーの店頭にあります。ぼくはアマゾンで小さめのパッケを買いまして、日頃のドリンクにさらさら投入しました。

 

顆粒の質的にはグラニュー風ですね。上白糖みたいなしとしとねとねとじゃありません。さらかさ系です。こぼれ分がべおつかないのは嬉しい誤算だあ!

 

上白糖の拭き忘れはもれなくべたつきますが、人口甘味系はそんなにべとつきませんね。のちのちの掃除が楽です。

 

ラカントSの本体は独特の甘苦い風味です。ベリーケミカル! が、ドリンクに溶かすとか料理に使うとかすると、顆粒のケミカルさをほぼ消せます。

 

ネックは価格ですね。割高です。が、使い勝手や味はぼくのお気に召しました。しばらく愛用しようと思い、代替品を探します。アーマーゾーンで。

 

すると、高評価のこいつが見つかります。エリスリトール。

 

 

ソルビトールやキシリトールなどが代表をつとめるトール甘味族のニューアイドルです。甘みの強さは砂糖の60%前後です。単体はやはり甘苦ケミカルですね。ドリンク、料理でCONSを消せます。

 

このエリスリトールの材料はぶとう糖です。これが発行して、糖アルコールてものになります。これの一種がエリスリトールです。

 

味噌の甘み、日本酒(こうじ)の甘みはこれですね。糖アルコール加熱でカラメル化、褐色化しません。

 

エリスリの目安カロリーは2.4kcal/1gです。

 

「あれ、ゼロカロリーじゃないん?」

 

いえ、ゼロじゃありません。熱量自体はあります。が、それが体内でエネルギー変換されずにまんまの形でおしっこから排出されます=実質ゼロカロリーです。

 

つまり、人間はエリスリトールをエネルギーに変換できません。食材的にはだめだめです。グルメ細胞の悪魔は反応しません、きっと。

 

が、この特性のマイナスな作用が肥満予防や糖尿病の治療に役立ちます。舌はエリスリトールの甘さをしっかり感じますし、消化器官はこれを吸収しますが、そこから人体がこれをエネルギーにできません。代謝がネバーです。

 

エネルギー=カロリーです。はい、実質ノンカロリーですね。

 

あと、

 

「人工甘味料の安全性の危険がアブナイ!」

 

てアンチテーゼ的なタイトルがちらほらありますが、人工じゃない甘味料てハチミツくらいです。スプー印の砂糖も精製塩も人工です。人工=人間が工業的に精製するもの、です。

 

結晶化してる時点で人工的です。人工のくくりを嫌うなら、フルーツかハチミツくらいからしか甘みを取れません。濃縮還元の100%ジュースももちろん人工でNGです。

 

まあ、アレルギーや相性やの特殊事例の一般論こじ付け拡大尾ひれ化はナンセンスではためいわくです。排気ガスやたばこや寝酒のがよっぽど不健全です、ははは。

 

歯垢を分解して虫歯予防に

 

キシリトールは虫歯予防に有名です。エリスリトールも同じ特性を持ちます。歯垢を分解して、酸の発生を防ぎます。エリスリトールそのものはムシムシバババ菌にやられません。砂糖とはぜんぜん違いますね。

 

この特性から歯磨き後の夜中コーヒーの甘みに最強です。ステイン系の色素を落とすのはムリですが。深夜パソコン作業にエリスリ紅茶とコーヒーはもう不可欠です。

 

ダイエット効果はよく分かりません。運動の方がてきめんですね。しかし、お通じは良くなりますね。人口甘味料の飲みすぎは下痢のもとです。が、エリスリトールはほかの甘味料より下痢を引き起こしません。

 

ラカントSはわりにきつめでしたね。ラカントの原材料は羅漢果て大陸の果物です。ロカカカ果は等価交換を引き起こしますが、このラカン果は咳止めや便秘解消で古来から民間薬として使われます。

 

ラカントやほかの甘味料は吸収すらされずに腸に回って、おなかぐるぐるを発生させます。実質ゼロカロリーは一緒ですが、下痢ピーの率は跳ね上がります。

 

体内で一時的に吸収されるエリスリは腸に回りません。おなかぐるぐる率は劇的に改善します。ぼくの場合、むしろ、前より快便ですが。

 

ぼくはお徳用の4kgを買いましたよ。ドリンク用はもう決定版です。

 

人口甘味料エリスリトールフランス産

人口甘味料エリスリトールフランス産

 

はじめての人は1kgから試しましょう。合う合わないは個人差ですしね。

 

 

メーカーは売れ筋のやつから安いのを買っとけばOKです。味はぜんぜん一緒です、ははは。